動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年10月12日

犬猫の殺処分0へ、宮本亜門さん「生体販売禁止」訴え

Yahoo! JAPAN


約450匹。これは平日に日本で殺処分される犬猫の数だ。人とペットはどのようにすれば共生できるのか。殺処分ゼロを目指すTOKYO ZEROキャンペーン呼びかけ人の宮本亜門さんは、「生体販売をやめてほしい」とペットショップに訴える。(聞き手・池田 真隆=オルタナS編集長)

――英国やドイツなどヨーロッパでは、ペットを飼うとき、ブリーダーや保護施設から引き取ることが一般的です。ですが、日本では生後間もない犬猫がペットショップで売られています。

日本はモノで溢れた便利な国ですが、使い捨てを繰り返す残念な先進国でもあります。使い捨てが当たり前になり、命あるペットも、まるでモノとして扱うようになってしまいました。

店頭で蛍光灯に照らされている犬の光景など、海外では見たことがありません。ペットショップの存在が悪いわけではなく、生体販売だけやめてほしいです。

ペットを手軽に購入できるようになるほど、大量に生産するようになります。その結果、大量破棄につながってしまう。先進国として大変恥ずべきことだと思います。「かわいい」からと、ノリで購入することを避けなければいけません。

――生体販売をなくして、ペットショップにはどのようなことを望みますか。

ペットショップに犬猫がいることは悪いことではないと思います。ただ売らないでほしい。保護施設に同じような犬がいますよとビデオか写真で見せてあげて、里親探しを手伝ってあげればいい。そして、ペットを飼うことの楽しさだけでなく、難しさも伝えてほしい。そうすれば、すごく素敵なペットショップができるはず。

震災や豪雨などの災害で被災犬も増えています。一匹でも殺されないために、蛇口の元から直していくことが大切です。

――宮本さんはこれまでに捨て犬や保護施設から引き取った犬を飼われています。

最初に飼ったのは、沖縄県で見つけた子犬でした。当時、映画「BEAT」の撮影中で、撮影隊と、人が行かないような崖に行ったとき、口を針金で結わえられて、カゴの上には石が置かれた状態で捨てられていた子犬がいたんです。

その子犬を引き取り、映画にちなんでビートと名付けました。慶応義塾大学でドッグ部を創設するほど犬好きだった父と育て、10歳で天国に旅立ちました。いまは、沖縄の保護施設から引き取った2代目ビートを飼っています。

どちらも沖縄で生まれたのですが、海で泳ぐことは苦手です。でも、ぼくがリフレッシュするために海に浮かんでいると、泳げないのに、流されていると思い込み、犬かきして必死に探しにきてくれます。

一度捨てられているからでしょうか。その目は、「もう捨てないで」と訴えているように思えました。

――TOKYO ZEROキャンペーンでは、東京オリンピック・パラリンピックが開催する2020年までに東京での犬猫の殺処分ゼロを目指しています。この目標を実現するために若者には何ができるでしょうか。

動物保護施設を訪問したとき、そこで働く職員が発した言葉が脳裏に焼き付いています。その人は、タバコを吸いながら一人うつむきながら休憩していて、近づくと、「本当はこんなことしたくないんだ」と胸の内を明かしてくれました。

保護施設が悪いわけでも、ペットショップの存在が悪いわけでもないと考えています。何度も言いますが、生体販売だけはやめてほしい。

若い人には殺処分の現場をちゃんと見て、その上でペットの飼い主になる意味を自分の頭で考えてほしいです。この日本のペット問題を変えていくために、若い人の意識変革が必要です。

ペットの飼い主が増えることは良いことです。どんどん飼ってほしい。ただ、ペットショップでは購入しないでほしいと切に願います。

TOKYO ZEROキャンペーンでは、東京を動物福祉先進都市にするために3つの取り組みを行っている。

一つは、「8週齢規制」の早期実現。生後8週間(56日)にも満たない子犬が平然と売られているが、幼すぎる子犬を生まれた環境から引き離すと、精神的外傷を負う可能性が高い。無駄ぼえや無駄がみなどの問題行動を起こしやすくなり、飼い主の飼育放棄へとつながってしまう。

二つ目は、動物愛護センターを「ティアハイム」的施設へすること。動物愛護センターに引き取られた犬猫は劣悪な環境で、殺処分までの時期を過ごすことが多いが、施設を改修し、一般の人が気軽に訪ねられる立地や建物に変えることを目指している。

最後の三つ目は、譲渡率の向上。2012年度の殺処分率は77.33%にも及び、現在も平日は一日で約450匹が殺処分されていることから、保護犬や保護猫と里親のマッチングを促進していく。

これら3つの取り組みを実現するために、オンラインでの署名活動を展開している。署名の提出先は、小池百合子・東京都知事や環境相。現在、10万人以上がこのキャンペーンに賛同している。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:08 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症になった犬との付き合い方

ネタりか


犬も年を取ると認知症になります。何だか最近様子がおかしい。徘徊や夜泣きをするようになった。そんな症状がみられるとき、認知症の可能性が考えられます。認知症になると犬は不安で思わぬ行動を起こします。

今回は犬の認知症と、認知症になった犬との付き合い方を考えてみたいと思います。

犬の認知症とは?

黒い犬

「認知症」とは、正確には「認知機能不全症候群」といいます。認知機能不全症候群とは、老化が原因で脳細胞が死滅(減少)し、それまで出来ていた行動ができなくなる、つまり認知機能が低下してしまう病気です。人間だけでなく犬や猫にも発症するといわれています。また、老化が主な原因のため、どんな犬も認知症になるリスクがあります。

症状

ソファーでくつろぐ犬

犬が認知症になると、これまで出来ていたことができなくなります。具体的には以下のような行動が見られます。

✔夜鳴きをする、吠える
✔トイレを失敗する
✔徘徊する
✔攻撃行動をする
✔寝たきりとなる
✔飼い主のことが分からない

対処法

人の手と犬

人間にしても、犬にしても、死滅した脳細胞はもとには戻らないのだそうです。そのため脳細胞の死滅が原因の認知症には、基本的には治療法がありません。病気になってしまってからの治療は難しいため、「認知症が発生する前」に脳の老化を防止することが重要なのだそうです。もちろん認知症が発症してからも、老化現象を更に進めないように対処が必要になります。

こららの認知症の発症、進行防止として、以下のような行動が推奨されています。

✔毎日の散歩コースを変える
✔歩く方向、歩く速度を変える
✔芸を教える
✔知育玩具で遊ばせる
✔マッサージをする
✔旅行など外へ連れ出す

これらは全て「脳を活性化」することが目的です。基本的に犬は同じ行動を好む傾向にあるようですが、若い頃から「脳を使うこと」自体を行動化しておくことが大切なのかもしれません。その他「抗酸化食品」や「抗酸化作用を持った食品」などを取り入れることも、推奨されているようです。

認知症になった犬との接し方

不安そうな犬

まず第一に飼い主さんが考えてあげなければならないのは、認知症になった犬は飼い主さん以上に「大きな不安や恐怖」を感じていることです。先に紹介した認知症になった犬の症状の中には、脳の老化が原因の問題行動だけでなく、これらの不安や恐怖が原因の行動も多く見られます。

実際にこれらの症状(行動)が起きた時、我々飼い主はどういった行動をすればいいのでしょうか。夜鳴きとトイレについて、具体的な対処法を考えてみましょう。

@夜鳴きをする、吠える

吠える犬

飼い主さんの生活に影響があるのがこれまでなかった「鳴き声」の問題ではないでしょうか。夜鳴きや意味もなく吠えているようなことがあれば、それは認知症になったことにより「不安」や「恐怖」「孤独」を抱えている可能性があります。

犬が夜鳴きをする場合は、できるだけ「昼間に寝かさない」ようにすることも一つの方法です。また、飼い主さんが添い寝をしたり、そばにいてあげたりすることで、負の感情をなだめてあげてください。

吠えることについては、犬の要求を読み取ることを意識してあげましょう。要求なく吠えている場合、気をそらしてあげたり、夜鳴きと同じように負の感情を解消してあげたりすることが大切です。

Aトイレの失敗

トイレを失敗する犬

老犬になったらトイレを失敗するのは当たり前だと考えましょう。失敗をして叱ったとしても、改めて覚えることはできません。それどころか叱られることによるストレスを犬に感じさせてしまいます。トイレの失敗が見られるようになったら、トイレを増やす、オムツの活用といったように、飼い主さんができることをするように考えを変えていきましょう。また、若いうちから室内のトイレに慣らせておくことも大切です。

その他にも「徘徊」による誤飲や迷子、「攻撃行動」による噛みつきなども、「これまで想定していなかったことが起こり得る」可能性を考え、事前に対処を考えてあげましょう。

まとめ

飼い主さんに添い寝される犬

愛犬が認知症になった時、どうかその不安や恐怖を飼い主さんは包み込んであげてください。どんな姿になっても、最期まで大切に飼うことが飼い主さんの責任です。多くの犬が最期のその時まで、飼い主さんの愛情に包まれることを願っています。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋市がふるさと納税で犬の殺処分ゼロを達成 猫の殺処分ゼロも目指す取り組みが話題に

Yahoo! JAPAN


名古屋市がふるさと納税で2016年度における犬の殺処分ゼロを達成したことが大きな反響を呼んでいます。2017年度は犬の殺処分ゼロの継続と共に、猫の殺処分ゼロも目指していくとのこと。

【写真:猫】

 名古屋市が掲げている今回の取り組みは、名古屋市動物愛護センターへの寄附を“目指せ殺処分ゼロ! 犬猫サポート寄附金”と名付け、「寄附をしていただいた方と共に、犬猫の殺処分ゼロを目指し、動物愛護と終生飼養を普及させる」というもの。

 全国から寄せられた寄附金(※)は、収容された犬猫のエサや治療費・ワクチン摂取・ペットシーツや薬品の購入・譲渡ボランティアへの支援物資購入などに充てられます。

 こうした取り組みについて、9月末にTHE PAGEが報じたところ、ネット上では「ふるさと納税で殺処分ゼロに協力できるのはナイスアイデア」「全国に波及して欲しい!」「これこそ価値のある納税」と話題に。賛同の声はTogetterにもまとめられています。

posted by しっぽ@にゅうす at 08:06 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の散歩トレーニングやオスワリまで役に立つトレーニング法「マグネット遊び」とは?

ネタりか


犬が人間社会で暮らすためには、さまざまなトレーニングが必要です。トレーニングがされているということは、犬を危険から守ることにもなるのです。そんなトレーニングを行う前に覚えさせたい「マグネット遊び」もしくは「マグネット誘導」と呼ばれる基本トレーニングがあります。

散歩やオスワリのトレーニングで役に立つといわれており、まさにトレーニングのためのトレーニングです。

今回はそんな犬のトレーニング法の一つでもある「マグネット遊び」についてご紹介です。

マグネット遊びとは

女性の手を追ってお手をする犬

マグネット遊び、もしくはマグネット誘導とは、「犬の鼻先」と「おやつを握った人間のこぶし(グーの手)」を「マグネット(磁石)」に見立ててコントロールするトレーニングのことです。犬の鼻は黒いことが多いですが、この黒い鼻先をマグネットにみたてて、この名前がついたそうです。

このマグネット遊びができるようになると、散歩やオスワリのトレーニングの際に、犬の動きをコントロールすることができます。犬の身体を無理やりおさえたりせずに、してほしい行動へと導くことができる基本のトレーニングなのです。

トレーニング方法

女性の手を追う犬

実際にどうやってトレーニングをするのかみてみましょう。

フードを握る

まずは指令先となる人間のこぶしにフードを握ります。握ったこぶしは「手の平が上に向」くようにしましょう。ここで注意したいのがフードをつまむように持つことと、見せびらかすことはNGだということです。つまんで持つと指に噛みつかれる可能性があり、見せびらかすことで犬がフードが見えなければコントロール出来ないようになる可能性があるためです。

握りこぶしに集中させる

次にフードを握ったこぶしをパーの形に開き、犬へフードを与えましょう。ここで大事なのは犬が握りこぶしの中にフードがあることを認識し、集中の対象を握りこぶしに向けることです。

握りこぶしを覚えさせる

手に集中させたら、握りこぶしを犬の鼻先から少し離します。この時に犬が自分の鼻先をこぶしにくっつけてきたら、褒めてフードを与えます。犬が落ち着きなく無理やりフードを奪うような形になった場合は、一度落ち着かせてやり直しましょう。大事なのは「握りこぶしを追うといいことがある」と認識させることです。

握りこぶしを追わせる

犬が「握りこぶしを追えばいいことがある」と覚えたら、フードを握っていなくとも握りこぶしを目で追うようになります。握りこぶしでのコントロールが出来るようになれば、フードは握らずにコントロール後にご褒美を与える形にしましょう。

握りこぶしを使ったマグネット遊びができるようになったら、散歩の際の誘導やオスワリ、フセ、ジャンプ、足くぐりの際に、こぶしを追わせることで効果を発揮します。トレーニングを始める前の基本トレーニングとして、ぜひ握りこぶしを追うといったマグネット遊びを学習させてみましょう。

まとめ

こどものこぶしを見つめる犬

✔フードを握る
✔握りこぶしに集中させる
✔握りこぶしを覚えさせる
✔握りこぶしを追わせる

犬が人間と共に快適で安全に暮らすためには、さまざまなトレーニングが必要です。飼い主さんがコントロールできるということは、いざという時に愛犬の危険を回避することにもなります。特に散歩の際はしっかりと飼い主さんによるコントロールが必要ですよね。

また、マグネット遊びの際は必然的に飼い主さんのこぶしに注目することになるので、マテのしつけでも効果も発揮します。さまざまなトレーニングを行う前の基本として、ぜひマグネット遊びを習得させてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームレスと暮らす犬たち 〜動物愛護国イギリスわんこ事情〜 

ネタりか


ホームレスに寄りそう犬たち

まちの様子

犬とホームレスの絆

イギリスではホームレス、路上生活者の数が増加しているといいます。
実際にわたしの家の近くのショッピングセンター街でもホームレスが犬を連れているのを見かけます。初めて見たときは「路上で生活している人が犬を養えるの?」「犬が病気になったりしたらどうするの?」などと思いましたが、獣医師によるとホームレスが飼っている犬は私たちの考えとは逆に”健康なよい状態を保っている”と言われるようです。
またホームレスの犬は飼い主からしっかりとしたドッグフードを与えられていることが多く、少し太めの子さえ見られます。

路上で

ホームレスにとって犬は心の支えになり、そして犬は飼い主に従順です。
イギリスでは、薄れつつはありますが階級というものが存在します。しかし犬にとってそんなことは関係ありませんよね。愛情をいっぱい与えてくれる飼い主がいれば幸せなのです!

犬の世話とフード

ホームレスの犬はしっかりとリードで繋がれていました。
一見「噛みついたりしないかな」と思いがちですが、実は人慣れしていて子供にも優しく愛嬌があります。通りすがりの人たちは見て見ぬふりなどせず、気軽に声をかけて撫でていきます。

おもちゃと寝る犬

生活のための食べものは日常の寄付や政府援助からです。驚くことに犬のフードボウルにはいつもドッグビスケットやオヤツが入っており、またいくつかのオモチャも持っていました!

助け合いの街

しかし残念ながらいい人たちばかりではありません...
路上に座る偽の若いグループが現われ、1日に約120ポンド(約17,000円)を集めてたことがニュースになりました。最近では寄付したお金がドラッグやアルコールに使われることを考え、お金ではなく実際の物で寄付するように忠告されています。

路上生活者たちのことば

頑張る

「犬は自分のすべて。犬が自分を面倒見てくれる、素晴らしいパートナーなんだ」
「犬を物乞いには決して使わない、犬は道具ではないよ」
「ホームレスだからって犬に対する扱いが違うなんてことは決してない」
「路上では多くの人がたくさんの問題を抱えているけれど、この犬はとても大切な存在」

チャリティ団体の支援

犬とお散歩

ホームレスにとって彼らの犬はときには一番の友達になります。そんな犬との絆を多くのチャリティ団体は応援しています。

チャリティ団体『ドッグズトラスト』では257のホームレス組織団体と136の獣医と提携し、ワクチン接種、マイクロチップやダニノミ予防に加え、獣医による診療の援助をしています。そのほか犬を受け入れてくれるホステル(簡易宿泊所)のアドバイスもしてくれます。

街の様子

また『DOTS』は獣医師が外で診療を行う出張サービスのほか、グールーミング車による犬のシャンプーサービス、トレーニングサービスや物資を提供。そして『The Trusty Paws Clinic』では、獣医生によるホームレスの犬への診察が無料です。
診療は資格のある獣医師の監督のもとで行われており、生徒とホームレス、犬のすべてによい結果をもたらす素敵な支援ですね。

さいごに



犬とホームレスの絆はいかがでしたか。路上にいるからといって差別することなく同様に接するチャリティーの援助はとても素晴しいものです。すべての犬が幸せになれる世の中になってほしいと心から思います。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする