動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年02月26日

家畜にストレスをかけない育て方“アニマルウェルフェア”は日本で広まるか?

Yahoo! JAPAN


アニマルウェルフェアとは?
「アニマルウェルフェア」という言葉をご存じだろうか? 農水省の定義では「家畜を快適な環境下で飼養すること」。つまり家畜をていねいに扱い良質な飼料や水を与えて、ストレスや疾病を減らすという考え方だ。

アニマルウェルフェアは1960年代にイギリスで生まれ、特に近年は動物愛護という倫理上の観点だけでなく、畜産物の安全性、畜産業のサステナビリティの点からも注目されている。

食肉・乳製品を大量生産する工業型畜産では、家畜をケージや檻に詰込み、伝染病を防止するために大量の抗生物質を使う。

また、生産効率を上げるため、過剰なホルモン投与を行い、人工飼料を与える。

アニマルウェルフェアへの関心の高まりの背景には、いまの畜産が抱えるリスクへの危機感がある。

家畜にストレスをかけない育て方“アニマルウェルフェア”は日本で広まるか?
磯沼さん
アニマルウェルフェアを実践する畜産農家を訪ねた
筆者は18日「リディラバ」のスタディーツアーで、アニマルウェルフェアと循環型農業を実践している、東京・八王子市の磯沼ミルクファームに伺った。(「リディラバ」のスタディーツアーについては筆者の「社会の無関心を打破 社会問題を体験するお手軽ツアーとは」をご参照のほど)


磯沼ミルクファームを運営する磯沼さんは、昭和27年生まれの64歳。父親の跡を継いで畜産業をはじめた二代目だ。

【画像参照】

アニマルウェルフェアの考え方に出会ったのは、26歳の時、旅先のオーストラリアだった。

「それまでは生産性の高い牛を作ろうと考えていましたが、それがすべてではないと。オーストラリアでは、コミュニティが牧場を楽しんでいる姿が素敵で、なんでそれができないのかと。」(磯沼さん)

「5つの自由」を実現するために
アニマルウェルフェアには、「5つの自由」という原則がある。

1.飢えと渇きからの自由(きれいな水と十分な栄養が与えられているか、など)

2.肉体的苦痛、不快からの自由(清潔な場所で飼育されているか、など)

3.外傷や疾病からの自由(きちんと治療されているか)

4.精神的ストレスからの自由

5.正常な行動の自由(十分な広さが与えられているか、など)


磯沼ミルクファームでは、この5つの自由を実現するために、様々な投資を行っている。

良質な水を確保するため井戸水を掘り、適切な量のエサを与えるために、コンピューターセンサーのついた自動給餌機を設置して、90頭の牛は食べたい時に適量のエサを食べられる。

エサの質を高めるため、麦汁やニンジンジュースなどのしぼりかすをエサに混ぜ、ウェットで食べやすく、美味しく安全性の高いエサを牛に与えている。

また、磯沼ミルクファームは市街地にあるのだが、牛を出来る限り放牧させて行動の自由を与え、ストレスからの解放に務めている。

生産コストの上昇をいかに緩和するのか
しかし、こうした取り組みは生産コストの上昇を招く。

これを緩和するため、磯沼ミルクファームでは「循環型農業」を取り入れている。

磯沼さんは週に3回、トラックでチョコレート会社に赴き、産廃となるカカオの殻を引き取っている。カカオの殻を地面に敷くことで、牛糞と混ざり有機肥料が出来上がる。磯沼さんはそれを売ることで、コストの補てんにつなげている。

磯沼さんは言う。

「工夫することで牛が幸せになるし、こうしてできた乳、肉に美味しさがあることは証明されています」

アニマルウェルフェア普及へのポイントは東京五輪
健康志向の食材店やレストランでは、「この豚はストレスフリーで育てられました」「この鶏は放し飼いで育ちました」といった表示が、目立つようになった。

しかし有機野菜などに比べると、「高価なアニマルウェルフェア乳製品や食肉」に対する消費者の理解はまだ低い。

ここで、アニマルウェルフェア普及への大きなカギとなる可能性があるのが、2020年東京オリンピック・パラリンピックだ。

選手村などで提供される食材は、安全性を示す認証を取得する必要がある。

この要件となる認証制度が、GAP(Good Agricultural Practice=農業生産工程管理)だが、その対象には畜産物も含まれ、農場の運営や食品の安全性のほか、アニマルウェルフェアを条件として盛り込むことが検討されている。

東京五輪は、畜産の生産者と消費者の意識が変わるターニングポイントとなりそうだ。

文:鈴木款


posted by しっぽ@にゅうす at 09:14 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛する犬猫が「極楽往生」できるか否かの大論争勃発

Yahoo! JAPAN


いまや1兆4000億円超となった日本のペット市場。核家族化や少子高齢化の影響などもあり、「かけがえのない家族」として愛犬・愛猫の存在感はいっそう増している。そんな最愛の存在が亡くなれば人間と同じように葬儀を行なって弔いたい、一緒のお墓に入りたいと願うのもうなずける。ペットと共に眠れる墓地なども登場して人気だ。そんな時代の要請のなか、「ペットの死」を宗教的にどうとらえるべきかという議論が過熱している──。

 宗教界で「動物は極楽往生できるのか?」という大論争が巻き起こっている。

 事の発端は昨年9月、京都・佛教大で行なわれた「浄土宗総合学術大会」だ。圓通寺(大阪)の安達俊英住職は、浄土宗始祖・法然上人の「動物は仏教の教えに巡り合えず、長い間輪廻を繰り返すことになる」との法語を根拠に「動物は順次往生できない」と持論を展開した。「極楽往生」とは「死後、仏様の住む極楽浄土に、菩薩となって生まれ変わること」を、「順次往生」は「死後、すぐに極楽往生をすること」を指す。

 しかし、この大会に同席していた大正大学・林田康順教授は「回向(死者の成仏を願って仏事供養すること)によって動物も順次往生できる。大事なペットを亡くした方に往生できないというのではなく、法語を用いて順次往生を説くことができるのでは」と反論したのである。

 議論の発端をつくった安達氏が話す。

「仏教では基本的に六道輪廻(生前の行為の善悪によって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上へと生まれ変わりを繰り返すこと)を説きます。法然上人は、『めったなことでは転生できない人間界に生まれたのだから、この一生で念仏して往生を遂げましょう。もし、念仏を唱えなければ、地獄、餓鬼、畜生の“三悪道”に堕ちるかも』とおっしゃっている。

 畜生とは犬や猫といった動物のことですが、一度落ちるとなかなか抜け出すことができない。動物の身のままでは念仏を唱えることができないわけですから、犬や猫はそのままでは極楽往生できないというのが私の主張です」

一方の林田氏はこう話る。

「法然上人は、死後、周囲が回向すれば『順次往生』できると説いている。つまり遺された人間が救ってくださいと回向すれば、動物は転生しなくとも極楽浄土に行けると私は考えます」

 林田氏の主張に安達氏はこう再反論した。

「法然上人は『回向すれば三悪道の苦しみから逃れられる』とおっしゃっていますが、『往生できる』とまではいっていない。これは拡大解釈ではないでしょうか」

 安達氏は犬や猫が永遠に極楽往生できないと主張しているわけではなく、否定するのはあくまで「順次往生」だという。

「きちんと回向すれば動物も人間に生まれ変わり、今度は自分で念仏して極楽往生できる。だから飼い主は次にペットが人間に生まれかわるよう仏様にお願いすることが大事なのです」(安達氏)

◆宗派で大きな違い

 白熱する大論争を他の浄土宗の僧侶たちはどう考えているのか。ペット供養を行ない、3月からはペットとの共葬ができる墓地を開眼する東京・世田谷の感応寺の成田淳教住職は、

「教義では自分で念仏し往生するのが基本ですが、他の人が念仏して供養し、阿弥陀仏様から御光を照らしていただき浄土へと送るパターンもある。感応寺では犬や猫は後者の立場で、浄土での再会を期しています」

 と、林田氏の意見に賛同する。

 長圓寺(福岡県北九州市)の吉水友晃住職は「動物は転生してから往生する」という安達氏と同じスタンスでありながらも「数年前に愛猫を亡くした時、できることならば、今生で極楽往生してほしいと思いました。ペットを子供と同じように考えている方も多い現在、今後は『往生できるかもしれない』というように、解釈の柔軟性が必要になっていくのでは」と時代の流れによる変化の可能性を示唆した。

 他の宗派ではどうなのか。天台宗では「山川草木悉皆成仏」すなわち「動物、植物でも命あるものはすべて成仏する」との教えがあるため、早くから機関誌『天台ジャーナル』で「ペットの法要と供養の必要性」を説いてきた。

 日蓮宗のある住職は、「ペットの死後や供養自体がここ数年で広まってきた現象のため宗派としての公式見解は出されていない」と前置きしつつ、「日蓮上人は自分の身代わりになって死んだ犬を供養したという伝承があり、大事な教えである法華経には動物が成仏した説話もある。動物でもそのまま成仏できると考えます」と答えた。仏教でも宗派によってさまざまなようだ。

 ちなみに、宗教学者の島田裕巳氏は仏教以外の宗教における「ペットの死」の考え方をこう説明する。

「キリスト教では人間と動物は完全に分かれており、そもそも埋葬の対象にならない。神道も同様で、境内に動物を入れないのはその区別を明確にするためです」

 宗教学者の島薗進氏は「ペットと宗教」の今後は大きく変わっていくと予測する。

「そもそも仏教とは、本来人間がどう生きるかのためにあるもので、動物のためにあるものではありません。とはいえ、ペットの家族化が進む中、犬や猫の死による飼い主の悲嘆をどう癒すかも宗教的に今後は論じられていくはずです。それによりペットに対する供養のあり方、祈り方も変化していくでしょう」

 我が愛しのペットを見送るその日までに結論は出るだろうか。

※週刊ポスト2017年3月3日号

posted by しっぽ@にゅうす at 09:01 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島で野生化したネコが希少動物を襲う 一歩先を進む小笠原の対策とは

The Huffington Post


島で野生化したネコが希少な野生動物を捕食する問題が相次いでいます。東京の世界自然遺産・小笠原では、ネコを都心でペットにする方法で、絶滅寸前の鳥が10倍以上に増えました。「小笠原ネコプロジェクト」と呼ばれます。

2月初旬、世界自然遺産を目指す鹿児島県徳之島で、野生化したネコが国の特別天然記念物アマミノクロウサギをくわえる写真が公開されて話題になりました。実は、小笠原で本格的なネコ対策が始まったのも、同じような写真が撮影されたことがきっかけでした。

2017-02-09-1486622219-6548929-.JPG
アマミノクロウサギをくわえる野生化したネコ=2017年1月、鹿児島県徳之島、環境省那覇自然環境事務所提供

2017-02-09-1486622255-1115055-.JPEG
翼を広げると1.5メートルのカツオドリをくわえる野生化したネコ=2005年6月、東京都小笠原村、NPO法人小笠原自然文化研究所提供

「小笠原ネコプロジェクト」は、野生化したネコを約1千キロ離れた東京の都心へ次々と「引っ越し」させ、人がペットとして育てる取り組みです。12年前に、翼を広げると1・5メートルになるカツオドリをネコがくわえる姿が撮影され、野生動物を守るために始まりました。

小笠原は陸地から遠く、多くの生き物が独自の進化を遂げました。一方で、小笠原の生き物は外からの敵がいないため、警戒心が薄いとされます。そこへ、人の手で持ちこまれたネコが増えました。ネコは自然の中で生きるために小笠原の鳥たちを次々に襲うようになりました。

NPO法人小笠原自然文化研究所の佐々木哲朗さんは鳥を守るため、野生化したネコの殺処分を考えました。「野生化したネコを島で飼う場所がなく、鳥を襲うようなネコが人に慣れるとも思えない。安楽死にするしかない」。

ところが東京都獣医師会に相談すると、小笠原で問題になっているネコはもともと人が飼っていたイエネコのため、慣らすことができるとわかりました。ネコを獣医師会が引き受けることで、鳥とネコを救う道が見つかりました。

ネコプロジェクトは村役場や環境省など、多くの関係者によって進められました。小笠原にしかいない絶滅危惧種のアカガシラカラスバトは40〜60羽と絶滅寸前でしたが、16年には600羽にまで回復。小笠原を繁殖地とするオナガミズナギドリやカツオドリも増えました。捕獲した600匹近いネコは都心へと運ばれました。

島内の飼いネコと、人の生活圏でくらすノラネコの不妊化手術は完了し、捨てネコゼロの島になりましたが、まだ野生化したネコがいるためプロジェクトは続けられています。「ペットは人の管理から離れると大変なことになるので、最後まで責任を持って飼ってほしい」と佐々木さんは呼びかけます。

東京都西東京市の中川動物病院院長で東京都獣医師会理事をつとめる中川清志さんは、「ネコを殺処分しない努力をすることで、地域住民の協力を得て野生動物を守るプロジェクトを進められた」と話します。

2017-02-09-1486622380-7773236-.JPEG
小笠原ネコプロジェクトによって増えたアカガシラカラスバト=東京都小笠原村、NPO法人小笠原自然文化研究所提供

東京都西東京市の小学3年の女の子が飼っているネコ「チョコ」(めす)は小笠原出身です。甘えん坊で、なでると喉を鳴らします。「いつも一緒に寝る大切な友だちです。島で鳥を襲っていたとは思えません」

チョコは2016年4月に東京都小笠原村で捕獲され、6月に船で丸一日かけて都心に運ばれました。中川動物病院がチョコを受け入れ、健康状態を調べて人に慣らしました。女の子の家庭ではネコプロジェクトのことを勉強し、「島で野生化したネコでも動物病院でみてもらえたなら安心。ネコも鳥も救える命は救いたい」(母親)と家で飼うことを決めました。
 
2017-02-09-1486622429-1260995-.JPEG
小笠原で捕獲された「チョコ」を受け入れていた獣医師の中川清志さん(左)と、飼い主の女の子=2016年11月、東京都西東京市の中川動物病院

島で野生化したネコによる希少な野生動物の捕食は、北海道の天売島や沖縄県の西表島などでも問題になっています。写真が公開された徳之島では、2014年にアマミノクロウサギなどの生息域でネコの捕獲を始め、集落の周辺のネコには不妊化手術をするなど対策を続けています。ネコ、野生動物、人との関係は島によって違い、それぞれの地域に応じた地道な活動が求められています。

小学生向けの日刊紙「朝日小学生新聞」2016年12月14日付に掲載した記事を再構成しました。媒体について詳しくはジュニア朝日のウェブサイト(https://asagaku.com/)へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫 殺処分ゼロへ助成金

読売新聞


◇PWJ 全国の団体に支給


 犬の殺処分ゼロに取り組むNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)」(神石高原町)は、犬や猫の殺処分をなくすための活動を行っている全国の団体に助成金を支給する「殺処分ゼロ・チャレンジ推進助成事業」を始めた。3月15日まで受け付ける。

 PWJは昨年4月、県内で殺処分の対象となった犬の全頭引き取りを開始。東京五輪が開かれる2020年までに、全国の犬や猫の殺処分をゼロにしようと、他の団体と連携を深めることにしており、その一環として助成を行うことを決めた。

 対象は、国内で活動する民間の非営利団体。殺処分ゼロの実現を目指す普及啓発、人材育成、引き取り、譲渡などの取り組みについて、300万円を上限に助成する。17年度は5〜10件程度を見込んでおり、PWJは「広島の動きを全国に広めたい」としている。

 問い合わせはPWJ(0847・89・0885)。

2017年02月25日 Copyright c The Yomiuri Shimbun

posted by しっぽ@にゅうす at 08:41 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物シェルターが業務再開 ネコの鳥インフルエンザ感染経て

DAILYSUN


ニューヨーク市保健衛生局および市動物愛護センター(ACC)は22日、鳥インフルエンザまん延のため中断していた、動物シェルターでの通常のサービスを再開したことを発表した。
 市では昨年11月以来、動物シェルターに保護されていたネコの多くから、感染が稀な鳥インフルエンザH7N2型ウイルスが検出され、業務の一部を停止していた。両機関は、米動物虐待防止協会(ASPCA)、マディー基金、ウィスコンシン大学獣医学部と共同で、軽度の疾患から回復するまでの間、一時的隔離シェルターにウイルス感染したネコを収容した。
 ウイルス感染したネコの半数以上が、ASPCAの里親センターなどに収容され、ウイルスの完全除去が行われた。また、これらのネコが見つかった動物シェルターでは、消毒が行われた。
 市内5区全てのシェルターと車を使った移動式動物里親イベントのいくつかはサービスを再開したが、ウイルスの除去が続く間、隔離シェルターは運営を続ける。
 同局は今夏、60万ドル(約6760万円)を費やしACCのシェルターの医療スタッフ増員を計画しており、ネコの出産期が始まる春の間、獣医や動物看護師らは、治療の改善や支援を行うという。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いわきに保護猫ふれあいサロン「おはな」 動物愛護団体が新たな挑戦 /福島

Yahoo! JAPAN


いわき市湯本駅近くに2月22日、里親募集型・保護猫ふれあいサロン「Ohana(おはな)」(いわき市常磐湯本町、TEL 070-2028-3838)がプレオープンした。(いわき経済新聞)

里親募集型・保護猫ふれあいサロン「Ohana」外観

 同スペースは、「動物殺処分ゼロ」を目指す市内の動物愛護団体「LYSTA(リスタ)」が、カフェ営業をせず、保護猫の里親募集を目的に開いたもの。1階は「飼い主のいない猫」の不妊去勢手術の病院と里親会のスペース、2階は里親募集型の保護猫ふれあいサロンの動物愛護の複合施設となっている。サロンは自由に猫とふれ合える広いスペースがあり、天井には透明のキャットウオークが設け、寝転がって下から猫を見ることもできる。

 東日本大震災後、原発事故の影響で避難区域となった地域で犬や猫の保護活動をしていた同団体。近年は、市内の公園や多頭飼育崩壊した住宅などでの保護や野良猫の不妊去勢手術を行ってきた。

 これまでに同団体のシェルター内で500匹を超える保護猫の不妊去勢手術を行っていたが、保護数の増加やスムーズに手術を行えるスペースの確保が難しくなってきたという。毎月1回、市内の会場を借りて「犬猫里親お見合いの会」を開いていたが、より多くの人に現在のペット事情を知ってもらうと同時に、保護猫の家族になってくれる人を増やしたいという思いから、サロンの運営を決めたという。

 現在、シェルターには犬猫約150頭が保護されており、県内外からのボランティアやスタッフが毎日、犬猫を世話している。支援物資や支援金を募り運営しているが、医療費や光熱費などの出費も多く資金面で厳しい状況が続いている。サロンを運営することによって資金不足を解消させたいという。

 代表の鈴木理絵さんは「多頭飼育崩壊によって、餌を与えている人や近隣住民も悩みを抱えているケースも多いので、人も猫も苦しまないように私たちが保護活動をしている。ペットを迎え入れる際には20年後のことを考えて飼ってほしい。このサロンで保護猫と触れ合うことによって、猫と一緒に暮らすことを想像してもらえたら」と話す。

 プレオープン期間は2月22日〜26日と3月3日〜5日の13時〜17時。グランドオープンは3月10日11時〜18時。通常営業は3月11日から。営業時間は、金曜=13時〜18時、土曜・日曜・祝日=11時〜18時。サロンの利用料金は、1人1時間1,000円。プレオープン期間中は1人1時間まで。詳細はフェイスブックページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク


posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

被災野良猫に不妊手術 県内外の獣医師ら団体

熊本日日新聞


熊本市中央区の竜之介動物病院などでつくるボランティア団体「BOX竜之介」(徳田竜之介代表)が、無料で野良猫の不妊手術をしている。2015年から年に2回実施しており、今回は28日まで。熊本地震の被災家屋で増えた猫などが運び込まれている。

 TNR活動(トラップ=捕獲、ニューター=不妊去勢、リターン=戻す)と呼ばれる取り組み。全国の獣医師が応援に駆け付け、ボランティアも協力している。

 益城町の自宅が全壊し、仮設団地で暮らす坂上孝司さん(59)=益城町=は23日、自宅周辺から18匹を持ち込んだ。以前から野良猫を保護してきたが、地震で数匹が逃げた。戻ってきた猫に子猫が生まれ、総数は20匹以上になった。「自分たちだけでは、手を付けられない状態になっていた。もう増えないと思うとひとまず安心」と坂上さん。

 徳田代表は「不幸になる人と猫を増やさないためにもTNRは有効」と協力を呼び掛けている。体重1キロ以上の野良猫が対象で、前日までに申し込む。ノミやダニの駆除費(1匹1080円)が必要。受け付けは平日午前9時〜午後5時、BOX竜之介TEL096(247)6877。(西國祥太)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする