動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月14日

温和なのに、どうして…犬が人をかむ事故、防ぐ方法は?

Yahoo! JAPAN


飼い犬のゴールデンレトリバーに、生後10カ月の女児がかまれて亡くなるという痛ましい事故があった。家族同様に慣れ親しんだおとなしい犬でも、人をかむことがあるのか。どうすれば防げるのか。

【写真】犬のかみつき事故件数の推移

 今月9日夕、東京都八王子市の住宅街にある民家から、「女の子が犬にかまれた」と119番通報があった。女児を預かっていた祖父母の家で、ゴールデンレトリバー(4歳オス、体重約37キロ)が女児の頭をかんだ。警察によると、祖父母と女児が床で遊んでいたところ、犬が突然かみついた。室内にケージはあったが、普段から放し飼いだった。女児は何度も祖父母宅に来ており、この犬と初めて接したわけではなかったという。

 「ほえたりかんだりせず、臆病でおとなしい犬」。生後3カ月から飼っていた祖父母は警察にこう説明した。近所の人も「しっかりしつけられ、トラブルはなかった」と口をそろえる。

 国内で血統証明書を発行する一般社団法人「ジャパンケネルクラブ」(東京)によると、ゴールデンレトリバーは英国原産。温和な性格とされ、古くは狩りで撃ち落とした鳥類をくわえて運ぶ「鳥猟犬」だった。利口で人と行動することを好むため、警察犬や介助犬、災害救助犬として活躍することが多い。

 ではなぜ、いきなり女児をかんだのか。犬の問題行動やしつけについて出張指導する「Doggy Labo(ドギー・ラボ)」(東京)代表の中西典子さんによると、犬がかみつくのは、怖い時、不快感がある時、何かを制止したい時が主だという。女児は最近、ハイハイを始めたばかりだった。「ゴールデンレトリバーが赤ちゃんをかんだというのはほとんど聞いたことがないが、人が何とも思わない行動でも犬がどう受けとめるのか、わからない。予期せぬこともあると理解し、乳児と一緒のときは目を離さないようにしてほしい」

朝日新聞社

posted by しっぽ@にゅうす at 07:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志村どうぶつ園で放送された「保護犬の譲渡会」に多くの客が訪れる

エキサイトニュース


殺処分を待つ犬を保護し、里親を探す活動を行っている特定非営利活動法人 KDP KANAGAWA DOG PROTECTION(KDP)が日本テレビ系列で放送された『天才!志村どうぶつ園』で紹介された。

放送中にもTwitterなどのSNSで大きな反響があったようだが、12日に行われた譲渡会にも多くの客が訪れており、認知度はかなり高まっているようだ。

■里親になるためには高いハードルも

しかし、譲渡会が盛り上がっているとはいえ、実際に里親になるには、かなり高いハードルがある。

譲渡会で気に入ったからといってすぐ引き取れるワケではなく、実際にマッチングやお試しの散歩などを行い、里親との相性をまず確かめなければならない。

また、保護されている犬の多くが大型犬のため、運動量も多く初めて犬を飼う人はかなり大変。

もちろん狭いマンションなどでは飼うこと自体が難しいため、ある程度広い家に住んでいる必要もあるだろう。

これはKDPだけでなくほとんどの動物保護活動をしている団体が設けている決まりで、犬を不幸にさせないためのルールでもある。

それだけ動物を飼うというのは、責任を持たなければいけない行為なのだ。

また、保護犬は高齢であったり病気を抱えていたりと、ペットショップで飼う動物よりも気を遣わなければならないことがあることも多い。

だが、犬や猫などの動物を飼うということはそれ以上の幸せを与えてくれるもの。

犬にとっても良きパートナーとの出会いは、何にも代えがたい幸せがあるものだ。

これから動物を飼おうと考えている人はペットショップへ行く前に一度譲渡会へ行き、自分に動物を飼う適性があるのか考えてみるのもいいかもしれない。

ちなみに譲渡会へ行ったからといって必ず里親候補にならなければいけないワケではなく、会場で売っているカレンダーや野菜を買うことで団体の支援をすることもできる。

会場では志村どうぶつ園で森泉が作ったカートも大活躍しており、非常に楽しいムードにも包まれていた。

譲渡会は毎週第2・4日曜日に湘南国際村ファミリーマート前で開催されているので、近くに住んでいる人はぜひ行ってみよう。

参考リンク:KDP – Kanagawa Dog Protection

あわせて読みたい→ホームレスが売る雑誌『ビッグイシュー日本版』に取材して分かった貧困の実情

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国で相次ぐ動物絡みの事故 過去にはアジアゾウに襲われたラオス人飼育員も

産経新聞


和歌山県のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で象の鼻当たり飼育員死亡した。動物園やサファリパークなどで飼育員が大型動物に襲われる事故は近年、相次いでいる。今年1月には、千葉県成田市の動物プロダクションで、飼育員の男女2人がオスの成獣のライオンに全身をかまれ、重傷。また、長野県小諸市の市動物園では、2月に作家の村上春樹さんがウェブサイトで紹介したことでも知られるメスのライオン「ナナ」が、おりの中で清掃作業をしていた20代の女性飼育員の顔や足などをかみ、重傷を負わせている。

 平成20年6月には京都市左京区の京都市動物園で、飼育係の男性がアムールトラに襲われ、死亡。同園は臨時休園などの措置をとった。

 静岡県裾野市の「富士サファリパーク」では24年10月、ラオス人の男性飼育員がおりの中でメスのアジアゾウに襲われ、搬送先の病院で死亡が確認された。おりの中には、このアジアゾウと生まれたばかりの生まれたばかりのゾウがおり、母親のゾウが子供に危害を加えようとしたため、飼育員が助けるため、おりに入った際に襲われたという。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼育動物で注意徹底 鳥インフルエンザ対策を

教育新聞


東京都教委は3月8日、学校で飼育している動物について、鳥インフルエンザ対策を教職員や児童生徒に周知徹底させるよう、都立学校等に通知した。

飼育動物が野鳥や野生動物などを介してウイルスに感染しないよう、飼育の際には、▽専用の履物、衣類を着用▽飼育場所の出入り口に、踏み込み消毒槽やアルコールスプレーを用意し、出入りのときに履物、衣類、手を消毒▽飼育小屋には屋根や防鳥ネットを設け、小屋に飼育していない動物が入らないようにする――などの適切な衛生管理の励行を求めている。

学校外でも、野鳥のフンが靴底や車両によって運ばれ、ウイルスがほかの地域へ運ばれる恐れがあることから、▽野鳥になるべく近づかない▽野鳥に近づく、排せつ物に触れる、といった接触の後は手洗い・うがいを徹底する▽野鳥を追い立てない、捕まえない――の3点で注意を呼びかけている。

3月6日午後1時時点での高病原性鳥インフルエンザウイルス確定検査陽性の確認件数は、全国22都道府県で217件。都内では、2月3日に足立区で回収されたオナガガモ1羽の死亡個体から、高病原性インフルエンザウイルスが検出され、このたびの通知につながった。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朴氏が飼い犬置き去り=愛護団体が告発−韓国

jiji.com


【ソウル時事】韓国の動物愛護団体「釜山動物虐待防止連合」は13日、朴槿恵前大統領が12日に大統領府の公邸から退去した際、飼っていた犬9匹を置き去りにしたとして、動物保護法違反で警察に告発したことを明らかにした。
 同団体はツイッターで声明を出し、「朴氏は何ら保護措置を取っておらず、明白な遺棄行為だ。法を執行する行政機関のトップだった者が自分の都合で法に違反した」と批判した。団体が9匹を引き取る方針。(2017/03/13-22:29)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする