動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年02月09日

中濃の20代女性、知識不足で一時70匹に 相次ぐ猫の多頭飼育崩壊

中日新聞


日本は今、空前の猫ブームを迎えていると言われる。だがその陰で、飼い主の知識不足で近親交配を招き、急激に増えすぎた多頭飼育崩壊が各地で起きている。ピーク時に70匹の猫を飼い、譲渡で40匹まで減らした中濃地方の20代の女性は「こんなに早く産むと思わなかった」と飼い主としての責任を感じている。

 アパートの一室のドアを開けると猫特有のふん尿の臭いが鼻を突いた。いすや壁は爪研ぎでボロボロだ。似たような毛色をした猫が、部屋中を動き回っている。

 女性がかつて住んでいた部屋だが、今は、猫だけの住まいだ。女性は昨年から別のアパートで寝泊まりしている。猫の部屋代とえさ代だけで月に数万円かかるため、昼間と夜の仕事を掛け持ちし、毎日少なくとも二回、仕事の合間に訪れて世話をしている。

 飼い始めたのは七年前のこと。動物愛護ボランティアから、雄の子猫を引き取った。「かわいくて、ひと目で気に入った」。その後、弟が雌猫二匹を近所で拾ってきた。不妊去勢手術をしていなかったため近親交配などで爆発的に増え、四年後に七十匹に激増した。

 日本動物愛護協会(東京)はホームページで「人間の都合で不幸な犬や猫を増やさないために不妊去勢手術は必要」などと呼び掛けている。女性は「知っていたが、忘れていた。自分のせいで猫に申し訳ない」とため息をついた。

 二〇一五年ごろ、行政を通じて事態を把握した動物愛護ボランティアなどの協力を得て全頭の不妊去勢手術を終え、譲渡を始めたが、もらい手は少ない。

 それでも、保健所には連れて行かないという。「かわいそうだから」。関わるボランティア女性は「多頭崩壊の飼い主の中でもかなり責任感を持っている方だが、猫が大きくなってしまうともらい手は見つかりにくい」と肩を落とす。

 十二日午前十一時から、女性の飼う猫を中心に、病気やハンディキャップを抱えた猫や犬の譲渡会が、岐阜市岩地の犬のしつけ教室「ONELife(ワンライフ)」で開かれる。(問)ボランティアの天谷さん=090(4851)3313

 (篠塚辰徳)

◆地域が協力し防いで
 一九九四年から全国のペット推定飼育数を調べているペットフード協会(東京)によると、二〇一七年に猫が初めて犬を上回った(猫九百五十万匹、犬八百九十万匹)。一方で、猫の繁殖力の強さは忘れられがちだ。種類によっては生後半年から妊娠可能になり、条件さえ合えば年中、繁殖する。

 多頭飼いは、不妊去勢手術をせず何匹も飼ううち、近親交配などで増えてしまうことがきっかけになる。日本動物愛護協会元理事の各務能正さん(68)=多治見市=は「近所に知られずに五十匹、百匹と飼っている人は至る所にいる」と指摘する。

 県内だけでも、一人暮らしの高齢者や精神的にペットを手放せなくなった飼い主らが、追い詰められて行政やボランティアに助けを求めるケースが近年、増え続けているという。

 個人所有のペット相手では行政は指導以上の介入はできず、ボランティアによる譲渡活動も追い付かないのが現状だ。本来は飼い主の責任だが、各務さんは「高齢者を地域で見守るのと同じように、周囲が手遅れにならないうちに気づき、手を差し伸べる必要が生じている」と話している。



posted by しっぽ@にゅうす at 08:14 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットが急病に! そんな時はどうする? 専用救急の利用方法と普段の注意点

毎日新聞


ペットが急病で具合が悪くなった時に対応してくれるところをどのくらい備えているだろうか。人間は育児相談や急病時に電話できるコールセンターが公的または民間でも用意されているが、犬や猫の急病時に対応できるところはあるのだろうか。また、普段から気をつけておきたいポイントをあらかじめ知っておこう。

持病があっても入れる場合も 最新“ペット保険”事情

■受診方法、費用…救急センターを利用するときのポイント

 ペットの急病時にかかりつけの動物病院にかかることができれば安心だが、対応ができないときは救急病院・センターに連絡することになる。救急病院(救急センターなど)は、病院で受診するものと、往診に来てくれるものがある。病院で受診する場合は、指定の連絡先にあらかじめ連絡してから来院する旨を伝えよう。往診の場合も指定の連絡先に連絡し、状態を伝えて飼い主の同意のもと、という流れになる。

 処置にあたっては救急対応であるため、飼い主として留意しておきたい点がある。ペットの容態や状態によっては、一刻を争う緊急を要する処置を行う場合がある。そのため、飼主は医師からその場では詳しい説明を受けられないこともあることは想定しておこう。また、処置に対して飼い主が判断をしなければならない際に検討する時間も限られてしまう事もあるという事だ。

 費用については病院によって様々だ。ただし、ホームページなどにも提示されていることもあるため、事前に確認しておくと慌てずに済むだろう。高額になることもあるので現金で足りない時のためにクレジットカードを用意しておくと安心だ。

 電話相談の24時間365日受付をする専門サービスであったり、登録をすれば早朝・深夜、休日でも直接、電話で獣医師につながることができたりする病院などもある。登録に費用はかからず、利用する際に1分につき定額を支払うというものだ。毎月固定費がかからず、必要な時のみ利用できるのでコスパが良いのが特徴だ。

■冬はペットも“冷え”に注意、季節の変化が影響することも

 そんなことにはならないように普段から飼い主は気をつけていたいところ。特に、寒い冬に気をつけたいのは、犬は骨や関節の病気、猫は膀胱炎に注意しよう。どちらも原因は冷えにある。犬が散歩を嫌がったり、足を痛がることがないかを観察しよう。猫は冬場の水の接種が減ってしまうと膀胱炎などにかかることもあるので、飲みたい時に飲めるような環境づくりを心がけたい。人間も冬はカラダが強ばってしまい水分の補給も怠りがちだ。ペットも人も「冷え」は大敵というのは変わらない。

 また、この季節、気をつけたいのが犬のチョコレート中毒だ。バレンタインの時期は家庭内にチョコレートがあることが多くなる。そのため犬が誤飲しないように飼い主がきちんと管理することだ。

 急病というのは、人間にもペットにも突然起こるものだ。いざというときのためにペット保険を検討したり、かかりつけの動物病院以外にも緊急時に応対してくれる救急病院を日頃から知っておくことは、飼い主にできる最善の備えだろう。

【文・監修:SAKU株式会社】
しあわせな人生をデザインする会社、人生とお金をコンセプトとする編集制作プロダクション。これまでの金融・経済やマネーのイメージをくつがえす「発想力」を展開中。

posted by しっぽ@にゅうす at 08:12 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を賃貸物件で飼う際の注意点3つ

ネタりか


ちょっと待って!賃貸物件で犬を飼うその前に
ソファーで寛ぐ犬

トイプードルに柴犬、ダックスフンド…。近所を歩いていると、さまざまなわんちゃんに出会います。それもそのはず、今や犬の飼育数は900万匹近くに上ります。数年前のペットブームは落ち着きを見せてきたといわれていますが、『ペットを飼っている割合は3世帯に1世帯』という現状を見ると安易に落ち着いているとはいえないのではないでしょうか。

読者さまの中には、今まさに「わんちゃんを飼いたい!」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、賃貸物件の場合はいくつか確認しておくべき注意事項があります。
賃貸物件で犬を飼う際の注意点をまとめてみたので、ぜひご参考にしてください。

1.「賃貸借契約書」をチェック
契約書

「賃貸借契約書」とは、不動産賃貸には欠かせない契約書です。
難しいことばかり書かれていて読むのが面倒…と思ってしまいがちですが、ペットの飼育に関することも賃貸借契約書に載っているので、確認しなければなりません。
これは、マンションなどの集合住宅でも、一戸建ての場合でも同じです。

「禁止ではないけれど、許可を要する。」とされていることもあるため、もう一度賃貸借契約書を詳しくチェックしてみてくださいね。
「許可を要する」物件にも関わらず、許可を取らずに無断で飼い始めるのはトラブルの元になります。必ず事前の許可を取るようにしてください。

その際、飼ってもいい動物の種類や大きさ、頭数なども聞いておくとよいです。
私の知人のマンションでは、「犬をエレベーターに乗せるときは抱っこorベビーカーに乗せること。」という決まりがあるそうです。
その他にも「大きさはケージに入れて持ち運びができる大きさ」や「バルコニー、専用庭で放置したり、飼育したりしない」などの規約があることもあります。

2.「原状回復義務」どの程度?
考えている女性

賃貸物件は、住んでいた人が退去する際、家の中の傷んだ箇所を修復して次の人に部屋を貸し出せる状態に戻す必要があります。それが「原状回復義務」です。

生活の中で、通常の使用による損耗などは、契約時に支払った敷金で賄われます。しかし、敷金以上の修繕費がかかる場合、賃貸人は不足分を賃借人に請求することができるのです。

この原状回復費用は当たり前ですが、犬を飼育していない場合よりも、犬を飼育していた方が高くなることが多いです。
かつて、大家さんが入居者に対して多額の原状回復費を請求してトラブルとなるケースが頻繁にあったそうです。そのため、国土交通省からガイドラインが発表され、東京都では条例で「原状回復の原則」などを賃貸の仲介業者が説明することが義務付けられています。
不明な点があれば、部屋を借りた不動産屋さんか、地域の宅建協会に相談してみてくださいね。

3.家の中の素材は?
床で伏せている犬

家の中の素材、その中でも特に床の素材には注意しなければなりません。
もし床がフローリングなら、犬が滑らないようにカーペットを敷いてあげてください。気をつけなければならないのが、畳の場合です。畳の場合も同様に、カーペットやマットなどを敷いておきましょう。我が家のわんこは、静かにお利口にしているな〜と思っていたら畳を少しずつ噛み噛みしていました(笑)

畳は、太陽の光で色褪せたり、人が歩くことで磨耗され劣化していきます。これは日常の生活の範囲で起こりえることなので、現実回復費用を負担する必要はないと思います。
しかし、わんこが噛んでいたとなれば話は違います。原状回復費を請求されることもあるでしょう。(トホホ…。)

また、木の柱など犬が好んで噛む素材がふんだんに使用された物件は避けるべきです。

まとめ
寝ている子犬

犬を賃貸物件で飼う際には、

✔「賃貸借契約書」をチェックする
✔「原状回復義務」がどの程度かを考える
✔家の中の素材(特に床と柱)を確認する

この3つは決して忘れてはいけません。

わんちゃんと飼い主さんがトラブルなく、楽しく暮らせるといいですね!


posted by しっぽ@にゅうす at 08:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生涯犬を飼うこと禁止 英の動物虐待男に判決

Yahoo! JAPAN


友人から預かった犬を虐待したとして、イングランド南東部イースト・サセックス州ヘイスティングスの裁判所は1月12日、63歳の男に「生涯犬を飼うことを禁じる」判決を下した。
 同州ベクスヒル・オン・シーに住むローレンス・スケルソン被告は、友人から預かったボストン・テリアをモップや板切れで叩くなどして虐待。隣人が虐待の様子をビデオ撮影し、動物虐待防止協会に通報したことから明るみに出たもので、同被告には約7万円の罰金などが科せられた。
 犬は後遺症をもたらすけがもなく、飼い主に引き取られた。

(イギリス、ベクスヒル・オン・シー、2月8日、映像:SWNS/AFLO)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靴下でお散歩対策も 雪に弱い“都会犬”は注意が必要

Yahoo! JAPAN


寒いのは人間だけじゃない。童謡の「犬は喜び庭駆け回り…」という歌詞は脇に置こう。雪国犬の約4割が足トラブルを抱え、さらに弱い都会犬たちにもたくさんの危険がある。「冬の趾間炎(しかんえん・指と指の間の炎症)」などについて、獣医師による危険度チェック項目を見てみよう。 犬に関する商品・情報発信サイト「docdog(ドックドッグ)」(ディライトクリエイション・東京)が 、北海道在住の犬の飼育者400人を対象にアンケート調査を実施した。まずは雪国における足のトラブル・リスクに関する調査結果から。冬場の散歩道は8割超が「雪道」。散歩の時は「溶けて硬くなった雪の上」や「やわらかい雪の上」を歩く飼い主が8割を超え、犬も恒常的に雪道を歩く環境にある。また「融雪剤がまかれた道」や「雪の中に木の枝や尖った雪」などを見たことがある飼い主も約半数に上り、冬の趾間炎のリスクが高い状況であることがわかった。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 もっとも、“都会犬”も他人ごとではない。今年は寒波も厳しく、東京でも大雪が降っている。普段、雪が降らない地域の犬たちだからこそ、雪国の犬たちに比べ身体が順応していなかったり、飼い主がリスクを認識していなかったりするため、降雪時に四肢のトラブルが起こりやすい。

 雪国では、散歩中に気をつけている項目トップが「体温調節」(50.5%)。愛犬に服を着させる飼い主が68.8%。犬用の服は必需アイテムだ。犬の靴や靴下の認知度も92.8%だが、着用経験がある犬は28.6%、現在着用中の犬は10.8%とかなり低い。冬の趾間炎になりやすい10のチェック項目を確認して、靴や靴下で予防してあげよう。当てはまる場合は寒さに弱いコ。冬の趾間炎になりやすい可能性があるので注意が必要だ。

【冬の趾間炎になりやすい10のチェック項目】

@年齢が1歳までの幼犬、10歳以上の小型犬シニア期、7歳以上の大型犬シニア期のいずれかである

A体重10s未満の小型犬種である

Bシングルコート犬種(プードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、パピヨン、ボクサー、グレイハウンド等)である

C冬場の散歩時に震えていることがある

D冬場、毛布やタオルケットに潜り込む

E冬場、散歩に行きたがらないことが多い

F冬場、部屋の中で体を小さく縮こませていたりすることがある

G冬場は、普段より人に身体を密着してくることが増える

H冬場、水を飲む量が減る

I冬場、尿や排便の不調がいつもより増える
posted by しっぽ@にゅうす at 08:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする