動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年08月02日

北海道のNPO、行き場を失った犬猫を救う

オルタナ


犬猫の殺処分数は年々減少傾向にはあるものの、それでも2015年には、犬15,811頭、猫67,091頭で合わせて82,902頭の小さな命が奪われています。行政での殺処分数は、この82,902頭にさらに「負傷動物の殺処分数」を加えたものになり、総数は92,656頭(※負傷、保管中死亡含む)にも上ります。「飼えないから」「要らないから」――。そんな人間の勝手な都合によって翻弄される小さな命。北海道を拠点に、行き場を失った犬猫を救うために活動するNPOを紹介します。(JAMMIN=山本 めぐみ)

◼︎行き場を失う犬猫たち


ケージに閉じ込められた小型犬
殺処分されることが分かって保健所へと連れていかれる犬猫たち。犬猫が保健所に引き取られる背景とは──。

「迷子犬や迷子猫、飼い主がやむを得ない事情で飼えなくなってしまったケースや、多頭飼育現場からの引き取りもある」。そう話すのは、NPO法人HOKKAIDOしっぽの会(北海道・以下「しっぽの会」)のスタッフ、上家桃子(かみいえ・ももこ)さん(45)。


NPO法人HOKKAIDOしっぽの会のスタッフ・上家桃子さん
「『迷子犬』や『迷子猫』と言うが、そのほとんどは捨てられたペットたち。また、近年は高齢の飼い主が病気になったり亡くなったりして、同じく高齢のペットが行き場を失うケースも増えてきた」と指摘します。


多頭飼育されていたシーズー犬たちの保健所からの引き取り
◼︎ペット売買の裏で…繁殖犬の悲しい真実

犬猫が「捨てられる」ケースは、ペットだけに限りません。ペットショップには愛くるしい犬猫が溢れている一方で、見えないところでは悲惨な現実があります。

過去に犬の繁殖業者の廃業に携わった際、30〜50頭の犬たちが小さい檻に入れられたまま、十分な世話も受けることなく、ただ利益を生むモノのように扱われている現場を見てきた上家さん。


しっぽの会が保健所から保護した雌のマルチーズには、お腹いっぱいに放置された乳腺腫瘍があり、保護から1か月後に亡くなった
「まさに『パピーミル(子犬工場)』。新しい命を育む一方で、親犬はただ機械のように扱われているという現実を知ってほしい」と話します。

しっぽの会では、行政処分される犬猫たちを引き取り、心身のケアをした後、新しい飼い主を探し譲渡を行う活動を続けています。

高齢や持病のために譲渡が難しいケースも

しかし、引き取られた犬猫の中には、高齢や持病のためになかなか引き取り手が見つからない場合もあるといいます。

70頭もの多頭飼育現場から引き取られてきた、シーズー犬の想望(そみ)ちゃん(推定年齢3歳)。近親交配が進んでいたこともあり、股関節、膝蓋骨脱臼・肋骨の変形や水頭症等先天性の疾患を多数持って生まれてきました。


想望ちゃんは病気の影響で日々体調が変わるというが、スタッフの愛情を受けて元気に過ごしている
彼女の兄妹たちは引き取り手が見つかったものの、想望ちゃんは生まれつきの脳や身体の障がいのため、なかなか見つかりません。重度の障がいのために獣医師からは安楽死も勧められたといいますが、本人が苦しんでいるような状況ではないため、しっぽの会のスタッフが24時間体制で看護しているといいます。

しっぽの会には、想望ちゃんをはじめとして、高齢や持病のために飼い主が見つからず、通院が必要な犬猫たちをサポートする「足長基金支援」制度があります。毎月会員の人たちから支援を受けながら、こうした犬猫たちが安心して暮らせるよう環境を整えています。


保護された犬猫たちは人馴れ訓練、健康管理を受けながら、幸せな出会いを待っている
■犬猫たちの医療費を集めるチャリティーキャンペーン

チャリティー専門ファッションブランド「JAMMIN」(京都)は、しっぽの会と1週間限定でキャンペーンを実施し、オリジナルデザインのチャリティーアイテムを販売します。

集まったチャリティーは「足長基金」の一部として、想望ちゃんをはじめとする高齢や病気の犬猫の医療費として使われます。今回のチャリティーで、1ヶ月分の医療費・25万円を集めることが目標です。


「JAMMIN×HOKKAIDOしっぽの会」1週間限定のチャリティーデザイン(Tシャツのカラーは全8色)
JAMMINがデザインしたTシャツには、肩を並べた三頭の犬猫が。後ろ姿を描くことで、「私たち人間は、犬猫を見守る役目がある」というメッセージを表現しました。

Tシャツ1枚につき700円がしっぽの会へチャリティーされます。販売期間は、7月31日〜8月6日の1週間。JAMMINホームページから購入できます。

JAMMINの特集ページでは、しっぽの会の長年にわたる活動や現在の課題、目指す未来について、詳しいインタビューを掲載中。デザインとあわせて、チェックしてみてください。

自分勝手な人間たちの裏で、翻弄される小さな命。殺処分される犬猫を救え〜NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

山本 めぐみ(JAMMIN):
京都発チャリティー専門ファッションブランド「JAMMIN」専属ライター。JAMMINは「チャリティーをもっと身近に!」をテーマに、毎週NPO/NGOとコラボしたデザインTシャツを作って販売し、売り上げの一部をコラボ先団体へとチャリティーしています。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | しっぽの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花火大会、迷い犬に注意 夏に増加、雷でもパニック

Yahoo! JAPAN


夏本番を迎え、滋賀県が迷い犬の増加に警戒を強めている。例年、花火大会や雷など大きな音が鳴ることが多い夏には、驚いた犬が逃げ出すケースが増えるためだ。県は「逃げてしまっても飼い主が分かるように、迷子札などの装着を」と対策を呼び掛けている。
 県動物保護管理センターによると、「犬がいなくなった」という迷い犬の問い合わせは昨年度387件あった。そのうち、7月(45件)と8月(28件)、9月(55件)は特に多く、打ち上げ花火や雷の音に驚いて、首輪から抜けたり、散歩中に急に走り出したりするといったケースが目立つという。敏感な犬の中には、人間には聞こえないほど遠い雷や花火の音にもおびえ、首輪につないでいたひもを引きちぎって逃げる犬もいるという。
 そのため県は、犬が驚いて逃げないように犬小屋から室内に移したり、首輪を抜けにくくしたりするなどの対策を呼び掛けている。逃げて保護された際、すぐ飼い主に連絡ができるよう、犬の登録時に交付される鑑札や狂犬病予防の注射済票を首輪へ装着するように求めている。県生活衛生課は「大きな音は人間も怖いが、犬はもっとパニックになってしまう。人が家から出入りする時に一緒に逃げ出すケースも多いので、二重のゲートを付けるなど、このシーズンは注意を」としている。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイアグラは犬の病気の特効薬!ペット用薬品最前線

Yahoo! JAPAN


ペットのクリニックで獣医師がイヌやネコなどのペットを治療する際に、人間の薬やもともと人間用だった薬を用いることをご存じだろうか。もともとペットの専用薬が少なく、重症なペットについては、獣医師の裁量で人間用の薬を積極的に用いることが少なくない。ペット薬物治療について、取材してみた。(ダイヤモンド・オンライン編集部 山本猛嗣)

● ペットの薬は 「人間用」を使うことも

 「なんで弊社の薬がペットの治療コーナーで記事に出ているのですか。うちの薬は動物向けには販売されていないはずです」――。

 もう5年ほど前になるが、筆者が『週刊ダイヤモンド』編集部に在籍していた頃、クスリの特集を担当した。発売後に、ある大手製薬会社の営業担当であるMR(医薬情報担当者)から問い合わせが寄せられたことがある。

 実はペットの薬物治療では、獣医師の裁量で、人間の薬を流用するケースが少なくない(記事中には、当然、そのような注意書きあった)。製薬会社のMRといえば、薬に関するプロである。プロであっても、ペットに関する薬物治療の実態を知らない人が多いのだ。

 ペットに使われる薬は2000種類以上。それを薬の「開発の方法」という視点で見れば、3つに大別できる。つまり、(1)もともとペット薬として臨床試験などを行って開発されたもの、(2)ヒト用の薬を流用したもの、(3)もともとヒト用に開発・使われていた薬をペット用に開発し直した(転用)したもの、である。

 なかなか一般の人には馴染みがないのが(2)と(3)、ヒト用の流用や転用薬だろう。

 特に(2)の「ヒト用の流用」は、当然ながら、ペット用としては承認・販売されてはいない薬である。あえてそれを用いることに、違和感を持つ人も多いだろう。

 とはいえ、人間の治療を例に考えれば、それほど特別なことではない。そもそも医師は独自の処方権が認められている。日本国内で承認・販売されていない未承認薬や適応外の薬であっても、医師の裁量で患者の治療に使うことが認められているのだ。先述した通り、獣医師も同様の権利があり、ヒト用の薬であっても、自分の裁量でペットの治療に用いることが認められているのだ(中には、獣医師が入手できない薬や入手困難な薬もある)。

 もっとも、未承認薬や適応外薬の使用については、ペットの方が明らかにハードルは低い。これは人間の場合の安全性に対する基準の高さに加え、健康保険制度の有無によるものだ。例えば、人間に対し未承認薬を使えば、保険適用とはならず、自由診療扱いとなるために医療費は高額になる。このため、患者側もよほどのことがない限り、未承認薬の治療を求めない。

 一方、ペットの治療はもともと人間のような健康保険制度がなく、自由診療だ。もともとペットの医療費は人間よりも高額になりがちなので、それほど過敏ではないからだ。このため、ペット医療や業界関係者によると、ペットのクリニックで使用される1〜2割がヒト用の流用といった未承認薬が占めるという。

● ペット用の抗がん剤は 1種類しかない

 では、ヒト用の薬をペットに流用する場合、どんな病気が多いのだろう。

 獣医師であり、外資系動物薬メーカー大手のべーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン社長の永田正氏は「最近では圧倒的にがんの治療で使われるケースが増えています。昔に比べ、ペットも長生きするようになり、がんにかかるイヌやネコが増えているからです。そもそもペット用のがんの薬はパラディアという1種類しかないありません。治療薬がないのが大きな原因です」と説明する。

 がん治療の基本は外科手術だが、さまざまながんにかかるペットも増えている。がんの種類によっては抗がん剤での治療のほか、手術と抗がん剤を併用することもある。イヌやネコでは乳がん、リンパ腫、皮膚がん、白血病が多い。人間のように複数の抗がん剤を組み合わせて治療することも多い。

 かつてはペットががんになれば、安楽死を選択する飼い主も多かったが、最近は「できる限りの治療をしたい」と考える飼い主が増えているという背景もある。

がんと同様に、最近、ペットの病気で問題になっているのが、人間と同様、生活習慣病である。特に、肥満が原因で糖尿病が増えている。イヌ・ネコともに、7〜9歳くらいが多く、メスの有病率が高いという。治療には、人間用のインスリン製剤や血糖降下剤が流用されることが多い。

● ED薬のバイアグラは イヌの肺高血圧症の“特効薬”

 精神疾患についても、有効なペット用の薬がほとんどないこともあり、人間用では主流であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)がペットに流用されつつあるという。

 なかには、ヒト用の薬をペットに流用する場合、ヒトとは異なる効果・効能で、思わぬ効果を発揮するものもある。例えば、ED薬として有名なバイアグラだ。ある獣医師は「バイアグラは世界の獣医師の間では、イヌの肺高血圧症の“特効薬”として知られており、海外ではしばしばイヌの治療にも流用されています」と説明する。

 もっとも、バイアグラは開発企業のファイザーがもともと狭心症など循環器系の病気の治療薬として開発していた薬である。たまたま臨床試験を受けていた患者で勃起不全に対する著しい治療効果が認められたため、途中でED薬に切り替えて、開発に成功したものだ。このため、ペットの循環器系の病気にそれなりの効果を発揮したとしても不思議ではない。

● 人間用を開発し直す転用薬も ノーベル賞受賞の薬はもともと動物用

 一方、最近はもともと人間用の薬をペット用にわざわざ開発し直す、転用薬も増えている。製薬会社にとっては、ある程度の臨床試験や実験データがあるため、開発期間を短くできるメリットがあるからだ。また人間用で成功した特許切れの古い薬でも、動物薬ならば再び付加価値の高い新薬として販売できる側面もある。

 過去、ビタミン剤や抗生物質など、ヒト用からペット用に開発された例は少なくないが、「近年はやはり、心臓病や生活習慣病などのペットの高齢化に伴った病気に関する薬が増えている」(都内の獣医師)という。

 前出のべーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン社長・獣医師の永田正氏は「ヒト用の降圧剤としてよく知られている『レニベース』や『ミカルディス』は『エナカルド』『セミントラ』、痛み止めの『モービック』は『メタカム』、心不全治療薬の『アカルディ』は『ベトメディン』など、とペット用では商品名は変わりますが、有効成分はヒト用と同じものです」と具体例を挙げる。

 話は逸れるが、もともと動物薬として開発された薬がヒト用に転用されて大成功したケースもある。その代表例がイベルメクチンだ。2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智北里大学特別栄誉教授が開発したことで有名な抗寄生虫薬だ。

 かつてイヌの主な死因は、フィラリア症だった。蚊を媒介とする寄生虫が心臓や肺動脈に住み着いて呼吸不全を起こす。しかし、イベルメクチンの普及により、イヌの寿命は飛躍に延びた。「1ヵ月1回程度、定期的に投与することで、フィラリアの感染をほぼ完全に予防できます」(永田氏)。

 その治療薬がヒト用としては、寄生虫によるアフリカの風土病の特効薬として大成功したという訳だ。

● 飼い主の判断で ペットに与えるのは厳禁

 ここまで、イヌやネコの薬物治療に人間の薬が使われるという事例を解説した。とはいえ、くれぐれも飼い主の勝手な判断でヒト用の薬をペットには与えてはならない。

 例えば、風邪薬にはイヌやネコが上手に分解できない非ステロイド系抗炎症剤が含まれており、腎炎や肝炎を引き起こす可能性がある。ウザキやハムスターは不適切な抗菌剤を投与すると、ひどい下痢となり、死んでしまう場合もある。

 「獣医師は学会発表や論文のほか、オピニオンリーダーとなる別の獣医師から直接学び、ヒト用の薬は相当に注意しながら使っています。動物は種ごとに、安全性や用量が異なり、ヒトだと全然問題ない薬の量がペットに投与すれば、最悪、死に至るほど危険なこともあります」(永田氏)。

 ちなみに、獣医師が人間の薬をペットに流用するケースは多いが、ウシやブタなどの産業動物(家畜)の場合は、最終的に食料として人間の口に入るケースが多いために、安全性に配慮して一般的には行われていないという。

 ペットフード協会によると、全国のイヌとネコの飼育数は1972万5000頭(2016年全国犬猫飼育実態調査)。既に、これは15歳未満の人間の子どもの数(1605万人)よりも多い(総務省・2016年4月1日現在)。今や、ペットは多くの家庭にとって、大切な家族の一員である。最適な治療を心がけるべきであろう。

ダイヤモンド・オンライン編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のリードの選び方!種類や相性について

ネタりか


リードは犬の命を守るもの

見上げる犬

毎日の散歩で使うリード。犬が勝手にどこかへ行ってしまったり、周りの迷惑にならないようにコントロールするためのものです。
そしてもうひとつ、犬の命を守るものでもあります。
動いているものを追いかけたりした場合に急に道路に飛び出したりすることがないとは言い切れません。
そんな時、リードをしていなかったらどうなるか……。考えただけでも怖くなりますね。
リードは他人を守り、愛犬を守る大切なアイテムなのです。
そんなリードの種類や選び方を見ていきましょう!

犬のリードは主に4種類

リード

リードには主に4つの種類があります。
それぞれ使用目的や特徴が異なるので、どういった場面で使うのかを考えながら選ぶと良いですね。

スタンダードリード

一方が丸いループ状の持ちてがあり、もう一方に首輪やハーネスに取り付けるための金具がついている一般的なリードです。
素材の種類も多いため、選べる幅が広いのが特徴です。
耐久性があるのはナイロン製のもので、通常の長さは120cmから150cmとなっています。
飼い主さんが使いやすいようにいろいろと工夫されているものが多いということもあり、最も多く使われているのではないかと思います。

フレキシブルリード(伸縮性リード)

伸び縮みするもので手元で長さをコントロールすることができます。
公園や広場などの広い場所で犬を遊ばせる際にも使えます。
しかし慣れていないとリードを伸ばしすぎて犬が他の犬や人に迷惑をかけたり、事故にあってしまう可能性もあるので通常の散歩にはあまり向かないでしょう。
ワイヤー状になっているので少し見えにくいため、夜に使用するのはあまりおすすめしません。
使用を禁止している自治体もあるので、住んでいる地域のことを調べた上で使用するようにしてください。

トレーニングリード

ロングリードとも呼ばれます。スタンダードリードをそのまま長くしたようなもので、一般的には5〜10m程度ですが、長いものでは20mというものもあります。
フレキシブルリードと同じように広い場所で使うのが一般的で、普段の散歩にはあまりオススメできません。
リードが長いので少し遠い所から呼ぶ「おいで」の練習をすることもできます。

マルチファンクションリード

複数の機能や種類を追加したリードで、マルチに利用することができます。
長さを調節したり、タスキのようにして肩からかけたり、一時的にどこかへ犬を繋いでおくことも簡単にできるようになっています。

犬のリードの選び方

3つのリード

どのリードを使えばいいの?

紹介した4種類のリードはそれぞれ使用目的が違うので、何に使うのか決めてからリードを選んだほうが良いでしょう。
普段の散歩に使うなら丈夫で長すぎないものを、公園や広場などの広い場所で遊ばせるなら軽くて長いものを、など状況に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。
リードは長く使っていると切れやすくなるので定期的にチェック、交換を行って下さい。1年に1回買い換えても良いかもしれません。

犬のサイズ別、リードの選び方

【小型犬】
軽い素材のものが犬の負担にもならないのでおすすめです。
あちこち動き回るような活発な犬であれば、滑りにくいものを使用するほうが良いでしょう。

【中型・大型犬】
小型犬に比べて力が強いので、飼い主さんがコントロールしやすいもので滑りにくくある程度太さのあるリードを選びましょう。
革製のものだと丈夫で良いのですが、劣化には注意が必要です。
飼い主さんの手の中にある程度まとめられるぐらいの太さと長さのあるリードをおすすめします。

こんな時はどうするの?

リードを噛むブルドッグ

リードを噛む場合

リードを噛むのは「興奮している」「ストレスを感じてる」などの場合です。
散歩に行く嬉しさで興奮状態になっている場合は一度落ち着かせるか、叱るなどをして噛まないようにしつけましょう。
ストレスを感じているようであれば声をかけてやったり、撫でたりして犬がリラックスできるようにしてあげてください。
それでも噛むのをやめないのであれば、吹きかけるタイプの噛みつき防止剤を使用してみてください。
噛むと苦味を感じることで、徐々に噛むことをやめるようになっていきます。

リードを嫌がる場合

リードを嫌がる場合は慣れさせなくてはいけません。
無理やりリードをつけるのではなく、まずはリードに慣れさせてみましょう。
リードの匂いを嗅がせたり、舐めさせたりして害のないものだと確認させてあげても良いかもしれません。
リードに触れたらおやつをあげるようにすると段々リードに慣れていきます。
そういったことを繰り返して嫌がらなくなったら散歩に連れて行ってみましょう。

犬のリードまとめ

散歩する犬

リードは毎日の散歩で使う必需品ですね。
基本的に丈夫に作られていますが、使っているうちに切れやすくなることもあります。
散歩に行く前にリードの状態をチェックしましょう。
ハーネスや首輪も一緒にチェックすると良いですね。
愛犬にぴったりのリードを選んで散歩を楽しみましょう!


posted by しっぽ@にゅうす at 07:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬は鮭(サーモン)を食べても大丈夫? がん予防にオススメ・骨に注意

ペトこと


鮭といえば私たちにとって朝ごはんの定番ですが、犬も鮭を食べて大丈夫なのでしょうか? 今回は、鮭に含まれれる栄養素や、がんや腎臓病などに効くと言われる成分、骨や生など気を付けること、手作りごはんレシピまで紹介します。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。

「Can Dogs Eat Salmon?」(American Kennel Club)
「アニサキスによる食中毒(アニサキス症)について」(厚生労働省)
目次 [閉じる]
1 サケとサーモンの違いは?
2 犬は鮭を食べても大丈夫! がんの予防にも
3 生の鮭や骨には注意を
3.1 アニサキスによる食中毒とは
4 犬に鮭の皮は大丈夫?
5 犬に鮭の白子は大丈夫?
6 もちろん味付けはNG
7 アレルギーには注意
8 犬を鮭に与える最適な量
9 もし犬に鮭を食べて体調を崩した場合の対処法
10 犬も安心の鮭を使ったおやつ
11 犬の鮭を使った手作りごはんレシピ
12 最後に
サケとサーモンの違いは?



鮭は、サケ科サケ属の魚で、正式名称はサケ、もしくはシロザケです。回転寿司やお刺身などでサーモン、トラウトサーモンと呼ばれているものはシロザケではなくサケ科タイヘイヨウサケ属のニジマスです。またベニザケ(ヒメマス)はサケ属ではなくサケ科タイヘイヨウサケ属の魚です。名称には歴史的な経緯があるため詳細は割愛し、同じ鮭類の魚として紹介します。

鮭は、消化・吸収に良い良質なたんぱく質が豊富で、脂肪分もEPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心のため、健康的な食材です。鮭に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、血中のコレステロールを抑えて血液の流れを良くする効果があります。これらはオメガ3脂肪酸と呼ばれます。人間だと、動脈硬化や血栓、高血圧を予防してくれます。ビタミンも豊富です。

鮭の赤い身は、天然色素の一種であるアスタキサンチンによるもので、この色素は体の中で有害な活性酸素を除去する働きをします。活性酸素は細胞を酸化させるため、細胞のがん化や老化を早めると言われています。そのため、鮭は人間にとって非常に健康的な食材なのです。では、犬にとってはどうなのでしょうか?

犬は鮭を食べても大丈夫! がんの予防にも



犬は鮭を食べても大丈夫です。良質なたんぱく質が豊富に含まれるとともに、鮭には炎症を抑える免疫作用があり、犬の毛質をつややかで健康的に保つ効果が期待できます。また、前述の通り活性酸素を除去し、オメガ3脂肪酸が含まれるため、犬にもがんの予防につながるとされています。実際にプレミアムドッグフードには鮭が含まれることが多いです。例えば、チキンのようなたんぱく質にアレルギーを持つ場合、鮭を使ったドッグフードは良い代替フードになるでしょう。

関連記事:【がん認定医が解説】 犬のガンについて〜症状・原因・種類・治療法など〜
生の鮭や骨には注意を

天然ものの鮭には、昨今話題になっている寄生虫「アニサキス」よる食中毒の心配があります。東京都感染症情報センターによると、アラスカ産の天然ものシロザケのアニサキス寄生率は100%だったそうです。ただ、刺し身として一般的に流通している鮭は養殖もので、寄生虫の心配はほぼありません。先ほどの調査でも養殖ものの寄生率は0%でした。また天然ものでも適切に冷凍処理されていればアニサキスは死滅しているので問題ありません。

アニサキスによる食中毒とは

厚生労働省が発表している報告によると、アニサキスは寄生虫(線虫)の一種で、サバやイワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類の内臓に寄生します。鮮度が落ちると内臓から筋肉に移動し、生の状態で食べることで、アニサキス寄生虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。人間だと嘔吐や激しい痛みを伴い、犬や猫にも同様の症状を起こす可能性があります。

養殖ものであれば生でも寄生虫の心配はありませんが、生の鮭にはビタミンB1分解酵素(チアミナーゼ、アノイリナーゼ)が含まれるているため、連日与えるとビタミンB1の欠乏が生じます。分解酵素は魚を煮たり焼いたりすると破壊されるため、犬に鮭を与える場合は生ではなく加熱調理したものを与えるようにしましょう。また、鮭には細かい骨があるため、骨が器官や胃腸に刺さってしまう可能性があります。そのため加熱調理だけでなく、細かな骨もきちんと取り除いてから与えてあげましょう。

参照:都内流通サケ・マス類からのアニサキスT型(Anisakis simplex)第3期幼虫の検出状況(東京都感染症情報センター)
犬に鮭の皮は大丈夫?

鮭の皮には、豊富なコラーゲンが含まれています。コラーゲンは関節の滑りを良くする効果があるため、犬にとっても安心で健康的な食材です。切り刻んで与えてあげると良いでしょう。

犬に鮭の白子は大丈夫?

鮭の白子は水分が80%で、たんぱく質が15%、脂質、炭水化物、ナトリウム、ミネラル、DNA(核酸)、プロタミンが含まれていますので、犬が食べることはできます。人においての話では、核酸もオメガ3脂肪酸同様に、がん細胞を殺すと言われています。また、プロタミンはアルギニンという成分が含まれ、インシュリンの分泌を活発にするため、糖尿病や腎不全などの腎臓病予防にもつながるとされています。

関連記事:犬の慢性腎臓病 | 症状や原因、治療・予防法など専門獣医が解説
もちろん味付けはNG

犬に鮭を与える場合は、何も味付けをせずに、茹でるか蒸すかして与えてあげましょう。鮭のフレークや缶詰など人向けに味付けされたフードは、塩分などが多く含まれているため、与えないようにしましょう。調理する場合も、油や塩、胡椒は使わないようにしましょう。なお、にんにくや玉ねぎは中毒症状を起こしますので厳禁です。

関連記事:【獣医監修】犬が玉ねぎを食べたけど大丈夫!? | 中毒の原因や症状、治療法を解説
関連記事:【獣医監修】犬がニンニクを食べたけど大丈夫? 中毒症状の原因と対処法
アレルギーには注意

鮭にはアレルギー成分が含まれています。ペトこと編集部スタッフの愛犬もアレルギーチェックをしたところ、鮭はNGとのことでした。アレルギーチェックは動物病院に依頼して2〜3万円ほどで受けられます。鮭など与えたことのない食材を与える場合、前もってアレルギーチェックしておくことをオススメします。もし与えてから皮膚に痒みなどが見られた場合、アレルギーの可能性があるため、動物病院に相談するようにしましょう。

関連記事:犬が痒がる原因は? アトピー性皮膚炎やアレルギーなど代表的な病気、その対処法を解説
犬を鮭に与える最適な量

どんなフードでも食べる量の管理は大切です。小型犬なら1日100g、中型犬なら1日200g、大型犬なら1日300gと、適量だけ与え、1週間に1回おやつのご褒美として、食べやすくするために水と一緒に与えるくらいが良いでしょう。基本的には、バランスの取れたプレミアムドッグフードにプラスアルファで与えることをオススメします。

もし犬に鮭を食べて体調を崩した場合の対処法

鮭の身自体に中毒成分はありませんが、普段食べ慣れていないものを食べた場合、体調を崩してしまうことがあります。また、骨などが刺さってしまうと嘔吐や下痢、腸閉塞を起こす可能性もあります。もし犬に鮭を食べさせて体調を崩した場合、早めに動物病院に相談しましょう。その際に、どのくらい、いつ鮭を食べて、どういった調理方法で与えたかをきちんと説明しましょう。

関連記事:犬が吐く(嘔吐)場合に考えられる原因と病気
関連記事:犬の下痢の原因は? 薬や病院に連れて行くべきかなど獣医が解説
犬も安心の鮭を使ったおやつ



鮭のジャーキーは骨や皮ごと食べられるので、おやつに最適です。安心の国産を基準に、鮭とばなど、健康なジャーキーを紹介します。




犬の鮭を使った手作りごはんレシピ

「豆乳に鮭を入れたベジスープ」


「サーモンとマグロの混ぜご飯」


「馬肉や鶏胸肉とサーモンの豪華ご飯」


最後に

犬にとって鮭は、皮まで健康的な食材です。ただし、骨とアレルギーには注意して食べさせてください。基本的に手作りごはんは栄養に偏りが出るため、獣医師にレシピを提案してもらったり、毎日栄養を考えられる方以外は、ドッグフードのトッピングやおやつとして与えてあげることをオススメします。人間にとって美味しい食材でも、犬にとっては危険な食べ物もたくさんあります。それらをきちんと理解した上で、楽しいペットとの食ライフを過ごしてくださいね!

関連記事:【獣医監修】犬が中毒を起こしてしまうNGな食べ物まとめ
オススメの鮭を作った手作りごはんを教えてください!
鮭を使った手作りごはんレシピを、#ペトこと犬部とタグ付け投稿してご紹介ください! 記事やペトこと犬部Instagramページで紹介させていただきます!


posted by しっぽ@にゅうす at 07:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする