動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年07月13日

犬殺処分、2年連続ゼロ 松本保健福祉事務所管内

信毎WEB


県松本保健福祉事務所(長野県松本市)管内の犬の殺処分数が2015、16年度の2年連続でゼロになったことが分かった。同事務所に収容された犬を保護したり、引き取り手を探したりするボランティアの取り組みが成果を挙げていることが要因とみられる。近年、飼い主のマナーが向上して捨て犬の数は減ってはいるものの、いまだに後を絶たず、ボランティア関係者は「まずは捨て犬の問題に関心を持ってほしい」としている。

 同事務所が保護・引き取りをした犬は07年度は278匹だったが、16年度は4割弱の102匹に減少。これに伴い、07年度に162匹だった「自然死を含む殺処分」も減り、12年度に3件に。15年度には初めてゼロになった。16年度は収容後に老衰で死んだ1件のみで、殺処分数は2年連続でゼロだった=グラフ。

 同事務所は「ボランティアが犬の保護や引き取りを積極的にしてくれているため、殺処分を回避できていることが大きい」としている。

 松本市波田の会社員国本和哉さん(52)は11年、東日本大震災で被災し、飼い主と別れてしまった犬などを保護するため、妻と動物愛護ボランティア団体「ゆめまるHAPPY隊」を立ち上げた。12年からは「殺処分される犬をなくすため」に、定期的に同事務所を訪れ、毎年30匹前後を引き取っている。

 引き取った犬は避妊、去勢手術を施し、空き家を改装したシェルターで、有志十数人が交代で40匹前後を世話している。トリマーが散髪したり、ドッグランで遊ばせたりして育てるという。毎月3〜10匹が新たな飼い主に引き取られる一方、病気や高齢で引き取り手が見つからない犬は保護を続ける。

 活動を続けるには、寄付や自己負担で毎月20万〜30万円の経費がかかるという。国本さんは「保護の必要な犬が増え続ければ、活動を維持するのも難しい。行政の協力も必要だ」と訴える。

 殺処分ゼロについて、国本さんは「多くの関係者と力を合わせ、ゼロにできたことは良かった」と受け止める。ただ、捨て犬は後を絶たないといい、「捨てる人を減らすとともに、保護した犬の引き取り手が増えてくれるとうれしい」と話している。

(7月11日)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:01 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと避難所、運営どうする? 静岡県が研修会

静岡新聞

静岡県は7日、災害発生時に避難所でペットの飼育管理を支援する「災害時動物愛護ボランティアリーダー」の研修会を県庁で開いた。ボランティアリーダーや保健所職員、県動物保護協会の職員ら約60人が参加し、ペット同行避難を想定した避難所運営シミュレーションに取り組んだ。
 震度7の地震が発生し、小学校に避難所を開設。参加者はペットを連れて避難してきた―との設定。参加者は8グループに分かれ、飼育スペースの確保▽次々とやって来る同行避難者への案内▽ペットへの苦情対応―などの課題と向き合った。飼育スペースの確保では、「人間がいる場所とは一定の距離を置く」「犬はつなぐ場所がある遊具スペースで飼う」「サッカーゴールにブルーシートをかけて即席の屋根を作る」などと意見を出し合い、同行避難に必要な配慮や工夫を学んだ。4月1日時点のボランティアリーダー登録人数は8市3町で計27人。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:59 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬と外で遊ぶときに気を付けたい4つのこと

ネタりか


危険なものを食べてしまわないように

草を食べようとしてしまった

最近、ニュースにもなっていましたが、人間がペットフードに毒物を混ぜて犬の散歩コースに置いておくという事件がありました。
それを散歩中に口にしてしまった犬が立て続けに呼吸困難などの症状を起こし、不審に思った獣医さんが飼い主さんに聞き込みをして発覚しました。
こういった悪質なケースはまれなことではありますが、人間の手によるものでなくても自然界には犬にとって毒となる危険な草花も存在します。
アジサイやアサガオなどの身近にある植物もその一つです。
拾い食いをしないようにしっかりとしつけておくことが何よりも重要なことです。

人や他の犬に攻撃的にならないように

2匹の犬

愛犬と外で遊ぶときには、愛犬の安全を最優先に考えることが多いですが、「愛犬が危害を加えない」ということもしっかりと考えてあげる必要があります。
外で遊ぶということは、愛犬と飼い主さん以外にもたくさんの人や犬に会う可能性が高いですよね。他の人や犬に対して攻撃的にならないように、普段からしつけておくことが大切です。

小さいうちから社会化を

子犬の社会化はとても大切です。飼い主以外の人に触れられたり、他の犬に会う回数が多かったワンちゃんは、当然それに慣れてくれるので、大きくなってからも攻撃的になりにくいのです。
子犬の社会化は生後2ヶ月頃からスタートさせるのがベストですが、実は生後2ヶ月ではまだワクチン接種が終わっておらずお散歩には行けません。
だからと言ってお散歩ができる時期まで家に閉じ込めておいては、社会化が遅れてしまいます。
犬の社会化はお散歩以外にもたくさんの方法がありますよ。

✔自宅に人を招く
✔抱っこしたりカートに入れたりして街をぶらぶら歩く
✔ペットショップなどが開催している社会化イベントに連れて行く

小さい頃から他の人や犬に接する機会を増やしてあげることが、安全に遊ぶための大事なポイントなんです。

リードはつけたまま

外で遊ぶときの基本中の基本ですね。ドッグランやお庭以外の場所では、必ずリードをつけておきましょう。

遠くまで走って行ってしまわないように

走る犬

リードをつけていれば、愛犬だけが遠くに走ってしまうということは起こらなそうですが、意外と起こりうることです。
首輪がスポッと抜けてしまうこともありえないことではありませんし、愛犬の排泄物を片付けている間に飼い主さんの手からリードがするりと抜け落ちてしまうことだってありえます。
場所によっては、「誰もいないし車も通らない場所だから」とか「うちの子はいい子だから」とリードを外してしまう飼い主さんもいますよね。
どんな場所でもリードをつけておくのは基本ですが、その上で「待て」や「おいで」という合図をしっかり教えておくことが大切です。
また、自宅の庭などで遊ばせるときには、柵の高さにも注意しましょう。室内にいるときよりも外にいるときの方が犬は興奮していることが多いですし、フローリングと違って外は滑りにくく、ジャンプのための助走も長くとることができます。
そのため、飼い主さんが思っている以上に高くジャンプをすることはよくあることです。
特に道路に面しているお家ならば庭に出す時には高めの柵を設置しておくのが得策です。

虫に刺されないように

虫除け

暖かくなると、外で遊ぶ時には虫刺されにも気をつけてあげなければいけません。
蚊に刺されれるということは人間にとっては「かゆみ」でしかなくても、犬にとってはフィラリアにかかる危険もあります。ノミやマダニも一度寄生されると厄介です。
獣医さんにかかって、フィラリアの予防接種を受けたり薬を服用すると同時に、夏の時期の外出時には犬用の虫除けグッズも必須です。

まとめ

飼い主さんがあまり神経質になりすぎるのもよくありませんが、最低限の安全は確保してあげなければなりませんよね。
「外には危険がいっぱい」という言い方は大げさかもしれませんが、飼い主さんの心がけ一つでなくせる危険はたくさんあるのです。
お外で遊ぶ時には「安全に楽しく」が大切ですね。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:50 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖がる犬を安心させる4つの方法

ネタりか


愛犬は何に対して怖がりますか?

散歩中に急に立ち止まるので、犬の視線の先を見ると・・・!せみの脱け殻が怖かったようです^^;

おびえる犬

警戒心の強い犬は、裏返せば臆病で怖がりです。怖いものに対してワンワン吠えたり、隠れたり、抱っこを求めたりします。愛犬がそういった行動を起こしたとき、私たち飼い主はどうするべきなのでしょうか?

犬が怖がる代表的なものを4つ例に挙げ、それぞれ安心させる方法を記していきたいと思います。

1.犬が雷を怖がる場合

毛布にくるまる犬

雷を怖がる犬は多いのではないでしょうか。私の飼い犬、くるる(トイプードル/2才)も雷が鳴ると大騒ぎします。そういうときはご近所のわんちゃんの声も聞こえるので、余計に興奮するのでしょう。

そもそも、なぜ犬は雷を怖がるのかご存知でしょうか?
私は、音が大きく犬が嫌いな高さの音だからだとばかり思っていましたが、理由はそれだけではないようなのです。一説によると、犬が"静電気を嫌う"ためだといわれています。気圧が低くなり体調に悪影響を及ぼしたり、身体に静電気が溜まり不快感を引き起こしたりするのでは、と推測されています。そうだとすれば、遠くで小さく鳴る雷にまで敏感なことにもうなずけます。雨の匂いを嫌う犬が多いのも、同じ理由からです。雷の鳴った次の日は逃げ出す犬が多くなる傾向があるそうなので、注意が必要です。

安心させる方法

さて、雷を怖がる犬を安心させる方法ですが、まずは"雷=それほど怖いものではない"と覚えてもらうことです。大事なのは「同調しないこと」です。怖いと訴える犬に対して、怖いねと同調してはいけません。あくまでも怖くないよと一貫した態度を取る必要があります。飼い主は「安全・安心の確保」をしてあげなければならないのです。おやつを手に、楽しいトレーニングをするのも効果的だとか。

犬が自分のベッドや部屋の隅に隠れたときは、そのまま放っておきましょう。こっちにおいでと言いたくなりますが、そこはぐっとこらえてくださいね。犬自身がここは安全だと思える場所があることは良いことです。

もうひとつ、脱感作療法という方法もあるのでご紹介します。脱感作療法は、雷の音を録音したテープを小さく流し、雷の音に慣れさせるというもの。ただし、これを行っている期間は本物の雷の音を聞かせてはならないため、時期を考える必要があります。

2.犬が男性を怖がる場合

怯える犬

女性は大丈夫なのに、男性だけを怖がる犬がいます。くるるもそう。男性は声も身体も大きく、犬にとったら威圧感があるのでしょうか。くるるを見る限り、男性用の香水や整髪料のきつい匂いも関係している気がします。

安心させる方法

男性だけを怖がるようなら、男性に慣れてもらうことです。
男性に協力してもらって、犬の大好きなおやつをあげてもらいます。男の人は大好きなものをくれる、と覚えてもらうのです。手から食べないときは、手から落としてもらってもかまいません。焦らず、少しずつです。

犬は、生後3ヵ月までに人間の男女100人に会わせるとよいといいます。なかなか大変ですね^^;

3.犬が掃除機を怖がる場合

掃除機をこわがる犬

掃除機を出した途端に始まるワンワン大会には、いつも辟易します。くるるは怖がりながらも、なぜか掃除機にかぶりついてきます(笑)家事のストレスを減らすためにも、掃除機を克服してほしいものです。

安心させる方法

@掃除機をいつも見える場所(リビングなど)に置き、慣れさせる。
→掃除機を特別視させない方法です。

Aケージなど安心できる場所を作ること。
→掃除機をかけている間はそのケージに布をかけ、見えないようにするのも手です。

B吠えなかったら、おやつをあげる
→吠えたときに叱らない、というのも大事なことです。

Cコングなどを使用し、注意をそらす
→いろんな方法を試した結果、くるるにはこれが一番効果的でした。コングはいろんな場面で使えるので、ひとつ持っていると便利ですよ♪

4.犬がシャワーを怖がる場合

シャワーを怖がる犬

海やプールは好きなのに、その後のシャワーだけを怖がる犬もいると聞きます。シャワーの音が怖いのか、シャンプーが気持ち悪いのか、きっと理由があるはずです。しょっちゅうトリマーさんに頼るわけにはいかないですし、何かしら策を立てたいですね。

安心させる方法

シャワーの音を怖がるようなら、犬の身体にシャワーヘッドを押しあて、「ジャー。」という音が聞こえないようにしてみてください。それでも怖がるようなら、シャワーは使わず洗面器にお湯をためて洗うようにするのもよいかもしれません。

シャンプーを気持ち悪がるようなら、まずは泡を犬の身体に乗せることから始めてみてください。シャンプーを泡立てず直接犬にかけたり、無理に顏を洗ったりしてはいけません。それが犬の恐怖心を煽ることになるからです。

まとめ

犬をなでる

怖がる犬を安心させてあげられるのは、お医者さんでもトリマーさんでもありません。私たち飼い主だけなのです。怖がる犬に同調するのではなく、ましてや叱りつけるのではなく、寄り添ってあげればいいのだと思います。何を怖がっているのか理解し、安心させてあげたいものです。

くるるは今、動物病院に慣れるために母とともに頑張っています。毎日病院に出向き、初めは震えるばかりだったくるるも、先日とうとう病院の前でおやつが食べられるようになりました。怖がりだって個性です。しかし、極度の怖がりはかわいそうです。

何が怖いのか。どうして怖いのか。犬が安心できる方法は、まず私たち飼い主がしっかり考えることから生まれる気がします。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:50 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少女時代に犬と過ごした幸せの記憶 愛犬と老犬ホームの犬たちに愛情を注ぐ

Yahoo! JAPAN


「可愛いわねえ」「赤ちゃんかと思ったらワンちゃんだった」

 商店街を高橋あゆみさん(45)がバギーを押して歩くと、道行く人がのぞきこんでは、声をかける。バギーに乗せているのは、レオ(♂・11歳)、マリン(♂・11歳)、アクア(♂・9歳)。3匹のチワワだ。

【写真特集】愛犬3匹との生活

「3匹連れていると、けっこう目立ちますね(笑)。休日に出かける時は、ほとんど一緒です。もうすぐレオとマリンのお誕生日なので、名前入りのケーキを用意する予定です。早いですね、もう12回目ですから」

 レオとマリンは兄妹。11年前、あゆみさんが34歳の時にペットショップで出会って家族に迎え、その2年後に、アクアが仲間入りした。

「もともと動物が大好き。小学生の頃から実家でも『ピーチ』というメスの雑種犬を飼っていて、犬と過ごす時間の素晴らしさや、動物の心の純粋さを知りました。つらい時も楽しい時もいつも一緒……。でも、私が24歳の時にピーチは亡くなりました。あまりにも別れがつらく、しばらく犬と暮らすことができなかったんです。亡くなる前、私はすでに独立していましたが、介護のため実家によく戻り、最後の数日を一緒に過ごしました」

少女時代に犬と過ごした幸せの記憶 愛犬と老犬ホームの犬たちに愛情を注ぐ
12歳から24歳まで共に過ごしたピーチ
愛犬の死から10年
 レオたちを迎えたのは、ピーチの死後、10年経ってからだった。決してピーチを忘れたわけではなく、むしろ、ピーチにもらった幸せを、ほかの犬と分かち合いたいと思うようになったからだったという。3匹のチワワと暮らし始めたワンルームは、いっきに賑やかになった。

「レオは一番甘えん坊で、やきもち焼き、でも優しい。マリンは、一番賢く、我が家のボス的存在。そしてアクアは、末っ子らしく無邪気で、少し内弁慶。それぞれ個性があって、人間の子どもと同じです。私は“母”として彼らを幸せにする責任がある。といっても、『あゆちゃん帰ったよぉ』とか『あゆちゃんはこう思うよ』とか、母らしくない言葉で接していますが(笑)」

 会社勤めをしていたあゆみさんは、40歳の時、貯金をはたいて東京都内にILDKのマンションを買った。決断したのは、チワワたちのためだった。ケージやハウスなどを置くと、賃貸のワンルームは手狭だったため、少しでも広いところで、犬たちをのびのびさせたかったからだ。

 引っ越しから3年後、43歳の時、さらに大きな決断をした。15年間勤めた会社を辞めて、設立して間もない「老犬ホーム」のスタッフに転職したのだ。

「たまたまネットで存在を知り、老犬ホームに電話して働かせてくださいと言いました。レオたちと暮らし始めたら、“やっぱり動物が好き。私に何かできることはないか”という気持ちがふつふつと沸いてきたんですね。最初は断られましたが、何度も代表に頼みこんで、採用してもらいました」

 老犬ホームには、やむをえず飼い主と離れ離れになる犬がやって来る。あゆみさんは一生懸命面倒を見ながら、会社勤めの時とは違うやりがいを感じていた。

 しかし、転職して間もなく、家の3匹に異変が起きた。急に、“長男”のレオが、“末っ子”のアクアを襲うようになったのだ。アクアは2度ほど、病院で手当てを受けるほどの怪我をおった。

「それまでは、アクアがレオに遊ぼうと多少しつこくしても、レオは受け入れていました。レオは我慢強くて、うなったこともなかったんですが、急にアクアを“マジ咬み”したんです。同じようにチワワを3匹飼う知人から、オス同士でもめることもあると聞いていましたが、今になってどうしたのか、といろいろ考えました……」

 レオたちと一緒に過ごす時間の長さは、会社勤めの時とほとんど変わっていないはずだったが、はっと気づいたのだという。

「私の忙しさが、そのまま犬たちのストレスになっていたのかもしれないなと反省したんですよ。ちゃんと見てあげていなかった。上の空でスキンシップをしてもだめなんです。犬は人の心を敏感に感じ取る。そのことに改めて気づかされた出来事でした。私の気持ちが変わると、レオの態度も戻っていきました」

 老犬ホーム勤務も2年経ち、あゆみさんは責任者の立場になった。時おりレオたちもホームに連れていき、他の犬たちと交流させることもある。自宅の子もホームの個も分け隔てなく愛情を注いでいる。

かつての愛犬の名前を店名に
 あゆみさんは45歳。今も独身生活を満喫しており、その生活を変える予定は今のところないという。

「先のことはわかりませんが、レオたちのことを私と同様に“家族”と思って大事にしてくれる人でないと、なかなかお付き合いができなくて。レオたちの幸せが一番で、それが私自身の幸せだから。親ばかです(笑)。でも、彼らの笑顔が私の笑顔。それは、本当」

 あゆみさんの人生を支えるのは、レオ、マリン、アクアだけではない。12歳の少女の時に出会ったピーチもそうだ。30年以上の月日が経っても、共に過ごして感じた喜びや愛は色褪せず、すべての原動力になっている。

 昨年、老犬ホーム勤務の傍ら、プレミアムドッグフードのネットショップを立ち上げた。店名は「ピーチドッグ(Peach Dog)]という。初めて絆を結んだ忘れえぬ友の名を、店の名前につけたのだ。

 ピーチ!小さかったあゆちゃんは、人一倍優しく、たくましい女性になってがんばっているよ。

sippo(朝日新聞社)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:50 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする