動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年02月15日

民間寄付で県動物保護センター建設資金 知事「不足なら県費の充当検討」

東京新聞


県動物保護センター(平塚市)の建設資金十一億円を、全額民間の寄付でまかなう方針について、黒岩祐治知事は十三日の県議会定例会の議案提案説明で、「寄付額が不足する場合は、県費の充当も検討したい」と述べ、事実上修正した。目標額に対して実績が遠く及ばず、県議会や庁内で懸念が出ていた。
 センターへの寄付募集は二〇一五年度から開始。「動物愛護精神を広げる」(黒岩知事)とアピールし、三年間で十一億円を集めることを目標にしていた。芸能人を起用した動画を作成したり、各種会合でパンフレットを配ったりしてきたが、今月三日時点で約一億二千五百万円にとどまっており、議会内でも目標達成は「どう考えても無理」との見方が支配的だった。
 本会議で黒岩知事は「大変厳しい状況だが、多くの方々と力を合わせて作り上げることは大変重要だ」と、引き続き募集を続けると力説する一方で、県費の投入方針を初めて表明。今月八日の記者会見では「寄付でまかなっていく姿勢は一歩も後退させない」とこだわっていたが、この日の本会議後、本紙などの取材に「議会審議でもどうせ聞かれるなら」と話した。
 一七年度予算案で、県は新施設着工と現施設の取り壊しに七千二百万円を計上。新施設は一九年四月の完成を目指している。総事業費は造成などを含めて約十八億円を見込んでいる。
       ◇
 県議会は十三日開会し、一兆九千四百二億円の一七年度一般会計予算案などを上程した。会期は三月二十四日まで四十日間。 (原昌志)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:42 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都が「動物愛護相談センター」の整備構想について意見を募集中 2月22日まで

ペトこと


東京都福祉保健局は2月9日(木)、「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)」を公開し、2月22日(水)まで都民から意見を募集すると発表しました。集まった意見をもとに、2016年度内を目途に基本構想を策定・公表するとしています。

20170213_tokyocenter_ky_001

公開された「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)」は5章に分かれ、基本構想策定の趣旨や近年の状況を踏まえた課題、センターに求められる役割のほか、老朽化する施設の整備の方向性について説明しています。

「動物の引取数・殺処分数について」の項目では、「多くの飼い主の終生飼養が進み、また、飼い主のいない猫対策が進んだことなどにより、センターの引取数、致死処分数は大幅に減少している」と説明。東京都は2015年度の引き取り数が1281で全国40位。殺処分数が418で全国46位となっています(殺処分率は33%で全国41位)。また引き取りの主な要因として「飼い主の高齢化や病気」を挙げ、「社会状況の変化に対応した飼育の継続や新たな飼い主探しのための支援を進めていくことも必要である」としています。

※都道府県ランキングは「犬・猫の引取り状況(都道府県・指定都市・中核市別)」(環境省)を加工して作成。
関連記事:犬猫殺処分数が初めて10万匹を下回り8万匹に 2015年度の返還・譲渡率1位は岡山県
「今後の動物愛護相談センターの整備の方向性」では、本所・城南島出張所・多摩支所の3施設の老朽化を説明。特に1974年竣工で築40年以上がたつ本所について、「センターに求められる役割を果たしていくための機能強化を図る上で、現地での建替えでは十分な広さを確保できないと考えられることなどから、移転改築を行うことが必要と考えられる」と説明しています。

意見の提出方法はEメール、FAXまたは郵送(当日消印有効)で、電話では受け付けていません。また意見は必ず該当する項目を明示することとしています。

※詳細:「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)に関するご意見を募集します」(東京都福祉保健局)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨県庁の猫、里親決まったのは3匹だけ「野良と伝えると破談」

Yahoo! JAPAN


山梨県庁(甲府市)の敷地内に多くの野良猫が集まり、県が愛護団体の協力で猫を捕獲して去勢・避妊手術を施し、再び敷地内に戻して1カ月が経過した。県によると、14日までに手術を終えた野良猫計23匹のうち、里親が決まったのは3匹だけとなっている。

 県財産管理課によると、1月13日に捕獲を初めて以降、22日にさいたま市内の愛護団体が2匹を引き取ったほか、今月8日には横浜市青葉区の個人が1匹の里親になったという。

 残りの猫は再び県庁内で過ごしており、糞尿などの問題は解決していないままだ。県はホームページに猫の情報を写真付きで掲載してきたが、今後も情報を更新するなど里親捜しを継続していくという。

 県財産管理課の塩野開課長は「譲渡会のようにしつけられた猫を想像する人が多い。人慣れしていない野良猫だと伝えると破談になることが多い」と話している。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田美代子「飼うなら責任持って」動物愛護を訴える

日刊スポーツ


女優浅田美代子(60)が14日、都内で、お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実(41)と動物愛護をテーマにしたトークショーを行った。

 浅田が動物愛護に関心を持ったのは01年のころ。最愛の母が亡くなったショックを愛犬がいやしてくれたことだった。その後、飼い主のいない動物たちが殺処分をされている現実を知って「自分に何かできないか」と、同運動に関わってきた。現在は、飼い主が育てられなくなった4匹を引き取って一緒に暮らしている。「欧州などの先進国のほとんどが生きたペットの販売をしていない。日本は遅れています。簡単にペットショップで買うことができるから簡単に捨ててしまう。もし、飼うのなら責任を持って。みとるのが飼い主の義務です」と訴えた。

 「動物愛護」という固めのテーマを和らげたのが徳井とのトークだ。徳井は「犬派」の浅田に対して、猫を2匹飼育している「猫派」。動物好きは母譲りで「野良猫がいると、エサをあげたりしていつも14〜15匹くらいの猫が家にいた」という。母の動物愛がスゴイ!と思ったのは学生時代。帰宅をすると、猫の詰まった鼻を吸っている姿を目撃した。「人間の親が赤ちゃんにするみたいにしていて本当に驚いた」と振り返った。

 恋の相手も猫を基準に考えることがあるという。ある日、仲良くなった女性がほろ酔い気分で自宅に来た。「彼女が猫にちょっかいを出していた。それまで、1度も怒ったことのない猫が『シャッ』と怒ったんです。彼女に悪気はないんです。でも、それ以来、パタリと会っていません」。

 会わなくなった理由をその女性は今も知らされていない。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:38 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイリス「猫の国勢調査2017」飼い猫の78%はMIX、性格は「マイペース」 

WPN


生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社が運営するオウンドメディア「アイリスペットどっとコム 猫といっしょ」では、2月22日(水)の「猫の日」に合わせ、飼い猫に関するアンケート調査の集計結果をまとめた「猫の国勢調査2017」を発表した。

 今回の調査は、2016年12月22日から2017年1月22日の間に行われ、回答したのは981名のアイリスペットどっとコム会員。

 猫種ランキングでは飼い猫1,671頭中、1位のMIX/雑種(1055頭)と2位の日本猫(三毛・茶トラ)(255頭)で78%を占め、それ以外の純血種は361頭。3位はアメリカンショートヘアー(89頭)、以下スコティッシュ・フォールド(67頭)、マンチカン(40頭)、メインクーン(22頭)、ラグドール(18頭)、同率でロシアンブルーとペルシャ(各17頭)、ノルウェージアン・フォレスト・キャット(11頭)と続いた。

 猫柄ランキングでは、1位・キジトラ(220頭)、2位・黒白(183頭)、3位・黒(178頭)、4位・茶トラ(148頭)、5位・茶白(112頭)、6位・サバトラ(103頭)、7位・白(99頭)、8位・キジ白(94頭)、9位・サバ白(83頭)、10位・三毛(57頭)という結果だった。

 猫を迎えたのは、「野良猫・捨て猫を保護」した人が45.9%、迎えた理由は「猫が好きだから」が48.6%で、ほぼ半数を占めた。

 猫の性格ランキングでは、半数近くの44%の飼い主が「マイペース」と回答。続いて「好奇心旺盛・活発」、「用心深い・警戒心が強い・神経質」、「のんびり・穏やか・温和」、「人が好き・友好的」などさまざまな猫の個性がみられた。

 このほか、愛猫のフードや愛猫の困りごとなどのアンケート結果は、「アイリスペットどっとコム 猫といっしょ 猫の国勢調査2017」でみることができる。
[関連URL]
・猫の国勢調査2017結果発表
・アイリスペットどっとコム 猫といっしょ
・アイリスオーヤマ株式会社


posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする