動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月06日

虐待死させた猫11匹を埋めた疑い 25歳女を逮捕

Yahoo! JAPAN


 神奈川県相模原市の公園に11匹の猫の死骸を埋めたとして、25歳の女が逮捕されました。

 無職の竹沢絵利香容疑者は去年10月、相模原市南区の自宅マンションで猫13匹を不衛生な状態で飼って虐待したうえ、11匹の猫の死骸を近くの公園に埋めた疑いが持たれています。警察によりますと、去年11月、現場の公園で猫の死骸が見つかった翌日に竹沢容疑者から市役所に「猫が死んだ」と電話があり、関与が浮上しました。警察官が事情を聴いた際、竹沢容疑者の部屋は猫の糞(ふん)や尿にまみれていて、2匹の猫が死んでいたということです。竹沢容疑者は、猫の死骸を埋めたことは認める一方で、「数日に1回、水や餌(えさ)を与えていた」などと話し、動物愛護法違反の疑いについては否認しています。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害避難所ではペットは分離 飼い主は犬猫の預け先確保を 環境省が指針改訂の方針

Yahoo! JAPAN


環境省は早ければ今秋にも、災害時のペットの保護や飼い主の責任を定めたガイドラインを改訂する方針を固めた。昨年4月の熊本地震の教訓を踏まえ、自治体にはペットをほかの被災者と分けて保護すること、飼い主らには避難所以外の預け先も確保しておくよう求める見通しだ。

【写真特集】熊本地震で保護された犬や猫

 東日本大震災後の2013年、環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を初めて策定した。ペットが逃げ出して防疫上の問題になったほか、飼い主が連れに戻って二次被害に遭う事例があったことから、ガイドラインでは「同行避難」を基本として、飼い主にペットを入れるケージなどの準備を促し、自治体には避難所や仮設住宅で可能な限りペットを受け入れるよう求めた。

 しかし熊本地震では、避難所に入ったペットに対する苦情も少なくなかった。内閣府が避難した377人に聞いたところ、35・5%の人が避難所にペットを入れてほしくないと回答した。避難所でペットの受け入れを拒まれ、飼い主が車中泊を強いられるケースもあった。

 このため環境省は改訂ガイドラインで、自治体に対し、避難所でペットを保護する場合はほかの被災者と分けるよう求める。また、避難所で保護できない場合に備え、飼い主や自治体などには預け先を確保しておくよう促す方針だ。

 九州各県と山口県は熊本地震で、13年に結んだ「九州・山口9県災害時愛護動物救護応援協定」に基づき、被災地へのケージやえさの提供を行ったが、環境省はこうした事例を紹介し、ペット対策の広域支援協定を他の地域でも進めてもらう考え。

sippo(朝日新聞社)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:09 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉本彩:マンガ初参加 「しっぽの声」でペット問題の「本質描く」

ネタりか


タレントの杉本彩さんが5日、東京都内で行われたマンガ誌「ビッグコミックオリジナル」(小学館)の新連載「しっぽの声」の会見に登場した。同作は、ペットの販売や流通、殺処分をテーマとしたマンガで、動物環境・福祉協会Evaの理事長で動物愛護活動を行っている杉本さんが執筆に協力した。杉本さんがマンガに携わるのは初めてで「日本の文化とも言えるマンガを通して、この問題を伝えるのは、啓発において大きな力になる。感動しました。本当にありがたい。この問題の深い本質的な部分を描いていく」と話した。

 会見には、「ビッグコミックオリジナル」の中熊一郎編集長も登場し、杉本さんを抜てきした経緯を「日本最強の動物愛護活動家と思って、ブレーン、アドバイザーとして(協力を)お願いした。マンガを作る以上、感情論だけでは先が続きません。杉本さんの見識の深さを魅力に感じた」と説明した。

 杉本さんは「動物愛護、保護の活動を25年以上している。救っても救っても終わりがない。根っこから変えていかないと解決しない。自分ができることとして啓発活動が大切だと思っている。皆さんにこの問題に知っていただくことが必要。業界の実態をご存じない方に読んでいただきたい。自分たちが何ができるかを考えるきっかけになれば」と呼びかけた。

 また、杉本さんは「マンガは大人になってからはあまり読んでいません……。夫はマンガが大好きで、家にはいっぱいマンガがあるのですが。今は、マンガに対してアンテナを張っています」と話した。

 「しっぽの声」は、小栗旬さん主演でドラマ化もされた「獣医ドリトル」で知られる夏緑さんとちくやまきよしさんのマンガで、5日発売の「ビッグコミックオリジナル」12号で連載が始まった。第1話は、獣医師が犬の飼育放棄を疑われた家を訪れる……という展開。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しい犬の散歩法 褒める時は立ち止まらず歩きながら

Yahoo! JAPAN


犬を飼う際に、絶対に欠かせないのが「散歩」だ。より良いペットライフを楽しむには、正しい散歩法をしっかりとしつけることが重要だ。秋田県の女性からこんなお悩みが届いた。

「わが家の愛犬はマイペース。特に問題は散歩。グイグイ引っ張っていくと思ったら、突然座り込んで歩かなくなったり…。私が怒っても引っ張っても言うことを聞いてくれません。正しい散歩の方法を教えてください」(秋田県・まめっこ・35才・事務)

 しつけ教室・犬の保育園SKYWAN! DOG SCHOOL代表で家庭犬しつけインストラクター歴17年の井原亮さんが正しい散歩法を教えてくれた。

 * * *
 犬にとって散歩は、飼い主と出かけられる、楽しい時間です。その時間を、よりよくするには、いくつかのポイントがあります。

◆愛犬の成長に合わせ首輪&ハーネスの買い替えを

 まず大切なのは道具。散歩には、首輪(カラー)または胴輪(ハーネス)とリードが必要です。これらは愛犬を守る命綱。最近では100円ショップでも気軽に手に入れられますが、簡易的なものは避けましょう。特にカラーやハーネスは、愛犬の体に合ったものを選び、成長に合わせて買い替えてください。

 また、リードは伸縮式でないタイプを。手元のスイッチで長さが調整できる伸縮式リードは、広い公園など、周りに危険がない場所で犬を運動させるためのもの。犬が自由に行きたいところに行けるため、散歩には不向きです。

 そのほか、おしっこにかけるための水やウンチ処理の袋なども散歩時の必需品です。自治体によっては“公園や道は犬の排泄場所ではない”と、家で排泄をさせてから散歩に出るようにと提唱しているところもあるほどです。飼い主は常に、“犬が嫌いな人もいる”ということを念頭において行動しましょう。

◆散歩中は止まらず歩きながら褒める

 散歩中は、犬に飼い主を気にしながら歩くように教え、目が合ったらほめてあげましょう。ただし、ほめる時も立ち止まらず、歩きながらほめることがポイント。でないと、“止まるとほめてもらえる”と勘違いしてしまい、頻繁に立ち止まるようになるからです。

 その他、散歩中に動かなくなる理由としては、体調不良や他の犬のにおいが気になるから、飼い主に抱っこしてもらいたいから、などさまざま。毎回動かなくなるなら、散歩コースを変更してみましょう。

 1回の散歩の距離や時間の目安に決まりはありません。回数は1日2回が理想とされていますが、時間に関しては、犬種や大きさ、年齢などによって異なります。私がおすすめする散歩時間の目安は、家に帰った後、疲れてひと休みするくらい。愛犬の様子を見ながら、その子に合った時間を見つけてあげてください。雨の日は、無理に散歩する必要はありません。

※女性セブン2017年6月15日号


posted by しっぽ@にゅうす at 06:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が飼い主についてくる5つの理由

ネタりか


1.動物の本能

後ろ姿の犬

犬は本能的にボスであるものについていきます。
飼い主のことをボスだと認識しているため、ついてくるのかもしれません。ついてくる以外にも、ボスと認めた人の隣に座ったりすることもあります。
しかし家族を放っておいて犬に構いすぎると、犬は自分が他の家族より上だと勘違いをしてしまいます。家族や他に兄弟犬がいる場合は、平等に接するようにしましょう。

2.分離不安症

ドアを破壊した犬

犬にとって飼い主とは、離れるなんて考えられない存在です。
分離不安症の症状のひとつに、常に飼い主のあとをついてまわる行動があります。トイレやお風呂にもついてきて入りたがりドアを引っ掻いたりするのも分離不安症によるものかもしれません。
人が立ち上がったときに、寝ていた犬が反応して起き上がりついてくるのも分離不安症の行動のひとつと言われています。
これは異常な行動なので、早めに対処する必要があります。

分離不安症とは?

いつも飼い主と一緒にいる犬が、飼い主と離れひとりになってしまったときにパニックになったり、物を壊す、吠え続ける、排泄ミスをするなどの問題行動を起こすことを分離不安症と言います。
分離不安症は、本来なら母犬から離された時に起きるもので、子犬は母犬がいないと生きていけないため自然なことでしょう。成犬になるとそういった行動はなくなります。しかし、家庭で飼われている犬の中には飼い主と離れるときに、このような症状を引き起こすものもいます。
症状としては、

✔吠え続ける
✔物を壊す
✔排泄ミスをする
✔体を傷つける

などといったものがあります。見に覚えがある方もいるのではないでしょうか。
もしかすると分離不安症なのかもしれません。
分離不安症の兆候としては、

✔飼い主が帰ってきた時に激しく興奮する
✔常に飼い主について歩く
✔出かける準備を始めると落ち着きがなくなる

といったことがあげられます。
案外気づかないものばかりですよね。
そこまで酷くなくても、分離不安症一歩手前の犬も多いかと思います。

分離不安症になる理由

分離不安症になる大きな理由として、社会化不足があります。
子犬の頃から他の犬や人と接することがなかったり、あまり散歩をしていない場合、上手く飼い主離れができずに分離不安症になってしまいます。
過剰に可愛がり、過度に甘やかすことで飼い主へ依存していしまっている状態になっているのです。
また今まで分離不安症の症状がなかったのに急に症状が起きた場合は、犬が飼い主が居ない間にとても怖い思いをした可能性があります。

分離不安症の対処法

愛犬がかわいくて仕方がないのはわかりますが、過度に甘やかすことは犬のためにはなりません。
部屋に一緒にいるときにはある程度距離をとってみたり、犬が寝ているときには構わない、ついてきても無視する、など自立を促す行動をしましょう。
また、飼い主が帰宅したときに犬に真っ先に「ただいま!」「偉かったね!」と構うことも控えて下さい。帰宅してある程度落ち着いてから犬に声をかけて、褒めてあげましょう。興奮しているときはあえて無視するのがポイントです。
出かけるときも「いってきます」や「いい子にしててね」などという声はかけずに出かけてください。
また、独りでいる時間を少しずつ長くしていきましょう。徐々に慣らしていくことで1〜3ヶ月で改善してくることが多いようです。

3.おやつがほしい

おやつを食べようとしている犬

人についていったときにおやつを貰えた経験がある犬は、それを忘れずにいることもあります。
どこへついていっても、期待した目でおすわりをしていたり、おやつがあるほうをチラチラと見たりしてしたら、それはおやつがほしくてついていっている可能性が高いです。

4.トイレに行きたい

上目遣いの犬

トイレのある場所が扉の向こう側だったり、階段の下だったりした場合には、自分でそこへ行けない犬もいます。
そういうときには目で合図をしてきたり、飼い主のあとをついて回ることがあります。トイレのしつけがよく出来ているしるしでもあるのですが、犬にとっては我慢しなければならずよくありません。
トイレの位置を少し変えてあげてください。もし、トイレを場所で覚えている場合には、少しずつ場所を変えていきましょう。

5.飼い主への愛情

ハートと子犬

犬が飼い主のことをとても好きな場合、後ろとついて歩くことがあります。
過度に甘やかしているわけでなく、問題行動もない場合、犬が飼い主にとても深い愛情を持っているのかもしれません。
飼い主と犬との関係がとても上手くいっている証なので、無理にどうこうする必要はありません。

まとめ

顔を寄せ合う犬と飼い主

犬が飼い主についてあるく理由は問題行動である場合、トイレの問題、飼い主への愛情など様々です。
愛犬の普段の様子や、愛犬への接し方を一度よく考えてみましょう。
もし何も問題がなければ、犬はあなたのことをとても愛しているということです!これからも仲良く楽しく暮らしていけるといいですね。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする