動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月03日

被災の猫5匹が長岡へ 4日から飼い主募集 /新潟

毎日新聞


昨年4月の熊本地震で被災し、飼い主が分からなくなった「被災ペット」の猫5匹が1日、長岡市関原町1の県動物愛護センターに到着した。4日から飼い主の募集を開始する。

 同センターが受け入れたのは推定1〜5歳の雄2匹と雌3匹。これまでに熊本から受け入れた犬7匹、猫5匹は、いずれも新しい飼い主に引き取られており、今回が最後の受け入れになる見通し。

 今後、健康状態を確認し、個体識別用のマイクロチップを注射した後、完全室内飼いなどの条件を満たす飼い主に譲渡される。西脇寿センター長は「5匹とも毛並みがよく、おとなしい。今回もすぐに『里親』が見つかることを期待する」と話した。

 猫の詳細は同センターのホームページで確認できる。問い合わせは同センター(0258・21・5501)。【堀祐馬】





posted by しっぽ@にゅうす at 08:30 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬ってやっぱ賢いんだわ。犬がチンパンジーよりも長く記憶できる理由

エキサイトニュース


ワンちゃんの飼い主なら、犬がどれだけ賢いかよくご存知のことだろう。命令に従ったり、隠したオモチャの場所を忘れなかったり、一緒に生活していれば彼らの賢さはすぐ分かる。

 科学者は、かねてからこうした動物の認知プロセスにおける賢さを不思議に思っていた。そしてヒト以外の霊長類を対象に研究をはじめ、今では犬を含む、他の哺乳類にも驚くべき認知能力が備わっていることが明らかにされている。

【明らかとなってきた犬の能力】

 2000年代初め、一連の研究から、犬に高度な概念化能力が備わっていることがはっきりと示された。例えば、犬は指差しジェスチャーに従うことができる。これはかつて人間だけに独特の能力と考えられていたものだ。

 やはり人間にしかないと思われていた計算能力を有していることを示したものもある。2002年の研究では、犬が見ているスクリーンの後ろに1つ1つおやつを置いて、最後にスクリーンを開いて合計いくつあるのか見せた。
 
 しかし時折、数をごまかして、犬が見た数とは違う数のおやつを置いてみた。すると犬はまるで予想とは違う数だったかのように普段より長くおやつを見つめていたという。このことは、犬が計算結果を予測するだけでなく、数の記憶があることを示している。

【犬の持つエピソード記憶能力】

 2016年11月の研究では、犬の記憶がこれだけに留まらないことが明らかにされた。心理学用語でいう”エピソード記憶”があることが判明したのだ。

これはただ2つの物事の関連性を記憶(連想記憶)するのではなく、いつ、どこでといった詳細など、過去の特定の事象を記憶する能力だ。これまで人間をはじめとする霊長類でしか確認されていないものである。

 人間以外の動物にエピソード記憶があるという証拠を得ることは難しい。動物に憶えている内容を訊くことができないからだ。そこでこの研究では、人間のトレーナーが行なった行動を真似するよう犬を躾けた。例えば、トレーナーがジャンプして「やれ!」の命令を出したら、犬は見た通りの行動を再現する。

 そして、やってのけた。

 実験ではさらに、犬が動作を真似したご褒美がもらえないと予測しているときでも行動を憶えていることが明らかになっている。つまり犬は、ご褒美が欲しいという理由で、トレーナーが行う動作とそれに対応する反応との関連を単純に憶えているのではないということだ。

 これは霊長類以外でも事象を記憶できることを示した初めてのものだ。しかし、そうした犬の記憶が維持される期間は定かではない。それが数か月なのか、それとも数日なのかを示す証拠は今のところ得られていない。

[画像を見る]

【犬はチンパンジーよりも数倍も短期記録能力が高い】

 ある最近の研究では、動物25種の記憶能力を比較しつつ、犬の短期記憶が約2分であることがわかった。動物全体の平均時間27秒、最も賢い動物の1種と考えられているチンパンジーですら20秒なのだ。

 ほとんどの動物に比べると、エピソード記憶、短期記憶能力とも、犬は特に優れていると言えそうだ。

【猫にもエピソード記憶がある】

 なお2017年1月には京都大学の研究者が、猫にもエピソード記憶がある可能性を示している。この研究では48匹の猫を対象に、15分後にも食べ終わったエサ皿と食べていないエサ皿を憶えているかどうか調べたものだ。結果、エサ皿とエサのような”何”を見たかだけでなく、食べていないエサ皿といった貴重な情報も猫が記憶していることが判明した。

 また、開けるのに創意工夫が要されるドアを開ける猫も存在する。

 猫の能力も徐々に明かされていくことだろう。

via:Why your dog never forgets (particularly if there's food involved): Researchers find canines have longer memories than chimps 

記事全文はこちら:犬ってやっぱ賢いんだわ。犬がチンパンジーよりも長く記憶できる理由 http://karapaia.com/archives/52234414.html


posted by しっぽ@にゅうす at 08:29 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬や猫と楽しむヨガ教室 首都圏で人気じわり

Yahoo! JAPAN


【3月2日 AFPBB News】健康維持のために人気のあるヨガを、動物たちと一緒に楽しみ、絆を深めようと、首都圏を中心に全国でペットヨガ教室が開催されている。愛犬といっしょにヨガのポーズを取ったり、猫が自由に動き回る部屋でレッスンを受けたりする愛好家の輪が広がりつつある。

【関連写真(全26枚)】ヨガで愛情と感謝を深めて

犬や猫と楽しむヨガ教室 首都圏で人気じわり
東京都八王子市のドッグカフェ「ファニーフェイス」で開かれたドッグヨガ教室で、愛犬とポーズを取る飼い主たち(2017年2月28日撮影)。(c)AFPBB News/Yoko Akiyoshi
 2006年に発足した「日本ドッグヨーガ普及協会」によると、ドッグヨガの目的は犬にポーズを取らせることではなく、人と犬が呼吸を合わせ「リラックスした状態で行う五感を使ったコミュニケーション」だという。同会の公認インストラクター、おきた花音(Kanon Okita)さん(47)は「時に難しいポーズに挑戦したり、愛犬を大切にゆっくり扱うことでインナーマッスル(体の深層部の筋肉)が鍛えられることもありますが、それぞれ犬の特徴を捉えながら楽しく過ごすことが大事」と語る。

犬や猫と楽しむヨガ教室 首都圏で人気じわり
東京都八王子市のドッグカフェ「ファニーフェイス」で開かれたドッグヨガ教室に参加した飼い主と愛犬たち(2017年2月28日撮影)。(c)AFPBB News/Yoko Akiyoshi
 2月下旬、東京都八王子市のドッグカフェ「ファニーフェイス(Funny Face)」で行われたレッスンには、小型のトイプードルや、大型のバーニーズマウンテンドッグなど、さまざまな愛犬を伴った飼い主5組が集まった。レッスン中は、犬たちの思いがけない行動に笑いが絶えない。体重40キロ超のグレートピレニーズと参加した東京都檜原村在住の松山麻里子(Mariko Matsuyama)さん(38)は、「いっしょに参加できるアクティビティーが増えてよかった。ヨガを通して、愛情と感謝をいっぱい伝えたい」と優しい目で愛犬を見つめる。

犬や猫と楽しむヨガ教室 首都圏で人気じわり
神奈川県川崎市の保護猫カフェ「猫式」で行われたネコヨガ教室に参加した愛猫家たち(2017年2月25日撮影)。(c)AFPBB News/Yoko Akiyoshi
 一方、ネコヨガは犬のようにはいかない。ヨガの最中に参加者の上に飛び乗ったり、われ関せずと隅で寝ていたり、自由気ままに振る舞う猫たちに集中が途切れることもしばしば。それでも、神奈川県川崎市の保護猫カフェ「猫式(NEKO-SHIKI)」で開かれたレッスンに参加した13人は、横を通り過ぎる猫をなでようとヨガ中も様子をうかがっている。中には、一眼レフカメラを手に、シャッターチャンスを狙いながらポーズを取る人も。

犬や猫と楽しむヨガ教室 首都圏で人気じわり
東京都中野区の保護猫カフェ「ミャゴラーレ」で行われたネコヨガ教室で、ポーズを取る参加者たちの足元に陣取る猫(2017年2月27日撮影)。(c)AFPBB News/Yoko Akiyoshi
「普段がんばっている人たちに、ヨガをしながら猫のマイペースな姿を見ることで、ありのままを受け入れる気持ちになってほしい」と同会ネコ部の池迫美香(Mika Ikesako)さん(46)は話す。里親を待つ猫たちのことをもっと広く知ってもらおうと、池迫さんが担当するレッスンはすべて保護猫カフェを会場にしている。今は猫を飼えない環境にある参加者も多いが、みな「体を動かし、猫とも遊べるなんて癒やしそのもの」「どの子もかわいい」と口をそろえている。(c)AFPBB News


posted by しっぽ@にゅうす at 08:27 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス大会に6匹の「ボール犬」登場 ブラジル

CNN.co.jp


(CNN) ブラジルのサンパウロで今月4〜5日に開催予定のテニスの「ブラジル・オープン」の試合会場にボールを拾う「犬」6匹が登場する見通しとなった。
大役を任された犬の年齢は4歳から10歳まで。クレーコートで実施される同大会の準決勝と決勝に備えた練習時間にボールを拾い集める。
昨年の同時期に実施されたブラジル・オープンでも犬4匹が同じ役割を任せられ、話題を集めていた。これらの4匹は地元の犬保護施設から選ばれていたもので、その後、全ての犬の飼い主が決まる効果もあった。
「ボール犬」起用の企画を進めた地元のペットフード企業の関係者は大会の実行組織の公式サイトで、「強調したいのはこれらの犬が過去に直面した苦難に焦点を当てることではなく、どんなにひどい目に遭っていたとしても現在や将来において人間の偉大な仲間になることが出来るということだ」と強調した。
過去のブラジル・オープンには世界のトップ級プレーヤーであるラファエル・ナダル(スペイン)も参戦し、2度の優勝を飾ったことがある。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国最大の犬肉市場、環境改善に向けおりなどの撤去始まる

エキサイトニュース


韓国ネット「悪臭漂う犬肉市場、これが自称・先進国の姿」「犬食に文句は言わないが…」

2017年2月27日、韓国最大規模の犬肉市場である京畿道城南(キョンギド・ソンナム)の牡丹(モラン)市場で業者による販売施設の自主撤去が始まったが、補償を要求し撤去に反対する店主らの反発も大きく摩擦が生じていると、複数の韓国メディアが伝えた。

牡丹市場では1日に平均220頭、年間8万頭余りの食用犬が取引されている。しかし不衛生な環境や食肉処理過程で発生する騒音や悪臭をめぐる周辺住民の不満や、動物愛護団体からの抗議が絶えず、昨年12月に市と環境整備業務協約を締結し自主的な撤去に乗り出すこととしていた。この協約で、市は自主的に撤去を行う業者に対し廃棄物処理費用などを支援するとしている。

27日午前、22カ所の犬肉販売店が密集した一角で、犬を入れておいたおりや食肉処理施設などの撤去作業がいよいよ始まった。商人会のキム・ヨンボク会長は撤去現場で記者会見を開き、「城南市との約束通り、牡丹市場内で犬を閉じ込めたり処分したりすることなく、関連施設すべてを段階的に撤去していく」と明らかにし、さらに「残念ながら、共に参加することを約束した22カ所のうち7カ所は自主撤去に参加しなかった」と続けた。ただし同市場内では今後「生きている犬を販売したり処分したりする行為」を中止するものの、犬肉販売は中断されないという。キム会長は「業種替えは商人各自の判断により行うことになるだろう」と強調した。

撤去現場では、自主撤去に反対する7カ所の業者を含む団体が「商人会が市と一方的に協議して撤去を進めた」と抗議、商人会側と心理戦も繰り広げられた。 団体関係者は「牡丹市場を訪れる人たちは生きている犬を買うために来ている。これを中断すれば生計に大きな支障を来す」と述べ、「補償対策のない撤去要求は生存権を脅かす行為」と主張した。

報道を受け、韓国のネットユーザーからは2000件近くのコメントが寄せられているが、おおむね撤去に賛成の声が多いようだ。「改善は当然のこと」「撤去賛成!以前子どもを連れて行ったけど、悪臭に動物のうめき声に目の前で殺される犬たち…恐ろしかった。これが自称・先進国という韓国の姿」「動物を虐待する人間は幸せになれない」「食べ物があふれていて栄養過多といわれる時代に人なつっこい犬を食べる必要がある?」と動物愛護を唱えるコメントなどが多くの共感を得た。

また「犬肉を食べることに文句は言わない。だけど、精肉店の横で豚や牛を捕まえることはしないでしょ?」「少なくとも食べるなら衛生環境の整ったところで動物にストレスを与えずに処分してほしい」など、犬食文化を認めながらも改善が必要とするもの、「食肉処理場だけ撤去して犬肉はそのまま販売する?。外観だけ気を遣ってるの?政府は犬食を禁止する法律を制定すべき」と政府の対応を求めるコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)

posted by しっぽ@にゅうす at 08:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする