動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月24日

「地域猫活動」で殺処分から救え 群馬県が新年度事業化

上毛新聞


殺処分される猫を減らそうと、群馬県は新年度、地域住民が協力し、不妊去勢手術をして適切に世話をする地域猫活動の普及に取り組む。今月完成した県内版のガイドラインを活用するほか、県獣医師会とも連携。ふるさと納税を財源に活動を定着させ、飼い主のいない猫を減らし、命を救うことを目指す。

◎ふるさと納税を活用 「いつか終わりが来なければならない活動」
 活動は、猫に不妊去勢手術をして繁殖を防ぐのが前提。県は獣医師会の協力を得て、活動に取り組む地域の手術費用を無償化する方針だ。

 飼い主のいない猫対策支援事業として、新年度予算に280万円を計上した。4月1日以降、県のふるさと納税のメニューに「ぐんまの動物愛護推進」を追加し、全国から寄付金を募る。

 県が作ったガイドラインは地域猫活動に加え、屋内飼育や不妊去勢を呼び掛けたり、災害時に必要な備蓄品やしつけなどの内容を盛り込んだ。県動物愛護センター(玉村町)はじめ各地の関連事務所で配布するほか、ホームページで閲覧できる。

 今後、県内で猫による苦情やトラブルが起こっている地域を調べて主な対象とし、住民と行政、ボランティアが一体となった地域猫活動を働き掛ける。県食品・生活衛生課は「飼い主のいない猫の数を抑制することは大きな課題だ。地域猫活動の拡大を図り、殺処分の削減につなげたい」としている。

 地域猫活動に取り組んでいる「まえばし地域ねこの会」の関沙織代表は、新たな県事業を評価した上で、「取り組まざるを得ない活動であり、いつか終わりが来なければならない活動だ」と指摘している。

◎殺処分は犬の2.8倍
 県が地域猫活動の普及を本格化させる背景には、猫の殺処分数が犬と比べて多い現実がある。県食品・生活衛生課によると、2015年度に県内で処分された猫は1339匹で、472匹だった犬の2.8倍に上る。犬は前年度比で34%減少したのに対し、猫は3%増加した。

 15年度の1339匹のうち、生まれて間もない子猫が77%を占めることも特徴だ。無秩序な餌やりなどによって、繁殖が繰り返されてしまうことが背景にある。飼い主のいない犬は狂犬病予防法や県条例で捕獲、収容ができるのに対し、猫には法的根拠がないことも、殺処分が減りにくい一因となっている。茨城県では、犬も含めた殺処分減少に向け、昨年12月に「犬猫殺処分ゼロを目指す条例」が成立、施行されている。

 《地域猫活動》 特定の飼い主がいない猫に対し、不妊去勢手術を行った上で、複数の地域住民で餌やりや排せつ物の処理に取り組み、管理して共生する活動。無責任な餌やりや繁殖など、野良猫に対するトラブルを減らす効果が期待できる。1990年ごろ、横浜市磯子区内の住民らが自主的に始めたとされる。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂犬病が発生したら 岡山県動物愛護センター木尾所長に聞く

山陽新聞


4月から、狂犬病予防注射月間(6月まで)だ。日本では1957年以降、狂犬病の発生はないが、世界では今でも年間5万5千人以上が死亡している。もし岡山県内で発生した場合、どうしたらいいのか。岡山県動物愛護センター(岡山市北区御津伊田)の木尾勝昭所長に聞いた。

犬係留し移動制限

 ―狂犬病が発生した場合、行政をはじめとする関係機関の対応策は決まっているのか。

 岡山県では、厚生労働省が定めた「狂犬病対応ガイドライン」に沿って、岡山県は2011年に対策要領を定めている。県の対応をはじめ、各市町村や県獣医師会、県医師会との連携やまん延防止策などを示している。

 ―感染が疑われる犬が見つかった場合の具体的な対応は。

 まず、疑いのある犬をセンターに一定期間隔離し、狂犬病かどうかを調べる。岡山、倉敷市は保健所が担う。1年以内に狂犬病予防接種をしているか、興奮状態やまひなど特徴的な症状がないかを確かめ、死亡したら脳を調べて狂犬病かどうか診断する。国立感染症研究所へ検体を送り、確定診断も行う。狂犬病は感染した動物にかまれて感染が広がるので、その犬にかまれた動物がいないかも調査する。

 ―狂犬病が発生したエリアではどんな措置がとられるのか。

 県は速やかに、区域内の全ての犬を係留する命令を出す。野犬だった場合、活動範囲や接触した動物が確定しにくいため、かなり広い範囲に命令が出されるだろう。当然、指定区域内の犬は移動も制限される。飼い犬の一斉検診や臨時の予防接種を行うこともある。

 感染が広がるのを防ぐため、センターは区域内で野放しされている犬を捕獲しなければならない。室内飼いでもうっかり期間中に逃げ出せば、捕獲の対象となる。迷子の犬は予防接種しているかどうか確認できないことが多く、感染していないか経過観察の対象となる可能性が高い。

室内飼いも必ず予防接種を

 ―狂犬病に備え、飼い主がすべきことは。

 飼い主に義務付けられている予防注射の接種率が7割を超えていれば、感染症のまん延を防げるとされている。だが、岡山県は58.7%(2015年度)で全国平均の71.8%を大きく下回る。実際の飼育数は登録数を上回ると考えられるので、接種率はもっと低いかもしれない。

 「室内飼いだから必要ない」と考える人もいるようだが、予防注射は自分の犬を守るためだけのものではない。飼い主や地域の人の命を守るためにも、4〜6月の狂犬病予防注射月間中には必ず接種してほしい。

 さらに犬を飼った時の市町村への登録、登録証である鑑札と注射済票を常に身に着けさせておくことも大切。そうすれば、たとえ狂犬病が発生しても、行政が地域の犬の状況を正確に把握できるので、パニックを最小限に防ぐことができるだろう。

 狂犬病 ヒトを含む全ての哺乳類が感染する人獣共通の感染症。感染した動物にかまれると、傷口からウイルスが侵入し、全身の神経組織に広がって脳の中枢神経を破壊する。発症すれば、ほぼ100%死亡する。狂犬病が疑われる動物にかまれたら、ヒトの場合は速やかにワクチン接種をすることで、発症を防げる。2006年には、フィリピンで犬にかまれて感染した2人が帰国後に発症し、死亡する事例があった。
(2017年03月21日 12時19分 更新)


posted by しっぽ@にゅうす at 09:03 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高所から下りられなくなった猫の助け方

リスク対策.com


レスキュー隊現役時代、さまざまなペットレスキューを経験した。そのなかでも難しかったのが、高い木に登って降りられなくなった猫の救出だった。

まず、なぜ猫は木に登るのだろうか?調べてみると下記のビデオにわかりやすい解説があった。

猫が高い木に上る理由:
1、ネズミなど何かの小動物を追いかけて木を上ってしまい、気がついたら高木の上から降りられなくなった。
2、犬や子供などに追いかけられて、木に登って逃げ切ったまではいいが、降りられなくなってしまった。
3、何となく遊びで木に登ったら降りられなくなった。
など


Mochi the Daredevil Gets a Tree-Climbing Lesson/Animal Planet(出典:Youtube)

ではなぜ、猫が木から下りられなくなるのか?

理由は、爪の形状が木に上るためには引っかかりがよく便利がいいが、頭から降りようとすると爪が抜けてしまう。降りるには後ろ向きに降りるか、飛び降りるか、上手く枝から枝に飛び移って下りるかなどが考えられるが、ほとんどの猫は後者3つの選択肢を思いつかないことが多い。

降りられなくなった猫は何日も枝の上で鳴き、もし人間が助けなければ木の上で衰弱し、いずれは転落してしまう。。

ペットレスキューは有料にするべき?
世界的にこのような高所に上った猫のレスキューは消防が行うことが多い。しかし「危険排除」「事態回避」「災害予防」のためのペットレスキューは、料金が請求されることもある。

また有料か無料かの判断は各現場責任者が判断し、有料の場合は1回の出動の基本料金が最低5万円、それに様々な条件によっても追加料金が掛かるようだ。

消防の有料サービスについては下記を参照のこと。

■スコットランド消防局のペットレスキューの基本料金
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2642957/Cat-stuck-tree-Thatll-350-Scottish-firefighters-charge-members-public-non-emergency-call-outs.html

2017年3月21日の為替レート1ポンド139円で計算すると、スコットランド消防局のペットレスキューの基本料金メニューは下記の通り。
・はしご車を使ったペットレスキュー:約4万円
・高所作業車:約4万円
・ポンプ車:約4万円
・消防士1人、1時間につき:約3500円
・その他、ペット保険やペットを降ろすための木の伐採理由などに必要な報告書や資機材の数などによって細かく1時間あたりの単価が違う。

ほとんどの場合は救助工作車とポンプ車の2台出動が原則なので、最低5名の消防士が現場活動を行う。実際にはしご車を活用しなくても、また1時間以内で上手く救出できても、約10万円はかかることになる。レスキュー費用がペット保険で下りるかはわからない。

さて、それではどうやって2連ばしごやはしご車が利用できない森や林の中で猫を助けるのか?

調べてみると下記の5つの方法が紹介されている。

高所からの猫の救出方法
最初に猫が高い木に登った要因かもしれない犬などが周りにいれば、一時的に隔離する。

1、呼び寄せによる救出
飼い主や、その猫が慣れている人に木の上にいる猫を呼んでもらい、後ろ向きで降りそうになったときに褒めながら誘導する。

下記のビデオを参照。

Oreo Rescues Himself!(出典:Youtube)

2、木を切り倒して救出する方法
木や土地の所有者や管理者の了解を得た上で、猫が降りられなくなった木を少しずつ切り、ゆっくりと倒しながら猫を地面に近づける。

また、砂袋が先端についたロープを木の上方の太い枝の間に投げて、地面まで届いたら、ロープの両端を持って徐々に木をチェンソーで切りながら、少しずつ倒すこともできる。この時には木を切った部分の跳ね上げと、跳ね上げてからの木の落下に注意すること。また、倒れる方向120度以内には誰もいないように気をつけること。なお、中途半端に倒れた場合は、放置せず、落下危険のないように全て地面に落としてしまうこと。

3、放水による救出
救助者が落下地点を想定して救助幕を張った状態で、猫に向けて緩い圧力で放水し、枝から落とすと共に救助幕や防水シート、ネットで落ちてくる猫を受け取る。ただし、リスクは高い。万が一のことも考えて、飼い主の同意が必要。できれば、同意書を交わしておいた方がいい。

4、ケージを使って捕獲する方法
ケージを猫の目の前まで吊り上げてえさで誘導し捕獲する方法。


how to get a cat out of tree without shotgun.(出典:Youtube)

上のビデオにプラスして下から誘導ロープを付けることや、飼っている猫であれば、いつも猫が食べているえさをケージの一番奥に入れておくことでさらに成功度は増すと思う。

5、木を上っての救助方法
木に登る救助者は、まず、これから登る木の種類と幹の強さを判断すること。次に砂袋が先端についた4ミリほどのロープを、できるだけ高い位置にある直径10cm以上(あくまでも目安)の木の股に投げ、落ちてきた端末に14〜16mmのロープを結んで木の股に通し、降りてきた端末を木の胴に結んでアンカーを取る。

文章での説明ではわかりにくいので下のビデオを参照のこと。レスキュー隊員や山岳でのロープによるクライミング経験者でしたら要領がわかると思います。


https://vimeo.com/158075094
ロープの設定方法から救出までの映像(RescueMyCat.org - Kitty Cat Rescue from Black Dragon Videography on Vimeo.)

ロープの緩みを完全に取ったら登攀を開始し、猫の少し上で確保を取り、両手が使える状態にする。怖がらせないように常に声を掛けながらアプローチし、片手で猫の両前足を握った状態で持参した袋に猫を入れる。猫が飛び出ないように、また、落とさないようにしっかりと猫を持つこと。

特に袋に入れようとすると暴れる猫が多い。また、いったん袋に入れてもパニックになり、袋から飛び出すこともあるため落下に注意。

下記のビデオでは、ネットやキャッチポールという捕獲用具を使ったキャットレスキューシーンが紹介されている。



Cats Rescued From Trees Compilation(出典:Youtube)



Kitty the Cat's Tree Top Rescue(出典:Youtube)

下の動画は追いかけっこをしていた猫2匹とも木の上から降りられなくなってしまった場合のレスキュー


Two cats rescued from SAME tree by Canopy Cat Rescue(出典:Yotutube)

すばらしいのは、アメリカの各州にキャットレスキューのスペシャリストが登録されているサイトがあること。そして、最近では木に引っかかったラジコンやドローンのレスキュー等も行い、職業にしている人もいるそうだ。

■キャットレスキューのスペシャリストのリンク
※日本には一人もリンクがない。。
http://www2.catinatreerescue.com/view/directory.cfm

今回、下記のキャットレスキューのスペシャリスト、パトリック・ブラント氏のサイトから、たくさんのキャットレスキューの手法やコツ、注意点などを学んだ。ここまで救助法を詳しく公開しているパトリック ブラント氏に心から感謝したい。

■RescueMyCat.org
http://www.rescuemycat.org/p/rescue-services.html

■彼のキャットレスキューの手法は世界中の消防士が参考にしている。
http://www.rescuemycat.org/p/cat-rescue-stories.html

いかがでしたか?

パトリック・ブラント氏によると、成猫であれば経験を活かしてどうやって降りようかを考えるそうで、降りられなくなってから目安として24時間くらい待ってみると、その間に自分から降りてくることもあるようだ。

消防がどこまでペットレスキューをやるかを考えると現時点では微妙なところもあると思うが、実際に行うとしたら、飼い主や木の所有者などと話し合い、猫が落下したときに事も考えて、保険の確認や同意書を交わす必要もあると思う。

また、これからは消防以外の民間でペットレスキューを職業にする人や組織ができるのかもしれない。

木の上から降りられなくなった猫は体の大きさや気象条件にもよるが、飲まず食わず、高度のストレス状態で子猫であれば24時間、成猫であれば、36時間でかなりの体力を消耗するといわれている。

もし、木の上で猫が降りられなくなった場合にどうやって救助するのか。近くの高木を見上げて、救出方法を考えてみて欲しい。

ほかにも木だけではなく、屋根や電柱など、高いところに登って降りられなくなった猫をどうやって助けるのだろうか。様々なケースを考えてシナリオ訓練してみて欲しい。きっと、そのレスキューコンセプトは何かに役立つと思う。

助かる命が助かりますように!

(了)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子イヌ繁殖工場禁止へ NJ州議会で法案通過

DAILYSUN


16日付のニューヨーク・ポストによると、ニュージャージー州で営利目的の子イヌ繁殖工場(パピーミル)を禁止する法案が議会を通過したことが、同日までに分かった。クリス・クリスティ知事が承認すれば法律として制定される。
 同州では2015年、ペットショップに子イヌの仕入れ元を明示するよう義務付けるペット購入保護法が成立している。今回の法案はそれを厳重にしたもので、ペットショップはパピーミルから仕入れた子イヌを販売することができなくなる。さらに、動物救援組織やシェルターなどが報酬を払ってブリーダーやブローカーからイヌやネコを受け取ることも禁止する。
 この法案を共同提供したレイモンド・J・レスニアック上院議員は法案内で、「繁殖工場には愛護の精神が欠けており、動物たちは病気がちで問題がある」とし、ペット購入保護法成立後もこうした工場で繁殖されたイヌやネコが依然として大量に販売されている現状を指摘。動物愛護協会によると、全米に約1万のパピーミルが存在し、年間240万匹の子イヌが繁殖されているという。
 レスニアック上院議員は、「知事が拒否権を行使すれば、それを議会で覆してでも法律にする」とフェイスブックに投稿した。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廃棄する魚をペットフードに 洲本の企業が開発

神戸新聞


水産加工会社の武田食品冷凍(兵庫県洲本市由良)が、サイズなどの問題から従来廃棄処分されてきた魚をペットフードとして活用する事業に力を入れている。廃棄にかかる漁師の余計なコスト負担を一転、収入に変えられる仕組み。武田康平社長(53)は「事業を拡大させ、淡路島内の漁業の活性化につなげたい」と意気込んでいる。(西井由比子)

 ペットフードは2016年9月に「バウバウ」のブランド名で発売。同年春に、神戸市内でペット用品店を経営する知人から「安心・安全のペットフードを作れないか」と持ち掛けられたことをきっかけに、体重が1キロ未満の小型のサメ、エイを使った犬猫用のジャーキーやスティック、煮こごりを開発した。

 小型のサメ、エイは食べられる身の部分が少なく人の食用としては流通していないが、「底引き網漁をすると必ずといっていいほど網にかかってしまう」と武田さん。廃棄にコストがかかるため漁師にとっては邪魔な存在だったが、武田食品冷凍が買い取りを開始したところ、地元由良港を中心に島内の漁師らから多い月は3トンものサメ、エイが集まるようになったという。

 商品は煮たり干したりするだけのシンプル加工。現在9種類で、380円(煮こごり=100グラム)から。武田さんは「高タンパク低脂質で、コラーゲン、カルシウムなどの栄養を多く含む」とアピールする。

 余計な原料や添加物を嫌う飼い主に好評だといい、これまで道の駅など淡路島内での小売りと通信販売のみに対応してきたが、今月上旬から、流通大手の自主企画(プライベートブランド=PB)商品として全国展開を始めた。

 今後、クチやタチウオ、ハモの骨を使ったペットフード加工にも取り組む方針で、武田さんは「3年以内に年商1億円の事業に育てたい」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:50 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする