動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月12日

ペット避難、日頃から準備を 福山の動物病院長、被災経験伝える

山陽新聞


福山市西町、りっか動物病院の大山拓院長(37)=同市=は仙台市で生活していた時、東日本大震災に遭い、被災地で増え続ける野良猫の去勢手術や犬へのワクチン注射などに奔走した。2015年3月の福山市への移住後も被災経験を来院者に伝えたり、ペットとの避難方法をセミナーで呼び掛けたりするなど“あの日”の経験を広めようと地道に取り組んでいる。

 大山院長は、東京都小平市出身。大学卒業後に就職や大学院進学を経て、北里大獣医学部(青森県十和田市)で学んだ。獣医師として赴任したのが、後に震度6弱の強烈な揺れに見舞われた仙台市青葉区の動物病院だった。

 新米医師として1年が終わろうとした矢先に被災。パニックとなった院内の動物はケージの中で激しく鳴いて駆け回り、倒れそうになる機材を押さえるのに必死だったという。

 自宅アパートに急いで帰ると棚は倒れ、本が床に散乱。足の踏み場もないほどだった。妻とペットの犬、猫を車に乗せたが、道は大渋滞。「避難所の近くの小学校までたどり着いたがどうやって着いたのか、動転していて記憶にない」という。

 2泊3日を避難所で過ごしながら、ペットの常備薬を動物病院に買い求めに来る人のためにひたすら調合し続けた。「あのころは毎日『知り合いが亡くなった』という会話ばかりだった。生活の不安もあったが、とにかく必死で獣医師として自分ができることをした」と振り返る。

 被災地で増えた野良猫の去勢手術や被災犬を引き取る福島県のシェルターでのワクチン注射などにもボランティアで取り組んだ。妻の実家のある尾道市に近い福山市で動物病院を開業するため仙台を離れたが、新幹線の窓から見える仮設住宅に「復興途中で、後ろ髪を引かれる思いだった」。

 りっか動物病院を開院以降は、訪れる飼い主に被災経験を伝えている。いざという時に避難しやすいよう犬や猫を日頃からケージに慣れさせておくことなどをアドバイス。

 2月19日に福山市内で開かれた避難所でのペットとの過ごし方などについて考えるセミナーでは講師を務め「避難所では鳴き声などが疎ましく思う人もおり、ペットの存在が負担になることもある」と被災地で経験した出来事を説明。一方で「心身ともに疲労がたまる中、ペットとのふれあいで“安らぎ”を感じる人もいる」と訴えた。

 福山市に移住後「この地域は災害が少ないのが良い」と声を掛けられたこともあったという。しかし、大山院長は「100パーセント安全な場所はない。まさか自分は、と思わず、避難について日頃から準備しておくことが重要」と力を込める。
(2017年03月11日 21時15分 更新)
カテゴリ:
広島県 主要 地域の話題


posted by しっぽ@にゅうす at 08:01 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩やトイレはどうする? いぬとわたしが知っておくべき「ペット防災の3R」

ダビンチニュース


東日本大震災から6年。東北の復興が続く中、広島の土砂災害や熊本地震をはじめ、豪雪、洪水、大火災など多くの災害が日本各地で発生した。災害は決して他人事ではなく、いつ我が身に降りかかるかわからないと、危機感を持つ人も増えている。

 そして、あの大震災で「ペットだって被災者」なのだと、私たちは知った。人間同様にペットの防災は気になるところ。犬を飼っている友人は「避難所で他の避難者にどう配慮すれば良いのか」「病気やケガの際の対応」が一番心配だという。

 防災意識が高まるこの時期、『いぬとわたしの防災ハンドブック』(いぬの防災を考える会/パルコ)を教科書に、「避難所での配慮」と「病気やケガの対応」を学びながら、あらためてペット防災について考えてみよう。

いぬとわたしが「避難」するときの心構え

(1)「犬嫌い、動物嫌いは意外に多い」ことを念頭に!
 本書によれば、日本のペット人口は3割。事情により飼えない人を除いても半数以上の人が動物に興味がない・苦手だと言える。避難所には、動物アレルギーの人がいる場合も多々ある。「犬がいるから特別扱いしてほしい」は、絶対にNG。あなたにとってオンリーワンでも、他人にとってはナンバーワンではないことを、飼い主はなによりも肝に銘じなくてはならない。「避難所にいる全員が被災者」であることを忘れないようにしよう。

(2)「同行避難」=ペットと一緒に過ごせる・ではない
 環境省『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』では、飼い主がペットを連れて安全なところまで避難する「同行避難」を推奨しているが、ペットと飼い主が避難所の同じ室内で過ごせることを意味するものではない。先述したように動物嫌いやアレルギーの避難者もおり、ペット受け入れOKの避難所だとしても、犬だけが隔離される場合もある。そうなったときに吠えたり騒いだりしないように、ふだんからケージに慣らす「クレートトレーニング」をしておきたい。また、ケージをはじめとする犬用品や食料などは、飼い主が責任をもって用意しておくべき。犬用の防災セットを作ろう!

 地域の避難訓練には、ぜひ愛犬と一緒に参加して、様々なシミュレートをしておこう。そこで近所の人たちにも愛犬を認知してもらい、犬仲間を見つけて、いざという時に助け合える関係・環境を作れたら、みんなが安心だ。

(3)散歩・トイレやごはんタイムをルーティーンにしない
 犬は、体内時計がしっかり働いている生き物で、食事や散歩も決まった時間になると自分から飼い主にアピールしてくる。しかし、災害時や避難所暮らしでは、時間通りに生活出来るわけではない。それが犬にとってのストレスになるし、吠えたり暴れたりすれば他の避難者にも迷惑になってしまう。

 ふだんから、食事の時間をある程度ずらしたり、散歩などのタイミングを変えたりする訓練をしておきたい。また、散歩=トイレの犬も少なくないが、ペットトイレやペットシーツで用を足せるようにしっかりしつけておこう。

いぬがケガや病気になったらどうする?

(1)避難時に用意しておきたい犬用シューズと愛犬のプロフィール
 食料や水、トイレ関連のアイテムは、人間とほぼ同じなので、準備の際にイメージしやすい。案外忘れがちなのが「犬用シューズ」だ。災害発生時には地面にガレキが散らばり、歩けば足をケガしてしまうこともある。大きな犬は一緒に歩いて行くことになるので、ぜひシューズを用意しておきたい。ふだんの散歩でも慣れておくと避難時にスムーズだ。

 また、混乱したペットが逃げ出してしまうこともあるので、「写真」や「特徴」「病歴」などの入った「ペットのプロフィール」を作っておこう。簡単なものを作成し、プリントアウトして防災セットに入れておくと安心だ。

(2)ケガは水洗い+清潔な布で処置
 災害時にケガをした場合、人間の傷薬などは犬にはNGな場合もあるので、「水でよく洗い流し」「清潔な布で覆う」ように保護しよう。火傷の場合も「とにかく水で冷やす」。

 すぐに獣医さんに診てもらえない場合は「ケージレスト」――手当てをした上で、ケージに入れて、できるだけ動かさないのがベターだ。

(3)ストレスチェックと対策
 慣れない避難所生活でストレスがたまるのは、犬も人間も一緒。シニアや予防接種をしていない犬は、免疫低下から病気になりやすい。ふだん以上に声をかけたり、身体を触ったりして、安心させてあげると同時に、体調の変化もチェックしよう。

ペット防災の「3R」

 避難時の心構えとケガの対応について駆け足で紹介したが、ペット防災は、平時の準備としつけにかかっている――ということが、おわかりいただけただろう。

 本書にはシリーズとして『ねことわたしの防災ハンドブック』もある。以前、ここで取り上げた「災害時、にゃんこはどうする? 猫のための防災知識」と併せて読んでいただければ幸いだ。

 そして、本書が強く訴えているのは「ペットの防災対策=人の防災対策」であるということ。あなたが防災意識をもって「準備:Ready」し、正しく「避難:Refuge」し、いぬやペットを「責任:Responsibility」を持ってケアできなければ、あなたもペットも救えないのだ。

 他の人にとってナンバーワンじゃなくとも、あなたにとって愛犬はオンリーワン。愛犬にとってもあなたはオンリーワン。今一度、いぬとあなたの防災対策を見直してほしいワン!

文=水陶マコト


posted by しっぽ@にゅうす at 08:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨て犬・捨て猫ゼロ あす中野区で 「ノー・ヴォイス」上映会

東京新聞


野良猫に不妊や去勢の手術を施し、住民が共同で餌やりなどの世話をする「地域猫」の活動に取り組む「猫と花地域環境ネットワーク」(中野区)などは十三日、動物の命の大切さをテーマにした映画「ノー・ヴォイス」の上映会を開く。
 ネットワークは二〇〇八年、猫と人が共生できる地域の実現を目指し「新井東町会地域猫の会」として設立。ネットワークによると、野良犬は狂犬病が広がらないよう都が引き取る一方で、猫は放置される場合が多い。地域猫として面倒を見ようとしても、住民の理解が得られない場合が少なくないという。
 映画は、捨て犬と出合った青年を主人公にしたドラマと、動物の殺処分に関するドキュメンタリーの二部構成。殺処分されないよう、捨て犬や捨て猫をゼロにすることを訴えている。ネットワーク理事長の星野新一さん(58)は「殺処分ゼロを公約に掲げた小池百合子知事が就任した今こそ、動物の命の大切さを知ってほしい」と話している。
 映画は無料(カンパを受け付け)。午後二時から、中野区中央の都生活協同組合連合会ビルで上映する。問い合わせはネットワーク=電090(1467)0620=へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:59 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンチのウサギを命がけで救った犬

大紀元


犬とウサギにも友情が芽生えるのだろうか。人間に捨てられたと思われる野生の犬が、栄養失調で弱っているウサギを助けた。

 アメリカに住む大型トラック運転手のダン・オグレディーさんがフロリダ州の高速道路を走っていると、道端で一生懸命吠えている、痩せこけたジャックラッセルテリアの犬を見つけた。

 ダンさんが車を停めて外に出ると、犬は吠え続けて彼を案内をするかのように林の奥へ入って行った。すると、木の茂みに見えたのは、息絶え絶えに横たわっている1匹のウサギ。ダンさんがウサギを抱きかかえてトラックに戻ると、犬も静かについてきたという。ダンさんのトラックに乗った2匹は、ダンさんからサンドイッチの中身をもらってようやく空腹から解放された。

 ダンさんは犬に「ハイウェイ(高速道路)」、ウサギに「インターステイト(州間高速道路)」と名付け、犬はドッグ・シェルターに、ウサギは車で15時間かかるオハイオ州の動物保護団体へ預けた。


ハイウェイとインターステイト(フェイスブックのスクリーンショット)
 現在、ハイウェイには里親が見つかり、骨と皮だったインターステイトは通常の体重に戻り、今は保護してくれる里親を募集中だ。

 オハイオ州の動物保護団体はfacebookで、「犬のハイウェイとウサギのインターステイトが森のなかでどのぐらいの期間、どの様に暮らしていたのかはわかっていない」「ハイウェイに見捨てられなかったインターステイトは、何てラッキーなウサギなんでしょう」と伝えた。

 ジャックラッセルテリア犬は通常、気性が荒く、ウサギは獲物のはずだが、なぜ二匹の間に友情が生まれたのかは分からない。同団体のフェイスブックでは2匹を救ったダンさんを賞賛する多くのコメントが寄せられた。

 (翻訳編集・林書羽)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:58 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難病の息子抱える43歳主婦が始めた「保護猫カフェ」に密着

BIGLOBEニュース


先月中旬、茨城県にある動物愛護のNPO法人「しっぽのなかま」のシェルターを訪れたのは、放送作家の藤村晃子さん(43)。今月9日に神奈川県横浜市にオープンする保護猫カフェに保護するための猫をこの日、藤村さんは引き取りに来ていた。

藤村さんが本誌に登場するのは、今回が初めてではない。本誌は昨年6月、「シリーズ人間」で藤村さんを紹介している。

’15年8月に生まれた藤村さんの長男・夏海くんは「18トリソミー」という染色体異常による難病を抱えていた。医師から「1歳の誕生日を迎えられる可能性は10%」という非情な宣告を受けての育児だった。それでも1年前、本誌の取材を受けた藤村さんは「いまがいちばん幸せです」と笑顔で話していた。

ところが、昨年7月5日。入院中だった夏海ちゃんの容体が急変。駆けつけた藤村さんの目の前で息を引き取った。18トリソミーの子どもに比較的多いとされる突然死だった。悲しみが癒えなかった藤村さん。だが、知り合いの僧侶がかけた、「お母さんが、自分の夢に向かって懸命に生きる姿こそ、息子さんにとっていちばんの供養になるんですよ」という言葉が転機なった。前を向くことを決めた藤村さん。愛する息子の死から3カ月がたっていた。

昨年12月。保護猫カフェの開業資金の一部をインターネットのクラウドファンディングで募ったところ、多くの資金が藤村さんのもとに寄せられた。そのなかには以前から親交のある芸能人や著名人も。

「寄付してくださるだけじゃなく、なかには、ご自分のSNSでファンの方々に広く拡散してくれた方もいました。また、なっちゃん(夏海ちゃん)のことも知ったうえで『ずっと応援してました。亡くなった息子さんのためにも、必ず成功させて』って手を差し伸べてくださった方もいました」(藤村さん・以下同)

こうして今月9日、「保護猫の家*ARIGATO」はオープンする。猫たちは、日本動物虐待防止協会が、個人ボランティアや動物愛護団体から譲り受けたもの。基本的にはカフェのすべての猫が、希望者へ譲渡可能だ。

「譲渡希望の方には面接をさせていただいて、そのうえで1週間ほどのトライアル期間を設けさせていただきます。ちゃんと責任を持って終生、大事に飼っていただけると判断した方に、お譲りしたいと思います」

通常、猫カフェは猫と触れ合うための空間に重点をおいているため、カフェ部分は手狭になるところも少なくない。だが、藤村さんの運営する「保護猫の家*ARIGATO」は、カフェスペースがかなり広く設計されている。

「そうなんです。ただ、猫と遊ぶためだけじゃなくて、猫のこと、動物愛護のことを学べる場所にしていきたいと思ってるんです。愛護動物虐待防止管理士の講習会も開きたいと思っています」

ゆくゆくは、藤村さんと親交があり、かつ動物愛護に関心の高い芸能人の講演会なども開きたいという。

「何よりやりたいと思っているのが、地域の小学生たちを招いての勉強会なんです」

動物虐待が、DVや凶悪犯罪の前触れになることが多いと通説になっている欧米では、幼少時から動物愛護や動物福祉を学ぶ機会がたくさんある、と藤村さん。

「でも、日本の学校では、動物虐待や殺処分について学ぶ機会は、残念ながらほぼゼロです。大人でも、動物福祉や動物愛護法を知らない人がほとんど。犬や猫の殺処分をなくし、さらには人間への暴力もなくす一助になると思います」

小さな子どもたちと接することで、夏海ちゃんを思い出してつらくなったりはしないのだろうか。

「たしかに町でベビーカーを押すママを見ると羨ましかったり、いま、なっちゃんが生きてたらって考えちゃうこともある。でも、たとえ短くても、なっちゃんと過ごした時間のなかで得たものを大事にしたかった。障害のある子に対して、社会にはまだまだ偏見を持っている人がいます。軽々しく動物を捨てる人もいます。だから、子どもたちに、小さな命、か弱い命に優しい人になってほしいと心から思っているんです。それがいつか、なっちゃんのような子に対する偏見を社会からなくすことにもつながると、私は信じているんです」


posted by しっぽ@にゅうす at 07:55 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする