動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年10月11日

マダニ媒介ウイルス ペットの犬から人に感染 国内で初

NHK


マダニが媒介するウイルスによる感染症が相次ぐ中、ことし6月、徳島県の40代の男性がペットの犬からウイルスに感染していたことがわかりました。マダニが媒介するウイルスがペットの犬から人に感染したことが確認されたのは国内で初めてです。
厚生労働省によりますと、ことし6月上旬、徳島県に住む40代の男性がペットの犬の体調が悪くなったため動物病院を受診したところ、マダニが媒介するウイルスによる感染症、SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」を発症していたことがわかりました。

さらに飼い主の男性も6月中旬に体調不良となり、その後の検査でマダニが媒介するウイルスに感染していたことがわかりました。男性にはマダニにかまれた痕跡はなく、厚生労働省は男性はペットの犬からウイルスに感染したと断定しました。

厚生労働省によりますと、SFTSは4年前に国内で初めて確認され、これまでに303人が発症し、このうち59人が死亡していますが、ウイルスがペットの犬から人に感染したことが確認されたのは国内で初めてだということです。男性とペットの犬は現在はともに回復しているということです。

厚生労働省は体調不良のペットとの過剰なふれあいを控え、ペットの体調が悪い場合は直ちに動物病院を受診するよう呼びかけています。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マダニ感染症、「犬から人に」…国内初確認

読売新聞


マダニを介してうつるウイルス性の「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)を発症したペットの犬から飼い主が感染したと徳島県が10日、発表した。


 犬から人への感染が確認されたのは国内で初めてという。飼い主も犬も症状は回復している。

 徳島県によると、感染したのは県内に住む40歳代の男性。6月上旬、飼っている雑種の雌犬(4歳)に発熱や血便などの症状が表れ、動物病院を受診した。SFTSを疑った獣医師が専門機関に検査を依頼し、SFTSと診断された。

 男性も当時、同様の症状で体調を崩しており、国立感染症研究所(東京)で9月に血液を調べたところ、SFTSに感染していたことを示す抗体が検出された。

 男性にはマダニにかまれた痕跡がなく、犬になめられるなどしてウイルスが体内に入ったとみられる。

 徳島県は「発症した犬の唾液やふん便にウイルスが混ざっている可能性もあり、過剰な触れ合いは控えてほしい」と呼びかけている。

2017年10月10日 20時19分 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の社会化不足と問題行動 1/3:攻撃性と分離不安

ネタりか


犬の社会化とは何か

散歩中の柴犬

犬の社会化とは、犬が生活する環境に慣れることを言います。犬が直面することになる状況も含み、家の中での出来事や、外で遭遇する全ての人や、犬や物に慣れておくことで、その対象を怖がらずにすみます。

例えとして、家の中での例を挙げてみます。掃除機、近所から聞こえる騒音、家族の人々などは、家の中で慣れておく必要があるでしょう。一方の屋外では、道路を走る車やバイク、通行人、走り回り大きな声を出す子供達、他人、他の犬、他の飼い主などがこれに当たるかと思います。生活環境によっては、違う項目にも慣れる必要があります。

こうした家の中や外で遭遇することは、犬にとって不自然なものばかりです。自然界には車やバイク、人間の子供、掃除機などはありません。特にこれらの対象物は、大きな音や振動を伴います。一般的に動物はこのような刺激に恐怖感を抱きます。社会化が成功し、慣れておけば、怖がる心配はありません。

社会化をしっかりと行っておくことで、犬は生きる環境に慣れることができます。慣れていれば、いちいち不安や恐怖心に駆り立てられることもなく、安心して暮らすことができるようになります。外で会う犬や人は、皆友達であり、仲間であるという認識を持たせることで、多くの問題行動を予防できます。

犬の社会化不足と攻撃性

吠えている犬

攻撃性の7割は不安や恐怖からくると言われています。社会化が不足していると、慣れていないものに嫌悪感や不安、恐怖を抱きます。最初のうちは、少し怖がっている程度の仕草を見せるのみですが、これは多くの場合で飼い主は気づけません。飼い主が気づく頃には、かなり怖がっていて、それはすぐに攻撃性となり、吠え掛かる、噛み付くなどの行動に発展します。

社会化不足が全ての攻撃性の原因ではありませんが、性別を問わない他の犬への攻撃性、飼い主以外への攻撃性、車やバイクへの攻撃性、外の子供達などへの攻撃性の多くは、社会化が不足することで発生します。

攻撃性が同性の犬や、特定の犬種タイプに限定されている、飼い主や家族への攻撃性の場合は、育て方や、今までの経験、遺伝的要因が疑われます。この場合は、社会化を適切に行っていても発生します。

犬の社会化不足と分離不安

外を眺めている犬

社会化不足が分離不安と関連すると聞くとピンとこない人もいるかと思います。しかし、分離不安などの種となる不安傾向は、社会化が不足すると加速されてしまいます。この場合も社会化不足だけが原因ではありませんが、要因の一つとなってしまいます。また、社会化不足の場合、外の世界や、他者は敵と捉えることもあります。

こういう個体の場合、唯一安全で安心できるのは、飼い主と家だけということになります。ここで、飼い主が家から離れると、犬は強烈な不安に駆られ、分離不安が発症します。分離不安には適切な行動療法がありますが、治療を完全に終わらせるには、行動療法の後の社会化が有効となります。

犬の社会化不足と鋭敏化

何かに恐れている犬

犬にとって怖いものが多い状態にあると、犬はあらゆる刺激に敏感になっていきます。これも徐々に進行することが多いため、飼い主が気づく頃には怖いものだらけのストレスフルな状態になってしまいます。こうして神経がどんどんと鋭くなっていくことを「鋭敏化」と言います。些細な音にもビクッと反応することや、インターフォンに吠えて制御不能になるのも社会化不足による鋭敏化と言えるでしょう。

鋭敏化は、我々も体験したことがあります。それが“お化け屋敷”です。お化け屋敷に入り進んでいくに連れ、どんどん神経過敏になり、アトラクションのお化けのいないところでも驚いたり、怯えたりします。平常に見ればなんてこともないお人形でも、血相を変えて逃げだしたりもします。人を含む多くの動物は、こうした命に関わるような環境に置かれると直ちに鋭敏化が起こります。この能力のお陰で、危険を一早く察し、危険から回避することができます。しかし、この鋭敏化が度を超え、慢性的になると、ストレスフルな生活になってしまうでしょう。

まとめ

走っている犬たち

社会化が不足すると、犬はストレスフルな生活を送ることになります。怖がる物や生き物が多いため、散歩をしていても気が張りつめていて落ち着けません。外は怖いものだらけでリラックスすることができません。そしてこれらの不安が不安行動となり、場合によっては分離不安へも発展してしまうかもしれません。不安や恐怖が強ければ、攻撃性へも発展してしまいます。このために犬の社会化が重要だとされています。社会化は、犬にとって生きる環境が安全だという認識を持たせることにあります。社会化がされた犬は、怖がることも減り、不安や恐怖に晒されずにすみます。これは多くの問題行動の予防になります。

次回からの記事では2回に分けて、社会化の仕組みと実践の方法をご紹介いたします。 


(ドッグトレーナー提供:ドッグビヘイビアリスト 田中雅織)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:21 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の鑑札、きちんとわんちゃんにつけていますか?

ネタりか


犬の鑑札、注射済票について

ハートの札を着けたチワワ

厚生労働省の公式ホームページには、このような記載があります。


@ 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
A 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
B 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること

厚生労働省の公式ホームページ

犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務であり、上記内容が法律によって義務付けられています。

なぜ、鑑札を装着しない飼い主さんが多いのか?

肉球のチャーム

「犬の鑑札を飼い犬に装着すること」が法律によって義務付けられているのですが、実際に鑑札を着けた犬を見かけたことはほとんどありません。

理由としては

✔室内犬で、お散歩に行くとき以外は首輪もハーネスも着けないから
✔家でしっかり保管してあるから大丈夫だと思っている
✔鑑札を着ける意味を分かっていないから
✔鑑札を着ける必要はないと感じているから

など、鑑札の大切さを理解していない飼い主さんもいらっしゃるようなのです。

なぜ、鑑札を着ける必要があるのか?

骨のチャームを着けたレトリーバー

「犬の鑑札を飼い犬に装着すること」が法律によって義務付けられているから、というのが最もな理由です。そして、愛犬のためにも大切なことなんです。

愛犬が迷子になってしまったとき

迷子の犬

もしも愛犬が迷子になってしまったとき、鑑札を装着していることによって、鑑札に記載されている内容から確実に飼い主さんの元に帰ることができます。

「うちの子は逃げ出しりしないし迷子になることはない」そう思っている飼い主さんも多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、「トリミング中に逃げ出してしまった」「雷に驚いて家を飛び出してしまった」「お散歩中にリードが外れていなくなってしまった」「お出掛け中に車から飛び出してしまった」など、悲しいお知らせを目にすることがたくさんあります。

いつ何が起こるか分かりませんし、もしもの時に鑑札を装着していれば、確実に飼い主さんの元に帰ることができるんです。

トリミング中は首輪やハーネスを外すことが当たり前なのかもしれませんが、私は動物病院でトリミングをお願いしており、トリミングの邪魔にならない程度の細い首輪に鑑札を着け、装着したままトリミングをお願いしています。

犬鑑札が満たすべき要件について

青いチャームを着けたピットブル


@ 耐久性のある材料
A 首輪、胴輪などに装着できる
B 「犬鑑札」の文字(見やすい色、12ポイント以上の字さ)
C 登録番号
D 都道府県名または都道府県名を特定できるものとして厚生労働大臣が定める文字、数字等
E 市区町村の名称を特定できる文字、数字等
(デザインはFまたはGのどちらかを満たしているもの)
F 上記要件を満たす範囲内で市区町村長が決定するもの
G 短径15mm以上で短長径比5:7の楕円形、または短辺15mm以上で短長辺比3:4の長方形

厚生労働省の公式ホームページ

各市区町村において現在交付されている鑑札・注射済票の様式(デザイン)例

下記5つの市区町村において現在交付されている鑑札・注射済票のデザインが厚生労働省の公式ホームページで確認することができます。

✔都道府県
✔政令指定都市
✔中核市
✔保健所設置市
✔特別区

厚生労働省の公式ホームページ

うちの市では、犬鑑札は肉球のデザイン、注射済票は骨のデザインです。20数年前ですが、一代目の愛犬が装着していた犬鑑札と注射済票のデザインはとてもシンプルで長方形のものでした。

今はデザインがとっても可愛くて有り難いです。

肉球・骨・ハート・犬、この4つのデザインを採用している市区町村も多く、最も多いのは楕円形または長方形です。

素材は、ステンレスが多く、プラスティック・アルミニウム・シール・ポリエステル繊維・チタンなどがあります。ステンレス製の犬鑑札に注射済票のシールを貼る、という地域もあるようです。

まとめ

たたずむポメラニアン

犬鑑札を装着していることで最も大きなメリットは「迷子になったとき、確実に飼い主さんの元に帰ることができる!」ということなのではないでしょうか。

逃げ出したり飛び出したりして迷子になってしまう犬が多く、ほとんどが犬鑑札を装着していません。
トリミング中などやむを得ない場合もありますが、犬鑑札は愛犬と飼い主さんを繋ぐ大切な役割を持っているんです。

現在の日本では狂犬病は発生していませんし、まん延の危険もありません。そのためか、狂犬病に対する危機感があまりない飼い主さんも多いようです。

狂犬病予防接種や犬鑑札・注射済票の装着は、狂犬病予防のためだけではなく、大切な愛犬を守る全てに繋がっていると思います。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽田空港 預けた犬逃げ回り一時滑走路閉鎖 14便に影響

NHK


9日午前、羽田空港で、日本航空が乗客から預かった飼い犬が、滑走路の周辺を40分余りにわたって逃げ回り、旅客機が着陸をやり直すなど、合わせて14便に遅れなどの影響が出ました。日本航空は犬が入れられたかごを預かった際に、ネットで覆う作業を怠っていたということで、「再発防止をはかりたい」としています。
国土交通省東京空港事務所によりますと9日午前8時50分ごろ、羽田空港で、乗客から預かった飼い犬を、駐機場で那覇行きの日本航空907便に積み込もうとしたところ、かごから犬が逃げ出しました。

逃げた犬は、大型のプードルでペット用のかごに入れられていましたが、日本航空によりますと対応した従業員が社内のマニュアルどおりに、かごをネットで覆う作業を怠っていたということです。

犬は羽田空港のA滑走路を横切るなど、周辺を40分余り逃げ回ったあと、飼い主の協力も得て保護されました。

この影響で、羽田空港ではA滑走路が2回にわたり、合わせて6分間閉鎖されたほか、旅客機が着陸をやり直すなど、合わせて14便に遅れなどの影響が出ました。

日本航空は「ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。今後、基本手順を徹底し、再発防止をはかってまいります」とコメントしています。
犬の「逃走ルート」は
国土交通省東京空港事務所によりますと、逃げた飼い犬は、羽田空港のA滑走路を2度横切るなどして、40分余りにわたって走り回ったあと保護されたということです。

犬は9日午前8時55分に羽田空港を出発し、那覇空港に向かう日本航空907便に積み込まれる予定でしたが、その出発前の午前8時48分、飛行機が駐機していた第1旅客ターミナルビルの8番スポット付近から逃げ出しました。
そして、空港のA滑走路を2度横切ったほか、滑走路わきの草地に座り込むこともあったということです。

空港事務所の職員などは、第1旅客ターミナルビルの北側にある24番スポット付近まで犬を追いかけたあと、飼い主にも協力してもらい、逃げ出してから40分余りあとの午前9時31分に保護したということです。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:17 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする