動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月28日

なにかとお金がかかります 「ペット支出」も記帳しよう

産経ニュース


読者の中にも、犬や猫を飼われている方はたくさんいらっしゃることでしょう。ペットという感覚ではなく、家族の一員と捉えている方も多いはずです。

 一般社団法人ペットフード協会の平成28年の調査によると、犬の飼育頭数は987万8千頭、猫は984万7千頭で、犬と猫だけで2千万頭近くに上ります。近年の傾向として、犬の飼育頭数は減少する一方、猫の飼育頭数はほぼ横ばい。本当は犬を飼いたいけれど、アパートやマンションなどの規則で飼えない方も少なくないように思います。

 ところで、今回ペットの話を取り上げるのは、家計診断の中で、ペット費をきちんと記帳していないご家庭が多いと感じるからです。生まれて間もない頃から育てると、犬や猫は10年以上、飼育するケースが多いはずです。

 ひと月にかかるペット費が1万円だとしましょう。この場合、年間で12万円、10年間で120万円ほどかかる計算になります。このほか、ペット保険の保険料なども加えると、実際にかかる金額はもっと膨らむでしょう。また、徐々に飼育頭数が増えて多頭飼いになり、ひと月2万〜3万円近くかかっているご家庭もあります。この場合は年間で数十万円単位の支出になっているはずです。

 「子供が独立して寂しい」とペットを飼い始める方にもよくお会いします。年金暮らしをされていると、ペット費の負担で家計が赤字になったり、貯蓄が速いペースで減ってしまったりする場合もあり、老後資金に不安が出てしまいます。

「ペットは家族だからお金がかかっても仕方がない」とおっしゃる方もいますが、生活に余裕があるご家庭以外は、ペット費に毎月どのくらい支出しているか、きちんと記帳しましょう。ペットを飼う行為は、家計費の費目を一つ増やすことになるからです。家計が赤字になっているご家庭では、記帳だけではなく、ペット費の予算化も必要です。ペット費の予算を考えるときは、それ以外の費目での節約を同時に考えましょう。

 また、ペット保険への加入も必須だと思います。具体的な保険商品については別の機会に紹介したいと思いますが、人間の健康保険のように、3割や5割などの自己負担で治療を受けられる制度です。ペット保険に加入していれば、窓口で支払う治療費を軽減できます。

 家計が厳しいご家庭では、ペットの具合が悪そうなのに、費用が心配でなかなか病院に連れて行けないケースもあります。犬や猫も高齢化によって病気になるリスクが大きくなり、治療費に加え手術費が必要になることもあります。大切なペットの命を守るためにも、ペット保険には必ず加入しておきましょう。

 (ファイナンシャルプランナー 畠中雅子)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣害から地域を守る「里守り犬」 保護犬から育成へ

Yahoo! JAPAN


ピースワンコ・ジャパンの拠点がある広島県神石高原町は、中国山地の山あいに位置する。山林を縫う細道を車で走っていると、夜はイノシシやウサギやタヌキ、昼はサルなど、さまざまな動物に出くわす。野生動物の存在は、自然の豊かさを象徴してほほえましくもあるが、農家にとっては農作物を食い荒らす「獣害」が頭の痛い問題になっている。

【写真特集】看板の柴犬2匹、湖畔のパトロールが日課

 山ぎわの田畑の管理が行き届いていたころは、イノシシやサルはあまり人里に近寄らなかった。しかし、この10年で町の人口は2割以上減り、高齢化も進んだ。それにつれて耕作放棄地が増えると、山と人里の間にあった「緩衝地帯」が消え、農作物の被害が目立つようになった。昔はどこにでもいた野良犬や放し飼いの犬が減ったことも、野生動物を人里に近づけた原因の一つと考えられる。

 町が約200の集落を対象に最近行ったアンケートで、農業被害が「深刻」または「大きい」と答えた集落は、イノシシについては計67%、サルでも43%にのぼった。動物除けの電気柵やネットが張り巡らされているが、それだけでは効果に限界がある。

 そこで注目され始めたのが、かつての野良犬のように人里から野生動物を遠ざける「里守り(さともり)犬」だ。追い払いの訓練を施した犬を、獣害に悩む地域の人に飼ってもらい、サルなどが出没すれば飼い主と一緒に里守り犬が「出動」する。神石高原町は、4月からの新年度予算に420万円余を計上し、育成に本格的に乗り出すことになった。

 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が町の委託を受け、動物愛護センターなどから保護した犬のうち、初年度は5、6頭程度を訓練する予定だ。飼い主となる農家にも勉強会に参加してもらい、犬を適切に扱うための技能や知識を身につけてもらう。段階的に講習を重ね、3年間かけて犬と飼い主のペアが「自立」することをめざす。

 このプロジェクトでは、訓練した犬をただ貸し出すのではなく、飼い犬として農家に譲渡する。殺処分をなくす取り組みでも連携している町の担当者は、「農作物の被害を減らすだけでなく、保護犬の譲渡率を上げることにもつながる」と議会で事業の意義を説明してくれた。

 ピースワンコ事業は、犬と人が助け合い、活力あふれる地域社会をつくることを目標としている。災害救助犬の夢之丞が注目されたように、殺処分ゼロの実現に向けても、犬が人の役に立つ大切なパートナーだという認識を広めることが力になる。保護犬から育成された里守り犬が、獣害対策の一翼を担い、過疎地のヒーロー、ヒロインになるよう力を尽くしたい。

(ピースウインズ・ジャパン代表理事・大西健丞「大西健丞のピースワンコ日記」から)

sippo(朝日新聞社)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<希少動物保護>猫にチップ埋め込み義務化へ 奄美大島

Yahoo! JAPAN


鹿児島県の奄美大島5市町村は世界自然遺産登録を見据え、ノネコ(野生化した猫)から希少動物を守るため猫の飼い主に適正な飼養管理を求める条例を改正した。これまで努力目標だった猫の個体識別のマイクロチップ埋め込みを義務化し、飼育数を制限するなど飼い猫の管理をより強化した。周知期間を設け、10月1日に施行する。

 条例改正では、5匹以上の飼養を許可制にしたほか、放し飼いにする場合の避妊・去勢を義務化。島内での餌や水やりも禁止した。マイクロチップの義務化に伴い、埋め込み費用を助成する。

 猫飼養条例は飼い猫の終生飼養や登録などを定め、2011年に施行された。5市町村は今後、条例の実効性を高めるため罰則規定を6月議会に提案できるよう協議する方針。奄美市の島袋修・環境対策課長は「奄美大島などの世界自然遺産登録を見据え、条例を浸透させていきたい」と話した。【神田和明】

posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モモイロペリカン「ペー」死ぬ 「パー子」死んだばかり 動物園"死"相次ぐ 札幌市

Yahoo! JAPAN

札幌市円山動物園でまたも、動物が死にました。オスのモモイロペリカンの「ペー」が今朝、死んでいるのが見つかりました。2017年1月には、メスのモモイロペリカンも死んでいて、動物園で死因を調べています。

 死んだのは、オスのモモイロペリカンの「ペー」で、27日朝、飼育員が獣舎内で倒れているのを見つけました。

 死んだ「ペー」は、タンザニア生まれで、年齢が14歳以上でした。

 死因は、分かっていませんが、高病原性鳥インフルエンザの簡易検査は陰性でした。

 モモイロペリカンについては、2017年1月、右胸をぶつけた疑いで、ペーと一緒にやってきたメスの「パー子」も死んでいて、訪れた人は、暗く動物のいない展示室をのぞき、悲しんでしました。

 訪れた人:「(死んだの)きょうじゃん。悲しい」「突然で、びっくりしています」「(動物の死が)続いたのは、どうなのかと思う」

 ペーは、パー子と共に、2016年11月アフリカゾーンの屋外施設から、室内に移されました。しかし、客との距離が近く過ぎ、ペリカンが驚くということで、窓ガラスに、一部ブラインドが設置されていました。

 相次いだ2羽のモモイロペリカンの死。動物園側は、北海道大学と共同で死因を調べています。

UHB 北海道文化放送


posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと一緒に入る墓が増えている 可愛い犬猫と幸せな終活を迎えるには

J-CAST


家族同然に、いや家族以上に可愛がってきたニャンコやワンコ。死んだ後も一緒にいたいと、同じ墓に入ることを希望する人が増えている。

ほかの使用者への配慮から公立霊園ではペットを一緒に埋葬することを禁止するところが多いが、民間の霊園や墓地ではペットと一緒に入れる所が急増している。もう、こっそりペットの骨壺を持ち込む秘密の作戦をしなくてすむ?

死んだ後も一緒に暮らしたい(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
死んだ後も一緒に暮らしたい(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
「自分が死んだら内緒で愛犬のお骨を棺に入れて」

J-CASTヘルスケアは、どうしても飼っている猫と一緒に永眠したいと熱望している千葉市の男性Aさん(60代後半)を取材した。Aさんは「孫より可愛い」という猫を2匹飼っており、以前飼っていた猫を2匹、自宅の庭に埋葬している。Aさんはこう語った。

「いま飼っている猫たちもトシですから、いずれ庭に埋めるつもりです。私が死んだら、親父やお袋と一緒の墓には入りたくない。妻には、骨の大部分を房総の海に撒いて、ほんの少しを庭の猫ちゃんたちの横に埋めてくれと頼んでいるのです。ところが、『化けて出てこられたらイヤ!』と妻が承知してくれなくて、死ぬに死ねないのです」
Aさんと同じ悩みをもつ人は多い。女性向けサイト「発言小町」(2014年11月26日付)の「ペットと一緒のお墓に入りたい」ではこんな投稿があった(要約抜粋)。

「最近可愛がっていた猫を亡くしました。まだ8歳でした。泣いて、泣いて、毎日をすごしています。一緒にお墓に入りたいですが、ネットで検索すると、人間と動物は一緒にお墓に入れないらしいです。ペットを亡くした方、どうされましたか?」
この投稿には、同情の声が殺到した。2014年当時、まだペットと一緒に入れる墓の存在があまり知られていなかったらしく、「ペットOKのお墓がありますよ」という指摘がある一方、こんな涙ぐましい努力をしている人が多かった(要約抜粋)。

「愛猫家の知人が計画している方法です。火葬した猫のお骨を、布の袋に入れて保存してあり、自分が死んだ時に必ずお棺の中へ入れるよう頼んであるそうです。骨壷のままだと棺に入れられないので、『とにかくこれだけは必ず棺に入れて』と。確かにこうすると一緒のお墓どころか、一緒の骨壷に収まるわけですから、絶対確実といえますね」
「現在ペット霊園に愛犬が6匹入っています。今はマンション住まいですが、将来は戸建に移り、犬たちのお墓を庭に移転させる計画です。私が死んだ時には、家族に特大の骨壺を用意してもらい、内緒で歴代の犬の遺骨を一緒に投入してもらいます。幸い家族で私一人がプロテスタントですので、これは私一人だけの墓だから出来ることだと思います」
こうした切羽詰まった計画に対し、意外に簡単な「裏ワザ」をアドバイスする人がいた。とむらいの「専門家」だ。

「私は、浄土真宗の僧侶です。お墓に納骨する時に、可愛がっていたペットのものと思われるお骨と、故人さまのお骨を一緒に納骨される方を大変よくお見かけします。私も、よくそれらしき納骨法要をしました。また、可愛がっていたペットの、手作りの心のこもった仏壇を飾られる方もいます。参考にしていただけたらと思います」

最後は一緒に土に帰る樹木葬もオススメ

ところが、現在、インターネット上では「ペットと一緒に眠れるお墓」の情報サイトがたくさんある。47都道府県ごとにクリックすれば、値段、立地条件、区画の広さなどがすぐわかる。「日刊ペット葬新聞」(日刊葬儀新聞社主宰)というペット葬の専門サイトまであり、ペットを手元において供養する「遺骨ペンダント」や「家庭用樹木葬化粧鉢」などを紹介している。これは、お骨でペンダントを作ったり、お骨を鉢の土に埋めてお気に入りの木を植えたりして亡きペットをしのぶものという。

J-CASTヘルスケアは、東京や神奈川などでペットと一緒に入れる所も含め、多くの霊園を扱っている「美郷石材」常務取締役の新美整さんを取材した。

――何年くらい前からペットと一緒の墓が増えてきたのですか。

「10数年前からです。ここ4、5年は特に多くなりました。弊社で取り扱いの霊園は約200か所ありますが、そのうち約50か所が『ペットと一緒OK』です。形式も、全区画をペットOKにしたり、人間だけの区画とは別にペットOKの区画を作ったり、ペットと一緒に眠る樹木葬の区画を用意したり、多くの人が一緒にまつられる納骨堂にペットも一緒に入ったりと様々です」。
――樹木葬もあるのですか。どういう風に一緒に眠るのですか。

「都内の寺の例ですと、境内に樹木葬の区画を用意し、緑地(植栽)周辺に人間とペットの骨壺を並べて埋葬します。13回忌にあたる12年後か20年後に、骨をまとめて合祀します。最終的に一緒に土に帰るわけですね。希望に応じ、一緒になるまでの期間を5~7年に短くすることもできます」
――なぜ、一緒のお墓に入りたい人が増えてきたのでしょうか。

「ペットは家族の一員と思う人が多くなったことと、仏教にふれる人が少なくなり、ペット共埋葬をタブーと感じる方が少なくなったこともあると思います。仏教では、ペットは『畜生』で人間と一緒に供養してはならないという考えもありますから。しかし、最近はお寺の住職さんも、人々の希望に合わせる考え方が増えてきているようです」
――たくさんのペットと一緒に眠る人もいますか。

「5〜6匹のペットと一緒に眠っている人は結構います。ペットOKの霊園ができたのを機に、一度埋葬していたペット専門の霊園からペットのお骨を移すケースも多いようです。どうしても一緒になりたいのでね。お骨を何か所かに分散し個別に支払うより、まとめた方がお参りが楽で費用も掛からないという話もよく聞きます」


posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする