動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年11月12日

「猫は不調を隠す。健康なうちに予防を」  カナダの専門医が解説

Yahoo! JAPAN


 犬に比べて、動物病院の受診機会が少ないと言われる猫。だからこそ、予防医療の大切さに気付いて欲しい…。猫予防医療の啓発のために来日した米国猫臨床家協会(AAFP)会長で、カナダで猫専門病院 Bytown Cat Hospitalを営むスーザン・リトル先生に、カナダでの予防医療のための仕組みなどについてお話をうかがいました。

【写真特集】天井から降ってきた、やんちゃな子猫「はっぴー」

「猫は不調を隠す。健康なうちに予防を」  カナダの専門医が解説
インタビューに答えるスーザン・リトルさん
カナダでは猫の生体販売は禁止
 日本は空前の猫ブームだと聞きました。カナダでも、猫は大変に人気のペットで、調査結果によれば犬の倍ほど飼育されていることがわかっています。猫の飼育率(猫飼育世帯数/全世帯数)は30%超(日本は約14%)※。全世帯の約3軒に1軒は、猫を飼っているということになります。
(※ 2016年 GfKジャパン調べ)

 日本とカナダで飼育スタイルにさほどの違いはありません。都市部には集合住宅が多くて室内飼育が主流。地方へ行けば家は広く、比較的自由に外に出して飼っている人が多いという傾向も同じです。

 最も違いがあるのは動物の迎え方でしょう。現在、カナダではほぼすべての州で、ペットショップでの生体販売は禁じられています。猫を飼う人の約半数はシェルターから保護猫を譲り受け、あとの半数は野良猫を保護したり、友人宅で生まれた子猫をもらったりするケースが多いようです。

「猫は不調を隠す。健康なうちに予防を」  カナダの専門医が解説
表に出さなてくも、不調の場合も
猫の受診率が低いのはカナダも同じ
 犬に比べて猫の動物病院受診率が低い、という問題は日本・カナダ共通の悩みです。


 主な理由としては、お金をかけずに手に入れたペットであるために、病気になる前から医療にお金をかけようという意識が薄いことが挙げられます。とはいえ、フードやおやつ、おもちゃなどにはそれなりの出費をしていることが調査の結果わかっていますので、出費したくないわけではなく、お金のかけどころが違うのだということでしょう。


 このように、猫の予防医療をコスト面から考えた場合、私が飼い主さんにはっきりとお伝えすることがあります。それは「病気になってから対処するよりも、健康なうちから予防したほうが、トータルでは絶対、お得ですよ」ということです。


 猫の飼い主に「なぜ動物病院へ連れて行かないのか」というアンケートを実施したところ
「具合が悪いわけでもないのに、連れて行く必要性を感じないから」という声が多数を占めました。「健康な猫を、なぜ病院に連れて行かなければならないの?」というわけです。


 確かに、病気でもないのに病院に行く人はいませんよね。しかし、ここで理解しておかなければいけないのは、猫は人と違って「不調を隠すのがうまい」生き物だということ。


 猫にはケガや病気による痛みや苦しみを、周囲に悟られまいとする本能があります。目に見えて具合が悪そうにしているころには、症状はかなり進んでしまっているのです。猫の健康寿命を一日でも長く維持するには、元気そうに見えているうちから病気のサインをいち早く見つけることが大切なのです。

予防医療のためのガイドラインも
 猫の予防医療をより充実させるために、私たちは猫医療の専門家による「キャットヘルシー」という団体を設立しました。2014年には獣医師向けに「病気の早期発見・予防のために何をすべきか」「飼い主さんにどう説明して理解を深めてもらうか」を標準化したガイドラインを策定しました。


 また、猫に関する有識者で組織したISFM(国際猫医学会)では、一定の基準以上のクオリティで猫を理解し、猫医療に長けている病院を「キャットフレンドリーホスピタル(CFC)」に認定。安心して愛猫の健康管理をお任せできる動物病院として、インターネットなどでその情報を公開しています。現在日本国内にも124軒の(2017年9月26日現在)CFCがあるんですよ。猫医学会のサイトでチェックできますので、ぜひ見てみてくださいね。

 私の病院でも定期的に愛猫の健康診断を行う飼い主さんが増えています。実際に、日常生活の中では発見しにくい歯の疾患を検査で発見し、進行をくい止めたこともあります。物言えぬ愛猫に変わって、健康を維持できるのは飼い主さんだけ。ぜひ予防医療の新しい情報を手に入れて、愛猫のケアに役立ててもらえたらと願っています。

sippo(朝日新聞社)


posted by しっぽ@にゅうす at 01:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬にやってはいけない4つのNG行動!愛犬の気持ちを考えて!

ネタりか

これだけはやらないで!犬にとって危険なこと・辛いこと

寂しそうな子犬

人間の子育てと同じように、犬を育て養っていくことにも「やってはいけないこと」があります。「これは常識!」というものから「そうだったの?」というものまで、犬の特性や気持ちを考えて、注意すべきことを4つご紹介します。

犬をこれから飼おうかな?と思っている人はもちろん、犬のことは何でも分かってるベテラン飼い主さんももう一度チェックしてみて下さい!

@中毒性のある食べ物を与える

犬にとって中毒性のある危険な食べ物として

✔ネギ類
✔干しぶどう
✔チョコレート
✔アボカド
✔ニンニク

などが挙げられます。これらは犬にとっては毒性があるので与えてはいけません。私たち人間にとっては美味しくて魅力的な食べ物ですが、犬には絶対にあげないようにしましょう。

レーズン(干しぶどう)をあげてはいけない、ということは恥ずかしながら私も最近知りました。幸い愛犬には与えたことはなかったですが、人間の知識は完璧ではないので随時更新していきましょう!

A炎天下での散歩

お散歩する子犬

夏場のお散歩は飼い主さんにとってもきつい時がありますよね。人間よりも体高がかなり低い犬にとっては、地面からの熱がより伝わります。

真夏では地面の温度は約65℃にも達するそうです。そんな環境で歩くということは、肉球が火傷をしてしまったり、熱中症になったりする危険がありますよね。

涼しくなってから散歩にでかけるようにするのはもちろん、散歩の前には地面を飼い主さんが実際に手で5秒程(我慢できなければ熱くすぎる)触ってみて、大丈夫かどうか確認してあげましょう。

その他、室内でも高温にさらすことは危険です。

愛犬がお留守番のときはクーラーをつけていってあげる飼い主さんは多いと思いますが、設定の不注意やクーラーの故障、停電なんかのアクシデントにも対応できるようにしておきましょう。

短頭種は特に注意して夏場を乗り切れるようにしてあげましょう。

B長時間のお留守番

お留守番するジャックラッセル

国によっては6〜8時間以上犬だけでお留守番をすれば罰せられることもあります。それほど犬が孤独な時間を過ごすということはいけないことなのです。

また、お留守番中はケージに閉じ込める、という習慣やしつけを行っている方もいるかもしれません。自分がもし狭い場所に長時間入れられて自由を奪われたら嫌ですよね。

犬が自由に好きな場所で休めるように、室内フリーで過ごさせてあげましょう。

C安易に迎え入れる

ペットショップで衝動買い…はいけないことだと理解している人は多いと思いますが、すでに愛犬がいてもう1匹迎え入れようとすること=多頭飼いを始める場合も注意が必要です。

1匹で飼い始める場合は気にしない「犬同士の相性」が問題になってくるからです。犬の里親募集の理由で「先住犬と相性が悪かったので引き取って欲しい」ということが結構見られます。

犬の幸せも考えて、安易に迎え入れないようにしましょう。

まとめ

おもちゃで遊ぶ子犬

いかがでしたでしょうか?

あなたがついやってしまっていた…という行動はありましたか?もしやってしまっていたとしても、今から改善すればいいのです!

愛犬がより良く暮らせるようにいつも犬に関する情報は更新するようにしましょう。そうすれば必ず、愛犬とより長く幸せに暮らせるでしょう!
posted by しっぽ@にゅうす at 01:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップやブリーダーから子犬を引き取る際に確認しておきたい6つのこと

ネタりか


【ブリーダー編】子犬を引き取る際に確認すべき事

コーギーの子供たち

ペットショップではなく、母犬の出産に立ち会い、子犬を育ててきたブリーダーさんから直接引き取ろうと考えている人も少なくないでしょう。まずはブリーダーさんから引き取る際に確認しておきたいことをご紹介します。

@健康面

柴犬の子犬

まず最初に体調は良いか、健康状態に問題がないかなどを尋ねることが重要です。なぜならば、病気を患っている子の場合には、この先医療費がかかることも考慮して引き取るべきかどうかを考えるべきだからです。

また外見を見て「目が目やにで汚れているな」「毛が整っていない」など気になる点があるようならば、その場でしっかり聞いておくことが必要でしょう。

そして重要な点として、予防接種は既に済んでいるかどうか、また今後受けなければいけないワクチンはあるかも必ず確認するべきです。既に受けている場合には、証明書が発行されているはずなので、必ず受け取るようにしてくださいね!

A日々の生活について

ダックスの子犬

どれくらいの頻度でトイレシーツを替えるべきか、また外でないとトイレをしない子も居るため、その確認の意味も含めて1日にどれくらいおしっこをするかという点や、うんちをする回数や量を聞いておきましょう。

また、ごはんについて聞いておくことも重要です。どの種類のごはんを食べているのか、またどのくらいの量を与えているかも確認し、引き取った後もその種類を与えてあげることが好ましいです。

まだ子犬の場合には、ウェットフードタイプの子や、ドライフードをふやかして与えてあげている子など、種類が違う可能性も考えられますので、なるべく同じように与え、環境が変わった後でもごはんをしっかりと食べるように配慮しましょう。

そしてごはんの時間帯も今まで通りにしてあげることで、生活リズムを崩さないであげられるため、何時頃にごはんを与えてるのかもしっかり尋ねましょう。

Bしつけの有無

しつけられる子犬

どの程度までしつけが済んでいるのかを尋ねましょう。具体的な例としては、トイレトレーニングは済んでいるのかという点や社交性が身に付いているかどうかを確認します。

しかし、上記の社交性が身に付いているかどうかという点に関しましては、ブリーダーさんから引き取る場合には、他の母犬や兄弟犬と一緒に育っていることがほとんどですので、必然的に社交性を身に付けている子が多いです。

まだ子犬のため、しつけを始めていないことも珍しくありません。始めていないのであれば自分でトレーニングをさせたり、しつけ教室に連れて行く必要があることも覚えておきましょう。

【ペットショップ編】子犬を引き取る際に確認すべき事

パピヨンの子供たち

続いてペットショップから引き取る際に確認しておきたいことです。多くの場合、必要な情報は既に掲載されていたり、引き取る際に教えてくれる親切な店員さんが多いですが、それでも自分から尋ねなければ聞くことのできない、あるいはチェックできないポイントも多いです。

C店内の様子

ペットショップ

こちらは店員さんに尋ねるのではなく、私たちが個人的に観察し、確認することが出来ます。

確認するべきポイントとしては、店内は臭いをそのままにせず、しっかり消臭されているかという点と、犬が入っているサークルやゲージはもちろん、店内全体をきれいに清掃しているかという点です。

この点がしっかり行き届いていない場合は、衛生的に問題のあるペットショップである可能性が高いため、犬自体にも影響を及ぼしており、衛生的に問題を抱えてしまっている可能性が考えられます。

また犬が入っているサークルやゲージの中は特に重要なポイントとなるため、しっかりと確認しておくことが大切です。なぜならば、食べ残しを片付けているか、トイレはこまめに清掃しているかなどを確認することで、正しいお世話がされているかどうかを判断することが出来るのです。

D「動物取扱業者標識」を店内に掲示している

犬を抱く女性

この「動物取扱業者」というのは、自治体から正式に商用として「動物を取り扱っても良いですよ」と認定されている業者であるという証拠です。多くの場合は、この商標が掲示されていれば、安心して引き取ることが出来ます。

もちろん、もしも店内に「動物取扱業者標識」が掲載されていたとしても、先ほど言ったような店内の様子などを確認することを忘れないようにしましょう。

店内を見ても掲示されている様子がなければ、ホームページなどを確認すると、しっかり記載されていることが多いです。しかし、それでも確認できなかった場合には、正式に認定されていないペットショップである可能性が高いため、適切な世話がされていない可能性もあると考えましょう。

E店員さんへの質問

犬と女性二人

店員さんに尋ねる質問として、「ワクチン接種はしているのか」「しつけはどのくらい済んでいますか?」「健康状態はいいですか?」などの質問をする人は多いでしょう。しかし、意外とお店にやってきた経緯を詳しく尋ねる人は少ないです。

実は動物愛護管理法において、離乳期と言われる生後45日以内に母親から引き離すことは好ましくないため、不適切だとされています。なぜならば、もしもしっかり十分な量の母乳を摂取していない場合、健康状態が万全でない可能性も考えられるからです。

したがって、まずは生後何日でこのお店にやってきているかを確認し、生後45日以上経過してからお店にやってきているかどうかをチェックしましょう。

また、ブリーダーさんから直接引き渡されているかも確認しておくことが好ましいです。ブリーダーさんから引き渡されている場合は、しっかり母犬や兄弟犬と触れ合っているため、社交性が高いことが多いです。

まとめ

じゃれ合うゴールデンレトリーバーの子供たち

いかがでしたでしょうか。どちらから引き取る際にも、重要な点として「正しいお世話がされているかどうか」「健康面は大丈夫か」「どのような食事をしているのか」などは共通してきます。

それに加えて犬にとって重要となるワクチン接種が済んでいるかどうか、済んでいるのであれば証明書を受け取ることも重要になってきますので、気になることは引き取る前にしっかりと尋ねるようにしましょう。


posted by しっぽ@にゅうす at 01:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に暖房は必要か?設定温度や注意点まで

T-SITE


気になる!犬と暖房のアレコレ



季節の移り変わりは早いもので、ついこの間まで大汗をかきながら愛犬とお散歩していたかと思ったら、もう散歩道に枯葉が舞っています。日に日に日が暮れるのも早くなり、あっという間に冬がやって来てしまいそうです。


冬になると暖房が活躍してくれますが、犬の飼い主さん、特に愛犬と初めての冬を迎えるという飼い主さんの中には「夏は犬に冷房が必要なのはよく耳にするけれど、冬は犬に暖房は必要なの?」と疑問に思われ方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、犬に暖房は必要なのかをはじめ、犬と暖房の気になるアレコレについてご紹介していきたいと思います。

犬に暖房は必要なの?


犬の平均体温は小型犬で39℃前後、大型犬で38℃前後であるため、人間よりも寒さに強いです。


ですが、寒さに弱い犬もいます。寒さに弱い犬には寒さ対策を行ってあげないと、体調を崩してしまうかもしれません。そして寒さ対策のひとつとして、暖房が必要になることもあります。


愛犬が寒さに弱いか強いかは、犬種からおおよその判断がつきます。一般的に、温暖な地域が原産である犬種やシングルコート(上毛のみで下毛がない)の犬種は寒さに弱いとされ、逆に寒い地域が原産である犬種やダブルコート(下毛と下毛の2層構造)の犬種は寒さに強いとされています。


また、小型犬は中・大型犬よりも地面や床に近い高さで生活しているため、下からの冷気を感じやすい上に体が小さいため体温を保ちづらく、寒さに弱い犬が多いです。





寒さに弱いとされる犬種



チワワ
プードル
ヨークシャーテリア
ミニチュアピンシャー
イタリアングレーハウンド
マルチーズ
パグなど


これらの犬種には、基本的に暖房が必要と考えていいでしょう。

寒さに強いとされる犬種



柴犬
シベリアンハスキー
日本スピッツ
コーギー
ゴールデンレトリーバー
ラブラドールレトリーバー
セントバーナードなど


これらの犬種は多少寒くても元気に遊んでいることが多いですが、室内飼育によって寒さへの耐性が弱くなり、寒がりの犬もいます。


また、犬種に関係なく病中病後の犬、子犬、老犬は体温調整が上手くできないため、暖房による温度調整が必要です。

寒いときのサイン

寒さに弱い犬種と強い犬種が存在するとはいえ、個体差があるので犬が出すサインで寒がっていないか判断するといいでしょう。


犬が寒いときのサインは


震える
体を小さく縮めている
寝てばかりいる
散歩に行きたがらない
飲水量が減る
下痢をする


などです。これらのサインが見られたときは暖房が必要かもしれません。

愛犬のための暖房の使い方は?



愛犬が寒い冬を快適に過ごすためには、暖房器具をどのように使ったらいいのでしょうか?主な暖房器具ごとにご紹介していきます。

@エアコン

エアコンは快適な温度を保つことができ、タイマーも利用できて非常に便利です。また、火を使わず安全性が高い暖房器具です。


ですが、暖かい空気は天井付近に溜まってしまいます。ですから、人間には暖かく感じていても床に近い高さで生活している犬には寒いということもあります。サーキュレーターなどを使って、暖かい空気を床まで循環させてあげるといいでしょう。


また、エアコンの温風が犬に直接当たり続けないように気をつけましょう。

Aストーブ、ファンヒーター

ストーブやファンヒーターは犬が寒ければ自分で近づき、暑くなったら離れることができますが、やけどをする危険があります。


犬がストーブの前に長時間いることで熱さへの感覚が鈍り、毛が燃えていることになかなか気づかずにやけどをしてしまったり、石油ストーブの上に乗せたやかんの熱湯が犬にかかってやけどをするケースもあります。


ストーブやファンヒーターを使用するときは、犬が近づきすぎないようにストーブガードを設置しましょう。

Bホットカーペット、床暖房

ホットカーペットや床暖房は、床に近い高さで生活する犬に快適な温かさを提供してくれます。ホットカーペットは床よりも小さいサイズを使用し、犬が暑くなったら涼める場所を確保ましょう。


床暖房は犬が暑さを感じても逃げ場がなくなってしまうことがあるので、ソファーに乗れるようにしておいたり、床の上にすのこを置いてあげるなどして、暑くなったら移動できる場所を作ってあげましょう。


ホットカーペットや床暖房の上で長時間寝てしまうと、低温やけどになることがあるので注意が必要です。





Cこたつ

ぬくぬくと温まれるこたつの中が好きな犬は多いようですが、あまりオススメできません。


こたつ布団で密封されたこたつの中は熱がこもりやすいため、そこで犬が長時間眠ってしまったり、出口がわからなくなってしまうと熱中症になる危険があります。


飼い主さんがこたつを使用するときは愛犬を中に入れないようにして、愛犬にはペット用の暖房器具を用意してあげたほうがいいでしょう。


どうしても愛犬がこたつの中に入ってしまう場合は、熱がこもらないようにこたつ布団に1か所出口を作り、設定温度も低めにしましょう。

室温の設定温度は何度?



犬は人間よりも体温が高いため、人間の感覚に合わせてエアコンなどの温度設定をしてしまうと犬には暑いかもしれません。


一般的に犬の適温は18℃〜22℃と言われているので、犬がいるときの室温の設定温度は20℃前後がいいでしょう。ですが、寒さに弱い犬の中には25℃ぐらいが快適に過ごせるという犬もいます。愛犬の様子を見ながら調整してあげましょう。

暖房を使用するときの注意点は?


犬を飼っていて暖房を使用する場合、注意しなくてはいけない点がいくつかあります。

@乾燥を防ぐ

元々冬は乾燥する季節ですが、暖房を使用することで部屋の中はさらに乾燥します。部屋が乾燥すると犬の抵抗力が弱まったり、皮膚のトラブルを起こすことがあります。


ですから、暖房を使用するときは加湿をしましょう。加湿器がない場合は、部屋にタオルや洗濯物を干すと加湿することができます。


犬の最適な湿度は40〜60%ですので、この湿度を保つように心がけましょう。

A涼しい場所に移動できるようにしておく

犬が暑いと感じたときに涼しい場所へ移動できないと、熱中症になるおそれがあります。暖房を使用するときは、廊下など涼しい場所にいつでも移動できるようにしておいてあげましょう。

B換気をする

暖房を使用しているときに窓を開けると寒いため、閉め切りにしてしまいがちです。ですが、換気を行わないとほこりが溜まりやすくなり、そのほこりを犬が吸い込んだり、なめてしまうかもしれません。また、においもこもります。


暖房器具によっては換気を行わないと一酸化炭素中毒になることもありますので、1時間に1回程度は窓を開けて空気の入れ換えをしましょう。

C電気コードでの事故を防ぐ

暖房器具の電気コードを犬が噛んでしまうと、感電や火事などの事故を招く危険があります。


電気コードはカバーで覆ったり、壁に這わせるなどして犬がいたずらできないようにしておきましょう。

まとめ



エアコン:温風が犬に直接当たらないようにする
ストーブ、ファンヒーター:火傷に注意する
ホットカーペット、床暖房:低温やけどに注意する
こたつ:熱中症に注意する



犬は寒さに強いと言われていますが、暖房による寒さ対策が必要な場合もあります。愛犬が寒さに弱い犬種なのか強い犬種なのかを知っておき、寒いときのサインを見逃さないようにしましょう。


暖房を使用するときは、愛犬に病気やケガ、事故などがないように飼い主さんが十分気をつけてあげて下さい。


暖房を上手に使って、愛犬が寒い冬も快適に過ごせるようにしてあげたいですね。


posted by しっぽ@にゅうす at 01:02 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の誤飲・誤食「お利口さん」でも注意

東京新聞


「先生。うちの子が目の前でたった今、焼き鳥の竹串をのみ込んでしまいました」
 以前、当院に駆け込んできた飼い主さんの言葉です。緊急手術で即、竹串を取り除きました。
 このときは運よく、胃壁を串が貫通していなくて事なきを得ましたが、運が悪ければ、胃を貫通して腹膜炎を起こして死ぬ可能性もありました。
 ごみ箱をあさり、ハムを縛っていた糸をのみ込んで、糸が腸に絡みついたり、総菜を包むラップが腸内に詰まったり、ミシン針が内壁に刺さったり−など、誤飲による腸閉塞(へいそく)の原因となるものは家の至る所にあります。
 「うちのワンちゃんはお利口さんで、余計なものは口にしないんです」と多くの飼い主さんは言います。が、まさにそう話している目の前で、犬たちはいろんなものを口に入れてしまいます。
 誤飲・誤食は生涯に1回か、あっても数回でしょう。「魔が差す」という言葉がぴったりです。いつもは見向きもしないものをのみ込んだりするのです。ですから、犬の周囲に危険なものは置かない、ということが鉄則です。
 米びつのコメを大量に食べ、嘔吐(おうと)と下痢で数日間苦しんだり、チョコレートを包装フィルムごと食べたりした犬もいます。
 チョコレートは犬にとって猛毒です。絶対に避けてください。
 たばこを食べることはさらに危険です。室内での喫煙は副流煙の害が心配されますから、犬のそばでの喫煙は避けましょう。
 誤飲・誤食による消化器のトラブル以外にも、犬の体に合わない食事内容は、腸の炎症を引き起こし、嘔吐や下痢、発熱、感染症の原因にもなりかねません。良質の消化のいいフードだけを与えるようにしてください。
 (川村康浩=獣医師、川村動物クリニック院長)

posted by しっぽ@にゅうす at 01:01 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする