動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月17日

猫愛護条例17日提案 那賀町議会

徳島新聞


 那賀町議会の産業厚生委員会は17日の3月定例会議最終日に、猫の適正な飼育を求め、飼い猫以外への餌やりを原則禁止する「町ネコの愛護及び管理に関する条例」を提案する。動物愛護精神と地域の環境衛生の向上が目的。罰則規定はないが、違反者には町長が指導、勧告、命令を行う。動物の飼育について猫に限定した条例は県内になく、可決されれば初めて。

 15日の全員協議会で確認した。飼い主には▽屋外での放し飼いや遺棄の禁止▽排せつ物の処理▽名札の装着▽繁殖後の飼育が困難と予想される場合の不妊去勢手術の実施−などを求めている。

 自分が飼っていない猫に対しては「みだりに餌や水を与えてはならない」と規定。地域住民が餌やりやトイレの確保、不妊去勢手術などを行い、適正に管理している「地域猫」は対象外とした。4月1日から施行する。

 町議会が定期的に開いている住民との対話集会で、猫の飼育をめぐる近隣トラブルや野良猫の排せつ物などによる被害を訴える声が出たため、条例化を検討。ペットの飼い主の責任を明記した「県動物の愛護及び管理に関する条例」より細かな規定を設け、野良猫や他人が飼っている猫の扱いも盛り込んだ。

 県動物愛護管理センター(神山町)によると那賀町内の猫の殺処分数は2013年度21匹、14年度34匹、15年度39匹で、16年度は12月末時点で5匹となっている。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:52 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命に責任持って 捨て犬、猫の記録展 31日まで

神戸新聞


 僕たち、これからどうなるの? カメラのレンズに不安げなまなざしを向けるのは、淡路島内で捨てられたペットの犬や猫。彼らの命を写真やパネルで記録した「捨てないで!小さな命展」が、兵庫県洲本市宇原の市民交流センターで開かれている。

 県動物愛護センター淡路支所のデータによると、淡路島で2015年に殺処分された犬は県全体の21・5%にあたる86匹。猫は島内だけで毎年200匹前後が処分されている。ペットとの向き合い方を考える機会にと、洲本市の愛護団体「淡路ワンニャンクラブ」が展覧会を初開催した。

 あばら骨が浮き出るほどにやせ細った犬、へその緒が付いたままの子猫。保護当時の傷だらけの姿と、献身的な世話で愛らしい表情を取り戻した比較写真など123点が並ぶ。

 同団体から犬や猫を引き取った県内外の飼い主の手作りパネルには「大切な家族」「かけがえのない宝物」などと温かいメッセージがちりばめられている。

 同団体の担当者は「避妊や去勢手術を徹底し、ペットの命に責任を持って」と話す。

 31日まで。午前9時〜午後9時(31日は午後4時まで)。無料。月曜休館。同センターTEL0799・24・4450


posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害時のペット救護で協定…県と獣医師会

読売新聞


◆けが治療など協力要請

 県と県獣医師会は16日、災害時にペットの救護活動に連携して取り組む協定を結んだ。同様の協定が結ばれるのは全国で34番目となる。

 地震などの災害が発生した際、県は県獣医師会に協力を要請し、〈1〉被災現場に取り残されたペットの保護〈2〉けがをしたペットの治療〈3〉避難所などにいるペットの健康管理――などに取り組んでもらう。費用の一部は県が負担する。

 また県は今後、人とペットが一緒に避難する「同行避難」がスムーズに行えるよう、避難所を設置する各市町村に向けた手引書を作る予定だ。被災地に入る獣医師に対し迅速に通行証を発行するなど、具体的な対策の検討も進めていく。

 東日本大震災では、ペットと離ればなれになった被災者が心を痛めたり、被災地に取り残されたペットがストレスで人にかみついたりするなど、様々な問題が起きた。

 県庁で協定書を交わした反町敦副知事は「被災者の家族の一員で、心の支えであるペットの対応は重要な課題。県民が安心して暮らせるよう協力していきたい」と話した。県獣医師会の木村芳之会長も「協定があることでより迅速に動ける」と強調した。

 同会の獣医師で作る災害時動物医療支援チーム「群馬VMAT」の小此木正樹獣医師は「責任を果たせるよう、訓練を積み重ねていく」と気を引き締めていた。

2017年03月17日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットは友達!ペットと暮らすと「思いやりの心」が芽生える

エキサイトニュース


アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山村鉄平)は、子どもが小学校を卒業するまでに犬・猫(以下ペット)を飼育した経験を持つ959名を対象にペットとの暮らしが子どもに与える影響について調査を実施しました。

 2016年4月1日現在、日本の15歳未満の子どもの数は1,605万人である一方(総務省統計局「人口推計」)、ペットの飼育頭数は1,979万頭(一般社団法人ペットフード協会:2016年)と、今やペットの数が子どもの数を上回っています。
 加えて、室内飼育率の高まりやペットの家族化により、ペットは子どもにとって年々より近い存在になっていることが予想できます。今回は小学校を卒業するまでにペットと過ごすことは、子どもにどのような影響があるのか?ペットは子どもにとってどのような存在なのか?を調査しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_1.jpg

■ 【ペットの存在について】
 子どもにとってのペットの存在について聞いたところ、「友達」という回答が48.6%となり、「兄弟・姉妹」が41.4%となりました。
※兄弟・姉妹がいる場合は、最もペットのお世話をした子について聞いています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_2.jpg

■ 【ペットが子どもに与えた影響について】
 「思いやりの心を持つようになった」(51.3%)という回答が第1位となりました。以下、「動物が好きになった」(43.6%)「命の大切さを理解できるようになった」(43.5%)という回答が続いています。
※兄弟・姉妹がいる場合は、最もペットのお世話をした子について聞いています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_3.jpg
エピソード
・猫の尻尾を握ってしまい引っかかれ、相手が嫌がる事はしなくなった(30代・女性)
・自己中心的だったが、自分より弱い立場のペットができたことで、責任感や思いやりの心が芽生えた(40代・女性)
・どんな相手でも相手のことを考えて行動するようになった(40代・男性)

 また、犬あるいは猫、犬の中でも小型犬、中型犬、大型犬などの種別でペットが子どもに与えた影響もみてみました。中でも大型犬と過ごした子どもの場合、「思いやりの心を持つようになった」は64.2%と他の種別よりも高くなっており、存在の大きさが影響しているのかもしれません。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_4.jpg

■ 【ペットのお世話について】
 続いて、お子さんがどのようなお世話をしていたかお聞きしました。「遊び相手となる」(68.9%)が1位となったことから、お子さんとペットが一緒に過ごす時間が長いことが伺えます。2位となったのは、「ごはんをあげる」(66.6%)となっています。
※兄弟・姉妹がいる場合は、最もペットのお世話をした子について聞いています。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_5.jpg
 兄弟構成別にお世話の内容を見たところ、全員に共通して「ご飯をあげる」「遊び相手となる」「散歩に行く」などのお世話に関する項目が上位3位に入る結果となりました。一番上の子に限り「トイレ掃除をする」(28.5%)という項目も上位5位以内に入ります。また、一番年下の子と一人っ子はともに「遊び相手となる」が約8割を占める結果となりました。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_6.jpg
 子どもにとってのペットの存在は「友達」と「兄弟姉妹」が9割を占めており、大きく身近な存在であり、ペットを「家族の一員」だと考えている子どもは少なくないことが伺えます。愛するペットとの暮らしはかけがえのない時間ですが、ペットとの別れを避けることはできません。ここからは、ペットとの別れについてお聞きします。

■ 【ペットとの別れについて】
 約7割の子どもがペットと別れた経験を持つことが分かりました。ペットと別れた場合、新たなペットを迎え入れる割合はどれくらいなのでしょうか。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_7.jpg
 前問で「ペットとの別れを経験したことがある」と回答した人にその後のペット飼育意向を聞いたところ、「既に迎え入れている」(43.2%)が最も多い回答となりました。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_8.jpg

さらに、「既に迎え入れている」という方を対象に、ペットを迎え入れた理由をお聞きしました。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/124401/img_124401_9.jpg
「動物が好きだから」(21.4%)が最も多く、次いで「ペットがいるのが当たり前だから」(20.4%)となりました。ペットとの生活を経験すると、新たなペットを迎え入れる傾向が強い事がわかります。新たに迎え入れた理由は様々ですが、ペットの存在が子どもだけではなく、自らに与えている影響も大きく、存在として当たり前になっている傾向があるようです。

既に新しいペットを迎え入れている方のコメント
・命の尊さをしっかりと勉強して欲しいのと、動物をもっと可愛いがりながら沢山の事を学んで欲しいから(30 代・女性)
・自らもペットと共に過ごした経験があり、感情が豊かになったり和やかな気持ちになったりするなど、メリットが大きいから(30 代・男性)

 今回の調査から、子どもはペットのお世話や遊びを通じて思いやりの心を育むことが分かりました。加えて、ペットが家族に与える影響も大きく、子どもにとっても家族にとっても大切な存在になっているというが言えそうです。

 当社は、特定非営利活動法人ワンコレクションと共に、子どもたちに動物との接し方や命の大切さを教える授業を実施しています。「ワン!にゃん!かるた」は、動物への関心を高めることを目的に、カリキュラムの中に取り込まれています。これまで慶應義塾幼稚舎をはじめ、8 校の生徒に実施しました。詳しくはこちらをご覧ください。https://www.ipet-ins.com/company/csr/index.html#ac_05

 アイペット損保では、ペット保険の提供とともに、ペットの健康促進やQOLの向上、ペット産業の発展に寄与するため、オウンドメディアやイベント等を通じて積極的な情報発信に取り組んでまいります。

 アイペット損保では、ペットと飼い主の共生に着目したアンケート調査を定期的に実施しています。調査結果はこちらからご覧いただけます。
https://www.ipet-ins.com/company/pr/survey.html

【調査概要】
調査対象:子どもが小学校を卒業するまでにペットの飼育をした経験を持つ959名
調査期間:2017年3月3日〜4日
調査方法:インターネットによるアンケート(複数回答可)を実施

【アイペット損害保険株式会社について】
会社名:アイペット損害保険株式会社
代表取締役:山村 鉄平
本社所在地:〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル
事業内容:損害保険業 URL:http://www.ipet-ins.com/


posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県負担額は11月に提示 動物保護センター建て替えで知事

東京新聞


建設費を寄付で集めるはずだった県動物保護センター(平塚市)の建て替えを巡り、黒岩祐治知事は十五日の県議会予算委員会で、十一月に県費の投入額を明らかにする考えを述べた。寄付の目標額十一億円の達成は非現実的で、県費を相当つぎ込むことになるため、委員からは整備の優先度を疑問視する声が出た。
 県によると、今月十日現在の寄付額は約一億三千五百万円。自民党の敷田博昭氏が「税金を使うのなら、納税者への説明責任を果たすべきだ」としたのに対し、黒岩知事は九月に寄付額の見通しを出し、十一月に県負担額を示すとした。
 また敷田氏は、同センターより老朽化が進んでいる県施設が百施設あり、二〇二〇年東京五輪に向け建設費上昇が懸念されるとして「優先度を議論し、五輪後に着手する考え方もある」と指摘。民進党の寺崎雄介氏も「県民生活が切迫している中でなぜ優先して建て替えるのか」と尋ねた。
 これに対し県側は「現在のセンターは劣悪な環境で、早期に建て替える必要がある」とあくまで一九年四月の完成を目指すとした。
 新施設は冷暖房の空調を完備し、原則犬は個室。猫も専用スペースを設ける予定。建設費は当初十一億円としていたが、防音設備や脱臭設備などの導入で三億円増の十四億円と見込む。土地造成費用などを合わせると総事業費は十八億円。一七年度当初予算案では工事費などに七千二百万円を計上している。 (原昌志)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:38 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする