動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年02月10日

殺処分解決へ5つの提言 ニュージーランドは全ての犬猫にマイクロチップ装着を義務付け

産経ニュース


★殺処分を考える(2)

 前回、殺処分の主な現状について紹介させていただいた。夕刊フジ紙面の都合で詳しくカバーできないが、殺処分について次のような解決方法を具体的に提言したい。

 (1)教育・啓発

 ドイツが1841年から全国の小学校で「人とペットの共生に関する授業」を始めたように、日本全国の小学校で、人とペットの共生について、動物愛護管理法の主要なポイントを含めて分かりやすく説明する授業を実施したい。「教育は人を創る」という言葉があるように、動物愛護・福祉についても幼少期から教えることが重要だ。動物や人に対する思いやりが醸成できる時期を逃してはならない。

 (2)鑑札・迷子札・マイクロチップの装着

 阪神淡路大震災や東日本大震災では、鑑札・迷子札やマイクロチップが装着されていないために、飼い主不明のペットが多かった。

 ニュージーランドでは、震災後、全ての犬猫にマイクロチップの装着を義務付けた。ペットフードを支援する場合も、子犬、子猫、成犬、成猫、高齢犬、高齢猫の数が分かれば、必要な種類と量のペットフードを提供できる。動物愛護管理法では、終生飼養を義務付けているが、少なくともペットの戸籍に代わり、法律でも義務付けられている鑑札に加えて、迷子札やマイクロチップは義務付けたい。

(3)不妊去勢手術の徹底

 野良猫や野良犬によって子猫や子犬が増えることが問題になっている。不必要かつ不幸なペットを増やさないように、保護施設から動物を渡す場合は不妊去勢手術を実施したい。また、生体販売時にも妊娠を望まない飼い主には、不妊去勢手術を行ってからペットを引き渡すことも有効である。

 (4)殺処分ゼロから飼育放棄ゼロへ

 殺処分ゼロ運動が日本では盛んだが、根本的な原因を断つ飼育放棄ゼロ運動を徹底したい。

 ドイツなどでは、ティアハイム(動物を収容している家)からペットの里親になる場合、家族全員を面接し、動物を受け入れることに賛成かどうか、また、ペットを譲り渡した後でも、そのペットが幸せに過ごしているかどうかをチェックしている。ブリーダー、ペット専門店、保健所、保護施設などで、家族全員の面接やその後のフォローを実施するシステムを日本でも構築したい。

 (5)ブリーダー・ペット専門店・保護施設からペット入手時の注意

 どのような種類のペットを迎え入れたら良いのかを慎重にチェックしたい。こんなに大きくなるとは思わなかったなど、将来の体形、体重、性格など、十分理解した上で、ペットを受け入れたい。

 人とペットの幸せな関係がいつまでも続く赤い糸の関係を構築したいものである。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:21 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼い犬猫、ミルクボランティアを動物愛護センター 20日に説明会

熊本日日新聞


熊本市動物愛護センター(東区小山)は、生後間もなく保護された犬や猫を一時的に預かり、授乳などの世話をする「ミルクボランティア」を募集する。20日午後2時から、同センターで説明会を開く。

 センターでは春と秋の出産シーズンに、授乳期の犬猫を多数保護する。特に子猫は例年100匹あまりが保護される。数時間おきに授乳する必要があり、多くは職員が連れ帰って世話をするが、3年前から市民ボランティアを募っている。

 20歳以上で、終日世話ができる人が対象。生後5週までの数匹を預かり、ミルクを与えたり、排せつ補助などの世話をする。ミルクや必要な器具はセンターが準備。生後1月半をめどに返還する。

 「ボランティアに愛情を持って育てられた猫は穏やかで、譲渡につながることが多い」と村上睦子所長。希望者は説明会への参加が必要(要事前申し込み)。同センターTEL096(380)2153。(西國祥太)

(2018年2月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

posted by しっぽ@にゅうす at 09:18 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が言うことを聞かない

産経ニュース

「この子、全く言うことを聞かないんです!」。先日、ジャックラッセルテリアの飼い主が困った様子で相談してきました。この犬種に限ったことではありませんが、飼い主の言うことを聞かない犬はまず落ち着きがありません。それは、飼い主に注目していないということです。

 ですから、まずは落ち着かせてアイコンタクトすることが大切です。その際、おやつを使うと効果的です。最初に「待て」と言いながら、おやつに注目させます。次に、おやつを犬の頭の上方へ移動させると、犬のお尻が下がりますね。そのタイミングで「お座り」と言います。上手にできたら、褒めながらおやつを与えてください。

 これを繰り返すことで、「待て」と「お座り」を身につけさせられます。すると、飼い主と犬の「主従関係」ができてきます。犬が飼い主の言葉に注目するようになり、訓練もしやすくなるのです。

 主従関係を普段の生活で築いていくには、食事や散歩の際に教えるといいでしょう。

 犬の社会では、上位の者から食事をします。愛犬がかわいいからと、飼い主よりも先に食事を与えてしまうと、飼い主を召し使いだと勘違いさせてしまうのです。ですから、皆さんが食事をした後に与えてください。その際、「お座り」「待て」「良し」とはっきりと命令した後に与えましょう。

散歩の仕方も大事です。犬たちはリーダーが先頭に立つと思っています。リードを短く持って、自分の先頭を歩かせず、横に並んで散歩しましょう。飼い主が頼りないと、犬は自分が優位に立とうとしてわがままになり、扱いにくくなります。飼い主は犬にとって頼もしいリーダーとなり、愛犬との楽しい毎日を過ごしてほしいと思います。(チームホープ、おもろ動物クリニック院長 金城秀敏)



posted by しっぽ@にゅうす at 09:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<大阪府>保護の犬猫、しつけて譲渡 「殺処分ゼロ」目指す

Yahoo! JAPAN


大阪府動物愛護管理センター(大阪府羽曳野市)は来年度から、引き取った犬や猫をトリマーや動物トレーナーに預け、見た目を整えたり、しつけをしたりしてから希望者に譲渡する事業を始める。新たな飼い主に引き取ってもらいやすくすることで「殺処分ゼロ」の実現に近づける。市民からの寄付金を財源に充てる計画で、全国的にも珍しい取り組みという。

 同センターは現在、引き取った犬や猫を希望者に譲渡する際、健康状態や衛生面を事前に確認しているが、毛並みの手入れやしつけまでは手が回っていなかった。外部のトリマーに依頼して毛並みを整えてもらうほか、しつけが不十分な犬や猫はトレーナーに訓練してもらうことにした。

 府は昨年3月に「おおさか動物愛護アクションプラン」を策定し、殺処分を2023年度までになくすことを目標に掲げている。府内全体の犬と猫の引き取り数は、09年度で犬約2100匹、猫約8800匹だったが、16年度は犬が約470匹、猫が約2600匹まで減少した。新しい飼い主に譲渡したか、元の飼い主に返還した割合も、犬が09年度の約3割から16年度は約7割に、猫も1%程度から約2割に上昇した。同センターはさらに譲渡が円滑になる取り組みを検討した。

 また、野良猫を減らし、猫の引き取り件数自体を少なくする事業も始める。去勢や避妊の手術を施し住民が世話をする「地域猫」活動の実施を検討している自治会などにアドバイザーを派遣する。野良猫の繁殖を抑えることで、飼い主のいない子猫を減らすことを目指す。

 財源は同センターへの寄付金を活用。昨年8月のセンター開設以降、犬や猫とふれあえる「自然活用型ゾーン」(約1万平方メートル)や飼い方教室を訪れた市民らから約100万円の寄付金が集まった。トリマーやトレーナーへの委託に29万円、野良猫を減らす事業に57万円を充てる計画で、病気などを理由に引き取られる犬や猫を動物病院に診てもらう事業も実施する予定だ。

 同センターは「少しでも殺処分を減らせるようにしたい」と話している。【藤顕一郎】


posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を飼い始めた時に起こりがちなトラブル4つ

ネタりか


「モンスター飼い主」と言われないために
散歩するゴルデンレトリバー

まず、犬を飼うのなら、最低限守らなければならないルールがあります。

✔散歩などのときはリードを付ける
✔糞尿の始末
✔犬の行動を制御できる飼い主になる
✔法で決められた予防接種をする

以上、4点は、基本中の基本です。
この4点すらきちんと守れないのなら、その飼い主自身がトラブルの元です。
そんな人は、モラルもなく、非常識な「モンスター飼い主」であり、犬をはじめ、動物を飼う資格のない人です。
以下の内容は、きちんと飼い主の義務、責務を果たし、きちんと愛犬の躾もして、糞尿の始末もしている飼い主さん前提のお話です。

犬を飼い始めた時に起こりがちなトラブル4つ
休憩する柴犬と飼い主

1.鳴き声がうるさいと文句を言われる
例え、お家の中で飼っていても、お家の中から犬の声が聞こえてくると、「あ、このおうちは犬を飼っているんだな」とわかりますよね。それは、チワワのような小型犬の声でも、シェパードのような大型犬の声でも、犬が嫌い、あるいは苦手な人にとっては、同じようにうるさいはずです。
昼間でも、赤ちゃんを寝かしつけている人がいたり、夜勤明けで日が昇ってからでも眠りたい人がいるかもしれません。体調が悪くて寝込んでいる人がいるかも知れません。
けれども、犬の方も何か飼い主さんに訴えたいことがあって、声を上げ、吠えているのです。
犬が吠えるのは、飼い主さんの責任です。
それなのに、「犬が吠えるのは当たり前だ」と思っているとしたら、それは大きな間違いです。
ご近所に苦情を言われるほど、犬が吠えるのは犬に問題があるのではなく、飼い主さんに問題があると考えるべきです。

2.糞尿を置きっぱなし疑惑をかけられる
斜め上をみる女性

犬を連れて、散歩をしていると、その散歩コースに自分たち以外の糞が転がっているのを目にすることはありませんか?野良犬がいるわけでもないのに、いまだに自分の犬の後始末をしない人がいることに驚きます。
あるいは、アパートやマンションなどの集合住宅に暮らしていると、同じ建物に住んでいる別の人が糞尿をそのままにしたりしていると、その建物の中で犬を飼っている人、全員が迷惑がられてしまう…と言ったこともあるそうです。
陰口を言われるだけならまだマシで、糞尿を放置している疑いをかけられた挙句、さらに嫌がらせがエスカレートして、他人の糞尿を玄関にばらまかれた、と言う話もあります。
あらぬ疑いをかけられた上に、嫌がらせをされるのは、本当に迷惑で面倒な話ですよね。

3.ノミが発生する
犬が散歩に行って仲良しのワン友達と挨拶したり、ドックランに行って、他の犬と接することがあったり、あるいは、外に出歩くタイプの猫と同居していると、ノミが発生することがあります。
最近の猫や犬につくノミは、人間も咬んで血を吸います。
一度家の中にノミが発生すると、完全に駆除するのはとても厄介です。
しかも、もしも集合住宅に住んでいるなら、そのノミはよそのお家にも移動して繁殖します。
「うちは、今までノミがいなかったのに、おたくが犬を飼い始めてから、うちにノミが出るようなった」などと苦情を言われると言ったことも、実際に起こりえるトラブルの一つです。

4.人や犬、猫などを咬む。あるいは、犬や猫などに咬まれる
犬を飼う上で、最も気を付けなければいけないのが「人を咬んだ」というトラブルです。
大型犬の飼い主さんは、自分の犬が人を咬んだ時にどんな大きな事故になるかと言うことを常に気にかけている人が多いと思います。けれども、姿形が可愛らしい、小型犬のチワワやジャックラッセルテリアなどは、子どもさんが「ワンワンだ、可愛い〜!」と、なんの遠慮も気遣いなく、いきなり手を伸ばして体に触れようとしたら驚いて、咬みつくことも警戒しておくべきです。
事と次第によっては、愛犬を殺処分しなければならないような状況になってしまうこともあります。
狩猟犬や、警察犬でもない限り、人やケモノに咬みつくのは、犬が悪いのではありません。
その犬の行動を制御できない飼い主が一番悪いのです。

まとめ
柴犬の子犬

愛犬は、私たち飼い主にとって癒しと温もりをくれる大切な存在です。その愛犬が原因になってトラブルを抱えてしまっては、愛犬にとっても飼い主さんにとってもとても不幸なことです。愛犬にまつわるトラブルのほとんどは、飼い主さんの心がけや、普段からトラブルを回避するための注意を怠らなければ避けられることです。愛犬との穏やかで楽しい生活のために、飼い始めたその日から、トラブルを起こさないよう、「飼い主」としていろいろと学んでいきましょう!


posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする