動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月06日

犬を飼うのにかかる費用は350万円〜!責任を持って欲しいから。飼う前に知っておきたい基礎知識

Yahoo! JAPAN



犬を迎えるときにかかる初期費用
畜犬登録費用
・目安:3,000円

犬を飼い始めると、お住まいの地域の保健所で愛犬の情報を登録する必要があります。費用は地域により異なるので、事前にホームページなどで確認しておきましょう! 

狂犬病の予防注射費用
・目安:3,000円

年に1度の狂犬病の予防接種は、法律で定められた飼い主の義務です。費用は動物病院により異なりますが、必ず接種するようにしてください。

健康診断費用
・目安:4,000円

体重測定・触診・レントゲン・超音波検査など、検査内容や動物病院によって費用は異なります。飼い始めに健康診断を受けさせ、愛犬の健康状態を知っておくのがベターです◎

混合ワクチン接種費用:2回分
・目安:16,000円前後(8種混合の場合)

混合ワクチンを接種することで、さまざまな病気を防ぐことができます。費用は動物病院により異なりますが、子犬の場合は1年目の2回接種後も、年に1回は接種するように心がけましょう。

生活用具の購入費
・目安:小型犬 30,000円/中型犬 35,000円/大型犬 40,000円

クレート・サークル・トイレシート・首輪など、生活に必要なアイテムは事前に用意しておく必要があります。大型犬の方がサイズが大きくなるため、他のサイズと比べると高額になるかもしれません。

犬を飼うのにかかる費用は350万円〜!責任を持って欲しいから。飼う前に知っておきたい基礎知識
必ずかかる犬の年間生活コスト
必ずかかる犬の年間生活コスト
ドッグフード費用
・年間目安:小型犬 36,000円/中型犬 54,000円/大型犬 72,000円

市販のドッグフードを購入した場合の目安となります。

おやつ費用
・年間目安:小型犬 12,000円/中型犬 18,000円/大型犬 24,000円
ジャーキーなどの犬用おやつの目安。ドッグフードと同様、体が大きいほどコストがかかる傾向にあります! 

ペットシーツ費用
・年間目安:小型犬 12,000円/中型犬 18,000円/大型犬 24,000円

使い捨てタイプのものを購入した場合の目安です。

おもちゃ・犬用グッズ費用
・年間目安:小型犬 18,000円/中型犬 24,000円/大型犬 30,000円

体が大きいと壊しやすく、買い替え費用がかさむ傾向にあります。

シャンプー・トリミング費用
・年間目安:小型犬 6,000円/中型犬 90,000円/大型犬 12,000円

スムースヘアなど、犬種によってはかからない場合もあります。

その他消耗品費
・年間目安:小型犬 18,000円/中型犬 24,000円/大型犬 30,000円

シャンプーや歯磨き、洋服代などが含まれています。

光熱費等
・年間目安:36,000円

留守番中や就寝時のエアコン代など。

犬を飼うのにかかる費用は350万円〜!責任を持って欲しいから。飼う前に知っておきたい基礎知識
犬の年間医療コスト
犬の年間医療コスト
ノミ・ダニ予防薬
・目安:小型犬 12,000円/中型犬 13,500円/大型犬 15,000円

動物病院や薬の種類によって費用が異なります。

フィラリア症予防薬
・目安:小型犬 12,000円/中型犬 13,500円/大型犬 15,000円

動物病院や薬の種類によって費用が異なります。そのほか、狂犬病、ワクチン、健康診断も年に1回かかります。

犬を飼うのにかかる費用は350万円〜!責任を持って欲しいから。飼う前に知っておきたい基礎知識
生涯コストは大型犬の場合500万円越え
生涯コストは大型犬の場合500万円越え!?
以上が、健康な犬が生きていく上で必要な年間コストです。あくまでも目安ですが、犬が15年生きることを想定すると、生涯コストは以下のような金額になります。

犬を飼うときに必要となる生涯コスト
・小型犬:231,500円(年間)×15年=約350万円
・中型犬:306,500円(年間)×15年=約460万円
・大型犬:381,500円(年間)×15年=約570万円犬の平均寿命は、動物医療の進歩で近年延びつつあります。長生きしてくれるのはとても嬉しいことですが、その分コストはかかりますので、飼い始める前の検討材料にしてください。

犬を飼うのにかかる費用は350万円〜!責任を持って欲しいから。飼う前に知っておきたい基礎知識
責任持って犬を飼うのにはお金がかかる!
責任持って犬を飼うのにはお金がかかる!
今回ご紹介した生涯コストの金額は、あくまで健康な犬の場合の目安です。犬も15年も生きれば、ケガや病気をすることもありますし、健康維持のために高額な健康診断を受けることもあるでしょう。また医療費のみならずペットホテルに預けたり、一緒に旅行に行ったりすればもっとコストはかかります。

犬との生活は、幸せに満ちあふれた楽しいものですが、必ずお金がかかることをしっかりと認識してから飼い始めるようにしてくださいね! 

出典/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大事典』(監修:ファイナンシャルプランナー 大内優先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室




posted by しっぽ@にゅうす at 07:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ノネコ>捕獲譲渡に殺処分是非も 奄美の希少種を捕食

Yahoo! JAPAN


鹿児島県の奄美大島で絶滅危惧種のアマミノクロウサギなどを襲うノネコの問題が近年クローズアップされている。奄美大島は「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄県)の構成地域として世界自然遺産への登録が期待されてきたが、政府が1日に推薦取り下げを決定。再挑戦に向けて希少動物保護の体制強化が求められ、島内に600〜1200匹生息していると推定されるノネコ対策も急務になっている。【菅野蘭】

 ノネコは島の集落などの猫が野生化したもので、奄美大島では環境省が2008年6月に初めてアマミノクロウサギを捕食する姿を撮影。採取したノネコのふんからは希少哺乳類の毛や骨が高い割合で検出された。2000〜4800匹と推定される奄美大島のアマミノクロウサギはノネコや森林伐採、ハブ対策で導入されたマングース、交通事故などによって生存が脅かされている。

 先月29日に鹿児島市内であったノネコについて考えるトークショーでは、殺処分の是非などが話題に上った。

 環境省の元自然環境局長で鹿児島大の星野一昭特任教授は「希少種にとっては危機的状況だ」と警告。国と県、島内5市町村が3月に策定したノネコ管理計画では、捕獲したノネコを譲渡できなかった場合は安楽死処分することにしている。星野氏は「譲渡がネック。殺処分ゼロに反対ではないが、ゼロを強く求めるあまり計画の進展が遅れれば殺処分せざるを得ないノネコが更に増える」と訴えた。

 一方、殺処分反対の署名活動をしている東京都の獣医師、斉藤朋子さんが「1000匹を譲渡するのは無理と思って声を上げないより、1匹でもいいから声を上げてもらうことが大事だ」と主張。「1匹を島から出して譲渡するまでの費用は運賃や医療費など多く見積もっても4万〜5万円。餌や猫砂なども声を上げればすぐ集まる。少しでも殺すことなく島からノネコを出す方向に持っていってほしい」と呼びかけた。


posted by しっぽ@にゅうす at 04:35 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護施設の犬たちはどこから来るの?

ネタりか



脱走して迷子になったパターン
ケージの中の犬

ひと昔前には道端や空き地などにいた野良犬も、近年ではすっかり見かけることが無くなりました。保健所や愛護協会の啓蒙によって人々の意識が変化したため、犬を飼うときに屋内で飼う人が増え放し飼いをすることがあまりなくなったからでしょう。屋外でノーリードの犬を見かけると、とてもびっくりしてしまいます。
お散歩をするときも皆さんカラーとリードをつけていますので、犬がひとりで出歩く姿をみることはほとんどありません。

しかし犬は本来広い縄張りの中を移動しながら生活する動物です。そのため外を徘徊したい欲求を持つ犬も多く、いつのまにか脱走をしてしまう子が少なくない割合で存在するのです。 
現在の日本では犬を住宅の中で飼育する割合が増えており、出ていく隙がなかなか無いと考えられがちですが、お散歩の前後で家からの出入りの際や戸締りの不注意などでするりと人の手をすり抜けて出て行ってしまう子もいます。

そして一回出て行ってしまうと開放感でいっぱいになってしまうのでしょう。近所の徘徊だけではなく、ずいぶんと遠くまで走って行ってしまうのです。こうして発生した迷い犬が通報を受けて愛護センターへ保護されます。

近隣の愛護センターや保健所に保護されればよいのですが車社会では事故の心配も発生します。またどんどん遠くへと迷ってしまって県をまたいでしまうと、マイクロチップ等が無い場合は飼い主に適切な連絡がいかない場合もあります。

ブリーダー・ペットショップからくるパターン
犬のシルエット

ブリーダーとはペットショップ等で販売される子犬を生ませる繁殖場のようなところです。多くは犬種に対する理解と愛情をもって母犬の健康管理を行い、優秀な子犬を育てているところですが、中には体調を考慮せず母犬の発情のたびに繁殖を行い高額で子犬の取引を行うところもあります。

そういったブリーダーのもとでは母犬が出産に適さなくなると、余計なコストがかかるため母犬の処分を行うのです。
その処分とは数年前までは保健所での殺処分や獣医師による安楽死でした。現在では動愛法の改正により、自分たちで新たな里親を探すなり愛護協会等へ依頼するなりして新しい飼い主へ引き渡すように指導されています。

しかしそういった手間を惜しみ、愛護センターへ引き取りを依頼する業者もいるのです。

またペットショップも同様です。一度販売した子犬でもその後に病気が発覚して返品になった場合や人気がなくて売れ残りとなってしまった子の場合、ブリーダーへ返品したり愛護センターへ引き取り依頼をしたりして、やむなく愛護センターへ保護犬として引き取られるのです。

一般の飼い主からの飼育放棄によるパターン
高齢者と犬

こちらもひと昔前には「飼ったけど大きくなったからいらない」「におうからいらない」「お金がかかるからいらない」といった飼い主側のわがままによる飼育放棄が話題になっていました。

しかし現在ではこういったケースではなく、「どうしても飼い主が飼育できなくなったため」やむを得ずというケースが多くなっています。

例えば高齢の一人暮らしの飼い主が死亡、または老人施設等へ引っ越すため、犬が飼育できなくなったというケースです。今の日本は超高齢化社会であり、核家族化が進んだおかげで都市でも地方でも身寄りのない高齢者の一人暮らしが増加しています。また住居も一戸建てではなく集合住宅に住む人も多く、そのためいざ飼い主が高齢で飼えなくなっても、子供や親せき、あるいは友人知人が犬を引き取れる状況にない場合も多いのです。

最近では犬の寿命も延びているため、高齢犬の介護を行っているご家庭も多いかもしれません。小型犬ならまだしも、中型犬以上の体格だった場合は老犬介護も大変な労力が必要です。自分が年を取ってから犬を飼う場合、ちゃんと犬の介護ができるかどうか、自分の年齢や体力を計算する必要があるといえます。

まとめ
正面を見つめる犬

いかがでしょうか。
一概に保護施設にいる犬といってもそこに至る経緯は様々です。しかし共通して言えることは、犬を飼育する場合はその生涯に責任をもって飼わなければいけないということでしょう。迷子にさせたり、一時の流行で飼う犬種を決めたり、また自分と犬の老後を考慮しなかったりといったことのないように心がけ、保護施設に収容される犬が少なくなる未来を創っていきたいですね。


posted by しっぽ@にゅうす at 03:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩できないときは

livedoorNews



今回はペットの散歩についてお話ししたいと思います。

 梅雨どきには雨の日が続き、外出しにくくなることも少なくないでしょう。また、1人暮らしの飼い主さんにとって、毎日散歩をさせることが難しい場合もあるかもしれません。

 基本的には散歩をしなくても健康上、問題はありません。しかし、散歩あるいは外での排泄(はいせつ)の習慣をつけている場合、どうしても外出しなくてはいけません。特にぼうこう炎や胃腸障害で下痢になっているケースでは、頻繁に排泄しなければいけなくなるため、ペットを外に連れ出すことがより重要になります。飼い主さんにとって、とても労力がかかりますよね。

 ですので、日頃から室内で排泄をさせる習慣をつけたほうがいいかと思います。また、最近では散歩のマナーとして、公共の道路は排泄をさせる場所ではなく、外に出る前に家の中で排泄を済ませてから出かけるという意識が定着してきているようです。

 散歩はペットの排便や排尿よりも、運動をすることで、ストレスを発散させることが目的です。さらに精神安定や睡眠にかかわる神経伝達物質であるセロトニンや、他のホルモン物質が活性化し、情緒の安定にもつながることになります。

 超小型犬や小型犬、猫たちは室内でも十分な運動量になるので、排便や排尿ができれば、散歩に出る必要はありません。散歩は人間同様にペットの気分転換にもなります。どうしても散歩に行けないときは、室内でボール遊びをしたり、ロープなどでひっぱりっこをしたりして、飼い主さんと一緒に遊びながら運動をさせてください。また、フローリングなどでは、滑ってけがをしないように十分に注意をしてください。(チームホープ、北光犬猫病院院長・立花徹)


posted by しっぽ@にゅうす at 02:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<滋賀・彦根>頭部に矢が刺さった猿、衰弱激しく安楽死

Yahoo! JAPAN


滋賀県彦根市の工場で1日午後、頭部に矢が刺さった猿が見つかり、彦根市職員らが保護した。猿は衰弱が激しいため、同日夜に安楽死させた。県警彦根署は何者かが矢を放ったと見て、鳥獣保護法違反の疑いで調べている。

 同署などによると、彦根市野田山町の住宅資材加工メーカー工場から市役所に「耳に矢が刺さった猿がいる」と連絡があり、市職員が午後2時45分ごろ、同署に通報した。猿は体長約38センチで、後頭部の左から右にかけ、長さ約35センチの矢が貫通していた。市職員や同署員らが工場に行き、午後5時ごろに保護。県と獣医師で傷の状況について協議し、安楽死措置を決めた。

 現場は名神高速彦根インターチェンジに近く、工場や倉庫が建ち並ぶ地域で東方に山林が広がる。約1キロ北西には保育園もある。【成松秋穂、諸隈美紗稀】
posted by しっぽ@にゅうす at 01:22 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする