動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年09月02日

保護猫がもたらす社会的メリット

ガジェット通信


猫を飼いたい時、ペットショップやブリーダーを選びますか?
保護猫を選びますか?

ここで、ペットショップやブリーダーで購入する場合と、保護猫を譲り受ける場合の将来的観測を考えてみました。

ペットショップやブリーダーで猫を購入するメリットといえば、血統証が付いてくるということ。トライアルがなく、購入を希望すれば、その場で持ちかえることが可能です。

しかしそれは、衝動買いを促しもします。小さくて、コロコロしてぬいぐるみのようにかわいくて、つい、つれ帰りたくなるでしょう。でも、そんなぬいぐるみのような時期はほんの僅か。子猫は2〜3カ月ですぐに大きくなりますし、いろんなものをかじったり破壊したり、暴れん坊です。ご飯をあげる回数も多く、病気にも脆弱です。予測できないことも起こります。飼ってみたら意外に大変で、根を上げたくなる方も少なくありません。結果、手放したり、遺棄につながったりするケースは多く見られます。

一方、保護猫を譲渡する団体などから譲り受ける場合は、全ての団体ではないでしょうが、トライアル期間が設置され、本当に飼育してみて大変かどうか?世話ができるのかどうか?考える時間があります。このトライアル期間で、思い直す方も今までの経験上、少なくはありませんでした。


そして、ペットショップや一部のブリーダーのように、売りっぱなしということもありません。

実際に起きた事例ですが、ペットショップから30万出して購入した猫の飼い主さんから、こんな相談を受けたことがあります。ペットショップで買った猫が病気を持っていた。動物病院に行ったら、慢性的疾患で、これから少なくとも毎月2万円かかり、それを飼い主はみていく必要があると告げられたそうです。

購入元のペットショップにそのことを告げたら、もう売ったのだから関係ないという態度をされた挙句、強面の従業員が出てきて半ば脅しのような威圧を受け、なくなく泣き寝入りされたそうです(あくまで当事者の受けた印象と証言です)。

猫を飼い始めて悩みが生じたら、保護団体は大抵相談にのってくれます。
渡しっぱなしではありません。


そして、保護猫を飼う人が増えれば増えるほど、ペットショップやブリーダーで高いお金を出して買う必要はないとの認識が高まると予測されます。大量繁殖大量処理になりやすいペットショップやブリーダーの存続自体を減らすことで、猫が置かれている環境を改善していける可能性があります。結果的に、命を大切にしようという機運が高まり、猫たちはもっと社会から大切にされる存在として、昇格できる可能性も大いにあります。

保護団体の多くは譲渡前、譲渡後に家庭訪問を行います。それは動物虐待の可能性をなくすことにとても役立っていると思います。どうしても子猫から育てたいのであれば、「ミルクボランティア」という、乳飲み子を預かって育てるボランティアに参加すれば、子猫を育てる機会はいくらでもあります。

ペットショップやブリーダーではなく、保護団体から譲り受けることにはこれだけのメリットが予測できます。

ペットショップやブリーダーを選んで、猫の幸せを考えることのない悪徳ブリーダーや引き取り屋の私腹を肥やすのか?それとも、保護猫の里親になることで、命に優しい社会を導く人になるのか?

猫たちが本当に喜ぶ道はどちらでしょうか?
あなたはそれを選ぶ自由が与えられています。
保護猫譲渡を選択する人が増えてくれることを願っています。


動物にも優しい社会を目指して!



著者:藤村晃子


posted by しっぽ@にゅうす at 06:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奄美のノネコ 殺処分も検討

Yahoo! JAPAN


来年夏の世界自然遺産登録を目指す奄美大島で、希少な野生動物を襲う野生化した猫=ノネコについて、環境省などが捕獲後に譲渡できなかったものを殺処分していく可能性を検討していることがわかりました。

奄美大島にはノネコが600匹から1200匹いると推定され、希少なアマミノクロウサギなどを襲っていることが、環境省などの調査でわかっています。

このため地元では住民団体やNPOなどが捕獲されたノネコの譲渡会を開いているほか、奄美大島の5市町村では、飼い猫の管理条例を改正し違反に罰則を科すなど、ノネコの殺処分を避けた対応を進めてきました。
しかし環境省などの関係機関では、来年夏の世界自然遺産の登録を見据え、早急な対応が必要だとしていて、捕獲後、譲渡できなかったノネコの、計画的な殺処分の可能性を検討しているということです。
殺処分を行うかどうかは、関係機関で慎重に議論して決めるとしています。

MBC南日本放送 | 鹿児島


posted by しっぽ@にゅうす at 06:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「突然の涙が止まらない」6割…ペットロス、幻覚や幻聴など深刻症状も 

産経ニュース


ペットを失った後、突然涙が止まらなくなる人が6割−。ペット向け保険を手がける「アイペット損害保険」(東京都港区、平成16年設立)が8月、インターネットを通じて実施したアンケートでこんな結果が出た。食欲不振になったり、幻聴や幻覚まで現れたりと、深刻なペットロス症状を訴える人も。ペットは「大切な家族の一員」という認識が改めて浮き彫りになった。(社会部 天野健作)

ペットロスの認知度は8割

 アイペットは、以前犬・猫と暮らしていて、犬・猫を失った経験がある30〜59歳の男女894人を対象に調査を実施した。

 「ペットロスという言葉を聞いたことがあるか」という問いに対し、「聞いたことがある」が48・7%で、「聞いたことがあり、意味も知っている」(31・3%)も含めると、認知度は80%になった。

 ペットロスの症状として最も多かったのは「突然悲しくなり涙が止まらなくなる」が60・3%で最多。次いで、「疲労感、虚脱感、無気力、めまい」(32・6%)、「食欲不振、過食」(13・2%)、「眠れない」(12%)、「幻覚、幻聴、妄想」(7・4%)の順になった。

 ペットフード協会によると、全国の犬と猫の飼育頭数は計約1979万匹(平成27年)に上る。ペットを失った悲しみはその数と同じだけあるとみられる。

会社を休み、眠れなくなる

 ペットロスの期間としては、「3カ月未満」が51%を占め、最も多かった。中には「外に出られなくなる」という深刻な症状が半年以上続いたケースも。

 ペットが死んだ後、仕事を休んだ人も9・9%に上り、中でも「ペットは子供のような存在」と回答した人の23・5%が、仕事を休むという結果になった。

 ただペットロスを自覚している人は53・3%で、自覚症状がない人も多く、同社は「もっと周りが気遣ってほしい」と訴える。

 では、どうやってペットロスから克服するか。これについては「時間の経過を待つ以外にない」が60・7%。そのほか「お墓参り」(12・5%)、「悲しみを共有する」(5・6%)、「部屋の模様替え」(5・1%)、「形見をつくる」(5%)などがあった。

 ただ、ペットロスを経験した人は、別のペットを飼うという決断に至りにくいようだ。「死別などつらい思いをしたくないから」として40・7%が新たなペットを飼っていない。

ペットのため忌引休暇

 こうした調査結果について、同社は「あまりの悲しさに、『二度と飼わない』と考える人も、『また一緒に暮らしたい』と考える人も、きっと大切なペットととてもすてきな時間を過ごされていたのではないでしょうか」と分析している。

同社は昨年7月から、ペット(犬、猫、鳥、ウサギ、フェレット)と一緒に暮らす社員を対象に特別な福利厚生を導入している。具体的には、ペットを失った社員は、親族と同様に「忌引休暇」(最長3日間)の取得が可能。さらにペットと一緒に暮らす社員に、1年につき2日間をペットと過ごす「ペット休暇」も導入している。

 同社によると、制度導入後1年たち、今年7月末までに、対象者約100人中、3人が忌引休暇を、21人がペット休暇を取得し、同社は「有給休暇などがある中、ペットのための制度は活用されている」としている。



 ペットロス症候群 ペットを失った(ロス)後、精神や身体に起こるさまざまな症状。ペットとともに過ごし培われた愛情が、ペットの死で突然行き場を失ってしまうことで、引き起こされるとみられている。ショックを感じるのは普通の人なら当然の症状だが、生活に支障をきたすほど深刻な場合もあり、ペットへの依存度が大きい人ほどそうした傾向にある。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:20 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬を飼うときに覚悟しておきたい『3つのこと』

ネタりか


大型犬を飼うときに必要な覚悟とは!?

ゴールデンレトリーバー

小型犬でも大型犬でも、犬を飼うときにはたくさんの覚悟が必要になります。
最もツライことは「愛犬との別れ」でしょうか。

とても長生きをした犬の中には20歳を超えた犬もいますが、ほとんどの犬の寿命は十数年です。
十数年は一緒にいられるだろう、そう思っていたけれど、事故や病気などによって早い別れになってしまうこともあります。

犬を飼うときに最も必要な覚悟は愛犬との別れだと私は思っています。
そして、どんなに健康で元気な犬であっても、介護が必要になる場合もあります。

大型犬は歴史的に改良されている

小型犬は家庭犬としてや愛玩犬として小さく改良されている犬が多いため、私たち人間が飼いやすい犬種が多いように思いますが、中型犬や大型犬、特に大型犬の場合は小型化という改良をされていない犬種が多いです。

闘犬として改良されている犬や、猟をするための犬として改良された犬もいます。
大型犬は、私たち人間の役に立つようにと歴史的に改良された犬が多いのです。

狩りや護衛や番犬や闘犬としての能力が高い大型犬の場合、とても高いエネルギーを持ち、体力にも身体能力にも優れています。

その本能を発揮してしまうことによって、私たち人間を悩ませることもありますし、抑制する必要がある場合もあります。

1.犬に毎日、運動をさせてあげる

ラブラドール・レトリーバー

大型犬はとても高いエネルギーと体力と身体能力を持っています。

運動不足である大型犬は肥満になるリスクがとても高く、ストレスによって精神疾患を患ってしまう犬もいます。
また、関節の病気やホルモンの病気を発症するリスクも高くなってしまいます。

ストレスから事件になる事も

庭の檻の中に入れられたまま運動もさせてもらえず 飼い主が檻を開けた瞬間に脱走し 人や犬を襲ってしまった、なんていうニュースを目にしたりもしますが、十分な運動をさせてもらえずにいたことが最も大きな原因なのです。

うちには体重15kgの中型犬の男の子がいますが、朝と夜に1時間ずつのお散歩が欠かせません。
中型犬でさえ、これくらいの運動を必要としますので、運動が不十分であった日はとても機嫌が悪いです。

大型犬と一緒に運動をすることは人間にとって大変な場合もありますが、思いっきり運動させてあげる事ができるドッグランを利用するという方法もあります。

2.犬のしつけをしっかりとする

ジャーマン シェパード ドッグ

しつけが不十分であったために「悪い犬」になってしまうことがあります。
犬に悪い犬はいませんが、悪い犬にしてしまう人間はいます。

ドーベルマンやシェパードなどの軍用犬として活躍してきた大型犬の場合、しつけ教室やトレーニングスクールなどで十分なしつけを行い、家庭犬として暮らしていけるようにしてあげる必要があります。

どんなに体力に自信のある人間でも、大型犬の力には太刀打ちできない場合があります。
飼い主さんに服従し、確実に指示を聞けるようにしてあげることが社会問題を起こしてしまわないためにも必要なのです。

3.犬にかかる経済面を把握する

ロットワイラー

大型犬は、食事代もワクチン代も治療費も高額になりやすいですし、病気やケガをした際の手術代には莫大な費用が必要になる場合もあります。

小型犬も同じですが、愛犬のための貯金をしておく必要や医療保険に加入しておく必要があるのではないでしょうか。

犬のための医療保険に加入していない場合、医療費の全てを飼い主さんが負担しなければならないため、いざという時に数十万円の費用を負担する事ができるように準備しておく事が必要なのです。

まとめ

バーニーズマウンテンドッグ

大型犬には小型犬にはない魅力がたくさんあります。
運動をすることが大好きな人にとっては、大型犬と一緒に思いっきりカラダを動かして遊ぶ事が楽しみだという人もいらっしゃると思います。

そして、犬本来の姿を持った大型犬に魅力を感じている人もいらっしゃると思います。
しかし、その本能や特徴をしっかり把握しておく必要があり、抑制する必要がある場合もあります。

大型犬と暮らすためにはたくさんの覚悟が必要であり、小型犬と比べると、食費や治療費などの経済的な負担・運動をするための時間・飼うためのスペースなど、たくさんの負担もあるでしょう。

大型犬に憧れを持つ人もいらっしゃると思いますが、小型犬以上にたくさんの覚悟が必要であることを理解し、大型犬本来の持つ能力や本能を把握し、犬も人も楽しい暮らしができるようにしたいですよね。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドア付き網戸でネコも快適! 特殊なネット使用し半永久的に使用可能

Yahoo! JAPAN


【住まいの処方銭】ネコに優しい住宅

 暑い夏。人間もツライのだから毛皮を着たネコはさぞかし暑いだろう。

 人間が外出する際には防犯上、窓を閉めざるを得ない。それにより、留守番のネコは暑さに苦しむことになる。エアコンをつけっぱなしにする方法もあるが、気温がそれほど上がらない日はむしろ、風通しをよくしたほうがネコも快適かもしれない。

 窓を開けて外出したいときには、長尾木鋼(愛知県北名古屋市)のペット対応網戸「SOLID−FLOW(ソリッドフロー)」を用いる方法がある。ペットを飼っているシニア層を中心に人気の製品だ。

 網戸部分に特殊なネットを使用しており、ナイフやハンマーでも破れない高い強度をもつステンレスメッシュ製。半永久的に使用できる。ネコがガリガリひっかいてもキズがつきにくく、破れにくい。

 また、防犯性のあるカギが網戸についているので、窓を開けたまま外出できて、ネコは自然の風を感じられる。さらに、戸車が外れにくい構造で、網戸を強くひっぱっても大丈夫だ。

 ほとんどの窓に設置可能な特注製品で、注文から約2週間で、自宅に設置しにきてもらえる。全国対応だ。

 鍵のついた防犯性能の高い「SOLID−FLOW」は、幅620×高さ2250ミリで9万5000円(税込み)。さらに、今年4月から販売をはじめたお手軽価格の「SOLID−FLOW Light(ソリッドフロー ライト」もある。

 幅670×高さ2050ミリなら4万3200円(税別)。鍵はついていないが、網の耐久性や防虫性能はそのまま。同ライトには、オプション(3000円、税別)で、ペットや子供が網戸を動かし、そのままにしてしまうことを防ぐ簡易網戸ストッパー(防犯機能はない)もある。

 いずれも配送代、施工費別途。詳細な価格は発売元へ問い合わせを。

 なお、ペットドアを別途取り付け可能。ネコの自由度が増す点もネコに優しい。オプション対応でプラス1万円前後から。(不動産・住生活ライター 高田七穂)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする