動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月15日

八王子乳児死亡 咬んだゴールデンレトリバーはどうなる?

日刊現代


祖父母が飼っていた犬が、生後10カ月の孫娘を咬(か)んで死なせる……9日に東京都八王子市の住宅で起きた、ゴールデンレトリバー(4歳オス)による咬傷事故から16日で1週間。「悲劇」のひと言で終わらせるわけにはいかない。

 環境省の動物愛護管理行政事務提要によると、2015年度の犬による咬傷事故は4373件。飼い主や家族が咬まれて死亡したケースはゼロだが、それ以外の“他人”は2件ある。発生件数そのものは減少傾向にあるとはいえ、08年以降、毎年4000件以上起きているのだ。

 全国652万頭(15年度)の犬の飼い主にとって他人事じゃない。人を咬んだ犬のその後の「措置」も気になる。

「全国の各自治体が動物愛護管理法に基づく条例を定めており、措置については、それぞれの条例によります」(環境省動物愛護管理室担当者)

たとえば、八王子市の条例では、今回のように犬が咬傷事故を起こした場合、発生時から24時間以内に市長に届け出ることと、48時間以内に狂犬病の有無について検診させることを、飼い主に義務づけている。

 また、犬が人の命や身体、財産などを著しく侵害した、または侵害する恐れがある場合、市長は「殺処分」を含めた措置命令を出すことができるとしている。

 同市保健所生活衛生課動物衛生担当者は「一般論ですが」と前置きしてこう言う。

「放し飼いの犬が家の外に逃げ出して人を襲ったなど、明らかに飼い主が注意義務を怠っていた場合は別ですが、原則として事故発生後の措置については、飼い主の意向が重視されます。もちろん飼い続けることもできる。どうしても他に犬の引き取り手が見つからないという場合は、保健所が引き取ることになります。市長の殺処分命令? 14年の条例公布から一度もありません」

警視庁によると、乳児を咬んだゴールデンレトリバーは「現在(14日)は飼い主のもとに戻っている」(広報担当者)という。

「八王子の事故は室内で起きたもので、飼い主の注意義務を問うのは、あまりにも酷でしょう。今後どうするかは、飼い主の祖父母次第です」(捜査事情通)

 前出の動物愛護管理行政事務提要によると、15年度の犬の引き取り数は約4万6600頭。そのうち、「返還・譲渡」されたのは2万9600頭、「殺処分」は1万5800頭だ。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:20 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうやって連れて行く? 猫と一緒に引っ越しをする際のポイントと注意点

ネタりか


こんにちは、ママライターのパピルスです。

街中でお引越しのトラックをたびたび見かけます。お引越しシーズン真っ盛りの3月ですね。

私自身、家族の転勤に合わせて引越しを繰り返してきましたが、その際にいつも苦心したのが“ペット”を連れてのお引越しです。

先日も「猫を連れてお引越しするのが心配」という友人の話を聞きました。

そこで今回は、“猫と一緒のお引越し”をスムーズに乗り切る方法をお伝えしたいと思います。

●猫(ペット)は引越し業者に搬送依頼できるの?

まず、気を付けなければならないのが、一般的な引越し業者さんはペットを搬送してくれないということ。

植物などは荷物と一緒に運んでくれますが、ペットなどの生き物は荷物として運んでもらうことはできません のでご注意ください。

それでは、引越し経験者の皆さんはどのようにしているのでしょうか? 引越し総合案内所が行ったアンケート結果を見てみましょう。

●7割の方が「自家用車で連れて行った」と回答

こちらのアンケートによると、お引越し経験者の約3割がペットを飼っていると回答しています。

そして、「ペットの移動方法」としては約7割の方が「自分たちの車で一緒に連れてきた」と回答 しています。

2つ目の方法として「列車を乗り継いで連れてきた」という回答が17%、「実家に預かってもらった」という回答も11%ありました。

やはり、自分の目の届くところで愛猫の様子を確認しながら移動できる“自家用車移動”が一番安心できるということでしょう。猫への負担も一番少なくて済みます。

2番目の列車移動は、車での移動が難しいような遠方への移動であったり、自家用車が無かったり、使用できなかったりというケースが考えられます。

●猫を連れて移動の際、気を付けること

●自家用車での移動の場合

【用意する物】
・キャリーケース(バッグ)
・リードやハーネス
・フード
・おやつ
・猫用トイレ
・車内の汚れ防止シート
・針の無いタイプの注射器(シリンジ)

猫を車に乗せる際は、猫や同乗者の安全のためにも必ずリードやハーネスを付け、キャリーケースに入れましょう!

決して車内で猫をキャリーケースから出さないでください。

慣れない車の移動にパニックになった猫がシートや座席の下、最悪の場合ブレーキの下などに潜り込んで大きな事故につながる 恐れもあります。

また、空気の入れ替えをしようとした際に外へ飛び出してしまう可能性もあります。

いつもはおとなしい猫でも、車に乗る緊張とパニックで思わぬ行動をとるかもしれないので、いつも以上に注意深く見守りましょう。

緊張から水を飲むこともできなくなってしまう猫もいるようです。長時間の移動であれば、針のついていない注射器(シリンジ。ペットショップや動物病院で入手できます)を使って、そっと口に水を流し込んで口を潤してあげると良いですね。

車酔いが心配な猫の場合、車内で食事を与えることは控えましょう。

猫用のトイレを車内に設置しておくのもお忘れなく。キャリーケースにもペットシーツを敷いておくと安心ですね。

また、途中での休憩中などに、猫を車内に置いておくのは熱中症の危険性もある のでやめましょう。

無事に新居に到着しても、猫の車酔いや緊張が収まるまではそっとしておきます。緊張が解けた瞬間にトイレがしたくなる場合もあるので、ペットシートの上にそっと乗せておくと安心です。

●電車での移動の場合

電車で移動する場合、必ずキャリケースやキャリーバッグに猫を入れなければいけません。

キャリーバッグに入れた猫は“手回り品”として扱われ、料金が発生する場合があります 。

例えばJR東日本の場合は猫に関して『長さ70cm以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケースにいれたもの。ケースと動物を合わせた重さが10kg以内のもの』であれば“手回り品”として車内に持ち込めます。

料金は『旅客の1回の乗車ごとに、1個について280円とする』と規定されています。

ただし、これらの規定は鉄道会社によって違いがあります。無料で持ち込める場合もありますから、利用する路線によって事前に確認するようにしてください。

●専門業者に依頼する

アンケート結果の回答にはありませんでしたが、大手引越し会社の“ペットのお引越しオプションサービス”を利用するという方法もあります。

また、ペットの輸送を専門に手掛けている業者にお願いする という方法もあります。これらのサービスは距離や輸送方法で料金が決まります。

サービスを利用する場合は、ペットが輸送中にどのような環境に置かれるのかを事前に詳しく聞いておきましょう。

どのような温度設定の中で移動できるのか、ペットの移動中に振動や周囲の音はどうなのか、そのようなことを事前に詳しく確認し、納得してから利用することが大切です。

----------

いかがでしょうか?

この春、猫ちゃんを連れてお引越しをされる方は、猫ちゃんが安全にストレスが少ない状態で移動ができるように参考にしてくださいね。

【参考リンク】
・引越しアンケート結果について | 引越し総合案内所(http://xn--68jw21hdxbj8r7zdw8kfk3bok0a.com/enquete.html
・手回り品 | JR東日本(https://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/10_syo/01_setsu/02.html#309

●ライター/パピルス(フリーライター)

posted by しっぽ@にゅうす at 08:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットとのキスは大丈夫? ペットからうつる感染症リスクとは

マイナビニュース


ペットフード協会の平成28年の調査によると、国内で飼育されているイヌの数は約1,000万頭(匹)、ネコの数もまた約1,000万匹だそうです。同じ布団で寝たり、落ちこんでいるときに寄ってきて顔をなめてくれたり……。ペットとの触れ合いは、仕事の疲れを吹き飛ばしてくれますよね。

一方で、スキンシップが過剰になったり、不衛生になったり、その両方だったりすると、ペットから感染症がうつる可能性もゼロではありません。

今回は、ペット(動物)との接触によって「口」からうつる感染症について、お話しします。

ペットからうつる感染症は200種類以上

動物からうつる感染症は、世界保健機構(WHO)が把握しているだけでも200種類以上あります。そのうち日本では、数十種類の感染症に注意しなければならないといわれています。

それって狂犬病でしょう、と思われた方は惜しいです。狂犬病は、1957年から国内のイヌでは発生していません。とはいえ発症すれば100%死亡する恐ろしい病気で、世界では毎年約5万5,000人が亡くなっています。特に途上国で注意してほしい感染症ですね(※1、2)。

では、日常で気をつけたい感染症にはどんなものがあるのでしょうか。

動物から感染する経路は、大きく2つに分かれます。その一つが「皮膚」からの感染です。例えば、「白癬(はくせん)」があります。白癬は、皮膚糸状菌という真菌(カビ)による感染症で、足に感染したものを「足白癬(いわゆる水虫)」と言います。国内では5人に1人が白癬に感染していますが、そのほとんどはペットからうつったわけではありません。ただ、ありふれた菌なので、ペットも感染することはあります。皮膚糸状菌の一種であるミクロスポルム・カニス(イヌ小胞子菌)などに感染したペットは脱毛や赤みが生じ、飼い主に感染すると身体に円状の赤みができます(※3、4、5、6)。

もう一つは「口」からの感染で、もっとも多い感染経路です。ここからは、ペットの種類に分けてみていきましょう。

・トリ
オウムやインコなどのうち約5%が、呼吸器系の症状を伴う「オウム病」の病原体(オウム病クラミジア)をもっています。発症すると、発熱など軽いインフルエンザのような症状や、重とくな全身の症状などが出ます。触れた後に手を洗う、口移しでエサをあげない、鳥かごはこまめに掃除して食卓の近くには置かない、などが予防法と言えるでしょう(※4、5、6)。

また、ハトの糞便には「クリプトコッカス症」を引き起こすカビ(クリプトコッカス・ネオフォルマンス)がいます。普通は感染しませんが、免疫力が下がると感染して、肺炎や髄膜炎、皮膚の病変などが生じる可能性があります(※4、5)。ハトを飼っていなくても、駅や公園で野生のハトを見かけることは多いと思います。小さなお子さんがハトに触れたときは、その手を口に入れないように周りの大人の方が気をつけて見ていてあげてください。

・爬虫類
爬虫類の50〜90%は、食中毒の原因となるサルモネラ菌をもっています。菌に汚染された食べ物を口にしたり、ペットに触れた手を洗わずにいたりすると、人間も口から感染する危険性があります。過剰なスキンシップは避け、触れた後の手洗いを徹底しましょう。

・イヌ、ネコ
健康なネコのほぼ100%、健康なイヌの約50%の口の中には、パスツレラ菌という口腔常在菌がいます。「パスツレラ症」になると、呼吸器系や皮膚に症状が出ます。イヌやネコに噛(か)まれたり引っかかれたりした場合に、傷から感染する可能性があります。

また、小さなお子さんや65歳以上の方、糖尿病などの病気で抵抗力が落ちている方は、過剰なスキンシップで感染する恐れがないとは言えないので、注意しましょう(※4、5、6)。疲れたビジネスパーソンも要注意ですね。

・ネコ
風邪のような症状が出る「Q熱」という病気があります。ウシ、ヒツジ、ヤギなどの家畜のほか、ネコなどの糞便や尿、体液に病原菌が含まれていることがあり、それらの粉塵を吸い込むと人間も感染するといわれています。いまだ不明な点が多い病気です(※4、5、6)。

また、感染症ではありませんが、ネコのだ液が口から入ると、咳(せき)や鼻水・くしゃみなどのアレルギー症状が出る方がいます。ネコアレルギーの原因物質は、ネコのだ液に多く含まれているからです。口をなめられて、のどの奥がもったりすれば要注意ですね。ネコの居住空間は、掃除を欠かさないようにしましょう。

ペットからの病気は予防できる

今回紹介した感染症は、衛生面に気をつけていれば防げるものです。ペットに触れた後は手洗いをする、適切に糞便や尿の処理をする、ペットとの居住空間を清潔に保つなど、基本的なことを実践しましょう。万が一症状が現れても、適切な治療を受ければ大丈夫です。感染リスクだけを考えれば、卵、肉、貝類による食中毒の方がよっぽど怖いでしょう。

ただし、日常の中で感染症を防ぐという意識付けは大切です。特に「口」から入る病気は、日々の心がけ一つで予防することができます。まずはペットとの節度ある触れ合いと、触れた後には必ず手を洗うことを意識してみてくださいね。

posted by しっぽ@にゅうす at 08:16 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌で伝える動物愛護

タウンニュース


小田原少年少女合唱隊と同隊OB・OGらによるマルベリー・チェンバークワイアが3月26日(日)、市民会館で動物愛護をテーマにチャリティーコンサートを開催する。音楽劇や映画など複合的なイベントとして行う。

 「あめふりくまのこ」「山のワルツ」など動物にちなんだ曲の合唱に加え、元劇団四季メンバーを中心に動物愛護の普及を目的に活動しているNPO法人「みゅーまる」の音楽劇、女優・小林聡美さん主演の映画『犬に名前をつける日』が上映される。2年前、同隊がみゅーまると知り合ったことを機に企画した。

 同隊は1963年、小学1年生から高校3年生の児童生徒を対象に結成。2015年には全日本合唱コンクール全国大会で金賞を受賞するなど、国内外の大会で活躍している。しかし、全盛期には100人を超えた隊員も、現在は約20人と減少傾向にある。

 同隊渉外担当の里見みきさんは、「複合的なイベントとしての開催は初めて。合唱に興味がない人にも足を運んでもらえると思うので、動物愛護とともに、合唱隊についても知ってもらえたら」と期待する。

 午後1時から4時10分まで。入場無料。会場に募金箱を設置し、寄付金は全額動物愛護団体へ送る。要事前申し込み(先着300人)。申し込み方法など詳細は里見さん【電話】0465・22・4783へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:13 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“匹”や“頭”など、動物の助数詞の意味とは?

ダ・ヴィンチ


ものを数える時の言葉を、日本語では助数詞と呼ぶ。この助数詞だが、実はとても多様かつ複雑なのだ。例えば、動物を数える言葉は“一匹”がポピュラーだが“一頭”という数え方もあるし、ウサギは“一羽”と数える。昆虫の場合だと、こちらも基本的には“匹”なのだが、実験や研究の対象にする場合などには“個体”“生体”と数える事もあり、ホタルに限っては“蛍(けい)”と漢字表記そのままに数える事もあれば、その光る性質に注目した “灯(とう)”という数え方もある。同じ対象に対して複数の助数詞がある場合は、そのどれを使うかによって、対象のどこに注目しているかがわかりそうだ。このように、ものを数える言葉・助数詞を紹介しつつ、その助数詞が生まれた背景を探るのが『日本の助数詞に親しむ――数える言葉の奥深さ――』(飯田朝子/東邦出版)である。

 動物の助数詞として代表的なのは、やはり“匹”と“頭”であろう。感覚的には、小さい動物を“匹”とし、大きめの動物を“頭”と数えている事が多いのではないだろうか。例えば、ネズミなどの小さい動物に対しては「ネズミが1匹居た」という言い方をするのに対して、レトリバー種の犬など大きめの動物に対しては「ゴールデンレトリバーを2頭見かけた」という言い方をする人が多いのではないか。もっとわかりやすく言えば、象を「1匹」と数える事と「1頭」と数える方のどちらがしっくりくるか、という事になる。

 だが、このように動物の大きさによって用いる助数詞を区別するようになったのは、明治時代以降の話だ。江戸時代以前では、動物はその大きさにかかわらず“匹”で数えるのが一般的だった。つまり、この時代では大雑把に“人間”と“それ以外の動物”でしか助数詞は区別されておらず、クジラでさえ“匹”で数えていたのである。この“匹”という漢字は、2つのものが対になっている事を表している。この漢字を使う匹敵という言葉などは、2つのものが互角である事を意味しているものだろう。このいわゆるペアの意味を持つ漢字がなぜ生き物の数え方に広く用いられるようになったか、その理由には諸説があるが、一説では馬の尻が2つに割れているのを見て思い付いたのが始まりであるとされているようだ。そこから、やがて動物の体が左右対称(一対)になっている事に気付き、生物を数える言葉に相応しいものとして“匹”が定着したと言われている。

 また、もうひとつの助数詞“頭”は、大きい動物に対して使われる傾向が強いと先述したが、人間の隣で仕事をしている動物も“頭”で数える傾向にある。例えば、警察犬・麻薬探知犬などはチワワなどの小型犬でも“頭”と数えるし、カイコは虫でありながら“頭”と数える。これは、カイコが出す絹糸が人間にとって製糸業を支える重要なものだからである。つまり、人間にとって特別な価値や存在意義がある動物(昆虫)は“匹”ではなく“頭”と数えるのだ。用いる助数詞によって、対象をどのように位置づけているかを我々は無意識に主張しているのかもしれない。

 動物の助数詞について述べて来たが、その中でも例外的なものがウサギである。ウサギだけは、鳥類でもないのに鳥類を数える際に用いる助数詞“羽”を使って数えるのだ。ウサギを“羽”と数えるようになった理由にも諸説があり、ウサギの耳が鳥の羽のように見える為という説がある程度有名だろう。だが、ウサギを1羽2羽と数える習慣が古くからあったかと言えば、どうもそうではないらしい。

 中世や近世に書かれた記述を読むと、これらにウサギを“羽”と数えたものはなく、あるのは“匹”や“耳”などを用いた記述のみだそうである。ウサギを“羽”と数えた記述の中でもっとも古いのは明治初期のものである。この時期に政府が出した飼いウサギに税金を課す文書にあるものがそうだ(当時はウサギ飼育ブームがあったらしい)。ウサギを“羽”と数えるのは、元はどこかの地方の方言だった可能性があり、もしかしたらこの公文書はその地方出身の役人が書いたものであり、それが全国に浸透した結果ウサギを“羽”と数える習慣が定着したのかもしれない。という事は、元々ウサギを“羽”と数える習慣がどこかの地方にあったことになる。ウサギの跳ねる姿が鳥の類に見えたのか、それとも本当に耳が羽に見えたのか……そこまでは定かではない。ウサギの助数詞の謎が解ける日は、未だ遠そうだ。

文=柚兎


posted by しっぽ@にゅうす at 08:11 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする