動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月11日

犬の衝動買いをしてはいけない3つの理由

ネタりか



犬を衝動買いしてしまう理由
抱っこされる子犬

「ペットを買うにはペットショップで」という考えが未だに強く根付いている日本。その購入理由として、愛玩用、つまりペットとして癒しを求めているという理由がほとんどです。

犬を衝動買いしてしまう理由として、主に以下の3点が挙げられます。

一目ぼれ
ペットショップで犬と目が合い、一目ぼれした人も多いでしょう。また抱っこさせてもらったときの安心感や可愛さに、その場で購入を決めた人も多いようです。

子供にねだられて
たまたま訪れたペットショップで、「犬が欲しい!」と子供にねだられた人も多いのではないでしょうか。

流行の影響
一時的な流行で、ワンちゃんを飼う人も多いようです。「101匹わんちゃん」の主人公として有名なダルメシアン。この映画が公開されたとき、アメリカではダルメシアンの子犬の購入を求める人が急増しました。また日本でも、CMに登場したウルウル瞳のチワワに心を奪われ、多くの人がペットショップを訪れました。

犬の衝動買いをしてはいけない理由
悲しい顔の犬

犬の衝動買いは、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。ペットショップの現状と合わせて、ご紹介します。

1.社会性が欠けている犬を飼う覚悟が必要なため
ペットショップのショーケースにいるワンちゃんは、生後2〜3ヵ月の子犬ばかりです。生まれたばかりで愛らしく、一番売れる時期だからです。

生後2〜3ヵ月の時期は「犬の社会化期」とよばれ、本来ならば親や兄弟と一緒に暮らすことで、愛情表現やコミュニケーション、じゃれ方、人や犬との触れ合い方などの社会性を学びます。子犬にとって肉体的にも精神的にも、とても重要な時期といえます。

しかしペットショップにいる子犬は、社会性を学ぶことなく成長している子もいます。そのため、異常に怖がりであったり、むやみに吠えたり、人や犬が苦手な性格のワンちゃんが多くみられます。また噛む力加減が分からないため、甘噛みではなく本気噛みをしてしまい、ケガをする飼い主さんも多いようです。

これらの事情を認識した上で、ペットショップでの購入を決め、きとんと責任をもってしつけると決意したのであれば問題ないのですが、知識と覚悟がないのであれば、衝動買いはしてはいけません。

2.理想と現実に大きなギャップがあるため
店内を見渡す犬

ペットショップでは子犬のワンちゃんがたくさんいます。どの子も愛らしく、癒されるでしょう。しかし、犬の成長スピードはすさまじく、半年もすれば成犬の仲間入りです。とくに大型犬の変化には、とまどう人も多いようです。

また、「ちゃんとお世話するから!」と子供にねだられて衝動買いをしたケースでは、もともと犬の購入を決意していたわけではないので飼育方法やしつけ、食事などの予備知識や心構えを持たない人が多く、飼い始めてからお世話の大変さや命を預かる重大さに気付きます。

そもそも子供は学校や遊びなどで家を空けることが多いため、実際にお世話をするのはお母さんというケースが多いようです。

3.無責任な飼い主の増加に繋がるため
ワンちゃんが保健所に連れてこられる理由のほとんどが、飼い主の無責任な都合です。
「犬が病気になった」「犬が年をとった」「先住犬と仲良くなれない」など。
また「思ったより世話が大変だった」「成長して見た目が可愛くなくなった」「理想の愛犬生活と違った」などの、理想と現実のギャップを感じる人も多いようです。

日本の殺処分問題に関しては、衝動買いをした人に限らず、全ての飼い主さんにいえることです。命ある生き物を衝動買いしないこと、命を預かる重大さを認識すること、愛犬を最期まで見届けること。これらのことはきちんと覚悟する必要があります。

まとめ
犬と少年

犬の衝動買いにおける問題点や、ペットショップの現状についてご紹介しましたが、「衝動買いは悪い」や「ペットショップでの購入は反対」とは、絶対に言いません。愛犬との出会いがペットショップでの衝動買いであったとしても、幸せなワンちゃんや飼い主さんももちろんいるからです。また「もともと犬はあまり好きじゃなかったけど、飼ってみたら愛情がわいて、今ではなくてはならない存在」という飼い主さんもいます。

購入の理由や場所はなんであれ、家族として迎い入れたワンちゃんを大事にすることが一番なのです。

ここでは、衝動買いによって巻き起こる問題が多いことや、ペットショップの現状、命を預かる重大さを、ご理解いただければ幸いです。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:32 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が死ぬ前に見せる5つの前兆

ネタりか



いつか必ず愛犬との別れの日はやってきます
老犬

犬の老化のスピードは人間の約4倍(大型犬は7倍)と言われており、7〜8歳(大型犬は5〜6歳)を過ぎると、もうシニア期に突入です。

犬は加齢と共に白い毛が増える、毛づやが悪くなる、目が白っぽくなる、耳が遠くなる、反応が鈍くなるなどといった老化のサインが見られるようになり、やがて最期を迎えます。

老衰だけではなく、病気や事故で亡くなってしまうこともあります。どういう形であれどの飼い主さんにも、いつか必ず愛犬との別れの日はやってくるのです。

元気に走り回っていた愛犬が年老いていく姿を見るのは切なかったりつらかったりもしますが、年老いていく愛犬に寄り添い、最期を見送ることも飼い主としての責任です。

なるべく悔いを残さずに愛犬の最期を見送るためにも、犬が亡くなる前の前兆を知っておくのは大切なことです。

前兆を知っていれば、残された時間の中で愛犬に尽くすことができます。そこで今回は、犬が死ぬ前に見せる前兆をご紹介していきたいと思います。

前兆@食欲がなくなる
スプーンを差し出される犬

年を取るにつれて消化・吸収能力が衰えてくることと、身体活動量が低下することから、老犬になると食が細くなるのが一般的です。

食が細くなっても、自分の好物や美味しそうなにおいがするものなら食べるということは少なくありませんが、亡くなる前には全く食欲がなくなり、水さえ飲まなくなることもあります。

前兆A寝たきりの状態になる
眠る犬

老犬になると周りの刺激に興味を持てなくなったり、体力が低下したり、関節に痛みがあったりするために、あまり動こうとせずに寝てばかりいるようになります。

やがて死期が近づくと、身体を起こすことが困難となり、横たわったまま寝たきりの状態になります。そして、意識がもうろうとしていることが多くなり、呼びかけにもあまり反応しなくなります。

前兆B下痢をする
トイレットペーパー

加齢と共に胃と腸の働きが悪くなり、消化・吸収能力が衰えます。そのため、硬いドッグフードやガムなど消化の悪い食べ物を食べると、嘔吐や下痢をしやすくなります。

また、亡くなる数日前から下痢が続くことが多く、排泄のコントロールが利かない状態になっているために下痢便が漏れ出てしまうことも。

死の直前に排尿・排便をするのはよくあることで、これは亡くなる前に体の中のものを全て出し切るという本能が働くためだと言われています。

前兆C体温が下がる
体温計と犬

犬は亡くなる前に体温が下がったり、震える様子を見せたり、足が冷たくなることがあります。動物の体温の低下は死に直結する危険なサインと言われおり、かなり調子が悪いことを示しています。

前兆Dけいれんを起こす
横たわる犬

最期の最期には、けいれんを頻繁に起こすことが少なくありません。けいれんを起こしているときは苦しそうで見ているのがつらくなりますが、意識がないため本人は苦痛を感じていないことが多いと言われています。

まとめ
人の手と犬の手

いつか必ず愛犬との別れの日はやってきます。そのときに喪失感や深い悲しみを味わわない飼い主さんはいないと思いますが、愛犬の死に対して後悔や自責の念があると、深刻なペットロスに陥りやすいと言われています。

愛犬との別れが迫っているときに残された時間を有意義に過ごし、最期にきちんと「ありがとう」を伝えることは大切なことです。そうすることできっと、「やれるだけのことはやった」と思うことができ、後悔や自責の念を軽くすることができるでしょう。

愛犬に残された時間があとわずかだということに気づかず、大切な時間を無駄にすることがないように、犬が亡くなる前にはご紹介したような前兆が見られるということを心に留めておいてくださいね。



posted by しっぽ@にゅうす at 09:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛玩動物飼養管理士に聞く、猫が満足するキャットウォークとトイレの条件

ニコニコニュース


愛玩動物飼養管理士の資格を持つライター・Furukawaさんは3匹の猫と暮らす愛猫家。

資格をお持ちでもあり、多頭飼いしている方ならではのお役立ち情報が満載です。

そんなFurukawaさんの記事を、日刊Sumaiの過去記事から、3本まとめてご紹介します!

“セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?
1.キャットウォークの思わぬ落とし穴
キャットウォーク
キャットウォークがあると、猫は家の中の空間を、平面だけでなく、上下にも自由に移動することができます。

しかし、愛猫のためにキャットウォークを設置したけれど、猫が使おうとしない、なんて話も耳にします。

猫が満足するキャットウォークを実現するには、一体どんなことに注意すればよいのでしょうか。

Furukawaさんは6つのポイントを指摘。

材質は「木材」が良い
グラつくキャットウォークは猫が使わなくなる
多頭飼いなら「幅」は広く
など、プロならではの視点で考えられたキャットウォークづくりはとても参考になります。

キャットウォーク


繊細で用心深い性質の猫。

猫の不安をあおってしまうキャットウォークにならないように、“猫が本当に喜ぶキャットウォークのポイント6つ”を、ぜひチェックしてみてくださいね!

記事はこちら



2.猫トイレを置く場所はどこが正解?
猫用トイレ
猫用トイレは、一体どこに置くのが正解なのでしょうか。

猫はトイレの後に砂をかける習性があり、まわりに猫砂が飛び散ってしまうことがあります。

また、ニオイも気になりますよね。来客時は、猫用トイレがお客様に不衛生な印象を与えないかも心配です。

Furukawaさんが選んだ場所は、脱衣所でした。

脱衣所
Ushico / PIXTA(ピクスタ)
脱衣所なら、来客時でも人目につきませんし、リビングから離れているので、ニオイも届きません。

猫はトイレを見られるのを好みませんから、猫にとっても安心してトイレを使うことができそうです。

記事はこちら



3.窓には縦型ブラインドがオススメ!
ひらひら動くカーテンを猫がボロボロにしてしまった……。これもよくある話です。

毛の生え代わり時期になると、布製のカーテンに猫の毛がくっついて、掃除も大変です。

カーテンに代わるものでもっと良いものはないのかと探し出したのが、縦型ブラインドでした。

縦型ブラインド
縦型ブラインドはつるっとした表面なので、猫の爪が引っ掛かりません。

猫の毛もくっ付かず、お手入れが格段にラクになります。中には、消臭効果が期待できる製品もあるそうですよ!

同じブラインドでも、横型は、猫が挟み込まれたり、よじ登ってケガをするおそれがあるので、避けた方が良いでしょう。

そろそろカーテンを買い替えようと考えている方は、縦型ブラインドがオススメです!



posted by しっぽ@にゅうす at 09:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎市動物愛護センターの所長に、今春就任した須崎 聰さん

タウンニュース



動物に注ぐ深い愛情

 ○…動物の保護収容、譲渡をはじめ、動物愛護の普及啓発を行う川崎市動物愛護センターの所長に4月に就任した。獣医師の資格を持ち、1989年に川崎市役所に入庁。これまで、区の保健所や北部市場の食品衛生検査所などに勤務し、センターへの復帰は15年ぶり。高津区蟹ヶ谷にある同センターは老朽化や手狭になったことを理由に、今年度中に中原区平間に移転する。「大事な1年を迎える中での就任に責任の重さを感じています」と意気込みを語る。

 ○…東京都文京区生まれ。小さい頃から生き物を飼うのが好きで、縁日でもらったヒヨコをニワトリにまで育てたこともあった。デパートに行けばペットショップに「くぎ付け」。昆虫、動物大好き少年の好奇心はやがて動物の行動学や生物学への興味に進んでいった。「だから、獣医になりたいというより、動物のことを学びたくて獣医学部に進みました」

 ○…センターには平均して10匹の犬、70匹のネコなどが保護されている。病気で目を離せない動物もいて、事務室にも大きなケージが置かれている。「スタッフが懸命に世話をしているけれど、ここにいることは動物たちにとって良い環境とは言い切れない」。だからこそ、迷子で保護されたペットが飼い主のもとに戻ったり、病気があっても理解して引き取ってくれる人が現れた時が何よりも嬉しいと語る。「新施設では今まで以上に啓発に力を入れ、子どもたちに命の大切さを伝えていきたい」と力を込める。

 ○…自宅では2匹の猫を飼う。「昔は犬派だったけれど、マンション住まいで猫を飼い始めたらハマってしまった」と笑う。好きな言葉は「泰然自若」。新リーダーとして気負うことなく、動物たちの幸せを探して今日も自然体で職務に向かう。



posted by しっぽ@にゅうす at 09:23 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国政府、ペットの福祉政策を担う新部門の設立を発表

BIGLOBENews



韓国の農林畜産食品部は今月、畜産政策局の下部組織として新たに動物福祉政策部門を設置すると発表しました。ペットを飼育する家庭の増加に伴い新設するもので、これまでは複数のチームに分散していたペット関連の問題を一元的に管理し対応するためのものだということです。


「動物福祉政策部は、動物関連事故の防止、動物の放棄や虐待からの保護、動物実験の倫理ガイドラインの強化などの主要課題に取り組む予定だ」 「この新しい部門は、農林水産省の最も忙しい部門の1つになると我々は考えている」と関係者は声明で述べています。


韓国では現在、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のもとで動物保護政策が進められています。3月20日に示された憲法改正案では「国家は動物保護政策を実施しなければならない」と規定し、動物保護は国家の責任であると宣言しています。6月13日に予定されている国民投票で改正案が成立すれば、韓国での動物の扱いが基本的に大きく変わるだろうと動物保護団体は期待を寄せています。


改正憲法にも動物への言及があるのには、国民の動物の保護や権利への関心が高まりがあると韓国ヒューマンソサエティのボリア・ソー氏は言います。「大統領自身が述べたように、憲法は国民の顔であり、国民のものだ。国民の動物福祉に対する懸念の高まりを反映するのは当然のこと。あまりにも長い間、韓国の動物はほとんど法的保護を受けずに苦しんできた」


そして、こうした国民意識の変化は、ここ数年のペットの飼育数の増加も関与していると思われます。政府によると、ペットを所有する世帯の数は​​、2015年の457万から2017年の593万へと、わずか2年で20%以上も増加しています。


ただ一方で、実験動物の数も2年で18%増加しているという現実もあります。2015年に251万だった実験動物は、2017年には308万に増加しました。世界から非難が止まらない食肉の問題もあり、韓国国内にはまだ1万7000以上の食肉用の養犬場があります。


動物の取り扱いについては問題山積みの韓国。ペット専門の政策部門設置はささやかな一歩かもしれませんが、これらの取り組みの一つひとつが人々の意識を変えることに繋がっていくのでしょう。韓国は、動物の権利保護に向かって、新たな道を開きつつあるようです。


◼︎以下の資料を参考に執筆しました。

[1] Breaking! The South Korean Ministry Establishes First-Ever Pet-Related Animal Welfare Policy Division As Nearly 6 Million Homes Have Pets – World Animal News

[2] South Korean animal groups unite in supporting the inclusion of animal protection in a revised constitution : Humane Society International

posted by しっぽ@にゅうす at 09:16 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする