動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年02月08日

犬を室内で飼う時に覚えておきたい6つの心得

ネタりか


犬を室内飼いするときの心得とは
伏せをするトイプードル

近年、マンションなどの集合住宅が増加したために犬を室内飼いする家庭が多く見受けられるようになりました。
その上、外飼いは犬にストレスをかけてしまうともいわれています。
ですので、基本的には犬を飼うときは室内飼いが良いとされているのです。

そこで、犬を室内で飼う時に覚えておきたい心得を6つ、私の経験談も踏まえつつご紹介したいと思います。

1.構い過ぎに注意!
犬と遊んでいる男の子

同じ家の中で犬と暮らしていると、どうしても犬のことが気になってしまい、知らず知らずの内に構い過ぎている場合があります。
ちやほやされてばかりいる犬は、問題行動を起こすようになることもあるので注意が必要です。
犬のストレスを減らすために室内飼いをしているはずが、飼い主の構い過ぎによってストレスを感じることになってしまったら元も子もありません。
室内飼いをする前に、予め犬との接し方を考えておくよう心掛けたいです。

2.犬が落ち着ける居場所を作る
寝ている柴犬

犬は、自分の匂いがついた場所や狭いところを好む習性があります。
そのため、サークルやケージで犬が落ち着ける居場所を作ってあげましょう。

私ははじめ、なぜサークルやケージに閉じ込めなければいけないのだろうと不思議に思っていました。そんなことをしたら可哀想だと思い、家の中を自由に行動できるようにしていました。しかし、しつけの先生に「犬は自分のテリトリーを守ろうとするため、家の中を自由に行動できるようにすると家中を守らなければならないと感じてしまう。」とお聞きし、ハッとしました。すぐに柵を作り犬の行動範囲を狭めると、どうしたことでしょう!へそ天でぐっすり眠るようになったではありませんか!!

可哀想なことをしていたのは、私の方だったのです。

3.誤飲や誤食をさせない
ゴミの中に佇む犬

犬の誤飲や誤食は、命に関わります。

犬は、想像以上に何でも飲み込んでしまいます。タオルやビー玉、私の知り合いの飼う大型犬はビンまで飲み込んでしまったことがあるそうです。ひどい場合は開腹手術をしなければならないため、常に家の中で誤飲の可能性のあるものに気を配る必要があります。

我が家は、ゴミ箱をフタ付きのものに替えました。それでも開ける可能性があるので、犬の届かない場所に置いています。
事前に危険を回避するよう心掛けましょう。

4.適温を保つ
温度計

犬にとっての室内の適温は20度前後、湿度は50%程度を目安に設定しなければなりません。

我が家では、まだ涼しいと思いクーラーを付けずに過ごしたことで、愛犬が熱中症のような症状を起こしてしまったことがあります。あんな可哀想なことを二度と起こさないために、温度&湿度計を置くようにしました。
犬にとっての適温を保つことは、飼い主として当たり前の義務です。

5.無駄吠えへのしつけ
威嚇する犬

犬は吠える動物です。しかし、マンションなどで室内飼いをしていると、無駄吠えには注意しなければなりません。
なぜ吠えているのか理由を突き止め、ご近所迷惑にならないようにしたいですね。

6.こまめなブラッシングを
ブラッシングされる犬

犬を室内で飼うなら、こまめにブラッシングをするのを忘れてはいけません。普段からこまめにブラッシングをしていれば、抜け毛に関しての悩みは減るはずです。
ブラッシングをすることは、コミュニケーションにもなるので大切にしたいです。

まとめ
笑顔の子犬

犬を室内で飼う時に覚えておきたい心得を6つご紹介しました。

愛犬が快適に暮らせる環境作りは、飼い主である私たちの大切な仕事です。犬と暮らす日々をより充実したものにするため、最低限の心得は覚えておきたいものですね。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫2匹 お年寄りに癒やし 譲渡会で探し引き取る 函館の特養ホーム

北海道新聞


【函館】特別養護老人ホーム潮寿荘(函館市釜谷町605)で、「億(おく)」と「集(しゅう)」と名付けられた猫2匹が入居者と一緒に暮らしている。2匹は函館のNPO法人「南北海道動物愛護ネットワークみらい」から引き取った猫。日中は施設内を自由に歩き回り、入居者や職員たちに癒やしを与えている。

 オスの「億」とメスの「集」が潮寿荘にやってきたのは2014年10月。東京に猫を飼っている高齢者施設があることを知っていた柏原美之施設長が、自身も猫好きだったこともあり、潮寿荘での猫の飼育を提案したのがきっかけだった。

 この提案を受け、2匹を同時に飼育することや、入居者を傷つけないよう手の爪の手術をすることなどを施設内で決定。捨てられてしまった猫の中から、施設に合う猫を迎え入れることにしたという。

 その後、柏原施設長が、動物愛護に関する一連の活動について以前から知っていた「みらい」の譲渡会に何度も参加。みらいの鈴木洋美副代表が保健所から引き取って保護していた生後2カ月ほどの猫2匹を、施設で受け入れることになった。

 「人を怖がらず、丸顔の垂れ目に一目ぼれしました」と柏原施設長。「億」の名には、安定してホームの運営ができるようにとの願いが込められた。「集」は、職員や入居者がにぎやかにホールに集まるようにとの思いで命名された。

 猫たちは現在、ホールに設置された職員手作りの「猫ハウス」(3階建て)を拠点に生活しており、職員皆で世話に当たっている。昼間はハウスの扉が開かれており、2匹はホールを中心に施設内を自由に行き来している。

 入居者のひざの上に乗ったり、歩行器のかごに入ったりしているほか、入居者と一緒にソファに座ってくつろぐ姿を見せることも。時には、入居者の居室に入ってナースコールを鳴らしてしまうこともあるが、入居者たちも一様に猫との触れあいを楽しんでいるという。

 潮寿荘はさらに、インターネットのブログ「にゃんこ通信」を通じて「億」と「集」の近況を随時紹介。今年、ブログの存在を知ったみらいの鈴木副代表は「ここまでかわいがってくれるとは思わなかった。幸せになっていて本当にうれしい」と喜んでいる。(押野友美)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「これから犬や猫を飼う人へ」引き取り数が10万頭を超えた運営代表が想いを語る

grape


ペットを飼うなら生涯飼育は当たり前のことなのですが、経済的な理由や健康的な問題などで、捨ててしまう人が後を絶ちません。

殺処分されてしまう犬や猫を少しでも減らそうと、各自治体が努力しているものの、全国で殺処分をゼロにすることは困難。

そこで大切になってくるのが、ペットを引き取ってくれる里親の存在です。

ただ、自分で里親を探すにはどうしたらいいのか分からず、保健所に持っていってしまう人も多いのだとか。

そんな中、里親を募集するサイト『ペットのおうち』が、里親へ引き取られた動物の累計が10万頭を超えたと発表。また、ペットを飼う上での心構えを語り、注目を集めています。


ペットを飼う人へ
運営会社の代表は「これから犬猫を飼う人」や「里親になる人」の心構えを語っています。

これから犬猫を飼うかたへ
ペットの飼育は楽しいことだけではありません。通院、介護、ブラッシング、犬の場合には散歩など多くの時間が拘束されます。医療、フード、トリミング、ホテルなどの費用負担もあります。集合住宅の場合、ペット可物件が少ない上に、敷金なども通常より増えるケースが多く部屋探しも大変です。人間の何倍ものスピードで高齢を迎えます。死に向き合わなければならないと分かっている、小さな命を家族に迎い入れるわけですから、苦労はほかにもたくさんあります。

しかし、ペットはあなたにとってかけがえのない存在となり、人生経験を豊かにし、亡くなった後も色あせることなく輝き続けるたくさんの思い出を残してくれます。命の素晴らしさ、はかなさをもっとも身近に教えてくれる存在であり、飼育経験は人生のさまざまな場面で有意義なものとなるでしょう。

『可愛い』『癒される』『ひと目惚れ』『助けたい』『ほかの人に取られたくない』などといった、一時的な感情だけではペットが亡くなる日まで飼育できず、ペットを不幸にしてしまうかもしれません。ぜひ、ペットの幸せを第一に考え、ペットと共に生きる豊かなライフスタイルを目的とした、飼育をしていただければと存じます。

里親を希望されるかたへ
『ペットのおうち』で里親を募集しているペットは、何らかの理由により飼い主を失ったペットがほとんどです。ペットは単独で生きていける自立した動物ではなく、そのストレスや寂しさ、不安は計り知れないものがあります。

あなたが里親になった時、時間が必要かもしれませんが、ペットはあなたを親・家族として信頼し、新しいおうちや家族を得られたことに幸せを感じるようになるでしょう。私たちは、そんなペットに二度と同じ思いをしてもらいたくありません。

覚悟を持ち、ルールを守り、素晴らしい里親になっていただけることを切に望んでいます。

安易な気持ちでは、ペットを飼うことも里親になることもできません。しっかりとした覚悟を持って、ペットと向き合うことが必要です。

少しでも犬や猫の殺処分がなくなるように、こういった活動が広まることが望まれています。

[文・構成/grape編集部]

posted by しっぽ@にゅうす at 08:08 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シカ襲う野犬、人に危害も 京都・宇治周辺、捕獲おり設置

Yahoo! JAPAN


昨年6月から7月にかけて、京都府宇治市南東部の山間地、白川地域でシカを襲うシェパードのような大型犬が目撃されて以降、周辺市町の山間部などでシカを襲う野犬の目撃が続く。1月14日にも新たに目撃情報があり、一帯では住民や自治体が警戒を強める。
 最初の目撃情報は、白川地域の農地で大型犬がシカを襲っていた。野犬が人に危害を加える恐れもあるため、宇治署が周辺をパトロールし、府山城北保健所は目撃現場近くに捕獲用のおりを設置した。
 さらに昨年7〜12月にかけて、城陽霊苑(城陽市寺田)付近や、宇治市と宇治田原町の境界に近い府民スポーツ広場(久御山町飛び地)、天ケ瀬ダム周辺でシェパードのような大型犬やシカを襲う犬が目撃された。だが全て同じ犬がどうかは分かっていない。
 白川地域では、その後も警戒が続く。目撃地点周辺に市が監視カメラを設置した。野犬はシカを追っているとみられ、白川区の役員は昨年10月から、動物が嫌って避ける効果のある木酢液入りの容器を住民が通る道路沿いに設置する。そのほか、児童の登下校時の見守りも続ける。小島確二区長(63)は「子どもやお年寄りが危害を加えられるようなことがないようにしたい」と話す。
 1月には、府民スポーツ広場周辺で、シカにかみついているような中型犬が目撃された。広場を管理する府公園公社は注意を呼び掛けるポスターを貼り、保健所も捕獲用のおりを設置した。
 府山城北保健所は「もし野犬を見掛けても不用意に近づかないように注意し、見つけたら保健所や警察に通報してほしい」と呼び掛けている。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が飼い主に甘える4つの理由

ネタりか

甘えるという行動は母親と思っているから?
母犬に寄り添う子犬

今回は犬が飼い主に甘える理由についてご紹介していきますが、基本的に犬が飼い主に甘える理由の根本は、子犬が母犬に甘えることと関係しています。

子犬は不安感や恐怖心を感じると、安心感を求めて母犬の下へと行き寄り添うような行動を取ります。それにより母犬は宥めるため、体を舐めてあげるなどの対応をするわけですが、これは飼い主が愛犬に対して撫でてあげるという行動と類似しています。

また、愛犬が飼い主に対して母犬のような愛情と信頼感を持っていなければ、甘えては来ないということにも繋がります。つまり、甘えられるということは、愛犬が「飼い主さんのところに行けば助けてくれる」といった信頼感を持っているということが前提となります。

犬が甘える理由4つ
足にすり寄ってくる柴犬

犬が飼い主さんに甘える理由は、基本的に飼い主さんに対して母親のような信頼感を持っているからということを大前提として、具体的にはどのような理由から犬は飼い主さんに甘えてくるのでしょうか。

1.寂しいという心理
まずは寂しさを感じている時に母親のような飼い主さんの愛情を求め、甘えてくるという理由が挙げられます。甘えるという行動にも様々な行動やしぐさがありますが、単に寄り添って来るという時には、「隣にいたい」という寂しさゆえの行動が多いです。

また、飼い主さんが長い時間外出をしていたなど、愛犬にとって久しぶりに再会したと感じる場合にも、すぐに飼い主さんの下へ行き寂しさを紛らわそうとする子が多いです。

この長い時間というのは、その子によっても感じ方が違いますが、4時間外出しただけでも寂しさを感じる子は多いと言われています。人間にとってはたった4時間ですが、犬にとっては非常に長い時間に感じるのです。

2.遊んで欲しいから甘える
ボールを持ってきた犬

次に考えられる理由として、飼い主さんに遊んで欲しいという理由です。遊んで欲しいと感じている時は、隣にやって来てちょんちょんと前足で合図をしてくることも多いです。「寂しい」という気持ちとは少々違いますが、根本的に「構って欲しい」という気持ちであることは同じです。

中には遊んで欲しいと思っている時にアピールし、飼い主さんが気付いてくれないとわかると、自分のお気に入りのおもちゃを持ってきて飼い主さんにアピールするという強者もいます。

これもやはり、母犬に遊んでもらいたいという子犬の気持ちに似ているため、飼い主さんのことを母犬代わりに見ていることを表しています。

3.不安を落ち着かせて欲しい
不安を感じている時にも甘えてくることがあります。最初に犬が飼い主に甘えるという行動は、子犬と母犬の関係が影響しているという話をしましたが、そこでも不安を感じると母犬にすがりつく子犬が多いという話がありました。この話が色濃く影響している理由がこの理由と言えるでしょう。

人間は気にしないようなちょっとしたことでも不安に感じる子が多いです。その多くは音が関係しています。有名な不安の原因に雷の音や工事の音が挙げられますよね。

このような不安要素が周囲の環境にある場合には、飼い主さんはそれを取り除いてあげるか、それができないようであれば撫でてあげることで落ち着かせることが大切です。

4.痛みや苦しみを訴えている
膝の上でくつろぐチワワ

飼い主に甘えようとしている子の中には、体に違和感を感じ、それを飼い主に伝えることによって助けてもらおうという理由から、飼い主に甘えるような行動をとる子もいます。「飼い主さん、何だか変だよ。助けてください」といった心理状態です。

犬は自分の体に違和感を感じても、基本的には自分でどうにかするということができません。病院へ行くにも飼い主さんの助けが必要ですよね。それをしっかりわかっているからこそ、飼い主さんに助けを求めているのです。

また、「飼い主さんに伝えることでどうにかなる」という厚い信頼も得ることができていると言えるでしょう。

まとめ
お腹を見せる柴犬

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主さんに甘える根本的な理由は、母犬のような信頼関係を築いているからです。ぜひその信頼に応えてあげる事ができるよう、飼い主さんなりに「甘える」という行動に対して応じてあげましょう。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする