動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年07月16日

犬殺処分4年連続ゼロ 道内保護施設では最長 旭川「あにまある」

北海道新聞


捨てられた犬や猫を収容する旭川市動物愛護センター「あにまある」の2016年度の犬の殺処分数が4年連続でゼロとなり、道内保護施設の最長記録を更新し続けている。猫は66匹だったが、施設に収容しきれずに殺処分されるケースはなかったという。動物愛護に対する市民意識の高まりやボランティアの協力が好循環を生んでいる。

 あにまあるは12年9月に市郊外から中心部に移転した。移転で収容スペースが6倍に広がり時間をかけて譲渡先を探せるようになったことや、市役所に隣接していることで市民の見学が増えたことが功を奏し、犬の殺処分は移転以降ゼロ。猫は5年前の約6分の1に減少した。殺処分される猫は回復が見込めない病気やけがを負ったり、凶暴な性格の場合がほとんどだ。

 譲渡の際に受講が必要となる適正飼養講習会の受講者数も16年度は過去最多の486人に。月2回の講座を15年11月以降随時実施に変更したためで、犬猫を随時渡すことができるようになり、ケージに余裕もできたという。今年4月中旬には、「多頭飼育崩壊」した家庭から猫52匹を一気に保護したが、2週間ほどで大多数の猫の飼い主が見つかった。

 また、住民が餌を与える「 地域猫 」は、繁殖を抑えるため不妊去勢手術を施した後に元の場所に戻すことで、施設への収容数を抑制。譲渡先探しなどに協力する「あにまある支援隊」や、一時預かりを担う「手と手の森」などのボランティアも実績に貢献している。

 ただ、飼い主が「飼えなくなった」などの理由で引き取った16年度の収容数は犬が116匹、猫が387匹と「まだ減らせる余地がある」(あにまある)という。遠山直希所長は「本来は飼えなくなったら自分で責任を持って新しい飼い主を探すのが基本。困った場合は早めに相談に来てほしい」と呼び掛けている。(高田かすみ)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【注意】犬や猫も熱中症になるよ! お留守番させるときもエアコンはマストです

Pouch[ポーチ]


夏本番を迎え、暑さも今年最大に。今でも十分暑いけど、8月はもっと気温が上がってもおかしくないし、熱中症にはくれぐれも注意したいところです。

人間が熱中症になるのと同じく、ペットの犬や猫も熱中症になることがあります。

実家で犬と猫を飼っている、Pouch編集部スタッフの百村。猫のサマーカットをお願いしたお店で、「出かける時もかならず、エアコンをつけてくださいね!」と念を押されたのだそうです。

【ペットにやってあげるべきこと】
百村の実家は長野で、東京よりははるかに過ごしやすいはず。しかしそれでも、やっぱり夏は暑い! クーラーだけでなく「熱中症計を買ったり、扇風機をまわしたり、水を飲んでいるかチェックしたりする必要がある」とも言われたそうで、気を引き締めたと語っていました。

【犬や猫は汗で体温調整できない】
コジマ動物病院のウェブサイトには、人間は全身で汗をかいて体温を下げることができますが、犬や猫はそれができないとあります。呼吸による換気が唯一体温を下げる方法らしく、そのため環境を整えてあげることが大切なんですって。

急激な体温の上昇によって起きる熱中症。初期症状は「呼吸の速拍」「よだれ、脱水」なのだそうで、そのまま放置すると酸欠に陥り、ぐったりしたりけいれんを起こしたりします。最悪の場合死に至ることもあるので、甘くみないことが重要です。

熱中症にかかってしまったら体温を下げることが必須。冷水を飲ませる、冷水を体にかけるなどして、できるだけ早く病院へ連れていきましょう。

【熱中症予防の方法は?】
熱中症予防の方法としては、冒頭で百村が言われた「空調管理」がもっとも大切。

・留守番させるときには必ずエアコンをつける
・車内には絶対にペットを残さない(車に同乗させるとき日中は避ける)
・散歩の時間に気をつける
といった注意がコジマ動物病院のウェブサイトには記載されておりました。

ちなみに犬には肉球にしか汗腺がないため、熱が体内にこもりやすく熱中症は天敵。一方の猫は、犬と比べて暑さに強いといわれていますが、もちろん限度があります。

クールマットやタオルなどの “ひんやりグッズ” も取り入れて、ワンちゃんやネコちゃんが健やかに夏を乗りきれるようにしてあげたいものですね。

参照元:コジマ動物病院(ペットショップのコジマ)
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch


posted by しっぽ@にゅうす at 07:30 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫にトリミングは必要?

産経ニュース


猫は生まれつき、きれい好きで、暇さえあれば自分の体をなめて毛づくろいをしています。猫は本来、待ち伏せをして獲物を狩る「待ち伏せ型」の動物です。したがって毛づくろいは、自分の臭いを消して、獲物に気付かれないようにするための習性だと思われます。

 トリミングは、被毛のブラッシングやカット、シャンプーはもちろん、爪切りや耳掃除なども含まれ、体のお手入れ全般を行います。しかし、そもそも多くの猫は、頻繁な毛づくろいによってこれらだいたいのことは自分でできてしまいます。

 飼い主が行う日頃のお手入れとしては、猫とのコミュニケーションも兼ねて、ブラッシングくらいで十分といえるでしょう。

 しかし、同じ猫でもペルシャやヒマラヤンなどの長毛種の猫は、セルフグルーミングだけでは毛のもつれや毛玉ができてしまうことがあります。また、それだけでなく、頻繁な毛づくろいでたくさんの毛をのみ込むと、食欲不振や便秘などの症状が出る「毛球症」になる恐れもあります。

 このように、長毛種の場合や皮膚病がある場合などは、やはりトリミングが必要とされるでしょう。

ただ、猫は知らない人に触られることや、水、ドライヤーは苦手なことが多いのです。このため、安全にトリミングを行うには麻酔が必要となる場合があります。

 いずれにしても、日頃の手入れで解決できない問題があれば、猫にもトリミングが必要になりますが、基本的には猫自身の性格や皮膚、被毛の状態をよく見極めることが肝心です。(チームホープ、エルザ 動物医療センター センター長 長谷隆司)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型野犬出没、民家裏でシカ襲う 京都・宇治

Yahoo! JAPAN


14日午前8時10分ごろ、京都府宇治市白川植田の民家裏で、住民から「野犬がシカを襲っている」と110番があった。付近では先月24日にもシカを襲う大型野犬の目撃情報があり、宇治署は警戒を強めるとともに、住民に注意を呼び掛けている。
 同署によると、目撃されている野犬は体長約1・5メートル、体高約80センチで、大型犬のシェパードに似ているという。人に危害を加える恐れもあり、付近の小学校では14日、児童が保護者と一緒に下校した。
 府山城北保健所はこの日、目撃現場近くに捕獲用のおりを設置した。宇治市内では昨年11月にもシェパードに似た野犬2頭が捕獲されている。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫専門のSNS「猫部トーク」里親募集の検索も

Yahoo! JAPAN


ダイレクトマーケティング事業等を行っているフェリシモで、社内の猫好きの有志が集まって2010年9月から「フェリシモ猫部」という活動をしている。WEBサイトで基金付きのオリジナル猫グッズの販売、「猫ブログ」連載、写真「猫ギャラリー」などのコンテンツを猫好きの方向けに提供してきた。

猫好きなら誰でも参加できるSNS「猫部トーク」

その「フェリシモ猫部」が、猫専門のSNS「猫部トーク」を2017年7月10日より開始。「猫部トーク」は無料で猫好きな方同士が交流できる。

アカウントを作成して「猫部員」として登録すると、愛猫の写真・動画を投稿できるほか、猫のプロフィール登録機能、毎日出される投稿テーマ「お祭りハッシュタグ」など猫の写真・猫動画を楽しむことに特化したSNS。お気に入りの猫部員をフォローして、 自分だけのタイムラインを作ることもできる。またカタログモデル猫のコンテストなども予定している。もちろん、現在は猫を飼っていないけど「猫を飼ってみよう」「猫が好き」という人も登録が可能。

「猫部トーク」
「猫部トーク」
里親募集中の猫情報が検索できる

さらに最大の特徴は「一匹でも多くの猫に幸せになって欲しい」との思いから、里親募集中の保護猫情報を掲載していることだ。動物愛護団体は里親募集中の保護猫情報を掲載することが可能で「猫部員」は里親情報を検索することができる。里親募集の機能は動物愛護団体に情報掲載の場を提供するもので、里親希望者と動物愛護団体とのやりとりはメール等で直接行う。

環境省の調査によると日本では1年で約6.7万頭の猫がさつ処分されている(犬は約1.6万頭)。飼い主に捨てられたり、災害時に取り残されたり、地域で猫が過剰繁殖する問題もある。たしかに最近、野良犬はほとんど見かけないが、野良猫は今でもよく見かける。

SNSとの相性がいいのは犬より猫?

フェリシモによると、猫の方がSNSというネットでのコミュニティに適しているそうだ。犬は散歩しながら、公園や道などで飼い主同士が直接会って、情報交換ができる。だが猫の場合は、基本的には自宅で飼い、散歩に連れて行く必要はない。そのため外で飼い主同士がコミュニケーションする場が犬のように多くない。そこでSNSというネット上で飼い主同士が交流したいというニーズも多いようだ。

猫は見ているだけで癒されるから、世界中の人から愛されている。「自分の愛猫の写真や動画をみんなに見てもらいたい」「他の家のかわいい猫も見てみたい」「猫を飼っているけど誰かに相談したい」という飼い主のニーズに応えた猫専門のSNSだ。そしてかわいい猫でも飼い主が見つからずに、さつ処分されてしまう猫もたくさんおり、社会的課題となっている。一匹でも多くの猫の里親が「猫部トーク」から見つかることが期待される。

猫部トーク


posted by しっぽ@にゅうす at 07:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする