動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年03月30日

土佐犬、5割が不適切管理 逃走相次いだ青森県内 県が緊急調査

Yahoo! JAPAN


 八戸市鮫町で昨秋、土佐犬が小学2年の男児をかみけがをさせるなどの問題で、青森県内の土佐犬飼育頭数は968頭で、柵の施錠不備など、飼い方に問題がある飼い主がほぼ半数に上っていたことが28日、県の緊急調査で分かった。土佐犬が逃げたケースは2016年度に計8件あった。県は今後、調査を継続するとともに不適正な飼い主を指導し、県動物愛護条例違反などが確認された場合は告発も検討する構えだ。

 青森市の県動物愛護センターで同日、県が行政、飼い主団体の関係者を集めて開いた「土佐犬逸走防止対策会議」で報告した。

 県が昨年6〜12月に実施した調査では、土佐犬の飼い主は251人。千頭弱が飼われていた。犬小屋などの柵を適切に施錠をしていた飼い主は約5割で、残りは施錠方法が不十分だったり、柵に鍵をかけなかったりしていた飼い主もいた。

 16年度に発生した土佐犬の逸走事案は八戸市2件、三沢市1件、南部町1件など。係留不備や不適切な施錠などが原因だった。

 会議の席上、県は今後も調査と指導を継続する方針を説明。県警も関係機関と連携し、不適切な飼育に対応する姿勢を示した。
 県保健衛生課の磯嶋隆総括主幹は取材に、「県の調査で多くの土佐犬が把握された。不適正な飼い方がないように調査を続けていく」と強調した。

 また、飼い主の団体「南部土佐犬普及会」の太田勝会長は、「逸走事故を起こさないため、登録や飼い方など指導を徹底する」と話した。同会は今年1月、市町村への登録や狂犬病の予防接種が済んでいない土佐犬の闘犬大会出場を認めないなどの会則を新たに設けている。

デーリー東北新聞社


posted by しっぽ@にゅうす at 07:21 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然記念物を狙う野ネコ 捨てられて野生化

Yahoo! JAPAN


国立公園に指定された鹿児島県・奄美大島で、ネコが森に入ってアマミノクロウサギなどの固有種を襲う被害が相次いでいる。貴重な生態系が壊れ、来年夏の登録を目指す世界自然遺産の審査にも影響が出かねない。ネコを捨てたり放し飼いにしたり、人間の無責任な行動による被害は全国各地で起きており、どこも対応に困っている。

【写真特集】ちょいワイルドな猫たち

 2月下旬深夜、奄美大島中部の林道脇の草むらで、ライトに照らされた黒ネコの目がきらりと光った。ネコは人の気配に気づくと、森の中に消えていった。その前後には奄美大島と徳之島だけにすむ国の特別天然記念物、アマミノクロウサギが12匹現れた。うち1匹は脚をけがして引きずるように歩いていた。

 黒ネコは人が放したものか、その子孫とみられる。環境省の推計では、奄美大島全体で野ネコは600〜1200匹、徳之島は150〜200匹いるとみられる。同省が2008年、クロウサギをくわえたネコを初めて撮影した。

 奄美野生動物研究所の塩野崎和美研究員が野ネコのフンを調べたところ、クロウサギやケナガネズミ、アマミトゲネズミといった希少哺乳類を好んで食べていた。両島には本来、敵となる肉食獣がいない。塩野崎さんは「島在来のハブは警戒しても、ネコから逃げる術は持たず、狙われやすいのではないか」と話す。

 奄美大島では1979年、ハブなどを駆除するためにマングースが放たれ、希少動物が激減。20億円以上かけてわなをしかけてマングースを捕殺した。クロウサギの目撃地域は03年ごろ以降、徐々に広がってきた。それが今度はネコの脅威にさらされている。

 ネコが襲う現場を目にした自然写真家の常田守さん(63)は「島から固有種の姿が消えることはすなわち絶滅を意味する。早く手を打たないといけない」と話す。

sippo(朝日新聞社)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無責任な動物の飼育やめて 和寒町、小型犬9匹捕獲 引き取り手を募集

北海道新聞


【和寒】捨て犬とみられる小型犬が、町内で相次ぎ見つかった。25日に10匹が目撃され、町は28日までに9匹を捕獲。引き取り手のない犬を29日にも名寄保健所に送る。町住民課は「動物を無責任に捨てるのはやめて」と呼び掛けている。

 町によると25日朝、住民から「家の近くに1時間以上、飼い主のいない犬がいる」と町役場に連絡があった。道路や畑でも目撃された。人や家畜がかまれるなどの被害の通報はない。

 犬は町内三和や菊野の町道「7号道路」付近で集中して見つかった。いずれもミニチュアダックスフントの雑種の成犬とみられ、首輪はないが人に慣れた様子という。担当者は「多頭飼いして飼いきれなくなったか、業者かもしれない。こんなことは初めて」と憤る。

 9匹のうち、3匹は引き取り手が見つかった。同保健所によると、殺処分を減らすため、持ち込まれた犬は1週間程度、保健所のホームページに載せて新たな飼い主を募集するという。(後藤耕作)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニコム損保の調査でペットにかける年間支出は犬が34万円、猫は16万円

保険市場タイムス


2016年1年間にペットにかけた費用の調査結果

アニコム損害保険株式会社は3月22日、契約者に対して2016年の1年間にペットにかけた費用(年間支出)に関する調査を行った結果を発表した。
この調査は、同社のペット保険「どうぶつ健保」の契約者に対し、2016年の1年間(1月1日〜12月31日)にペット1頭に支出した費用について、インターネット上でアンケートを行ったもの。今回の実施期間は2017年3月2日から7日までで、有効回答数は3,704だった。

この結果、「病気やケガの治療費」は、犬が57,129円(前年比98.8%)、猫が35,016円(同97.9%)と、いずれも減少傾向が見られ、この理由には「健康に気を付けた」「成長とともに病気が減少した」などの理由が見られたという。
「フード・おやつ」にかける費用は犬猫ともに増加傾向

また、「フード・おやつ」にかける費用は、犬が49,994円(同102.5%)、猫が41,503円(同114.3%)となり、犬猫ともに増加傾向となった。
犬の「プレミアムフードを変更した」「おやつの種類を増やした」といった理由のほか、シニア犬や猫の飼い主から「健康、食餌に気を付けたため」という理由が多かったという。
2017年にかける費用の見込みでは、「増加する見込み」が32.9%、「減少する見込み」が7.1%、「変わらない見込み」が40.2%となり、「増加する」理由では「高齢化に伴いフード・予防費・医療費がかかる可能性がある」「年齢的に病院にかかる回数が増えそう」などの理由が多く見られたとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アニコム損害保険株式会社 プレスリリース
http://www.anicom-sompo.co.jp/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:18 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺処分される犬猫は 1日およそ130頭。あなたはどう思う?「ペットと人」

Yahoo! JAPAN


犬・猫の殺処分数の甚大さは、誰もが知っている社会問題です。
環境省「動物愛護管理行政事務提要」平成27年度版のデータによると、
年間47,517頭、約5万頭もの犬猫が処分されています。 日本だけで1日あたり130頭殺処分されている計算になります。内訳は、飼い主から預けられたもの、所有者不明で捨てられていたもの、病原体を有している野良犬・野良猫などと様々ですが、いずれにせよ根本的には「人間が犬・猫をペットとしている」事に起因するように思われます。
本日は、ペットショップで働きはじめた著者が捨てられそうになっていた子犬を保護し育て上げた体験談をご紹介します。

「ペットと人」

あなたはどう思いますか?

ゴミとして処分されかけた我が家の愛犬
◇ ペットショップにて
犬を飼い始めてしばらくしてもっとよく犬の事を知りたいと思い、近くのペットショップへ。私自身子どもが小さく仕事もしていなかったのでその店のオーナーが「勉強しがてら午前中だけでも手伝いにこない?」と声をかけていただいたのでそこで犬のお手入れ、散歩、体の事など教えていただく事がスタートしました。

◇ 犬の繁殖
当然の事ながら犬を販売するために繁殖をさせていました。私はこの事実を知らなかったのでかなりショックを受けました。犬の意志に関わらず無理矢理繁殖させて販売している実態、沢山の子犬が生まれた際、息絶え絶えの子犬が沢山いるという事。ただ犬の事が知りたかっただけなのにこんな実態をまざまざと見せられ戸惑いが大きかったですが、反対に実態を知れてよかったと今は思っています。

◇ 小さな命
運命的な出会いをしました。息絶え絶えでもう数日で死ぬのでは?と言われていたミニチュアダックスフンドの雄が1匹。か弱い声でクーンクーンと泣いていました。生後間もないこの子は健気にも一生懸命お母さんのところに行きながらも他の兄弟が大きく、はねのけられておっぱいを吸えずに弱っていました。店長は「死ぬやろうで、そっちの段ボールに入れといて」とゴミ箱行きを宣告されたこの子を「はいそうですか」と捨てる気持ちになれず「私が育てていいですか?」と声をだしていました。店長は「好きにしな」と言ったので、ミルクを人工的に飲ませ育てました。

◇ 生きる選択
毎日一生懸命飲んでくれました。最初は吐き出したり飲まなかったりしましたが夜中も起きて飲ませると少しずつ飲み始め、日に日に大きくなっていきました。獣医さんに診察してもらうと「もう大丈夫」とのこと。でもすぐ風邪をひいたり、最初のうちは獣医さんのところに行ってばかりでした。それでも目が開きよたよたと自分の足で歩き、走り、どこに行くにも赤ちゃんの後追いのように私にくっついてきて可愛くて仕方ありませんでした。この子は自分で生きる選択をし、一生懸命私の気持ちにこたえようとしてくれました。

◇ 家族が増える事
ペットは家族だ、とよくいったものです。子どもを1人迎え入れる気持ちで我が家にきてもらったこの子。最初獣医さんは長生きは出来ないかもしれない、と言われていましたがそんな言葉はどこに行ったのか、今年で8歳を迎えました。大きな病気もせず、元気いっぱいです。あのときゴミ箱にいれていたら。。。と思うとゾッとします。 そしてペットショップの在り方を問う一方で、一人間として生きれるものすべてに価値があるという慈しみの気持ちは誰もが持ち続けなければと思えた出会いでした。私はこの子のおかげで命の大切さ、生きる力強さを再確認出来た事は宝物の出会いでした。ありがとう。

【関連記事】
1. 犬は永遠の一歳児。犬を大切にしよう。
2. ゴミとして処分されかけた我が家の愛犬(転載元)
最終更新:3/29(水) 21:30


posted by しっぽ@にゅうす at 07:17 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする