動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年09月14日

日本ハム、犬猫の新しい飼い主探すNPOと共同企画

Yahoo! JAPAN


日本ハムは20日からの動物愛護週間に先駆けて、16日から18日のオリックス3連戦(札幌ドーム)でNPO法人「HOKKAIDO しっぽの会」(北海道・長沼町)と共同企画を行う。

 同会は北海道内の自治体から行政処分される犬猫を引き取り、新しい飼い主を捜して譲渡を行っている。3連戦では、活動内容を紹介するパネルの展示やオリジナルグッズの販売などを実施する。

 また、日本一終電が早い新十津川駅の“駅長”ララちゃん(柴犬)が16日の試合前にグラウンドに登場する予定。

 応援するブランドン・レアード内野手(30)は「私も、犬を飼っています。たくさんの犬猫が殺処分されるのは、とても悲しいことです。飼いはじめたら、愛情をもって最後まで飼い続けてほしいです。罪のない動物たちの命を救えるように、活動に協力していきます」とコメントした。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:46 | しっぽの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

減らない県庁のネコ “しつけ”で引き取り少なく

Yahoo! JAPAN


山梨県庁にたくさんの野良ネコが住みついている問題で、県はネコの引き取り手を探すなどの対策をしてきた。しかし、ある理由から今も20匹以上が居ついたままだ。

 山梨県庁の敷地内でくつろぐ猫。13日も6匹を確認した。半年以上も前から県などが対策を行ってきたが、今もなお、20匹以上が住みついているとみられる。猫が芝生を荒らしたり、餌(えさ)を与える人がごみを放置するなどの被害が絶えず、県とボランティア団体は、これまでに26匹の野良猫を捕獲、去勢手術を行った。その後、再び県庁の敷地に離し、引き取ってくれる新たな飼い主を探している。
 地元の人:「ほらきた、シロキジ君。人間に飼われていたら冬は暖かいし、幸せだろうと思う」
 しかし、現在、飼い主が決まっているのは26匹中わずか5匹だ。実は、引き取り手が少ないのにはわけがある。
 地元のボランティア団体・益田陽子さん:「猫が欲しい、迎えたいという人は子猫が非常に人気がある。大きくなると、なかなか懐かないので(飼い主を探すのが)難しい」
 つまり、野良猫は基本的なしつけができていないので、飼いたいと思う人が少ないというのだ。野良猫は人から餌をもらうことを警戒して懐きにくいケースも多いという。県と団体は、今後も猫の捕獲やしつけを行うなどし、飼い主を探していきたい方針だ。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティア活動の“わんわんパトロール”で犯罪率が低下

Yahoo! JAPAN


ランドセルを背負った子どもたちと、抜きつ抜かれつしながら歩く、かわいらしい犬たち。一見、ごく普通のお散歩風景に見えるけれど、こう見えて彼らは、お仕事真っ最中なのである。

「ぼくたちは“わんわんパトロール”の隊員だから気を抜けないんだよね。ほらみんな、車に注意してね!」

“わんわんパトロール”とは、犬たちの散歩をしながら子どもたちの安全を見守るという活動。ここ調布市ではビッツをはじめ、120名ほどの飼い主が参加しているという。

「犬はお散歩するのが日課だから、無理なく活動できるのがいいよね」

 調布市では隊員の目印として、バンダナとバッグを配布。「身に着けることで、この地域は防犯の意識が高いってことをアピールできるから、結果的に犯罪率が低下するんだって。楽しくお散歩するだけで役に立つなんてうれしいな」

 パトロールの時間は特に決まっておらず、コースも自由。ビッツの場合、

「朝は子どもたちが登校する8時前後にお散歩するようにしてるんだ。夕方も、できるだけ下校の時間に合わせるようにママが気を配ってるよ」

 夏休み明けで学校に行くのがちょっと億劫な子どもたちも、かわいい見守り隊と一緒なら楽しく元気に通えること間違いなし!

“わんわんパトロール”は、犬の散歩をしながら防犯に貢献するボランティア活動。全国各地に広がっているので、愛犬と参加したい場合は区や市に問い合わせを。

【プロフィール】
名前:ビッツ ♂
年齢:8歳 種類:犬(トイプードル)
勤務先:調布市総務部総合防災安全課生活安全係
職種:わんわんパトロール隊員
主な仕事内容:お散歩しながらパトロールして、地域の安全を守る。
お給料:パパの晩酌の、おつまみのお裾分け。 お肉が大好き!!
好きなこと:とにかくパパが好き。パパと一緒にいれば幸せ!
嫌いなこと:パパの機嫌が悪いこと。
現在の悩み:夏は毎日暑くて、お散歩の時間が限られること。
将来の夢:いつまでも元気にわんわんパトロールを続けたい!

撮影/山口規子

※女性セブン2017年9月21日号
posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良いペットショップ・悪いペットショップの見極め方

ネタりか


『良いペットショップ』と『悪いペットショップ』とは?

動物たち

ショーケースの中に入れられた子犬たちを見て、とても驚く出来事がありました。

✔狭いショーケースの中は、おしっことうんちだらけ
✔子犬のお尻にウンチがこびりついている
✔子犬のカラダがおしっこでびしょ濡れになっている
✔毛はボッサボサのまま
✔目ヤニがたくさん付いている

など、全くお手入れをされた様子がありませんでした。

「この子たちは大切にされていないのかしら…」そんな気持ちでとても切なくなりました。

店舗の外にあるドッグランには親犬たちがいたのですが、とても汚らしく、お手入れをされている様子がありませんでした。

これは、確実に『悪いペットショップ』の例なのではないでしょうか。

良いペットショップと悪いペットショップの見極め方とは?

柴犬の子犬

実店舗を持つペットショップにとって、お客様とのトラブルは信用を失ってしまうことにもなりますし、直接ブリーダーから仕入れる場合も、競り市で仕入れる場合も、業者から仕入れる場合も、利益以上にブリーダー選びは重要なことです。

良いペットショップなのか、悪いペットショップなのか、見極めたい場合には、これからご紹介する「質問」をしてみてください。

質問1.「この子犬はどこから来たのですか?」

✔良い答え→「○○というブリーダーさんからです」
✔悪い答→「わかりません」

どこから仕入れたのか、答えることができないなんて大問題です。
答えたくないのか、情報の共有ができていないのか、「アルバイトだから聞かされていません」では信頼できないお店だと判断して良いと思います。

質問2.「どちらのブリーダーさんですか?」

ブリーダーさんから仕入れたという場合、そのブリーダーさんに関する情報を聞きます。
犬舎の住所や連絡先など、細かく聞いて、インターネットで調べてみましょう。
インターネットで調べることができない場合には、電話してみても良いと思います。

質問3.「いつこのお店に来ましたか?」

生後49日以降に来た子犬であることが一般的なのですが、それ以前であれば「動物の愛護及び管理に関する法律」の違反になります。

質問4.「抱っこしてみても良いですか?」

子犬を触らせてもらう場合や抱っこさせてもらう場合、お客様に手の消毒をお願いするペットショップは良いペットショップです。
また、抱っこした子がどんな性格で普段どのように過ごしているのか答えられるかどうかも確認してみてください。
答えられるお店は、普段から動物達の事をよく観察しているペットショップなのだと思います。

私が「良いペットショップだな」と感じたこと

ポメラニアンの親子

✔とにかく清潔感がある
✔販売している動物たちを大切にしている
✔いつでも相談に乗ってくれる
✔お誕生日に関するサービスがある

清潔感

お店の全てに清潔感があること、これはとても重要なポイントだと思います。
子犬たちの清潔や安全もしっかり守られているかどうかチェックしてみてください。
うちの愛犬のポメラニアンは長毛なため、子犬のときにも毛が汚れやすいのですが、お尻周りもしっかりとお手入れされていました。

販売している動物たちを大切にしている

犬・猫・鳥・うさぎ・ハムスター・魚・亀・スッポン・カメレオンなど、ペットショップにはたくさんの動物たちがいますが、全ての動物たちを大切にお世話しているお店はとても良いお店だなと思います。
犬が好きだから犬だけ可愛がる、そんな店員さんのいるペットショップに出会ってしまったことがあり、とても悲しくなりました。

いつでも相談に乗ってくれる

これは、実際に子犬を購入した後のことなのですが、犬と暮らすことが初めての人や、何か困ったことや不安なことがあった場合、親身になって相談に乗ってくれるペットショップはとても良いお店だと思います。
売りっぱなしのお店は、ペットショップだけでなく、どんなお店でも悪いお店だなという印象を持ってしまいます。

お誕生日に関するサービスがある

ポメラニアンとプレゼント

うちの愛犬のポメラニアンはペットショップから迎えましたが、毎年お誕生日にはお祝いのメッセージカードが届きます、もう6年目です。

何かをサービスしてくれることが嬉しいのではなく、今までに送り出してきた何百頭ものポメラニアンのうちの一頭であるうちの子を覚えていてくれることが嬉しいんです。

トリミングをお願いするわけでもなく、何か買い物をするわけでもなく、ただ「元気な姿を見てもらいたいな」という思いだけで会いに行くのですが、お誕生日のプレゼントまでいただき、店員さん皆さんに抱っこされ、可愛がっていただき、生まれた日の話をして下さる店員さんがいたりなど、とても大切にされていたこと、今も大切に思っていただけていることがとても良くわかります。

まとめ

ポメラニアンの子犬

いかがでしたでしょうか。
良いペットショップと悪いペットショップの例を挙げてみたのですが、みなさんが実際にペットショップへ行ってみて、店員さんと接してみて、少しでも「嫌だな」という気持ちになってしまったのであれば、そのお店はやめておいた方が良いと思います。

子犬や親犬がどのような環境で飼育されているのか、どんなブリーダーさんや業者さんから仕入れたのか、犬や動物たちに対する姿勢や思いはどうなのか、みなさんが気になる点をしっかりチェックし、見極めましょう。

しつけの相談などアフターケアをして下さるペットショップはとても良いと思います。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間の手を怖がる犬への接し方とリハビリの方法

ネタりか


犬のハンドシャイ

撫でようと手を出した途端、避けたり、逃げたり、怖がったり、緊張したり、はたまた威嚇したりする犬がたまにいることがあります。

このように人間の手に対してものすごく神経質になっている犬の事を、専門用語で、『ハンドシャイ』と言います。

犬が撫でられるのを怖がる原因

怖がるチワワ

ハンドシャイの犬は、人間、つまり飼い主が感情的に犬を叩くことによって生まれます。その時に人間が感情にまかせて、自身のイライラをぶつけてしまうと、犬は人間の手を怖がるようになります。

叱るということは、その犬の将来を考えて注意することです。怒るということは、漢字を見ていただいても分かるように、「心」が入っています。つまり感情が伴って、その感情をぶつけてしまうことです。

犬は人の感情を読みとる

犬を扱う職業に付いている者の一人として、犬と相対する時には「平常心」でなくてはならないと教わります。平常心とは、普段と変わらない心、気持ちを指します。

人間が焦っていたり、イライラしていたり、不安だったり、緊張だったりの感情を、犬はとてもよく読み取ります。そのような心理状態の時は、犬が全くこちらの言うことを聞いてくれない、ということもよくあります。

また、こちらが平常心で犬を扱うと、暴れていたり、噛みつく可能性のある犬でも、落ち着いてこちらの言うことを聞いてくれることもあります。

バイオフィードバック

バイオフィードバックという言葉もあります。これは簡単に言うと、人間が興奮していると、その感情を犬が読み取り、興奮し、人間が落ち着いていると、その感情を犬が読み取り犬も落ち着いてくるというものです。

その為、褒める時も、叱る時も「平常心」でなくてはいけないのです。

感情で怒らない

人間ですから常に平常心でいるということは、なかなか難しいことではありますが、犬にとって飼い主は、生活の全てに等しいものです。飼い主がいなければ、ご飯も食べることはできないし、散歩に行くこともできません。

具合が悪くても病院へ一人で行くこともできません。生活のすべてを人間に依存している、わんちゃんを感情で怒ってはいけません。そして、人間の手は犬にとって、常に愛情を与えるものでなくてはなりません。

撫でられる事を怖がる犬への接し方

優しく撫でられる犬

では、そのような犬に出会ったとき、どのように接してあげればよいか。まず、むやみやたらに触らないということです。

ハンドシャイの犬は言いかえれば、怖がりな犬です。怖がりな犬に、挨拶もそこそこにいきなり触れようとすれば、犬は嫌がります。

飼い主さんから犬の名前を聞いて、「○○ちゃーん」と呼んで触ろうとしても、犬にしてみれば、全く知らない人間が自分の名前を呼んできて、「お前誰だ?」という心理になります。

そのような犬の頭を撫でようと手を出した途端、避けられるか最悪の場合、威嚇から噛まれる可能性があります。

匂いを嗅がせる

どの犬もそうですが、初対面の犬の頭をなでようとした時、手の匂いを嗅がれることがあります。

それは、人間は見て犬を知っていても、犬にしてみれば、人間ほど視覚に頼って生活している生き物ではないので、臭いをかがないと誰だか認識できないからです。

余談ですが、闘病のため入院していた飼い主に、犬を合わせた時、(飼い主は闘病により痩せて、体格がすっかり変っていた)犬はその人がシルエットだけでは飼い主か分からず、おびえながら近づき、臭いを嗅いで飼い主と認識できたということがあります。

手の甲を嗅がせる

まず、目線を犬に合わせるためにしゃがんであげましょう。そして、犬の鼻先に握りこぶしを出して匂いをかがせます。

これは、万が一噛まれた時にケガを最小限にするためです。手のひらは手の甲と比べると柔らかいので、噛みつかれた時にケガが大きくなってしまいます。

この匂いを嗅がせる時に噛まれる可能性は低いですが、私は過去に噛まれた経験があります。シベリアン・ハスキーと秋田犬の雑種で、大型犬に近い大きさの犬でしたが、握りこぶしを出したときにそのまま、がぶっとやられました。

そのまま手を引くと、傷が裂けてしまうので、そのまま握りこぶしを押し込んで、犬に口を開けてもらい、離してもらいました。握りこぶしだったので、ケガは大したことがなかったのが幸いです。

喉から胸のあたりを撫でてみる

匂いを嗅いでくれたら、そのまま喉から胸のあたりをなででやります。そこの部分は犬にとって気持ちいい場所の一つでもあるので、なでさせてくれると思います。

犬のハンドシャイのリハビリ法

撫でられるのを怖がる犬

人間の手は怖くないんだということを教えるために、飼い主は平常心で犬に接することです。そして、絶対に感情的に犬を怒って叩かないこと。これにつきます。

しかし、劇的に改善するわけではありません。時間をかけて根気よく、教えてあげてください。また、上から降ってくる手を怖がるので、なでる時は喉から胸のあたりをなでてあげてくださいね。

まとめ

撫でられる犬

いかがでしたか。ハンドシャイの犬は飼い主が原因であることがほとんどです。愛犬がハンドシャイにならないように、飼い主は平常心が試されていますよ。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする