動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月14日

犬猫の殺処分 過去最少に  放し飼いの減少など要因

新潟日報モア


県内で2016年度に殺処分された犬と猫は計944匹で、県が数を把握している1952年度以降で最少となったことが、県の9日までのまとめで明らかになった。1千匹を下回るのは初めて。県は放し飼いの減少や、不妊・去勢手術の普及が要因とみている。

 件数は、殺処分を担う県と新潟市の合計。県によると、犬の殺処分数は野良犬や放し飼いが多かった68年度の1万4597匹、猫は97年度の5648匹が最多。いずれも減少傾向が続いており、2016年度は犬が11匹、猫が933匹まで減った。

 犬と猫を合わせた件数は、14年度以降に急減。15年度に1190匹とほぼ半減し、16年度はさらに246匹減って最少を更新した。

 この傾向について、県生活衛生課は「啓発活動の成果もある」とする。県は12年度、新潟市は13年度に相次いで「動物愛護センター」を開設。センターを中心に、保護した犬猫の飼い主を探す一方、猫の繁殖を抑えるために室内飼いや不妊・去勢を呼び掛けている。

 13年に改正動物愛護法が施行されたことも影響したとみられる。同じ飼い主が何度も犬や猫を保健所に持ち込む場合などに、引き取りを拒否できるようになった。県生活衛生課は「飼い方の改善をより強く指導できるようになった」とし、無責任に多数の犬や猫を飼育したり、繁殖させたりすることへの一定の歯止めになっているという。

 県、市は「殺処分ゼロ」を目標に掲げており、今後は放し飼いの慣習があり、繁殖力が強い猫への対応が鍵だ。県は、飼い主がいない猫に不妊・去勢手術を受けさせた人や団体に費用を助成しており、新潟市も動物愛護協会を通じて同様の対策を進めている。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットへの虐待・ネグレクト・遺棄は犯罪 目撃したら通報を

Yahoo! JAPAN


飼っていた猫を虐待したうえに11匹の死骸を公園に埋めたとして、動物愛護法違反などの疑いで神奈川県相模原市の無職女性が逮捕された。なんとも痛ましい事件だが、動物虐待は決して他人事ではない。栃木県の主婦からがこんなお悩みが届いた。

「近所に、毛はボサボサで、体はガリガリの犬がいます。明らかにきちんと飼育されていません。かわいそうなので助けたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」(栃木県・なっち・43才・主婦)

 ペット法学会理事でペットに関する事件・トラブルなども取り扱う弁護士の杉村亜紀子さんが、動物の虐待を目撃した際にするべきことを教えてくれた。

 * * *
 ペットに対する虐待は犯罪です。ペットを殺したり、傷つけた者には、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科せられます。

 外的な傷だけでなく、充分な食事を与えなかったり、病気やけがをしたのに病院へ連れていかない“ネグレクト”、排泄物だらけの施設で飼育している、飼えなくなったからとペットを遺棄したなどの場合、いずれも100万円以下の罰金となります。

◆虐待を目撃したら警察や保健所などに連絡を

 動物への虐待を目撃したら、警察へ通報してください。ただし、警察は虐待の現場を押さえられなければ、動けません。飼い主が「虐待ではなく、しつけだ」と主張した場合、どこまでがしつけでどこからが虐待か、明確な基準がないので、警察が動きにくいという現実があります。ですから、警察以外に、自治体の保健所、動物愛護センター、動物愛護担当部署にも連絡するといいでしょう。

 自治体は警察のように飼い主を逮捕することはできませんが、都道府県知事は、多頭飼育が原因の衰弱などの場合、飼い主に対して、飼育方法を改善するように、勧告や命令を出せます。

 また、虐待かどうか判断が難しい場合は、動物愛護団体へ相談してみるのもいいでしょう。状況によっては動物愛護団体が、警察に告発してくれたり、保護してくれることもあります。

虐待では…と不安に感じたらすぐ、手遅れになる前にいずれかの機関に一報を入れることが大切です。

◆虐待の証拠を写真や映像で残しておく

 どこに相談する場合にも、写真・ビデオ、録音など虐待を証明する客観的証拠があると、相談先が動きやすくなります。また、ペットが虐待されている事実だけでなく、不衛生な状態により悪臭や虫が発生している、鳴き声により周辺の生活環境が損なわれているなど、周辺の住民が迷惑を被っている場合には、それを説明するとよいでしょう。

 このような場合にも、都道府県知事は勧告や命令を出せます。具体的に何が起こっているのか、できるだけ詳細に伝えるようにしましょう。

※女性セブン2017年6月22日号




posted by しっぽ@にゅうす at 07:42 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺処分から犬、猫を救え!

公明党


東京都が対策強化
譲渡活動を積極推進
促進月間など新設 保護団体の情報も紹介
近年、減少傾向にあるものの、飼育放棄などで保護された犬や猫は全国で13万匹を超え(2015年度)、このうち8万匹が殺処分されている。こうした事態に歯止めをかけようと、東京都は昨年秋、20年の東京五輪・パラリンピックまでに殺処分ゼロをめざす方針を打ち出し、対策を加速させている。その取り組みを追った。

今月4日の日曜日の午後。都に保護された犬や猫を一時的に預かる東京都葛飾区の民間シェルターで、新しい飼い主に命をつなぐ譲渡会が開催された。

この日は、犬15匹と猫10匹が譲渡対象で、ケージ(柵)の中で甘えたり、鳴き声を上げる猫がいる一方で、外のデッキで走り回る犬の姿も見られた。来場した子ども連れの家族や夫妻らが犬、猫をなでたり、えさを与えたりして楽しんでいた。

会の主催は一般社団法人「アルマ」。都のほかに千葉、埼玉の動物愛護センターなどからも犬や猫を引き取り、毎年、約300匹を“里親”に譲渡している。

譲渡会では、犬や猫の一生に責任を持って飼ってもらうため、@不妊・去勢手術など医療費の一部負担A経済的余裕があることB単身者や高齢者世帯のみの場合、保証人を立てる――などを譲渡の条件にしている。気に入った犬や猫がいれば、2週間の試行期間を経て正式譲渡となる。

この日、母親と一緒に参加した小学生は「たくさん動物がいて楽しい。どの犬にするか迷う」と笑顔で話していた。

都、16年度は犬ゼロを達成

これまで都内では、こうした譲渡会を都動物愛護相談センターと連携する48の保護団体が地道に開催してきた。その結果、16年度は、愛護センターに引き取られた後に死亡したものなどを除くと、犬の殺処分数がゼロ匹となり、猫は前年の半分となる94匹に減少した。

殺処分ゼロを打ち出した昨年の秋以降、都は11月を「動物譲渡促進月間」に指定したほか、愛護センターのホームページで48団体の譲渡会情報の発信を始めた。同11月にはJR新宿駅西口で譲渡活動に関するパネル展やパンフレット配布などを行うPRイベントを活発に実施した。

愛護センターの金谷和明所長は、「譲渡活動の推進力となるボランティアの存在が大きい。動物の生い立ちや性格と、飼い主の相性などを見極めて双方をつないでくれている」と語る。

子猫救うボランティアを支援

飼い主のいない離乳前の子猫に授乳するミルクボランティアさらに都は17年度から猫の殺処分ゼロへ、取り組みを強化している。都で殺処分される猫のうち5割が子猫だ。こうした事態を踏まえ、離乳できるまで育て、里親探しを行うミルクボランティアに、ミルク缶やペットシートなどの提供を今年度から始めた。




猫ゼロ、6年間継続中

千代田区

ボランティア団体によっては、譲渡会場の確保に苦労したり、資金難から活動に行き詰まることも少なくない。

こうした中、東京都千代田区はボランティア団体との協働の取り組みで、猫の殺処分ゼロを、11年度から6年連続で実現している。

具体的には、同区が、“飼い主のいない猫”の繁殖を防ぐため、00年度から去勢・不妊手術やワクチン接種などの費用は、区の助成でほぼ賄えるようにした。そして、ボランティア団体が制度を利用して不妊手術などを終えた猫を、捕獲した場所に“地域猫”として戻すようにした結果、千代田区から都動物愛護相談センターへの持ち込みは、11年度にゼロとなった。

また同区は、区役所の会議室を譲渡会の会場として提供するだけでなく、保健所職員も参加し、里親探しにも力を入れている。これまで計16回の譲渡会で175匹が引き取られた。

公明 動物愛護施策を拡充

動物の殺処分ゼロをめざしている公明党の推進で、12年に成立した改正動物愛護管理法では、飼い主がペットが命を終えるまで面倒を見る「終生飼養」の責任を明記。16年12月には、党の環境部会と動物愛護管理推進委員会が、動物の適切な飼育・譲渡の推進やマイクロチップ(飼い主情報)装着義務化の検討などを政府に要望している。

一方、都議会公明党は「動物との共生を進めるプロジェクトチーム」(高倉良生座長、都議選予定候補=中野区)を中心に取り組み、議会質問などで老朽化する都動物愛護相談センターの早期建て替えなどを訴えてきた。この結果、都は17年度の予算に、愛護センターの移転・改築や、譲渡会などのイベントを開催しやすい環境整備、子どもが命の大切さを学ぶ動物教室の充実などを盛り込んだ。

さらに都議会公明党は都議選重点政策に、保護、譲渡、教育など愛護センターの機能拡充を掲げている。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:42 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の生涯に必要な費用はいくら?活用したい節約術

ネタりか


犬の飼育にはこれだけ費用がかかります

犬と電卓

犬を迎える初期費用

✔仔犬代 ¥150,000〜
✔ワクチン接種代 ¥8,000
✔犬の登録料 ¥3,000
✔去勢、避妊手術 ¥25,000
✔犬用グッズ類 ¥25,000程度

仔犬代はさまざまでしょうが、上記のモデルケースだと、初期費用で¥211,000程度かかります。

1年間にかかる費用:小型犬で13万円〜、大型犬で20万円〜

✔食費 ¥36,000
✔おやつ ¥12,000
✔ペットシーツ ¥12,000
✔おもちゃ ¥24,000
✔その他消耗品 ¥10,000

✔狂犬病予防接種 ¥3,500
✔混合ワクチン接種 ¥8,000
✔フィラリア予防薬 ¥12,000
✔ノミダニ予防薬 ¥12,000
✔健康診断費用 ¥4,000

上記の費用は小型犬のモデルケースです。合計¥133,500となります。

さらにトリミングが必要な犬種はトリミングの費用がかかります。トリミング料金は、おおよそ1回¥5,000〜¥10,000、行くタイミングは犬種やカットスタイルによって変わります。人気のトイ・プードルは、毎月1回のトリミングが理想で、トリミング料金は1回あたり¥6,500〜¥8,000くらいでしょう。

また、上記の数字には、病気や怪我の治療費が含まれていません。加齢とともに医療費がかかるようになります。
旅行に行くのに犬をペットホテルに預けるとなると、ホテル代がかかります。

犬の生涯にかかる費用は?

年間¥133,500程かかる小型犬は15才までで、初期費用と合わせて、単純計算で¥2,213,500となります。
しかし実際は、ペットホテルに預けたり、トリミングサロンを利用したり、不意の怪我や病気、老犬になってからの医療費で300万円前後かかると思って良いでしょう。

犬用グッズは賢く買って節約しよう

ショッピングカートを押す犬

消耗品はまとめ買い作戦

ドッグフードやトイレシーツ、消臭剤などは、まとめ買いがお得です。
特にトイレシーツは消耗品で必ず使用します。ストック場所があるようなら、ネットショップで格安なところを探し、ケース買いなどのまとめ買いして割引を賢く利用しましょう。

セールを活用

賞味期限のない犬用グッズの購入は、棚卸しセールやバーゲンイベントを狙うのも良いでしょう。
おすすめなのが、季節商品をシーズンオフに安く購入することです。夏場に大活躍のクールマットは、夏が終わるとセール価格になりますので、来夏の分を買っておくとお得です。冬用の温かいベッドやケット類、衣類も、春が来る頃にはセール価格になっています。

オークションを利用してみては?

メルカリやヤフオクなどの個人売買サイトには、ペット用品が多く出品されています。
トイレトレーやクレート、ケージなど、これから犬を迎える方はグッズを揃えるのに出費がかさみますよね。新品ではないかもしれませんが、かなり格安で手に入りますので検討してみてはいかがでしょうか。

いくらかかるか心配な犬の医療費に備えて

犬と救急箱

健康管理は日ごろから

医療費の節約は、日ごろからの健康管理にあります。
愛犬の不調や異変にいち早く気が付くことが出来れば、治療も短く済みますし、治療費も安く済みます。
歯磨き、耳掃除やチェック、全身マッサージなどで愛犬の健康チェックを、コミュニケーションを兼ねて毎日行いましょう。愛犬の健康管理をしっかりすることは、愛犬にも家計にも優しいのです。

1年に1回は健康診断をしよう

怪我や病気がなければ動物病院に行く機会がないかもしれませんが、1年に1回は愛犬の健康診断を動物病院でしてもらいましょう。
触診に血液検査、尿検査やレントゲンやエコーなど、愛犬の心配事や年齢によってメニューはさまざま。費用は¥8,000〜¥20,000くらいが相場なようですが、メニューによってはそれ以上かかるかもしれません。安くはありませんが、大きな病気が後々発見されるよりは、早期発見、早期治療・対策をした方が、愛犬にも家計にも優しいことに違いありません。
愛犬の健康診断を忘れないように、飼い主さんの健康診断の時期や、愛犬の誕生日時期などに行うことにしてみてはいかがでしょうか。

ペット保険に加入して費用を減らそう

今は元気な愛犬でもいつかは年を取ります。将来どんな怪我や病気をするかわからない、その都度高額な医療費がかかるかもしれません。
例えば、外科的な手術が必要になったりすると、何十万単位の治療費となります。全額自己負担だと大変です。
愛犬に必要な治療を高額な費用を理由に諦めないために、ペット保険に加入して不測の事態に備えましょう。保険会社ごとに、補償内容や掛け金が違いますので、何社か資料を取り寄せて愛犬と飼い主の生活にぴったりなものを選んでください。

医療費だけは節約してはいけません

愛犬に与える薬をネットで安く購入したり、人間用の薬を与えるという飼い主さんをたまに耳にしますが、これはお勧めできません。
獣医師の診断の元、獣医師の了解を得て同じ薬を購入するのであれば安心かもしれませんが、勝手な知見で行うことは安全とは言い切れません。
他の部分で節約して、浮いた分を医療費に充てるくらいの心づもりが良いのではないでしょうか。

まとめ

お金と犬

犬を生涯面倒を看るためには、最低限の必要経費がかかります。
安いか高いかは人それぞれの感覚でしょうが、この最低限の必要経費ほど生活に余裕がない方は、犬を迎えることを一度思いとどまった方が良いかもしれません。
愛犬と幸せな生活を送るはずが、愛犬との生活によって自分の生活がままならなくなってしまっては本末転倒どころか愛犬まで道連れです。
愛情だけで犬の飼育はできません。食事や健康管理、犬の生活を整えるためには現実的にお金がかかるのです。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:42 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の譲渡会をペット店で 金沢の団体、「出会い」増やす

Yahoo! JAPAN


野良猫を減らす活動に取り組む「猫の避妊と去勢の会」(金沢市)は11日、市内のペット店で、猫を飼いたい人と保護された野良猫を引き合わせる「保護猫譲渡会」を開く。これまでは会員の自宅などで譲渡会を開いてきたが、多くの猫好きが訪れやすいペット店を会場とすることで猫と里親の「出会い」の機会を増やし、殺処分される野良猫をゼロに近づけたい考えだ。

 同会は2011年に設立され、現在県内に41人の会員がいる。避妊・去勢手術への支援のほか、野良猫を保護した人から相談を受け、里親を探す仲介役も務めている。仲介件数は年々増えており、昨年度は97匹の野良猫の里親を見つけた。

 ペット店での譲渡会開催は、昨年秋ごろから構想し、協力店を探していた。販売に影響が出ることを考慮してか、多くの店舗が難色を示す中、同市戸板西1丁目のペットショップ「with金沢示野店」が「里親になった人はまた店に来てくれるはず」と会場の提供を引き受けた。

 市が15年度に野良猫の避妊・去勢手術の費用助成を始めたことなどから、市内で殺処分される野良猫の数は近年、大きく減っている。金沢市保健所によると、昨年度は31匹で、605匹だった10年前の20分の1だった。

 それでも、同会の桐畑陽子理事長は「あくまで『殺処分ゼロ』が目標。猫を飼いたい人が集まるペット店で譲渡会を開けば、里親は見つけやすくなる」と話し、将来的に協力店を増やしていきたいとした。

 譲渡会は同店で11日の午後1時〜4時半に開かれ、生後1カ月〜3歳までの野良猫5匹の里親を募集する。

北國新聞社


posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする