動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年12月30日

【年の瀬記者ノート】置き去り猫 ペットの命に責任持つ社会に 埼玉

Yahoo! JAPAN


「この男の家には、猫が30匹か40匹いるようなんだよ」。11月16日夜、深谷市長を脅迫した疑いで55歳の男性が逮捕された事件を取材していたら、警察官がこんなことを教えてくれた。「残された猫はどうなるのか。この男性は何者なのか」と興味をひかれ、デスクに話すと、すぐに取材のゴーサインが出た。

 翌17日に男性宅を訪ねた。無人の家の中には多くの猫たちが置き去りにされていた。その命をつないでいたのは、県動物指導センターの職員だった。深谷署員立ち会いの下、毎日約30分の世話を男性の勾留中に続けており、担当者は記者に「100匹近くいる」と教えてくれた。

 何度か通い、不起訴処分で釈放された男性と会うことができた。男性は「この街は動物を平気で見殺しにする人ばかりで、行政も何もしてくれない」と口癖のように語った。数年前まで受給していた生活保護を停止された恨みも重なり、フェイスブックで市長に「はっきりと殺意を感じている」などと書き込み、逮捕されたのだった。

                 ■    ■

 男性にとって、猫を飢餓や行政の殺処分などから守る保護活動は、絶対の正義だった。ただ、庭にゴミが散乱し、室内で数え切れない猫が身を寄せ合っている様子は、正義の味方と呼ぶには苦しかった。男性はフェイスブックで猫の餌代などの支援金を求めていたが、生活保護を打ち切られたのは、その支援金が収入と判断されたためだ。

 支援者にも取材すると、「猫たちを救うすばらしい人。応援したい」という人がいる一方で、「送ったお金を猫ではなく彼自身のために使っている」などと批判する元支援者もいた。また、はっきりと素性が分からないフェイスブックの「友達」に、数十万円もの支援をする人がいることにも疑問を感じた。

                 ■    ■

 同じ保護活動でも、引き取った野良猫で猫カフェを営み、その収入を猫たちのケアに充てる「ねこかつ」(川越市新富町)の取り組みには感心した。店主の梅田達也さん(44)は、「猫はできる範囲で飼育すべきだ。保護猫カフェや、地域猫活動についても知ってほしい」と呼びかける。

 地域猫活動とは、野良猫を地域住民やボランティアで不妊・去勢手術を施した上で育てることだ。県のモデル地域に指定されると、年間上限40万円の補助金を受けられる。

 犬や猫の「殺処分ゼロ」は、東京都の小池百合子知事が公約の一つに掲げるなど、社会的機運が高まっている。野良猫の保護活動も社会的に意義のある行為だが、適切な方法で行われることが大前提だ。ペット飼育も動物愛護活動も、命を伴う行為。責任のある計画的な行動に期待したい。(川上響)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隣接市病院も対象 猫の不妊去勢手術費助成 横浜市

Yahoo! JAPAN


神奈川県横浜市は28日までに、飼い猫や野良猫の不妊去勢手術費の助成事業を来年度から拡充する方針を明らかにした。助成対象を市内の登録病院から川崎、横須賀市など隣接する自治体の病院にまで広げる。市民ボランティアらの利便性を高めることで、野良猫の減少にもつなげたい考えで、来年度予算案に盛り込む見込み。

 市動物愛護センターによると、助成事業は1988年にスタート。現在の事業では、市民や自治会町内会が市内約280カ所の登録病院でペットや野良猫を手術すると、1頭当たり5千円が補助される。2016年度の補助頭数は6300頭程度を想定し、約5400頭が申請されている。

 手術費は病院の裁量で金額を決められる。かかりつけ医や費用が安い病院が市外の場合もあるため、利用者から事業の拡充を求める要望が出されていた。同センターは16年度中に、隣接する自治体の病院に登録申請を呼び掛ける。

 ボランティアで猫の不妊去勢手術の活動をしている同市西区の女性(68)は、手術費が5千円台と比較的安い市内外の病院を探して利用してきたが、事業の拡充で負担がゼロになる可能性もある。女性は「ボランティアにとって経済的な負担がネックだった。活動の弾みになる」と喜ぶ。

 同センターに15年度収容された猫は1372頭。このうち17頭は飼い主の元に返され、519頭が譲渡された。一方、病気やけがなどを理由に514頭が殺処分されている。同センターは「野良猫を減らすことができれば収容され、殺処分される猫の減少にもつながる」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫殺処分 減らそう 市民団体、きょうから署名活動 /栃木

毎日新聞


犬猫の殺処分に反対する市民グループ「県ドッグセンターの廃止と県動物愛護基金の創設を目指す会」は29日から、殺処分を減らすための署名活動を行う。

 同会の平山俊幸さん(50)によると、殺処分をする県ドッグセンターの廃止や保護された動物の検査や治療費に充てるための県動物愛護基金の創設などを要望する署名を集め、福田富一県知事に提出するという。


 県は2008年に県動物愛護管理推進計画を策定し、殺処分ゼロを目指すとした。しかし、県動物愛護指導センターによると、減少傾向にはあるものの、昨年度も852頭が殺処分されている。

 署名はJR宇都宮駅2階西口デッキで午前10時〜午後4時に受け付けている。来年1月3日まで(元日は除く)。問い合わせは平山さん(電話090・3085・4202)。【田中友梨】



posted by しっぽ@にゅうす at 07:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共存へ猫不妊手術 殺処分ゼロ目指す 男木島に続き2例目 /香川

毎日新聞


三豊市の志々島で、増えすぎている野良猫に不妊手術が行われた。猫の数は島民を大きく上回っており、猫と人がともに暮らしていくための試み。県内では、今年6月の男木島(高松市)に続いて2例目となった。

 島の自治会によると、島内に住むのは30〜90代の17人。一方、野良猫は年々増え続け、今では約70〜80匹いるという。自治会長の山地常安さん(64)は「島民は猫に餌を与えているが、これ以上増えるとできなくなる。猫の健康状態も心配」と話し、島民総意で猫の不妊手術に踏み切った。

 男木島で手術をした公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)と島民が協力し、23、24両日で約70匹を捕獲、手術した。普段は島民になついている猫も見慣れないケージを警戒してなかなか近づかないこともあった。手術は島にある集会所を使い、獣医師ら5人が実施。健康状態をチェックした上で、手術したことが分かるよう片方の耳の先を桜の花びらの形にカットし、「さくらねこ」として再び島内に放した。

 どうぶつ基金は、犬や猫の殺処分ゼロを目指しているという。佐上邦久理事長は「全国の島で野良猫が増え、農作物被害やふん尿に島民は悩まされている。殺処分ではなく、共存の道もあることを知ってほしい」と話している。【山中尚登】


posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする