動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月12日

猫の命 官民で救え…ブームの陰 殺処分900匹

読売新聞


 世は空前の猫ブームだ。アベノミクスならぬ「ネコノミクス」という造語が生まれ、関連グッズや写真集が売れる。だが、府内では昨年度に908匹が殺処分されるなど、流行の背後には飼い主のモラルを巡る根深い問題がある。今年5月に開設2年を迎えた府と京都市が共同運営する「京都動物愛護センター」(南区)を訪ね、殺処分はどうすればなくせるのか、考えてみた。(木村ひとみ)

 同センターでは、職員の獣医師が1匹ずつ薬を注射して安楽死させる。手のひらに載る子猫は、注射後、あっという間に動かなくなる。機械での処分より猫の苦痛は少ないが、獣医師の精神的負担は大きい。

 「1日20〜30匹を処分することも。動物を助けるために獣医師になったのに、なぜこんなことを、と思うこともある」。同センターのある獣医師は、苦しい胸の内を打ち明ける。

 2013年、動物愛護管理法が改正され、自治体が安易な理由による引き取りを拒否できるように。同センターによると、それ以降は行政が収容・処分する猫の数は減少した。だが、府内では昨年度、犬(41匹)の20倍以上が人間の手で命を絶たれている。

 特に猫が多いのは多産の上、犬と違って自治体への飼育の届け出が義務付けられておらず、放し飼いも禁止されていないためという。殺処分となるのは、ほとんどが捨て猫や放し飼いの親が産んだ子猫。生まれたばかりの子猫は数時間おきにミルクが必要で、人手に限りのある行政機関では殺処分せざるを得ない。

 猫たちを救う鍵は、官民の連携だ。殺処分を減らそうと府北部で活動する市民グループ「キャッツ☆ワン」は、「ミルクボランティア」と呼ばれる飼育経験が豊富なメンバーが子猫を育て、譲渡先を探している。同グループ代表の木村悦子さん(43)は「センターが殺処分する前に、私たちに声をかけてくれれば助けられる」と訴える。

 同センターも、生後1か月程度の子猫を一般家庭で飼育してもらう「預かりボランティア」を導入。野良猫が懐きやすくなり、新たな飼い主への譲渡につながるなど成果を上げている。同センターの獣医師、池隆雄係長(48)は「家庭に預ける子猫の月齢を下げることは検討したい」と、民間との協力体制の拡大に前向きだ。

 

 ◇ペット業者 規制強化を

 ◆京都動物愛護センター名誉センター長 女優 杉本彩さん

 京都動物愛護センターの名誉センター長を務める女優の杉本彩さんに、ペットを取り巻く現状と課題を聞いた。

――センター開設の成果は

 譲渡希望者が圧倒的に増えた。今後の課題は、センターへの無責任な犬猫の引き取り依頼に対してどう指導するか。そして、どのように問題解決に至ったかを追いかける仕組みが必要だ。

――「殺処分ゼロ」への方策は

 まずは、動物愛護管理法をしっかり機能する法律にすること。不妊・去勢手術は一般の飼い主や保護団体への原則としての義務化を検討するべきかもしれない。

 東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに、ペットの福祉環境を世界基準にすべきだ。ペット業者を規制する良いタイミングだ。規制を強化すれば、悪質な繁殖業者もペットショップも淘汰とうたされる。

――法律の不十分な点は

 現状では、虐待している飼い主から強引に保護すれば窃盗罪になる。一時保護のための法律や、虐待をした人が二度と飼育できないような規制も必要。ブリーダーを資格制、ペットショップも許認可制にすべきだ。

――殺処分を行う獣医師の精神的負担も重い

 無責任な飼い主の罪を引き受け、殺処分を行う精神的負担は耐え難いものだと思う。負担をなくすには、殺処分の業務そのものを見直す必要がある。

――ペットを飼おうと思っている人へのメッセージを

 家族に迎える時は、行政または民間で保護されている動物を選んでほしい。マッチングを助言してくれるところから譲渡してもらうことが、人と動物の良好な関係のために必要だ。

2017年06月11日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:22 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県の殺処分数が初めて1000匹以下に 飼育方法の改善や譲渡数の増加が要因

ペトこと


新潟県は7日(水)、2016年度の犬と猫の殺処分数が合計944匹(犬11匹、猫933匹)となり、統計が始まった1952年度以降で初めて1000匹を下回ったと発表しました。

20170609_niigataken_ky_001

同県では、2012年に「新潟県動物愛護センター」、2013年に「新潟市動物愛護センター」が開所しており、県生活衛生課 動物愛護・衛生係では「積極的な啓発に取り組んだことにより、県民の動物愛護の機運が高まっていることが処分数減少の大きな要因」と分析しています。

県動物愛護センターは、行政が運営している施設にも関わらず土日も開館し、随時譲渡を行っています。多い日には犬猫合わせて10匹ほどの譲渡が行われることもあるそうです。また同センターが特徴的なのは、譲渡後1カ月以内であれば出戻りOKということ。昨年10月に都内で開催されたイベントに登壇した福祉保健部 生活衛生課の遠山潤 衛生係長は、「出戻りがあっても、それは当たり前に起こるものだと思ってもらうことが、結果的に譲渡数の増加につながる」とコメントしています。

関連記事:譲渡された犬猫の出戻りは当然!? 新潟県動物愛護センターの意外な取り組み
新潟県では殺処分ゼロに向けた取り組みとして、飼い主のいない猫の不妊去勢手術に対する補助(オス5000円、メス1万円)を行っているほか、子犬・子猫を自宅で預かり、数時間ごとにミルクを飲ませたり排泄の補助をしたりするミルクボランティアの募集も2016年度から開始。「引き続き、犬猫の殺処分ゼロを目指して動物愛護の取組を進めます」としています。




posted by しっぽ@にゅうす at 07:21 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾でペットの殺処分廃止、アジアではインドに次いで2番目

Yahoo! JAPAN


No-killへの挑戦 殺処分廃止へ大きく動き出した台湾

生きているものは他の命を摂取して生きながらえている。それは、人も同じである。その一方では、命を慈しみ、必死に他の命を助けようとすることもある。生き物というのは、不思議なものだ。

人生観や倫理観、動物観などを語り出せばきりがないので、ここでは割愛するが、“殺処分”…何度目にしても決して気持ちのいい言葉ではない。

ある人は、「それも必要悪だ」と言った。はたしてそうなのだろうか? 筆者には、いろいろな意味でバランスが崩れている結果のように思えるのだが。

犬は友にもなり、家族にもなり、かけがえのない人生のパートナーになり得る。猫とのつかず離れずの関係は、心に豊かさを与えてくれることだろう。

そんな犬や猫たちを、“処分”することは、心が痛い。

殺処分を完全に無にすることは難しいとしても、限りなくそれに近づけることは不可能ではないはずだ。そのために、私たちは何ができるのだろう?

台湾では2015年2月の動物保護法の改正時に、2年後には収容動物の殺処分を廃止する(伝染性の病気や治療が難しいという病気などの場合は除く)という条項も含まれていたそうだ。

TAIPEI TIMES、およびフォーカス台湾NEWS CHANNEL(国営通信社である中央通訊社)によると、2年が経った今年の2月4日から、それが施行されたということである。こうした殺処分廃止は、アジアではインドに次いで台湾が2番目であると(*1, 2, 3)。

ちなみに、台湾における公営動物収容所の殺処分率は、2007年〜2016年までの10年間で74.57%から12.38%まで下がり、譲渡率は13.45%から74.86%に上昇(*3)。2015年に台湾で初めて殺処分を廃止した台南市でも、2010年の譲渡率が13.4%だったのが、2016年には66.5%に上がったということだ(*1)。

また、ペットのしつけ方や動物保護について人々が学べる場となる『Pet Exercise and Education Park』が2019年にオープン予定で、同市はそれに巨額の投資をする他、動物福祉基金も設立するという(*1)。

しかし一方では、殺処分の廃止は動物収容所のキャパを超過させてしまう可能性があり、現場スタッフは厳しい対応に追われることになるのではないか、それよりもペット飼育に関する教育啓蒙や、不妊去勢手術およびマイクロチップ装着の実施率を上げるなどを優先したほうがいいのでは?というような反対意見もあるようだ。

現場スタッフと言えば、1年ほど前のこと、台湾の動物収容所に勤務していた獣医師が、世間から殺処分していることへのバッシングを受け、それを苦に、自らの命を絶ったという悲しい出来事があったことはまだ記憶に新しい。

先日、筆者はある保健所を見学させてもらえるチャンスを得たのだが、実際に殺処分に関わる経験をしたスタッフのストレスは言葉に尽くせないものがあり、本人が気づかないうちに体にもいろいろ影響が出るという話だった。

そして、「殺処分“ゼロ”という数字にばかり目が行き過ぎると、それに至るまでの過程でややもすると大事なことを見過ごしてしまう可能性もある。後世にもしっかり残していけるような道をつくらないと」という話にも考えさせられるところがあった。

ここでも筆者は“バランス”というものを考える。

アニマル・ウェルフェアの概念が浸透し、殺処分がなくなり、人と動物とがよりよく共生していける社会。1つの大きな目標を実現しようと思った時、中には意見が批判になってしまうこともあるだろう、互いの考え方や捉え方にすれ違いが生じることもあるだろう。こと人というのは自分の立場や思い込みで物事を考える生き物であるのだから。

だからこそ、一方向からだけの圧力だけではダメで、一部の人たちだけが携わるのではなく、一人一人が自分のできそうなことを、できる範囲で、協力し合って積み重ねていかねば。

日本のペット環境は今度どう変わっていくのか。殺処分はなくせるのか、人にも動物にも暮らしやすい社会がつくれるのか。それは何より私たち一人一人の“意識”にかかっているのだと思う。

参考資料:
(*1)Animal euthanasia ban goes into effect / TAIPEI TIMES
(*2)Euthanasia ban may pile stress on shelters:groups / TAIPEI TIMES
(*3)動物収容所での殺処分ゼロに アジアで2番目:台湾/フォーカス台湾NEWS CHANNEL

文/犬塚 凛

@DIME編集部

posted by しっぽ@にゅうす at 07:12 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついやってるかも?愛犬との生活で気を付けたい『5つのミス』

ネタりか


実はあなたのその行動、NGなんです

首をかしげる犬

あなたは次のことに当てはまりますか?

✔愛犬のことが大好きで目の中に入れても痛くない!
✔何でも自由に思い通りにさせてあげたい!
✔きちんとしつけもして賢くなって欲しい!

こんな飼い主さんは、もしかしたら気付かぬうちに愛犬にとって良くない行動をとってしまっているかもしれません。
愛犬のためを思ってやっている行動でも、実は愛犬をワガママにしてしまう原因になっていたり、ストレスを与えてしまっていたり、混乱させてしまっていたり…と悪影響を与えているかもしれないのです。

では、具体的にどんな行動が良くないのでしょうか?よくあるミスを5つ挙げてみました。
さっそく見ていきましょう!

その1:吠えたら反応する

吠える犬

「ワンワン!ワンワン!」と愛犬が吠え続けているとき、「どうしたの?」といつも反応してしまっていませんか?
これは「吠えたら構ってもらえる」と犬が覚えてしまい、ムダ吠え(要求吠え)をするようになってしまうでしょう。
これが習慣づいてしまうと、かまってほしいときや、何かして欲しい時にいつも吠え続けてしまいます。

対処法

吠え続けているときは絶対に無視をしましょう。
鳴きやまない時は、別の部屋に行くなどして愛犬から離れましょう。
「吠えても反応してくれない」ということを覚えてもらいましょう。

その2:叱る時に名前を呼ぶ

いたずらをした犬

「○○ちゃん!ダメでしょ!」と叱るときに愛犬の名前を呼んでいませんか?
そうすると「名前を呼ばれる=叱られる」と犬は理解し、呼び寄せるときに名前を呼んでも反応してくれなくなってしまいます。

対処法

名前を呼ぶタイミングは、ゴハンやオヤツのときや、遊んだり褒めたりしている楽しいときだけにましょう。
「名前を呼ばれる=良いことが起こる」とイメージ付けてあげることがポイントです。そうすると名前を呼ぶと飼い主さんの元へ来てくれるようになります。

その3:トイレを失敗したら叱る

上目遣いで見る子犬

トイレトレーニング中や、たまにあるトイレの失敗に対して「コラ!ダメでしょ!」という感じで叱ってはいませんか?
「失敗したらその場ですぐに叱ることが効果的」などの情報がありますが、そうすると「排泄自体をしてはいけない」と理解してしまう可能性があり、さらに隠れた所でトイレを失敗したり、排泄を我慢したり…という悪循環になってしまいます。

対処法

トイレを失敗したら、無言で素速く片付けましょう。
トイレをしてほしい場所に、その子のオシッコや糞のニオイのするものを置いておけば、だんだんと覚えてくれるはずです。

その4:ゴハンの催促にいつも応じる

ご飯の器を咥える犬

可愛い顔で「ゴハン早くちょうだい!」と言わんばかりに催促されると、ついついあげたくなってしまいますよね。
しかし、愛犬のペースにいつも応じてしまうと「なんでも言うことを聞いてくれる」と勘違いしてしまいます。

対処法

飼い主さんが主導でゴハンのタイミングは決めましょう。
催促されたときは反応せずに、一旦犬から離れて落ち着かせましょう。

その5:散歩の時間を決めている

リードを持って散歩に行きたそうな犬

真面目な飼い主さんにありがちですが、愛犬のために「散歩は毎日○時に行く」ときっちり決めている場合、犬にはストレスを与えているかもしれません。
散歩の時間が近づくとソワソワしたり、吠えて「早く連れてって!」などと要求してくるようになるでしょう。
特に、排泄を外でしかしないワンちゃんにとっては散歩の時間が決まっていることは深刻な問題です。
散歩の時間までずっと排泄を我慢することによって、身体にも負担がかかり腎臓病などになりやすくなったりしてしまいます。

対処法

散歩の時間はキチンと決めずに、なるべく色んな時間に行くようにしましょう。
しかし時間が取れなかったり、時間帯による暑さや寒さの問題もあるので、無理のない範囲で変えて行きましょう。
また、外でしか排泄できない犬は室内で自由に排泄ができるようにしつけ、「散歩の時間はいつでも良い」という余裕を持てるようにしてあげましょう。

まとめ

幸せそうな飼い主と犬

飼い主さんがやりがちなミスとして、

✔吠えたら反応する
✔叱る時に名前を呼ぶ
✔トイレを失敗したら叱る
✔ゴハンの催促にいつも応じる
✔散歩の時間を決めている

の5つの例を見てきました。
あなたもついやってしまっている行動はありましたか?

少しの気付きと改善で、あなたの愛犬がもっと幸せになれるでしょう!
幸せなワンちゃんがますます増えますように!

posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうして犬の足は細長い?進化をたどればわかる犬の姿

ネタりか


犬は平原へ出て行った

自然に身を置く犬

犬と猫は同じ食肉目というグループに属し、4800〜4000万年前にいた共通の祖先、「ミアキス」という小さな肉食獣からそれぞれ進化しました。ミアキスは当時広がる大きな森林に棲む樹上生活者でした。ところがその後、森林に大変な出来事が起こります。地球の乾燥化が進んで平原が広がり、森が狭くなってしまったのです。
この出来事が犬と猫の違いをつくりあげるきっかけとなりました。狭くなってしまった森を去り、草原に出て行ったものが犬類へ、そのまま森に残ったものが猫類へと進化したのです。

平原で狩りをする犬は「追尾型」ハンターに

獲物をジリジリ追い詰める犬

犬の祖先は平原で狩りの方法を変えざるを得なくなりました。なぜなら平原は森の中と違って隠れるところがないからです。獲物から丸見えじゃ狩りも成功しませんよね。そこで、犬の祖先は集団で獲物を追い回し、疲れたところを皆でいっせいに襲いかかる、という「追尾型」の狩りをあみだしました。
いっぽう森にとどまった猫は、「待ち伏せ型」の狩りを極めました。木陰に隠れて、獲物が気づかないように近づき、一気に襲いかかるのです。そのために猫は瞬発力を生み出す筋肉を発達させました。しかし瞬発力をつくる筋肉は疲れやすく、猫は犬ほど長時間走ることができません。

追尾型ハンターであることが犬の足を細長くした

足の長い犬

哺乳類の中でもウマやレイヨウなどの長距離ランナーは、たいてい細く長い足を持っています。特に太もも(上腕)が短く、膝から下が長いことが特徴です。そのほうが足を動かすのにエネルギー効率が良いからです。
追尾型の狩りをするために長距離ランナーとなった犬の祖先の足も、同様の特徴を持つようになりました。これが、犬の足が細長い理由です。

まめ知識:犬は指先で歩く

犬は人間のように足の裏をべったり地面につけて立ちません。多くの哺乳類がそうですが、犬も(猫も)指だけを地面につけて立っています(指行性)。そのほうが素早く動けるからと考えられています。肉球の部分は人でいう手の平ではなく、指の裏です。

犬の生活は平面主体

夕日が射す草原に座り込む犬

長距離を走ることに特化した細長い犬の足では、猫のように木に登ることはできなくなりました。そのため、犬の生活は平面が中心となります。品種改良によってジャンプが得意な犬種もいますが、通常はジャンプしたり、高い所から飛び降りることは苦手です。猫のように冷蔵庫の上から飛び降りる、なんてしないですよね。それどころか愛犬が高い所から飛び降りたら骨折をしてしまった、というお話も聞きます。小型犬や子犬の骨はさらに細いので、数十センチの段差にも気をつけてあげなくてはなりません。

追尾型の狩りをする犬には散歩が必要

散歩中の犬

追尾型の狩りをするようになった犬たちは、細長い足と共に、長時間獲物を追い続けられる持久力も手に入れました。それほど優れた持久力をもつ犬は、逆に言えば持続的な運動をしないとエネルギーがあり余ってしまい、ストレスが溜まる、ということでもあります。犬に「散歩」というかたちの運動が欠かせないのはそのためです。反対に、猫は待ち伏せ型ハンターで、どちらかというとじっとしている時間が多い動物。猫に必要なのは散歩ではなく、瞬発力を生かした遊び運動です。

まとめ

遠吠えをする

犬(イヌ科)の最も古い化石は、およそ3800万年前のものです。つまりそれほど犬には長い歴史があって、その長い時間を経て犬の犬たる特性を培ってきました。追尾型ハンターであること、細長い足に優れた持久力。これらは人と一緒に暮らしていても基本的に失われてはいません。その特性を理解し尊重することが、犬の幸せにつながるとのではないでしょうか。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする