動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月16日

動物殺処分ゼロ目指す三重県動物愛護推進センター、賢島代々木高生が視察

伊勢志摩経済新聞


三重県動物愛護推進センター「あすまいる」(津市森町、TEL 059-253-1238)を6月13日、代々木高校賢島本校(志摩市阿児町)の生徒が視察に訪れた。

【その他の画像】収容されている子イヌ

 5月28日にオープンしたばかりの同施設は、イヌやネコの譲渡を進め2023年までに殺処分ゼロを目指して三重県が設置した。災害時動物の命をできるだけ守るための動物救護体制の整備や危機管理対応の取り組みの強化や、関係団体やボランティアとの連携した取り組みなどを進めていく。ネーミングの「あすまいる」はアニマルとスマイルからの造語で動物や人全てに笑顔が広がるようにと付けた。

 この日は、志摩市の賢島に本校を持つ代々木高校(志摩市阿児町)の生徒が視察し、南勢地域の人たちにも広く知ってもらおうと同センターの獣医師の千田明郎さんに話を聞いた。

 千田さんは「殺処分ゼロを目指して取り組んでいるが現状では処分しなければならない…。できればそうしたくないが仕方ない。日々葛藤している。いいアイデアがあれば教えてほしい」と投げ掛けた。

 3年の三橋あすかさんは「ネコは生まれて6カ月で子どもを産める体になってしまうからネコの耳をサクラの花びらのようにV字カットするTNR(Trap捕獲、Neuter不妊去勢手術、Return元の場所に戻す)活動の推進も大切なことだと分かった。たくさん殺処分されている事実を知って悲しくなった」と話す。

 2年の福永耕平さんは「施設見学のほかにイヌの散歩も体験した。イヌに引っ張られて大変だったが、しつければ引っ張らなくなることを教えてもらい、しつけの大切さを学んだ」と漏らす。

 2016年度に三重県内の保健所に収容され殺処分されたイヌの数は81頭、ネコの数は663匹。全国の推移も2011年度ではイヌ=4万3606頭、ネコ=13万1136匹、2014年度ではイヌ=2万1593頭、ネコ=7万9745匹と右肩下がりで下がっている。

 千田さんは「オープンして間もないが日曜で100人以上の人が訪れる。すでに入館者数1000人を超えた。多くの人に知っていただければ」と呼び掛ける。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:15 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼けたネコの死骸見つかる 東京・大田区 警視庁が捜査

産経ニュース


14日午前7時半ごろ、東京都大田区仲池上の川沿いで、通行人の女性が焼けているネコの死骸を見つけ、110番通報した。

 警視庁池上署によると、死骸は腹以外の全身が黒く焦げており、ほかに目立った外傷はなかった。歩道と川を隔てるフェンスの下に置かれており、何者かが別の場所で焼いてから放置したとみて、同署が動物愛護法違反の疑いで捜査している。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフランシスコでペットショップでの商業的な犬猫の販売を禁止する法案可決

Yahoo! JAPAN


ペットショップでの商業的な犬猫の販売を禁止(サンフランシスコ)
“Whoever said you can’t buy happiness forgot little puppies”
「幸せを買うことはできないと言う人は、子犬のことを忘れている」ーGene Atkins Hillー

【グラフ】サンフランシスコでペットショップでの商業的な犬猫の販売を禁止する法案可決

アウトドア系のコラムニスト・編集者であり、犬に関する本も執筆したジーン・アトキンス・ヒル(第二次世界大戦時は沖縄県に駐在していたらしい)が遺した言葉とされる。

犬や猫を「買う」という行為は古くからあったことだろう。しかし一方では、犬猫たちがお金で取引されるということに違和感を抱く人も少なくはない。それは、彼らが家族や人生のパートナーに十分なり得るがゆえに、家族や友達をお金で買うのか?という感情的心理も働いてのことと思われるが、そう考えれば、なにも不思議なことではない。また、行き場のない犬猫たちを考えてのこともあるだろう。

ちなみに、皆さんは愛犬や愛猫をどこから手に入れたのだろうか? または、どこから手に入れるつもりだろうか?

参考までに、一般社団法人ペットフード協会が行った『平成27年全国犬猫飼育実態調査』の中にある『ペットの入手先_年代別』を見てみると、犬では圧倒的に「ペットショップから」が多くなっており(42.7%)、意外に「友人・知人からもらった」というケースも2番目に多い(19.2%)。「動物愛護団体系からの譲渡」および「里親探しのマッチングサイトを通した譲渡」は、両方を足すと7.5%。

猫の場合は「ペットショップから」というケースは少なく(13.3%)、圧倒的に多いのは「拾った」というケース(39.5%)で、次いで「友人・知人からもらった」が30.0%。「動物愛護団体系からの譲渡」および「里親探しのマッチングサイトを通した譲渡」は両方を足して13.3%で、犬に比べて倍近く多くなっている。

ところで、2013年9月1日から改正動物愛護管理法が施行され、3年間は生後45日を過ぎていない子犬子猫の販売および販売用の引き渡しや展示が禁止となり、2016年9月1日から別の法律を定めるまでの間は生後49日と少し日数が延びた。本来、法律上では生後56日(8週)となっているわけだが、法律改正時に経過措置がとられたため、現状ではその目標にまだ届いてはいない。

早期に母犬や兄弟犬から引き離された子犬は十分な社会化のチャンスを欠くことから、問題行動を起こしやすい傾向にあると言われ、また、母犬からもらった移行抗体も徐々に少なくなり、免疫力が低下して病気感染のリスクも高まる。そうしたことを回避するためにも生後8週齢前後というのは1つの重要な時期と考えられ、海外では法律的に明記している国もある。以下はその例(*2)。

アメリカ
最低生後8週齢以上および離乳済みの犬猫でない限り、商業目的のために輸送または仲介業者に渡されてはならない。

イギリス
生後8週齢に達していない犬を販売してはならない。

ドイツ
生後8週齢未満の子犬を母犬から引き離してはならない。

オーストラリア(ヴィクトリア州)
販売されるすべての動物は離乳をし、完全に自立していなければならない。販売される動物の最低年齢は、犬と猫で生後8週齢、ウサギ生後5週齢、モルモット生後4週齢、マウス生後3週齢(*3)。

そのような状況の中、先月のこと、アメリカのサンフランシスコでは、生後8週齢に満たないペットの販売を禁止すると共に、ペットショップでは商業的な犬猫の販売を禁止、レスキューされた犬猫のみを扱うことができるという法案が可決されたと報じられた(*4)

これはなにもサンフランシスコが初というわけではなく、アリゾナ州のフェニックスやメリーランド州のモントゴメリーなどにも似たような法律があるということだが、いわゆるパピーミルを排除し、行き場を求めるレスキューされた犬や猫たちが新しい家族を得るチャンスを拡大できると期待されているようだ。

日本の今後はどうなのだろう?
犬や猫と暮らしたいという人が、どこから彼らを手に入れるのかというのはその人の自由だが、最後にこの言葉を記しておこう。

“A dog is the only thing on earth that loves you more than he loves himself”
「この地球上で、犬は、自分自身のことを愛するよりももっと深くあなたのことを愛してくれる唯一の動物だ」ーJosh Billingsー

文/犬塚 凛

@DIME編集部


posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を飼い始める時に必ず準備しておきたい6つのグッズ

ネタりか


子犬を迎えるために必要なグッズ

フード&水用の食器

犬用の食器

犬用の食器といっても素材や大きさも様々です。小型犬なら大人になっても同じ大きさの食器を使えますが、中型犬から大型犬になると成長と共に食器の大きさも変わります。

素材ごとの良い点・良くない点

プラスチック

良い点:軽くて持ち運びに便利で扱いやすくカラーも豊富。
良くない点:噛んだり引っ搔くと傷がつきそこから雑菌が繁殖しやすく、水を入れた状態を続けるとヌルヌルしてきますのでお手入れは小まめにして下さい。

ステンレス

良い点:傷がつきにくくお手入れが簡単。食器スタンドに対応しますので、成犬になれば便利。
良くない点:ひっくり返りやすく金属をイヤがる犬もいます。デザインやカラーのバリエーションがない。

陶器

良い点:重みがあるのでひっくり返しにくく丈夫、お手入れも簡単でデザインも豊富。
良くない点:重さがあるので持ち運びには向いていなく落とすと割れるので取り扱いにはご注意ください。

子犬が来る当日までに犬用の食器が用意できなかった場合は、少し深さのある底が丸くない人間の食器を使用しても大丈夫です。

ドッグフード

ドッグフードを食べる犬

パピー(子犬)用のドックフードが必要です。子犬の場合は急にフードの種類が変わると、食べなかったりお腹の調子が悪くなる子もいますので、ペットショップやブリーダーから今食べているドックフードの種類を聞いて同じ物を購入することをおすすめします。

ドックフードの種類を変えるときは、今食べているフードに新しい種類のフードを少しずつ混ぜて、2週間程かけてゆっくりと変えてください。

犬用トイレトレー・ペットシーツ

ペットシーツに座る子犬

成犬になったら室外で飼育するから、散歩で済ませるから必要ないとは思わないでください。
子犬の間は室内飼育ですし、シニアになった時に外でしか排泄出来ないとなると色んな問題が発生しますので、子犬の間にトイレトレーニングはしておきましょう。

トイレトレーも様々な種類があり大きさも色々ありますが、子犬のときはペットシーツを引っ掻き出さないように、網状のトレイがついている物を購入すると便利ですね。

ケージ・サークル・キャリーケースなど

前足を上げる犬

子犬が落ち着けるスペースを確保するためにケージ・サークル・キャリーケースなどを用意します。
犬の祖先は夜行性で穴の中で眠る暮らしをしていたので、今でも薄暗くて狭い場所にいると落ち着く習性があります。
その習性を考えると、ケージやサークルの上に布を被せて薄暗くしてあげると、更に落ち着いてくれるでしょう。

またケージやサークルがあるとトイレトレーニングが完了していない子も、1匹でお留守番もできて便利ですよ。

キャリーケースは小型犬でも中で体を動かせるスペースのある物を購入してくださいね。身動きがとれないと落ち着くよりストレスを感じてしまいます。

犬用のベッド・クッション・毛布など

クッションで眠る2匹の犬

犬用のベッドを購入するのも良いですが、子犬も好き嫌いがあるので気に入らないとベッドで眠ってくれないかもしれません。
子犬がゆったりと眠れる大きさのクッションや毛布・バスタオルなどでも代用できますので、部屋のなるべく静かな場所に置いて寝かせてください。

我が家の愛犬はベッドを嫌がったので、人間の子ども用のお昼寝布団(厚さが2〜3cm位の四角いマットレスのようなもの)を使っていました。

おもちゃ

ぬいぐるみで遊ぶ犬

小さな柔らかいボールやキューキュー鳴るおもちゃは子犬も大好きです。
初めて来た家や飼い主さんたちに慣れてもらうためにも、おもちゃは仲良くなるために必要なグッズ。

少し大きくなってきたらロープ状のおもちゃで引っ張り合いっこして遊んであげてください。犬が大好きな遊びですよ。

少し大きくなると必要になるグッズ

ハーネスをつける犬

首輪・リード・ハーネス(胴輪)

ワクチンの接種が完了して、獣医のOKがでればお散歩に出かけましょう。
その時に必要なのが、迷子になった時に連絡がもらえるように迷子札を付けた首輪。
初めての首輪は違和感を感じて嫌がる子もいますので、なるべく軽くきつ過ぎないものを選んであげましょう。

首輪に直接リードを付けると、引っ張られた時に首に直接負担がかかり子犬が嫌がる可能性があります。できるならハーネスにリードを付けることをおすすめします。
本格的なお散歩が始まる前に、室内で付けて歩かせ慣らしておくと安心ですね。

おやつ

お手やおかわり・おすわりなどを教えたり、トレーニングやしつけに応えてくれた時にあげると、喜んで覚えてくれます。
でも喜ぶからと与え過ぎるとカロリーオーバーになり、体に負担がかかるので注意しながら与えてくださいね。

まとめ

かわいらしい子犬

子犬を迎えるにあたって色々なグッズが必要で、正直金銭的にも大変ですが、最近ではホームセンターや100均などでも可愛くて安価な商品も揃っていますので無理のないよう揃えてあげてくださいね。

とは言っても愛犬に色々なグッズを用意してあげるのも楽しみのひとつだと思います。
命の大切さを感じて末永く家族であり続けてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺処分が決まっていたピットブルが警察犬に大抜擢!

ネタりか


K-9アポロ

アメリカ、ワシントン州キング郡タックウィラ市のタックウィラ警察署のフェイスブックページに、こんな投稿がありました。

私たちの新しいK-9アポロをご紹介させていただきます!

アポロ

K-9とは専門的な訓練を受けた警察犬の事です。英語で犬を意味するcanine➡ケーナイン➡K-9となったのです。

K-9アポロの経緯

アポロは通常の警察犬としてのルートは辿っていない犬でした。

アポロは誰かに遺棄され町を彷徨っていたところを、ワシントン州のアニマルシェルターに収容された犬でした。

約半年間、そこで里親探しが行われましたが、残念ながら誰もアポロを希望する人は現れませんでした。そのため、殺処分されることが決まってしまったのです。

でも、アポロにとって最後のチャンスを与えるために、アニマルシェルターは麻薬探知犬のK-9トレーナーに連絡を入れました。アポロが麻薬探知犬としてふさわしいかどうか是非見てほしいとシェルターはトレーナーに頼んだのです。

連絡を受けたトレーナーは、アポロにいくつかの訓練をしてみました。その結果、アポロは麻薬探知犬にふさわしい犬であると判断されたのです。

こうしてアポロは殺処分から何とか免れることができ、麻薬探知犬K-9のトレーナーによってアニマルシェルターから救い出されたのです。

アポロの犬種が引き起こした悲劇

シェルターから引き出されたアポロはその後、デパートメントオブコレクション(DOC)という場所で待機することになりました。

でも、アポロが実際に警察犬として採用されるまで、12か月もかかってしまいました。

アポロより後にDOCで待機していた犬たちが次々に各警察署で警察犬として選ばれる中、アポロは誰からも選ばれることもなく置いてきぼりになっていました。

何故なら、アポロは”ピットブル”だったので、誰もアポロを警察犬として採用したがらなかったのです。

この地区では警察犬として選ばれた犬たちは、一旦、その地区の政府機関であるDOCに収容され、警察犬を必要とする各警察署がその犬たちの中から希望の犬を選び、警察犬専門の訓練所に入れ必要な訓練を受けさせます。

アポロはピットブルという犬種だということで、半年間もの長い間、シェルターで里親希望者が1人も現れなかったように、ここでも更に1年もの長期間、誰も警察犬として採用しようとは思わなかったのです。

不貞腐れた顔をして寝そべるアポロ

とうとうアポロに光が!

タックウィラ警察署のフェイスブックページにはこう書いてありました。

昨年の夏、私たちがトレーナーに(新しい警察犬が必要だという)連絡をとった時、彼女はアポロがとても優秀な犬であることを話しました。

「警察犬として訓練すれば、きっと一番の成績でどの犬より早く訓練を終了することができると思います。アポロに必要なのは、チャンスだけなのです。どうかアポロにチャンスを与えてやってください。」と彼女は強く言ってきたのです。

そこで私たちはアポロに警察犬になるためのチャンスを与えることにしました。

実際、アポロは素晴らしい成績を上げ、訓練学校をどの犬達よりも早く卒業することができました。アポロは昨年11月に麻薬探知犬としての訓練を無事終了しました。アポロはトレーナーが見込んだ通り、とても優秀な犬だったのです。

更にアポロはとてもフレンドリーな犬でした。私たちもアポロが署に来たことで、一緒に遊んだりしてとても癒されています。また、仕事に対してもとても勤勉な犬です。

私たちはアポロを選んだことに対してとても誇りを感じています。

アポロは現在、ハンドラーの警察官の家で家族の一員として一緒に生活しています。アポロは私たちタックウィラ警察署の家族になったのです。警察犬の身分証明書をつけたアポロ

出典:www.facebook.com/TukwilaPD

地球の反対側にある日本でアポロのことがこうして記事になることを「我々の警察犬のアポロのことがそんな遠くの国で記事になるなんて、信じられない驚きです!」と、とても喜ばれました。

ピットブルに対する誤解を解くためにも

ピットブルはアメリカでもBSL(特定犬種危険法)の影響もあり、危険な犬としての悪いイメージが強く、アニマルシェルターに収容されてもなかなか里親希望者が現れず、殺処分となってしまうことが多い犬種です。

でも、実際のピットブルの性格は飼い主に対してとても忠実で頭が大変良く、かなり穏やかな性格で、”ナニードッグ(子守用の犬)”と別名がつくほど優秀で人懐こい犬種なのです。

そんなピットブルの悪いイメージを払拭するかのようなお話だったので、ここでアポロのことをご紹介させていただきました。

ピットブルに対する人々の誤解を解くためにも、そして弾圧を止めるためにも、ピットブルのヒーローとして、K-9アポロの今後の活躍を心から応援したいと思います。

最後に

タックウィラ警察署のフェイスブックでは、まだアポロが同警察署に採用されたばかりで彼の写真が1枚しか掲載されていなかったのですが、記事にするにあたり、もう少しアポロの写真が欲しいとリクエストしたところ、まだどこにも掲載していなかったアポロの写真を特別に2枚提供していただきました。

タックウィラ警察署のご協力を感謝いたします。

タックウィラ警察署のイメージ

タックウィラ警察署のホームページ▼
http://archive.tukwilawa.gov/police/pd.html

※尚、この記事及び写真の掲載はタックウィラ警察署の許可を得て行っています。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする