動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年07月15日

「猫カフェ」に放置されたネコ 新しい飼い主探し続く

Yahoo! JAPAN


飲食店内でネコと触れ合えるいわゆる「猫カフェ」。先月、鹿児島市内の店舗で17匹のネコが放置され、このうち4匹が死んでいるのが見つかりました。残る13匹のネコについて、新たな飼い主を探す取り組みが進んでいます。先月21日、17匹のネコが放置されているのが見つかった鹿児島市東谷山の猫カフェ「猫之坊」。店舗はここ1、2年閉店状態だったとみられ、17匹のうち4匹が死んでいました。残る13匹はその後、動物愛護団体に保護されました。あれから3週間余り。保護されたネコは鹿児島市呉服町の猫カフェで飼育されていました。動物愛護団体の中村順子さんです。猫カフェを経営する傍ら、今回保護されたネコの世話をしています。中村さん:「最初は食欲のない子もいたが、日に日に食欲も出てきて、だいぶ体重も増えている」保護された13匹のうち、2匹はすでに新しい飼い主のもとに。そのうち、ネコは保護された当初、最も衰弱し、あまり動くこともできませんでしたが…。中村さん:「すでにネコがいるお宅だが、その子とも仲良くなって、日に日に体力がつき元気にしているようだ。それが一番の私たちの願い」「保護されたネコのほとんどはこのように人になついてくれますが、今でも人への警戒心が解けないネコもまだいます」「営業しなくなってから店内で生まれた子で、ほとんど人と接触がない。少しずつ慣れさせていくのが一番いい」中村さんが所属する動物愛護団体では、人との接触に慣れていないネコのケアを続けるとともに、今月16日と17日には残る9匹の飼い主を探し譲り渡すイベントを開きます。中村さん:「過酷な環境の中で育ってきたので、今度こそは安心して最後まで飼っていただける家庭に譲渡できたらいい」保護されたネコの譲渡会は今月16日と17日、鹿児島市呉服町のリンクビルで開かれます。問い合わせ先は犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島、電話090−8760−2092です。

MBC南日本放送 | 鹿児島


posted by しっぽ@にゅうす at 06:50 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「殺処分ゼロ活動知って」

タウンニュース


西区久保町在住の鈴木かほりさん(55)が、ペットの殺処分ゼロに向けた活動を広く知ってもらおうと、売上の一部が動物愛護団体に寄付されるチャリティー型自販機を今月から設置した。

 動物愛護センターなどに保護されて一定期間飼い主が現れなかった動物は殺処分される。センターはボランティア団体らと協力し、新しい飼い主への譲渡活動を行っている。県の動物愛護センターでは2014年度から犬・猫の殺処分ゼロを達成しているが、横浜市域を管轄する市の動物愛護センターが公表する最新データでは、2015年度時点で犬だけでも年間40頭が殺処分されている状況だ。

 幼い頃から犬やサルの面倒を見るなど動物に親しんできた鈴木さん。結婚後の現在もミニチュアピンシャー2頭とプードル1頭を飼っており、動物愛護に関心を持っていた。

 今までも動物の世話に役立つよう、ボランティア団体へタオルの寄贈などをしていたが「ただ寄付をするだけでは意味がない」と悩むこともあった。そんななか知ったのが、動物愛護活動を支援する団体による自販機を利用したチャリティーの仕組み。

 きっかけとなったのはフェイスブック。ペット譲渡の支援団体による活動報告の投稿を見つけ、譲渡活動以外にも里親が見つかるまでペットの心と体のケアをしているボランティアの姿を知った。そこで「人目に付くもので殺処分ゼロの取組を多くの人に知ってもらうことができる」と、夫が経営する石材店の敷地内の自販機をチャリティー仕様に変えることを決めた。

 「動物のいのちをつなげよう 殺処分ゼロ」と描かれた自販機のラッピングは自己負担。支援先は県動物愛護協会で、自販機の売上の1割が寄付される。過去に西前小学校の児童が同団体への支援活動を行っていたことを知人から聞き、同協会の支援を決めた。

 「ボランティアの皆さんに比べたら自分は何もできないが、ペットを飼う前の人に動物愛護の問題を知ってほしい」と鈴木さん。自販機は久保町の円満寺手前に設置されている。



posted by しっぽ@にゅうす at 06:47 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬が交通事故に…万が一のときのために備えておきたい知識

ネタりか


愛犬が車に轢かれてしまった!その時、どうする…!?

犬と車

考えるだけでもゾっとしますが、どんなに気をつけていても、一瞬の油断や気の緩みで
愛犬が交通事故に遭ってしまった、という話はよく耳にします。
万が一、交通事故に遭ってしまった場合、私たち飼い主はどんな行動を取るべきなのでしょうか?

すぐに獣医さんへ!

どんな状態であれ、生きていると確認できたなら、すぐに獣医さんへ連れて行きましょう。
おそらく、犬も飼い主さんも、また、もしかしたら、轢いた車の持ち主の人も、パニックになっていると思います。
中には、パニックの余り、助けに来た飼い主さんを噛む犬もいるそうです。
けれど、手当が早ければ最悪の事態は避けられるかも知れません。
轢いた車の持ち主の人には、保障やお見舞いなどを申し出られたとしても、まずは愛犬の命を助けるのが最優先です。
人間同士の話し合いは後日落ち着いてからする旨を伝え、その上で確実に連絡が取れる連絡先だけは必ず聞いておきましょう。

悲しいけれど、法律上、犬は「物」でしかない。

犬と動物病院

私たち、飼い主にとったら愛犬はわが子と同じ。失った時に金銭でなど、決して換算出来ない大切な存在です。
けれど、法律上、犬は「物」でしかないのです。

命が失われても、「器物破損」の罪でしかない

動物は、野生動物であれ、飼育している動物であれ、法律上、ただの「物」でしかありません。
最悪、命が失われてしまっても、人が交通事故に遭ったのとは比べ物にならないほど罪が軽い「器物破損罪」が科せられるだけです。
加害者の人が良心的であれば、お見舞いなどの話に直接応じてくれるかも知れません。

ですが、車を運転している人の70パーセントの人が任意の自賠責保険に入っているので、ほとんどの場合、車の保険会社が間に入ります。

どのくらいの補償が受けられる?

実際に金銭の話になれば、加害者が加入している保険会社の「対物賠償保険」から賠償を受けることになります。
もし、犬が亡くなってしまった場合なら、犬を購入した値段を尋ねられて、年齢を重ねるとその値段から「時価」を評価されて、あり得ないほどの少ない金額を提示してくるそうです。
治療費が必要であっても、その「時価」以上のお金は請求できません。
お金の問題ではないのですが、それが現実です…。

飼い主の責任を問われ、過失相殺となることも。

ペットを飼ったことのない人が相手なら、私たち飼い主の気持ちを思いやる以前に、
「犬を轢いたせいで、車が傷ついた!その補償はどうしてくれる?!」と詰め寄ってくるケースもあるようです。
そのような場合、示談交渉の際、「飼い主としての責務を果たしていたか」という点を問われます。
リードはつけていたか、いきなり飛び出してはいないか、夜ならば反射板などを使用していたか、など。
その際に、飼い主側に少しでも過失があれば、補償額と相殺されて、さらに補償額が少なくなってしまうこともありえます。

保険会社と話がこじれそうな時

もしも、あなたがしっかりと犬を抑えて制御し、夜道でも光るリードなどを装着していて、全く過失がない…。犬は、一生残る障害を負ってしまった。
それなのに、事故を起こした人も保険会社の対応も納得できない時はどうすればいいのでしょう?

あまりにも誠意のない対応をされた時は、「示談はしない」と言う意思を示して、提訴する方法もあります。
ただし、弁護士さんと一口にいっても、それぞれに得意分野があります。
その時は、動物問題の訴訟の経験が豊富な弁護士さんか、司法書士さんを探す必要があります。

交通事故に遭わないために

車を見る犬

「マテ」「ヨシ」「コイ」のコマンドは徹底的に教え込む

犬が交通事故に遭うのは、散歩の時か、車の中から外へ出す時が多いようです。
「今からお外に出れる!」と嬉しくなってしまった犬が、家の中や車の中から飛び出し、リードが外れたり、リードをつける前だったりして、事故に遭ってしまう…というケースです。
どれだけ犬のテンションが上がっていても、飼い主さんの「マテ」が無ければ
勝手に外に出てはいけない、あるいは、一度飼い主さんが「マテ」の指示を出した後は、「ヨシ」の解除が無い限り、絶対に動かない、としっかりと犬に覚えこませましょう。

また、もし、リードが外れた、家から飛び出て行った、という時もあわてて追い駆けると、犬は「追いかけっこをしている!」と嬉しくなり余計に興奮して逃げてしまうこともあります。
また、飼い主さんが取り乱してパニックになると、犬も同じようにパニックになってしまいます。

車の往来の多い道路で飛び出してしまったら、慌てるのは仕方のないことですが、「オイデ」「コイ」と言う指示が聞けるコであれば、平静を装って、落ち着いて呼び戻しましょう。

夜には、ハーネスやリードなど光るモノを装着する

飛び出しの次に多いのが、夜道を歩いている時に事故に遭うケースです。
実際に車を運転する方は、経験があると思いますが、夜道を運転していると、無灯火の自転車や黒い服の歩行者は、本当に間近に迫るまで気がつかないことがあります。
歩いている方は、「車が近づいてくれば避ければいい」と思っているかも知れませんが、車を運転する方からすれば、夜道を歩く歩行者に早く気がつけば気がつくほど、危険度は低くなります。
黒っぽい服を着て、黒い毛の犬を連れて、反射板などもつけずに街灯もない道を歩いていたら、かなり接近してからでないと、車の運転手は気がつきません。
愛犬の位置を車の運転手に明らかにするために、光るリードやハーネスを装着しましょう。
もちろん、飼い主さん自身の身を守るために、飼い主さんも反射板やライトなどを身につけることも、事故を未然に防ぐためには大切なことです。

誰がリードを持っているかを必ず確認する

犬のリード

「いつもお母さんがリードを持つから」「いつも、お父さんがリードをもつから」と言う思いこみで、犬のリードを誰も持っていない…と言うことが起きないように、車から犬を下ろす時は、「私がリードを持っているよ」「お母さん、リード持ってる?」と必ず、確実に確認する癖をつけましょう。
その時、しっかりと手首を通してリードを持っているかどうかもしっかり確認します。
普段の生活の中はもちろん、特に遠出した時など、飼い主さんの気持ちが浮き立っている時や、なんとなく気ぜわしい時は特に気をつけて下さい。

胴輪を装着する

パグや、フレンチブルドックに限らず、長毛種でも短くカットしていたりして、体毛が
スムースヘヤに近かったり、体の表面にシワが多かったりすると、首輪がすっぽ抜けてしまうことがあります。
そんな場合は、胴輪を使うか、あるいは首輪と胴輪を二重に使いましょう。

車の中では定位置に。降りる時も、手順を決めて!

車内でシートベルトをする犬

交通事故は、車の中にいても遭遇します。
例えば、人間でも後部座席でシートベルトをしていなかった子供さんが、追突事故の衝撃で
車の外に投げ出され、後続の車に撥ねられる…と言ったケースがあります。
ペットでも同じことが起こりえると思いませんか?
助手席や後部座席で犬を抱っこしている人や、車内でフリーにしたままの人は多いと思います。
車に乗る時は、出来ればキャリーか、クレートに入れておくのが一番ですが、それが出来ない場合でも、犬用のシートベルトを着用させましょう。

まとめ

せっかく、縁があって家族として迎えた大切な愛犬です。
天寿を全うするまで幸せに暮らして欲しいですよね。
飼い主の油断や不注意で命を落としてしまうようなことがあったら、愛するわが子を見殺しにするのと同じことです。病気にかかるのは避けようのないことかも知れませんが、交通事故は、飼い主が未然に防ぐことが出来ます。
小さな子供さんを事故から守るのと同じ気持ちで、交通事故から愛犬を守りましょう。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒やされるだけじゃない! 犬を飼うことで得られるメリット4つ

Yahoo! JAPAN


最近ペットを飼っている人が増えていますよね。「ひとりで寂しいし、私もペットを飼いたいなぁ……」なんて思っている人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、「犬を飼うことで得られるメリット」についてリサーチしてみました。

1: やっぱり癒やされる!


出典:http://googirl.jp/
私たちに無条件に愛情を与えてくれるワンちゃんに、癒やされている人がたくさん! 実際に愛犬と触れ合うだけで、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が脳から分泌されているそうですよ。

・ 「もう愛犬を見ているだけで、ただただ癒やされる。この季節はフィラリア対策をしたり、仕事が遅くなると早く家に帰らなきゃと心配になることもあるけれど、それでも何かを苦痛に思ったことはないですね」(29歳/営業事務)

・ 「愛犬が寝息を立てて寝ていると、本当に幸せな気持ちになれます! 私にとって大切な家族の一員です」(31歳/販売)

▽ 人間ではどうすることもできない心の傷を、犬や猫が癒やしてくれたりするもの。それだけ動物って不思議なパワーを持っているのかもしれませんね。

2: 家族との仲が深まる

コミュニケーションが少なかった家族でも、愛犬を通して交流が深まることもあるみたい。

・ 「うちは両親の会話があまりないということもあって、昔から家族全体の会話も少なかったんです。でも実家で犬を飼うようになってから、自然と話が弾むように。大型連休には愛犬も連れて旅行にいくようにもなりました」(26歳/一般事務)

▽ ペットの面倒をひとりでみるのって、なかなか大変なもの。だからこそ「うちの大事な愛犬のために!」と、家族が一致団結できるのかもしれません。

3: 運動不足解消にも!


出典:http://googirl.jp/
犬を飼っていると欠かせないのが毎日の散歩。愛犬との散歩は普段運動をしない人にとっても、大きなメリットになります。

・ 「うちの犬は外でしかトイレを済ませないので、必ず毎日朝晩散歩に連れていくようにしています。犬だけじゃなく、私にとっても運動不足解消になるので、日課としてはとても良いですね」(27歳/住宅)

▽ 「毎日の散歩って面倒くさそう……」と思っていても、意外と慣れちゃえば平気なもの。近所の人から「かわいいワンちゃんね〜!」なんて言われると、心なしか鼻が高くなってしまうものです。

4: 優しさが生まれる

犬には癒やし効果があるからか、何だか優しい気持ちにもなれるんですよね。

・ 「今まで結構キツかった先輩が、何だか急に優しくなって雰囲気が変わったんだよね。彼氏でもできたのかと思ったら、どうやら犬を飼いはじめたみたい」(28歳/IT)

▽ こちらの先輩はワンちゃんと触れ合うことによって、心の余裕ができたのかもしれませんね。

もちろん、動物は責任を持って飼う必要があります。何があっても一生ペットとともに過ごす覚悟がある人は、ぜひこれらを参考にしてみてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「犬にぶどう、レーズンを与えるのはNG」動物病院が注意喚起 どんなリスクがあるのか院長に聞いてみた

Yahoo! JAPAN


犬にぶどうやレーズンを食べさせると、急性腎不全を起こす可能性があるという注意喚起のツイートが話題になっています。嘔吐、下痢などの症状が現れるおそれがあり、最悪の場合、死に至るとのこと。

【ぶどう、レーズン以外にもNGは多い】

 神奈川県にある藤井動物病院は毎年のように、「犬にぶどうをあげてはいけない」とツイート。体重4.5キロの犬の場合、レーズン14グラム、ぶどう85グラムと少量で毒性を示し、急性腎不全の原因になることがあるといいます。

 同院院長に話を伺ったところ、ぶどうを与えるのは犬、猫ともに危険。しかし、猫と違って、犬には甘みが分かるため、喜んで食べてしまう傾向があり、特にリスクが高いそうです。たとえ好物でも与えるべきではない、飼い主にとって悩ましい食物というわけです。

 個体差はありますが、大型犬でも1パッケージ丸ごと摂取するのは危険。これくらいの量を盗み食いしてしまい、嘔吐や下痢、虚脱、食欲不振といった症状が現れるまで飼い主が気付かないこともあるそうです。

 院長によれば、ぶどうを食べた犬が連れてこられた場合、「吐き出させて対処する動物病院が多いだろう」とのこと。ただし、飼い主がそもそもぶどうの危険性を知らないなどの理由から、「よく分からないが、いつの間にか体調が悪くなっていた」としか認識しておらず、病院側で原因が特定できないこともあるといいます。

 藤井動物病院ではぶどうによる死亡例は無いものの、ペットにあげると危険な食べ物は多いため、ぶどうに限らず注意が必要とのこと。例えば、たまねぎが犬、猫に有害という話はよく知られていますが、実はその煮汁も危険という点まで理解している人は少ないのだそうです。

 同院のツイートによれば、その他にもアボカドやきのこ類、熟していないトマト、ほうれん草……など、与えてはいけない食物は多岐にわたります。これだけあると、ちゃんと知っているつもりでも、意外と知識が抜け落ちているかもしれません。ペットを飼っている方は時折、再確認するようにしてみてはいかがでしょうか。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする