動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月19日

【2分動画】犬猫殺処分の実態

Yahoo! JAPAN


日本では毎年、何万もの犬や猫が殺処分されています。飼い主のいない不幸なペットを減らすため、日本や海外ではどのような取り組みが行われているのでしょうか。モーショングラフィックや動物保護団体の現場の声を交えて解説します。(Spotwright/Yahoo!ニュース編集部)


https://news.yahoo.co.jp/feature/552

監修:獣医師・シェルターコンサルタント 西山ゆう子
posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害時避難所のペット飼育 ガイドラインを作成

静岡新聞


 川勝平太知事は14日の定例記者会見で、災害時のペット同行避難に関して、避難所での飼育管理ガイドラインを作成したと発表した。避難所運営者と飼育者それぞれの役割を明記している。知事は「今やペットは伴侶動物。各避難所に適した管理態勢の構築を期待したい」と述べた。
 冊子はA4判、27ページ。静岡県が東日本大震災を受けて2015年に策定した「災害時における愛玩動物対策行動指針」を基にした。避難所運営者にはペットを飼育するスペースの確保、管理ルールの設定、飼育者名簿の作成などを求める。飼育者に対しては、避難者同士で「飼い主の会」を発足させ、運営者のルールに従って自主管理をするように指導する。管理ルールの例や飼育者名簿の様式も掲載している。
 17年4月から市町や自主防災組織に配布する。県のホームページからダウンロードもできる。
 県衛生課によると、16年12月現在、県内35市町のうち、全ての避難所でペットを受け入れると決定しているのは11市町。一部受け入れは8市町で、全てで未定なのは16市町。避難所ベースでは、全1337カ所のうち1023カ所で受け入れ方針が決まっていない。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同行避難と同伴避難の違い説明できる?

ペトこと


6割以上が最寄りの避難所でペットと過ごせるか「知らない」

災害が起きたときに、飼い主とペットが同行し、安全な避難所まで避難することを「同行避難」であると答えられた飼い主は61.6%、18.9%が「同伴避難」、19.5%が「わからない」と回答したことがアイペット損害保険の調査で分かりました。

20170318_pethinan_ky_001

同行避難と同伴避難の違い

「同行避難」も「同伴避難」も、ペットと一緒に避難所に行くことまでは同じですが、避難所で一緒に過ごせるかどうかが異なり、それができるのが「同伴避難」です。飼い主であればペットも一緒に避難させたいと思うものですが、「同行避難」が認識されるようになったのは最近のことです。以前は自宅で留守番させたままにしたり、放して自由にしたりすることが多くありました。不妊去勢手術をしていない動物が自然繁殖したり、放浪動物が人への危害を加えることもあり、環境省は2013年に「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を策定し、「同行避難」を推奨しています。

しかし、今回の調査で環境省が「同行避難」を推奨していることを知っている飼い主は26.4%にとどまり、73.6%が「知らない」と回答しました。

20170318_pethinan_ky_002

最寄りの避難所はペットと一緒に過ごせる?

最寄りの避難所を知っている飼い主を対象に、その避難所がペットを連れて避難できるか知っているか聞いたところ、同伴避難できることを知っていた人が17.5%、同行避難できることは知っているが同伴避難できるか知らない人が17.0%、同行避難できることを知っている人が16.7%でした。

20170318_pethinan_ky_003

同行避難できるかも知らないと答えた48.8%も合わせると65.8%の飼い主が、最寄りの避難所でペットと一緒に過ごせるか知らないことになります。現在、飼い主とペットが一緒に過ごせるかは各自治体や避難所の判断に委ねられており、自然災害が発生してから調べていては迅速な避難ができません。知らない方はすぐに調べ、また避難に必要なグッズやしつけの準備をするようにしましょう。

調査はインターネットによるアンケートで、全国の犬猫の飼い主2214人(犬:1212人、猫:743人、犬猫:259人)を対象に、2017月1月24日から26日の期間で行われました。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭円満の秘訣は「ペットとの旅行」 キャンピングカー所有者の半数がペットの飼い主

ペトこと


ペットも家族と一緒に出掛けるので、にぎやかで楽しくなった――キャンピングカーユーザーの半数以上がペットを飼っており、一緒に出掛けることで旅行がより楽しいものになっていると考えていることが日本RV協会の調査でわかりました。

ほとんどが犬の飼い主

キャンピングカーユーザーのうち、「現在ペットを飼っている」と答えたユーザーは55.3%。「飼っていない」と答えたユーザーは44.7%で、キャンピングカーユーザーの半数がペットを飼育していることが分かりました。ペットの種類は犬が75.2%で、猫は8.5%でした。

20170318_camp_ky_002

きっかけはペット可の宿への不満

ペットと一緒に旅行するようになったきっかけを聞くと、「家族の一員として一緒に旅行へ連れて行きたかったから」が49.6%で一番多く、次いで「ペットと一緒に泊れるホテル、ペンションなどを利用して乗用車で旅行していたが、予約がなかなか取れないなど、満足できないことが多かったから」が24.8%でした。

20170318_camp_ky_003

ペットとの旅行で家庭円満に

ペットと旅行するようになってどんな変化があったかを聞くと、「ペットも家族と一緒に出掛けるので、にぎやかで楽しくなった」が43.6%で一番多く、次いで「ペットの散歩やペットの気分転換を考えるようになったので、ドッグランを探すなど、旅行しているときに見るものが変わった」が23.9%でした。

20170318_camp_ky_004

調査は1月18日(水)〜2017年2月17日(金)の期間に、日本RV協会のホームページ閲覧者からのWebアンケート270件を対象に行われました。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする