動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年02月19日

杉本彩、動物虐待への厳罰化求める署名8万1092筆を首相官邸に届ける

Abema TIMES

女優の杉本彩が理事長を務める団体「公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva」が行っていた「動愛法の厳罰化とアニマルポリス設置」の署名の件数を杉本が17日にアメブロで報告した。


杉本彩オフィシャルブログより

 署名期間は2017年12月19日から2018年2月15日で、その数はネット署名が5万8369筆で、用紙による署名が2万2723筆の合計8万1092筆となった。16日に首相官邸で杉本らは西村康稔官房副長官に面談し、署名を渡してきた。



 同団体は、動物への虐待の罪が軽いことを問題視しており、動物愛護管理法の厳罰化を求めている。具体的には以下の通り(同団体の署名で提案された内容)。



〈1.法の厳罰化 

(1)動物を殺傷した場合:2年以下の懲役又は200万円以下の罰金→ 5年以下の懲役又は500万円以下の罰金にひき上げ

(2)動物を遺棄・虐待した場合:100万円以下の罰金→ 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金にひき上げ

2.警察と連携した動物虐待事案を専門に取り扱う機関アニマルポリスの設置〉



 今年は5年に1回の法改正の年のため、こうして人々の声を政府に届ける必要があった。杉本は、西村官房副長官との面談をこう振り返った。



 「西村官房副長官は、動物虐待に関する資料に目を通され、終始真剣に耳を傾けてくださり動物虐待は大変許しがたいことで、適正に処罰されるべきとのお言葉をいただきました。今後は、ぜひ官邸からも法改正へのお力添えをいただきたくお願いしてまいりました」



 このように手ごたえを感じるとともに、面談の実現に動いてくれた自民党の岩屋毅議員、大西宏幸議員、田中英之議員に感謝するとともに、署名活動をした人々や、署名をしてくれた人々への感謝も述べた。



 今後については「この署名のご協力を最大限に生かせるよう、タイミングを見極めEvaは迅速に動いてまいります。今後も議員のところには積極的に出向きご理解を求め、法改正にご尽力頂けるよう働きかけてまいります!!」とさらに動物愛護に向けた活動を行っていくことを宣言した。



 同団体は、動物の里親会情報をHPで発信したり、講演やセミナー、動物関連のイベントを行い動物愛護について積極的な活動を行っている。公式HPでは賛助会員や寄附を募っている。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:59 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の病気、トイレを要チェック 尿に健康情報 疾患の半数が泌尿器系

Yahoo! JAPAN


猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。第2水曜は、年間約22万件の声が寄せられ、家事のヒントや最新情報を発信する「花王」消費者相談室にお助けいただきます。

⇒【画像】掃除もしやすく便利 猫の2層式システムトイレ

 人と暮らすペットは今や15歳未満の子どもの数を上回るご時世。学術的にも、ペットと暮らすことで、人の「幸せホルモン」(オキシトシン)がより活発に分泌され、ペットは人の心身に健康をもたらすという研究が進められています。とはいえ、室内では臭いや汚れが気になりますね。今年は戌(いぬ)年ですが、昨年は猫の飼育数が初めて犬を上回ったというニュースも流れました。今回は、猫と快適に暮らすためのケアについてご紹介します。

●腎臓にはいつも負担
 Q 猫の病気が気になります。

 A 疾患経験のある猫のうち、半数ほどが泌尿器系の病気を経験しているという調査結果があります=図。

 猫の祖先はアフリカの砂漠で暮らしていたとされ、猫の体は乾燥した環境でも水分を無駄なく利用できる仕組みになっています。このため、猫の腎臓は尿を濃縮する機能に優れていますが、できる限り濃縮しようとするため、腎臓には常に負担がかかり、腎臓が疲れてくると慢性腎臓病(腎不全)などの症状が現れます。濃縮することで尿の中に結晶や結石もできやすく、尿石症やぼうこう炎などの下部尿路疾患(FLUTD)が起こりやすくなります。

 こうした病気の予防には、猫がストレスなく快適に排泄(はいせつ)できるトイレの環境づくりが大切です。以下のような条件が考えられます。

・静かで安心できる場所
・猫の食事場所、寝場所の近くではない
・清潔、臭わない
・猫が排泄物をしっかり隠せる
・砂が猫の肉球や体に付きにくい
・猫にとって好ましい感触の砂
・排泄時の猫をじっと見るなどしてストレスを与えない
・多頭飼育の場合、トイレの数は「猫の数+1」が理想

●チップが片付け簡単
 Q 日頃どんな点に注意すればよいですか。

 A 猫の尿には健康情報がたっぷり含まれています。トイレのお手入れも情報収集と考え、尿の色・量・臭いや、トイレ行動に変化がないか、日頃からチェックしましょう。

 トイレ行動については、いつもと違う場所でおしっこをする、頻繁に行く、トイレにいる時間が長い、痛そうにする、おなかや陰部をしきりになめる−などです。

 尿については、色がいつもより薄い、濁っている、ピンク色をしている、キラキラ光る結晶が混ざっている−などです。尿の色・量・臭いは、食事内容や飲水量、活動量、生活環境などで変動しますが、いつもと違うと感じた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

 トイレについては、上のトレーに砂を入れ、下のトレーにシート(マット)を入れて尿を吸収する2層式のシステムトイレが、掃除もしやすく便利です。白いシートは尿の色の変化にも気付きやすいです。下のトレーからシートを外せば、簡単に採尿もできます。

 猫はトイレの後に排泄物を隠す習性があり、トイレの周辺は、飛び散った砂で床が汚れることがあります。チップタイプの猫砂もあり、猫の好みの大きさのチップを選ぶと、抵抗感がなくなり慣れやすくなります。チップは砂に比べて片付けが楽で、ごみの量も少なくて済みます。システムトイレだと、尿を受けるトレーだけを外して小まめに洗えるので衛生的です。トイレ周辺や粗相した所は、除菌効果のある住居用洗剤で拭き、消臭スプレーで臭いまでしっかり落としましょう。

 ペットも飼い主さんも快適に、そしてできるだけ長く、ともに健康で暮らせるといいですね。

西日本新聞社


posted by しっぽ@にゅうす at 07:57 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と遊ぶ時間はどのくらいが最適?大きさ別の時間から正しい遊び方まで

ネタりか


犬にとっての遊びの重要性
笑顔の柴犬

まず、認識しなければいけないのは、散歩と遊びは全然違うということです。散歩は飼い主と一緒に歩き、運動量を確保したり、色々なものを見て警戒すべき物と違うものを見分けるなどの社会性を身に付ける重要な日課です。散歩では常に飼い主の指示を聞き飼い主主体で進めます。それに比べて遊びはある程度のルールは設けて安全性を確保する必要はあるものの、犬主体で犬がやりたいこと、楽しいことに取り組み、飼い主とのコミュニケーションを深め、ストレス発散させる目的があります。遊びが多様化すると愛犬との生活がより豊かになること間違いなしです。

体格別による遊ぶ時間について
パグ

特に小型犬だから何分まで、大型犬だから何分以上という決まりはありません。
しかし、小型犬の方が心拍数が元々早い為、長時間の激しい運動は心臓に負担がかかりやすくなります。反対に、大型犬は体重が重いため、ジャンプを繰り返す遊びだと関節に負担がきやすくなります。それを踏まえながら自分の愛犬の場合はどういうところに注意しながら遊ぶかを観察してください。また、ブルドッグやパグなどマズルが短い犬の場合は短い呼吸を早く繰り返す事で体温が一気に上がり、熱中症なども引き起こすため、特に注意が必要です。

遊びは大きく分けて2つ
1.単発の遊び
車に乗っているゴールデン

✔おもちゃ
✔おいかけっこ
✔ボール遊び
✔旅行
✔水遊び
✔ドッグラン など

目新しい物で遊んだり、行ったことがない場所に行くことで好奇心が最大になり夢中になって遊びます。犬を家族の一員と扱う認識が大きくなった為、犬同伴で出掛けられる宿泊先やキャンプ場も増えてきました。レトリーバー系の犬種は水遊びが得意なのでいつまでも陸地にあがってきません。私達人間生活の中で新しい洋服を買ったらウキウキしたり、初めてのカフェに行ってワクワクするように、わんこも普段と違うことが起きたら興奮して喜びます。脳にも刺激がいき、活性化されます。

2.継続しレベルアップすることを楽しむ遊び
ボーダーコリー

✔ボール遊び(持来=じらい)
✔かくれんぼ
✔宝探し
✔アジリティー など

犬は毎日の中に繰り返しの作業がある子とに安心しそこに楽しみを感じます。ご飯の時間やお散歩の時間になるとソワソワしますよね。遊びでも、繰り返し学ぶことで高レベルな遊びを覚えることが出来ます。それは飼い主と飼い犬の信頼関係がないと始めることが出来ません。同じ作業を繰り返し、成功した時には「うまくいったよね!」とお互いに通じる喜びを覚えたら、ますますお互いのコミュニケーションを容易にとれるようになります。ダックスフンドなど狩猟犬はかくれんぼで見つけるのがとても得意です。

持来(じらい)とは?

チョコラブ

持来とは、指導手(家庭では飼い主)の指示で物を持つ、指示で物を離す(口から出す)という行動です。警察犬など使役犬を作る途中で行われるとても重要な訓練内容です。

犬はボールやおもちゃを喜んで持ち運ぶため、難しい内容とは知らないと思います。しかし、自分の意思と人から指示されて絶対にその行動をとるという事には大きな異なる差があります。ボールを投げると犬は追いかけて取りに行きますが、そのままボールで遊んだり、飼い主にボールを返さないで「取れる物なら取ってみな」とおちょくってくる事さえあります。獲物を狩っていた犬にとってボールやおもちゃは自分が獲得した獲物と同じの為、特に物欲の強い犬は中々口から物を出したがりません。

持来の基本は「持っているものを飼い主に渡したらまた良いことがあるぞ!」と犬に覚えさせる事です。口からボールを出して人間に渡したら「またボールを投げてもらえる」「新しいボールと取り替えてくれる」「ボールと交換でおやつがもらえる」といった具合です。

この持来が出来るようになると遊びの幅がどんどん広がります。
必要なコマンドは、持って、来い、出せ、よし です。初めは犬がボールを持ってうろうろしないようにロングリード(10m)を使用し、ボールを早く回収出来るようにするなど工夫が必要です。基本服従訓練がまだ出来ていない子は、まずはそこから始めましょう。

アジリティー

こちらは聞いたことのある飼い主さんが多いかと思います。アジリティーとは、犬と指導手がペアを組んで行われる馬の障害馬場を元にして作られた犬の障害物競争です。タイムと障害物を越える際の正確性で順位が決まります。

コースには、

✔ハードル
✔シーソー
✔トンネルスラローム

などが設置されています。

アジリティーに向いているのは行動力がありエネルギッシュなボーダーコリーなどの牧羊犬ですが、競技会ではなくドッグランで遊ぶ程度でしたら、その体型のどの大きさの子でも習得する事が出来ます。

はじめは、ジャンプしなくても跨いで越えられる高さのハードルを準備し、飼い主の合図「跳べ」の声かけで少しリードを上方向に引っ張りながらハードルを越えさます。早くレベルアップしたいと思い、レベルに合っていない課題をすると、障害物に足やお腹をぶつけてしまい、次から恐怖心が出て楽しい作業ではなくなってしまいます。失敗させない、成功体験を積み重ねる事が重要なポイントです。

まとめ
ビーグル

特別な事をしなくても家の中にあるもので簡単に遊ぶことが出来ます。タオルでひっぱりっこしたり、コングにおやつを入れて転がしたり。飼い主さんに負担なく愛犬の瞳がキラキラすることから始めましょう。犬に嫌みが残らないように、持来や服従訓練は犬の集中力が継続出来る15分以内で終わるようにしてください。飼い主さんと愛犬の楽しい時間が増えますように。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:57 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を怖がっている人ほど犬は噛み付くと判明

Yahoo! JAPAN


犬が近くに来ると怖いって思う人、意外と多いですよね。

「犬は恐怖心の匂いを嗅ぐことができるから、落ち着いたほうがいい」なんてアドバイス、言う人いますが、犬が怖い人にとっては、なんとも逆効果というか、イラっと来るアドバイスだったり。でもそれ、正しいらしいんですよ。恐怖心自体の匂いを嗅ぐことができるのではないんですが、ビビってる人に対して犬は攻撃的になりやすいという調査結果が出ました。BMJジャーナルに発表された調査結果によると、怖がっている人はより犬に噛まれやすく、犬に噛まれたことのある人のほとんどは、知らない犬に噛まれていたということがわかったのです。

【画像】犬を怖がっている人ほど犬は噛み付くと判明

今回の調査はイギリス、リヴァプール大学の研究者たちがチェシャー州にて行なわれました。性格診断テストと、これまでに犬に噛まれたことがあるかどうか、その後治療を受けたか、その犬に面識はあったかなどの質問事項を1,200世帯に郵送で送りました。

郵送した1,200世帯のうち600人が返信。600人中301人が犬に噛まれた経験ありということでした。そして301人のうち3分の1が病院での治療を受け、一人は入院するほどの怪我だったとのこと。男性は犬に噛まれたという報告を女性よりも2倍していて、犬を飼っている人は3倍も多く報告をしていることがわかりました。そして55%の人がこれまでに会ったことのない犬に噛まれていることもわかりました。

もう一つ明らかになったパターンは、今回のテーマでもある、感情が不安定だったり心配が多い人はより犬に噛まれているということ。感情的に一番安定しているレベルを7、一番不安定なレベルを1として、1〜7までのレベル分けをすると、レベルが一つ下がるごとに犬に噛まれるリスクが33%上昇することがわかりました。

「この調査でホッとしたこともありました。犬に噛み付かれて大怪我を負ったという人の割合は、全体のごく少数だったのです。そしてこれまで想定されていたリスクに関しては、再検討の必要があることもわかりました。なぜなら今回の調査までは面識のある犬に噛まれるという場合を想定していたからです」と調査結果に書かれています。

そして今回の調査というのは、病院の履歴に頼らない数少ない珍しい調査でした。この調査結果をイギリス全土の人口に当てはめて算出してみると、年間1,000人あたり18.7回犬に噛まれる事例が起こることになります。これは公式に発表されている7.5回という数字の3倍の数です。

調査した数は少ないかもしれませんが、数字や傾向は他でおこなわれた調査と似ていることがわかっています。たとえばアメリカ。

「アメリカでかつておこなわれた調査と同じような結果が出ているとわかりました。イギリスとアメリカでは犬をペットとして飼う環境が似ているためだと思われます」と話すのはリバプール大学のCarri Westgarth氏。

この調査では、犬の噛みつきと犬を怖がっている人との関係性をハッキリと掴むことはできませんでしたが、著者たちには関係性の仮説があるそうです。犬に噛まれたと報告する人の多くは、一回数以上噛まれた経験があるそう。そしてそれが起こったのは子供の時だったということが多いんだそうです。子供のころ噛まれた経験が一度あると、大人になっても犬を怖がってしまうからではないかとWestgarth氏は語っています。

「そしてもちろんその人の性格によって、犬が近くにいる時どのような反応をするかというのは変わって来ます。犬は人間のある行動に対して恐れやストレスを感じ、アグレッシブに反応仕返してしまうことがあります。心配性や怖がりの人は同じような性格の犬を選んで飼ったり、もしくは一緒に暮らしている間にお互いの行動に影響を与えたりしてくることもあるのです」とも説明しています。

「現時点では一体なにが犬の噛み付きに関係しているのかは、まだあまりわかりませんが、研究・調査を続けていけばわかって来ると思います」と加えています。

噛み付きの話ばかりでちょっと怖くなって来ましたが、もちろん犬の飼い主さんには自分の犬が噛み付かないようにリスクを下げる方法もあります。

「良い気質の親だとわかっている子犬を引き取る、生まれた時からいろんな人やいろんな状況に慣れさせておく、犬がストレスと感じているときのサインを読み取れるようにする、そして1番大切なのは、犬をどのように扱うかということです。例えば犬が寝ているときにびっくりさせない、安心した状況でエサをあげる、犬と子供が同じ場所にいる時に目を離さないなどです」とWestgarthさん。

「私たちは『私は噛まれないから大丈夫』や『私の犬は噛まないから大丈夫』などと考えがちですが、どんな犬でも噛む可能性があり、どんな人でも噛まれる場合もあるということをしっかり想定しておくことが大切です」とも米Gizmodoに話してくれました。

犬は人間の最良の友なんて言いますが、動物なので状況によってはコントロールできないこともありますからね。犬が怖い方は、この結果を見てさらにビクビクしちゃいそうですが…。


Image: Sean Gallup/Getty Images News/ゲッティ イメージズ
Source: BMJ Journals

Ed Cara - Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の幼齢個体を親等から引き離す理想的な日齢について

ネタりか


犬の幼齢個体を親等から引き離す日齢が重要視される理由
黒柴

動物は犬に限らず、母親から生まれ愛情を貰い、兄弟がいればその兄弟たちと共に遊びやケンカなどを通し、心を育んでいきます。これは犬においても全く同じで、幼い頃にどのような経験をしたかでその後の性格形成に大きな影響を与え、一定の日齢に達していない犬を親等から引き離してしまった場合、適切な社会化がなされずに、咬み、吠え等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされています。

将来の問題行動を極力発生させない為にも親等から引き離す日齢が重要視されているのです。

実際にアメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの多くの欧米先進国では生後56日齢未満の犬の流通、販売等が法律で禁止されています。

日本の現状
chihuahua and computer

日本では、ペットショップやペットフード会社などが作る業界団体が目指す45日齢、ペンシルバニア大学のジェームズ・サーペル教授の研究結果に基づく、現状の49日齢、海外にも規制事例があり、多くの専門家が推奨する56日齢と3つの意見に分かれています。

ジェームズ・サーペル教授とは
動物行動学の世界的権威で、米ペンシルバニア大学獣医学部の教授。環境省主催のシンポジウムなどで、「子犬の分離時期は7〜9週齢の間が最適で、6週齢では悪影響がある。10〜12週齢は9週齢に比べてそれほど悪くない。8週齢と決めるなら素晴らしい事で、それはある種の安全な妥協点になる。」などと発言している。
※1週齢=7日齢

動物の愛護及び管理に関する法律
平成24年に行われた法改正以前は、「健全な育成及び社会化を推進するため、適切な期間、親兄弟とともに飼養・保管」と具体的な日齢は示されていませんでしたが、平成24年の法改正に伴い、平成25年9月1日より、「生後56日を経過しないものについて、販売のため、又は販売の用に供するために引き渡し又は展示してはならない」となりました。

しかし、これには附則があり、施工日から起算して3年を経過するまでの間は、「56日」とあるのは「45日」と読み替えるものとする。その後は別に法で定める日までの間は「49日」と読み替えるものとする。とされています。

その為、平成28年9月1日〜現在に至るまでの間は「49日」となっています。

今年の法改正に向けた調査
研究テーマ

環境省では、今年の法改正に向け平成25年度から、専門家、事業者、関係団体と共にデータを集め調査してきました。

調査方法は平成25〜平成29年度の間に、ペットショップまたは繁殖業者が経営するペットショップを通じて販売された犬の飼い主を対象に、迎え入れた愛犬を約半年程度飼育した後、ジェームズ・サーペル博士が開発したC-BARQと呼ばれる犬の行動解析システムのアンケートに協力してもらい、回収されたアンケートの中から記載不備等のものを除いた、4033頭の犬を対象に調査は行われました。

また、補足調査として、ペットショップ、ブリーダーの飼育環境のアンケート調査も行われました。

調査結果
今回の調査結果では、親兄弟から引き離す日齢と問題行動の発生の関係性は証明されませんでした。

問題行動が起こる要因として、日齢による影響はほぼ無いに等しく、犬種、遺伝子、母体の状態、出生前後の飼育環境等が複合的に絡んだ結果であるとの意見も出ました。

まとめ
中山優雅

今回は環境省が行った調査を基に説明させていただきましたので、調査結果として親兄弟から引き離す日齢と問題行動の発生の関係性は証明されませんでしたが、幼齢個体の引き離し時期については様々な専門家の意見、将来的に発生する可能性のある問題行動の面を考えても56日齢の方が安全だという事は間違いはないと思います。

しかし、それには子犬が生後56日までを過ごす環境が整っていなければ全く意味がないどころか、かえって問題行動が生じるリスクが多くなることは言うまでもありません。

また、法改正により引き離し時期が56日齢になったとしても、生年月日の偽造などの新たな問題は確実に出てくるでしょう。

今年予定されている法改正でどのような結果になるかはさておき、飼い主の皆様は周りの情報に振り回されず「目の前の愛犬に対し適切な教育を行い育てる事」に専念してほしいと思います。

愛犬に対し適切な教育をしっかりと行う事が出来れば、問題行動の発生を抑える事は可能なのです。


(ドッグトレーナー提供:中山優雅)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

熊本県、感染症の犬10匹処分 「レプトスピラ症」疑い

熊本日日新聞


熊本県は16日、県内の保健所で保護した犬や猫を収容する県動物愛護センター(熊本市東区)で犬の感染症が発生し、10匹を殺処分したと発表した。県健康危機管理課によると、人にも感染の可能性がある「レプトスピラ症」の疑いがあり、確定検査している。

 同課によると、県御船保健所が1月19日に保護した犬18匹のうち、2月14日までに6匹が死んだ。いずれも下痢や嘔吐[おうと]、黄疸[おうだん]などレプトスピラ症の特徴があり、獣医師が14日、家畜伝染病予防法に基づき県家畜保健衛生所に疑い事例として届け出た。

 センターは、同じ集団で症状が出た10匹を殺処分し、残る2匹は経過を観察している。

 レプトスピラ症は主にネズミを媒介とする細菌感染症で、人が感染した場合は発熱や頭痛など風邪のような症状が出る。(太路秀紀)

posted by しっぽ@にゅうす at 11:29 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの死を受け入れ、乗り越えるための方法

ニコニコニュース


ペットを飼うべきではないという意見もありますが、私は子どものときも親になってからもいろいろなペットを飼い、死んだときには嘆き悲しみペットロスを残り超えてきました。悲しみを少しでも和らげるにはどうすればいいのか、今でもさっぱりわかりません。けれども、ペットの死に直面したときに何が待ち受けているかはわかるようになりました。ここではペットが生きているときにしておくべきことから、悲しみから立ち直る方法を紹介します。

延命治療の方針を決めておく
子犬を家族に迎え入れると、あなたはその犬の健康に対して責任を負うことになります。犬はあなたに愛情を注いでくれます。あなたは犬に食べ物を与え、運動をさせ、病気になったら治療を受けさせます。

犬が年齢を重ねるにつれ、病院通いがぐっと増え、医療費はどんどんかさんでいきます。慢性疾患がある場合は何年にもわたって治療を受けなければなりませんが、The Onionには「責任感とお金さえあれば何とかなる」と皮肉交じりに書かれています。

ペットの最期が近づいてきたら、どの程度まで延命治療を施すのかを、パートナーならびに獣医師と率直に話し合ってください。そして方針が決まったら、その内容を子どもに年齢に応じた言い方で伝えましょう。ペットの生活の質(QoL)を落とさずに長生きさせるにはどうすればいいのか今考えていると、わかるように説明してあげてください。安楽死させたほうが苦しまずに済むことを子どもはわかってくれます。ただし、ペットを死なせるのは手間がかかるようになったからだと思われないようにしましょう。

決断を先延ばししない
大学に入って最初の学期を終えた私は、クリスマス休暇で帰省しました。家に着いてまず目にしたのは、ダイニングテーブルの下に横たわり、浅く速い呼吸を繰り返す飼い犬のピーナッツでした。私はキッチンに行って父に電話をかけ、ピーナッツが危篤状態であることを知っているか尋ねました。父はわかっていると答え、獣医のところで安楽死させる予定なのだと言いました。電話を切ってダイニングルームに戻ると、ピーナッツはすでに息を引き取っていました。楽にさせてあげることができなかったのです。

すぐに新しいペットを飼わない
多くの子どもたちにとって、ペットの死ほどつらい体験はありません。それが突然死だったり事故死だったりすれば、その悲しみはいっそう増します。命は有無を言わさず突如として奪われてしまうという事実を知るのは、やりきれないものです。親としては、子どもにつらい思いをさせるのは何よりも耐え難いことの1つです。もぞもぞ動く子犬を連れ帰って大喜びさせたい気持ちはわかりますが、こうした類いの苦しみ、つまり愛情があったからこその悲しみを避けて通ってはいけません。

飼っていたペットの死について子どもが質問してきたら、どんなことでも答えてあげましょう。恐怖や怒りを抱えている場合は、それを吐き出すよう促してください。一緒に泣いて慰めてあげてください。

友人や親せきは良かれと思って、新しい猫をいつ飼うのかと聞いてくるでしょう。あなたは人生の半分ものあいだ、亡くなった猫に愛情を注いできたというのに。また、カナダ人の歌手で動物愛護家のサラ・マクラクランも、保護施設にいる気の毒な無実の動物たちを助けてほしいとCMで訴えて、あなたに罪悪感を抱かせるでしょう。

でも、彼らの言葉には耳を貸さないでください。毛のふわふわした動物が恋しくなったら、留守にする隣人のネコを世話してあげたり、動物保護施設でボランティアをしたりしましょう。家族全員の心の準備ができるまでは、新しいペットを迎え入れるべきではありません。あまりにも早く新しいペットを飼うのは、悲しみから立ち直るのに長い時間を必要とする人にも、先代の代わりになんてなれない新しいペットにも不公平です。

亡くなったペットの良いところを10個書く
このアイデアは、ジュディス・ボースト作の絵本『ぼくはねこのバーニーがだいすきだった』から拝借しました。

埋葬でも、お別れの会でもかまいません。ペットロスから立ち直るためにも、ペットの死の悲しみから逃れるためにも、何か儀式を執り行なって、悲しみに区切りをつけましょう。家族ひとりひとりに、旅立った愛するペットの良いところを10個リストアップしてもらいましょう。そして、その内容を見比べてみるのです。同じことが書いてあれば、家族の心は結びつきます。違うことが書いてあれば、子どもたちが亡くなった犬を愛していたのはなぜなのかが見えてきます。


posted by しっぽ@にゅうす at 11:12 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする