動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年05月10日

犬猫の殺処分最少628匹/三重

読売新聞


県動物愛護センター開所1年…新飼い主へ譲渡4倍に
 2017年度に県内の保健所に引き取られるなどして殺処分された犬・猫は628匹で、16年度より116匹減り、過去最少を更新したことが県のまとめで分かった。17年度にオープンした県動物愛護推進センター「あすまいる」(津市森町)では、新たな飼い主への譲渡が16年度の約4倍に。県は譲渡の推進や野良猫の繁殖抑制などに力を入れ、23年度までに殺処分ゼロを目指す。

意識向上 収容される「野良」減
新たな飼い主を待つ子猫(津市のあすまいるで)
新たな飼い主を待つ子猫(津市のあすまいるで)


 5月4日、あすまいるを訪れた津市の神田初江さん(70)は飼育されている犬を見て回った。「2年前に亡くした愛犬に癒やされ、前向きになれた思い出が忘れられない。もう一度飼いたい」。自身と夫の年齢を考え、子犬ではなく成犬を探した。

 昨年5月28日の開所から間もなく1年となる、あすまいる。野良猫から生まれた子猫、高齢者施設に入る飼い主から引き取りを依頼された犬などが、新たな飼い主を待っている。飼育スペースは約80匹分。あすまいるの前身・県動物愛護管理センターの数匹分から大幅に拡充され、市民ボランティア約50人が散歩やしつけに協力するなど、飼育環境も向上した。

 こうした対策が功を奏してか、個人に譲渡された犬・猫は、同センターだった16年度の79匹から、17年度は330匹に増えた。

 一方、飼い主の意識向上で、保健所に収容される野良犬・野良猫の数は減少。殺処分は、1970〜80年代に犬だけで年間2万匹以上だったが、2017年度は、死んで保健所に引き取られたり、病気で安楽処分となったりした犬・猫などを合わせ、628匹(犬72匹、猫556匹)に減った。

 今年1月にあすまいるから雄の子猫を迎え入れた四日市市の森幸則さん(50)は「殺処分されるかもしれない命をそのままにしたくなかった」と振り返る。猫がやって来て家庭が明るくなったという。

 国レベルでも殺処分を減らす動きは活発になっている。自民党どうぶつ愛護議員連盟は、安易に手放せないよう飼い主の情報を記録したマイクロチップを犬・猫に埋め込むことを義務づける動物愛護法改正に向けた議論を始めている。

 県は公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)の協力を得て、野良猫などの繁殖を抑える対策に力を入れる。猫の避妊・去勢手術は16年度の369匹が、17年度は1142匹に増え、飼い主の分からない猫も減ってきた。

 獣医師であすまいる所長の久米徹さん(51)は「不幸になる犬や猫を増やさないことも大切。譲渡と並行して一匹でも命を救う役割を果たしたい」と話している。(菊池宏一郎)

2018年05月09日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を飼い始めた人必見!絶対やるべき2つの大切なこと

T-SITE


ドッグライフは飼い主次第で大きく変わる



ドッグトレーナーとして活動している間に問題行動を抱えるたくさんの犬を見てきました。その行動や原因はさまざまですが、根本的な要素として子犬期のトレーニング不足、飼い主さんの知識不足があることを何度も感じてきました。日本の犬が幸せになるために、これ以上不幸な犬を増やさないためには子犬の時からの適切な関わりやトレーニングが必要だと思っています。


今の日本では小型犬〜中型犬が多く飼育されており、室内で飼われることがメインになってきています。犬と人との距離が近く、時間や空間を共有するからこそ絆が深まり「家族の一員」とされるようになりましたが、その分、しっかりとしつけをしたりルール作りをしておかなければトラブルになりやすく犬にとっても人にとってもつらい生活になってしまうことがあるのです。

子犬を飼い始めたらやるべきこと@家族でルールを統一する



子犬を飼い始めたら、というよりも飼うことを決めたらまず家族会議を開きましょう♪犬を飼うために家族の中で色々なルールを決めておくための会議です。お父さんもお母さんもお兄ちゃんも妹もおじいちゃんも、何なら先住犬も参加です!


これから迎える子犬は、人との生活はもちろん世の中のことをまだ何も知らない状態です。そんな子犬がストレスなく家庭になじむことができるように、ある程度家庭内のルールを決めておかなければなりません。


どこからどこまでは出入り自由にするのか、指示の出し方は日本語?英語?、ご飯の前は待たせる?、飛びつきはOK?などなど、そのルールは多岐に渡ると思いますが、家の中で一緒に暮らす上で必要だと思われるあらゆる項目を挙げてみましょう。


そしてそのルールを家族内で必ず統一させるのです。子犬に限らず、今後の犬と生活していく上で「人によって言っていることが違う」「その日や場所によって言っていることが違う」というのは犬を困惑させ、混乱させてしまいます。わけがわからず指示に従わなくなってしまったり反抗したりすることもあるかもしれません。




子犬を飼い始めたらやるべきことA「ごほうび」は何だろう?



子犬を飼い始めたら、しつけを行う前段階としてその子犬の性格や好みを見極めることが大切です。個性を見極めるなどと言うと小難しく聞こえてしまいますが、要は「その子の好きなものは何かを知る」ということ。


犬にも1頭1頭個性があり、食べることが好きだったり、人と遊ぶことが好きだったり、犬同士で遊ぶことが好きだったり、頭をなでてもらうことが好きだったりします。その中でもどんなおやつが好きか、どんな遊びが好きかなど細かい好みを知ることはとても大切です。


犬のしつけにおいて「ごほうび」はとても重要なもの。ごほうびがなければ犬のしつけ成り立たないでしょう。しつけというと「おやつで釣る」などという言い方をする人もいますが、私としてはその表現は正しくないと思いますし、個人的に好きではありません。


私たち人間が何かしらのメリットのために勉強や仕事を頑張るように、犬だってメリットやモチベーションがなければ苦手なものを克服したり、苦に感じるトレーニングは乗り越えられないのです。そのメリットやモチベーションこそが犬にとっての「ごほうび」。信頼関係が結ばれれば。飼い主さんに一言『Good!』とほめられるだけでも喜ぶことだってあります。


まずはその子犬がどんなものに喜び、モチベーションとするかを知るために好きなものを見つけてあげてください。

子犬を飼い始めたらやるべきことのまとめ



子犬を飼い始めると飼っていなかった時の生活とは一変してかわいさと同時に「思っていたよりも大変だな…」と感じることは少なくないと思います。特に子犬はいつでも人にかまってほしくてはしゃぎまわって落ち着かなかったり、トイレや噛んでいいものといけないもののルールなども知らないため、それを追いかけまわしてお世話をするのはとても大変だと思います。


しかし、そんな生活はそう長くは続きません。犬は人間とは違ってあっという間に大人へと成長していきます。大人になる前に必要なしつけや家庭でのルールをきちんと教えてあげることで、数か月後にはきっと笑顔あふれるドッグライフが待っていることでしょう。


子犬の時期にやるべきことはたくさんあり、それを毎日の家事や育児、仕事などと両立していくことは大変だと思いますが、長い時間をかけるのではなくこういった記事を参考にしたり、動物病院で開催されているパピーパーティに参加したりして上手にコツをつかんで楽しく取り組んでもらえたらうれしいです。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:21 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これでバッチリ!猫の「スプレー行動」を軽減させる5つの対策

Yahoo! JAPAN



ふだんの排尿とは違い、立った姿勢のまま腰を高く上げて強いニオイのオシッコを吹きかける「スプレー行動」。
これは、飼い主さんを悩ませる問題行動のひとつですよね。

スプレー行動はオス、メスのどちらもします。飼い猫のスプレー行動は、性衝動や同居猫嫌いによるもの、ノラ猫退治のためにするもの、引っ越しで環境が変わったことによる不安など、さまざまな理由が原因で起こります。

そこでこの記事では、「愛猫のスプレー行動の悩みを解決するための5つの対策」を紹介しますね。

@去勢・避妊手術を行う
スプレー行動の抑制にもっとも効果的とされている去勢・避妊手術。
施術することで、約90%抑えることができるといわれています。また、年齢が若いほど抑制しやすいのだそう。

まれに術後もスプレー行動をするコもいるようですが、早めに施術して愛猫の体や心の負担を軽減させたいですね。

もし愛猫に繁殖の予定がないのであれば、施術を検討してみはいかがでしょうか? 

Aおもちゃ遊びでストレスを発散させる
どのスプレー行動も、多少のストレスを感じて行っている場合がほとんど。おもちゃ遊びで、エネルギー消費とストレス発散をさせてあげましょう! 

1日10分ほど、愛猫との遊びの時間をつくるといいですよ◎

Bスプレー行動をした場所には近寄らせない
いくらニオイを消したとしても、ふとしたきっかけで愛猫がスプレー行動を再びすることもあります。
可能なら、一度スプレー行動をした場所には近づけないことで、再発を防ぎましょう。

Cスプレー行動をした場所は徹底的に掃除を!
スプレー尿のニオイは強く、そのニオイにつられて二度目のスプレー行動を引き起こしやすくなっています。
しっかりとニオイを除去することで、再発を防ぎましょう。

これでバッチリ!猫の「スプレー行動」を軽減させる5つの対策
猫のスプレー行動を少しでも軽減
D猫を叱らない
スプレー行動は本能的な行動のひとつ。たとえ叱っても、スプレー行動を軽減させることはできません。
むしろ、信頼関係を悪化させることもあるので絶対に控えてください! 

しっかりと対策をすることで、猫のスプレー行動を少しでも軽減させることができます。ぜひ試してみてくださいね! 


出典/「ねこのきもち」2016年9月号『\シリーズ第3弾/だって猫だもの "プシュー"っとするときもある…4大"スプレー行動"のお悩みを解決せよ! 』
文/二宮ねこむ
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

ねこのきもちWeb編集室


posted by しっぽ@にゅうす at 06:14 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を褒めてはいけない3つの瞬間

livedoorニュース



犬をしつけるにあたり、褒めてはいけないタイミングを解説している
興奮中に褒めると、興奮して騒ぐことが良いことと解釈されてしまうという
ごはん自体がご褒美なので「マテ」ができても褒めなくていいそう
犬を褒めてはいけない3つの瞬間
2018年5月3日 12時0分 わんちゃんホンポ
「褒めてしつける」は間違い!?


いえ、「褒めてしつける」はもちろん正しいです。褒められた行為が「良いことだ」と覚えてもらうことは大切で、現代の犬のしつけ方として主流になっていますよね。

ですが、このしつけ方のポイントとして「褒めるべきタイミング」がコツとしてあります。

そして今回の記事で取り上げるのは「褒めてはいけない瞬間」です。褒めてはいけない瞬間を知れば、より効果的に愛犬や周りのワンちゃん達とコミュニケーションが取れるようになります。

ではさっそく、「褒めてはいけない瞬間」の例を3つ見ていきましょう!

褒めてはいけない瞬間1:飼い主の帰宅に興奮しているとき


犬を褒めてはいけないときの目安として、「犬が興奮しているとき」が挙げられます。興奮しているときに褒めてしまうと、「興奮して騒ぐことが良いことなんだ!」と犬は解釈してしまいます。

犬が大きく喜びを表現してくれる場面として、飼い主さんが家に帰ってきた時が挙げられますよね。飼い主さんとしては愛犬が全身全霊で喜びながらお出迎えしてしてくれることはとても嬉しいことですが、飼い主さんをお出迎えするときの犬は興奮状態にあります。

そんなときに「ただいま〜!お留守番頑張ったね!イイコイイコ!!」などと言って褒めてしまうと、「大きく騒いだ方が飼い主さんは喜んでくれるんだ!」と他の場面でも興奮しやすくなります。まずは犬を落ち着かせてから、お留守番をしてくれていたことへの感謝を伝えましょう。

飼い主さんの帰宅以外にも、犬が興奮しているときは褒めてはいけません。愛犬の状況をしっかりと見て、褒めるかどうか判断してあげてくださいね。

褒めてはいけない瞬間2:間違った褒め方をしているとき


みなさんは『犬を褒める』と聞くと、どんな行動が思い浮かびますか?たとえば、犬の頭や身体をワシャワシャっと撫でたり、身体に触れたりすることがおおいですよね。

しかし、もしワンちゃんが身体を触られることが苦手な場合、褒める(撫でる)ことは罰となります。これでは「褒める」ことによって得られる効果はないですよね。ですので、犬の個性をよく考えて「褒める」という行為をしていただきたいのです。

人から撫でられるのか大好きなワンちゃんはたくさん撫でてあげてください。撫でられることか嫌い・苦手なワンちゃんは、オヤツを与えたり、犬には触れずに「イイコ!」「good!」など明るい声色で褒めてあげたりしましょう。こちらが心を込めて褒めれば、必ず犬には伝わりますよ。

褒めてはいけない瞬間3:ごはんの前にマテができたとき


ごはん自体が大きなご褒美となっているので、「マテ」ができたからといって褒める(身体を撫でたりする)ことをしなくてもよいです。

また、ごはんは犬にとって1日のうちで1番といっていい程の楽しみなイベントですよね。そんな楽しみにしているごはんの前に、「マテ」をするのは、犬にとってかなりのストレスとなりますので、長時間待たせたりする過度なしつけはしないでおきましょう。

ごはん以外(低カロリーなオヤツなど)でトレーニングをしてあげてくださいね。

まとめ


いかがでしたでしょうか?ポイントは「犬が興奮しているとき」は褒めないということでしたね。また、愛犬や別のワンちゃんを褒める場合でも、対象の犬がどんな性格なのかをよく見て、「その子が本当にされて嬉しいこと」を褒めるときに行いましょう。

少しの工夫や知識で、ワンちゃんとのより仲良くなれると思います!是非実践してみてくださいね。




posted by しっぽ@にゅうす at 06:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物とふれあい「楽しい」 ペットのしつけ方も学ぶ 和歌山県愛護センター、親子らでにぎわう 

産経ニュース



動物とのふれあいを楽しんだり、ペットのしつけを学んだりするイベント「わうフェスタinゴールデンウイーク」が4日、紀美野町国木原の県動物愛護センターで開かれ、動物好きの親子らでにぎわった。5日も開催される。

 飼い主が育てられなくなったり、迷子になったりして同センターに預けられる犬やネコの数は減少傾向だが、平成28年度は犬290匹、ネコ1729匹が預けられた。そのうち犬は139匹、ネコは1119匹が殺処分の対象となったという。

 同センターでは、動物への関心や愛護意識を持ってもらい、ペットとの向き合い方を楽しく学んでもらおうと、毎年GWや9月の動物愛護週間などに合わせてイベントを開いている。

 この日は、犬やウサギ、ヤギに触れたり、エサをあげたりするなどしてふれあう体験や散歩体験を実施。娘とともに同センターに10年以上訪れているという海南市の公務員、南方高志さん(45)は「犬の姿を見られるのが一番の癒やしになる。犬を通じて家族の会話も広がり、絆も深まっている」と笑顔で話した。

 このほか、ペットのしつけ方を学ぶセミナーやインストラクターによる相談なども実施。同センターの小寺澄枝主査は「飼い主はペットとして飼う動物の命に対し責任を持ってほしい」と話した。



posted by しっぽ@にゅうす at 06:06 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする