動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月12日

「部屋は鼻をつく臭い」ネコ問題の市営住宅で強制退去‥保護されたネコは

Yahoo! JAPAN



名古屋の市営住宅で、住民が40匹ものネコを飼育し苦情が相次いだ問題で、11日、住民が強制退去となりました。

 公開された部屋は、驚くべき状況になっていました。

 「午前10時前です。マスクに防御服姿の裁判所の執行官らが部屋へと入っていきます」
  (今井記者)

 ペットの飼育が禁止されている名古屋市北区桐畑町の市営住宅で、40代の女性が40匹余りのネコを飼育し、周辺住民から苦情が相次いだこの問題。

 名古屋地方裁判所の判決に従い、11日、住民は強制退去処分となりました。

 11日も新たに3匹のネコが見つかったという部屋。中はどうなっているのか。

 「壁や床はボロボロでひどく汚れています。そして何よりも、この鼻を突き上げるような臭いで息が詰まりそうです」
  (今井記者)

 部屋中に積み上がる大量のゴミ。

 床は、ほとんど見えませんが、ところどころ見える部分は茶色く汚れています。

 壁紙は剥がれ、下地がむき出しに。

 目に染みるほどの臭いは部屋の外にまで漏れ出していました。

 「公園が向こうにあって、あそこからでも臭った。
 子どもでも、臭うと言っていた。それほど臭いがきつい」
  (近隣住民)

 「(本人は)いろいろと迷惑をかけましたと言っていた。
 そもそも市営住宅では、(ペットを)飼ってはいけないし、飼うとしても、多頭飼育のような手に負えなくなることはやっていただきたくない」
  (名古屋市住宅管理課 舟橋正規主査)

 一方、この部屋で飼われていたネコは、名古屋市の動物愛護センターで保護されています。

 「住人が飼っていたたくさんのネコが、ケージの中に保護されています。健康状態はおおむね良好とのことです」
  (木藤記者)

 保護された翌日には、新たに2匹の子ネコが生まれました。

 名古屋市は、今後、ネコの飼い主を募集する方針です。



posted by しっぽ@にゅうす at 09:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域猫トラブル減らせ 川崎市がサポーター制導入へ

Yahoo! JAPAN



飼い主のいない猫に起因するトラブルを減らし、適正な管理を住民の協力で進める「地域猫活動」について、川崎市は今夏にもサポーター登録制度を導入する。他自治体の事例を参考にしつつ、地域猫の頭数を調査・把握し、適切な餌やりの助言や不妊去勢手術のための捕獲も進める。7月に市民向けの説明会を開き、8月からの運用を目指す。

 地域猫活動は横浜市でノウハウが確立され、全国に広がった。川崎市は2005年にガイドラインを策定し、普及啓発に努めているほか、不妊去勢手術の補助金などを拡充。ただ、餌を与えるだけの住民とのトラブルが起きたり、手術が行き届かず子猫が徐々に増えたりし、思うような結果が得られていないのが現状という。置き餌による不衛生な状態や、ふん尿被害などを指摘する苦情相談も毎年約2千件程度寄せられている。

 こうした状態を改善しよと、市は他都市の取り組みを視察するなど調査研究を進めた。東京都練馬区では「地域猫活動」のサポーター登録制度を始めたところ、10年間で約100グループの登録があり、苦情件数も減るなど成果を上げていることを知った。市は16年から練馬区の職員やボランティアを招き、市民向けセミナーを開催。サポーター登録制度の準備を進めてきた。

 サポーター登録はグループ単位を想定している。市各区の衛生課で説明を受け、担当地域の猫の頭数などを把握。その後、町内会長らに活動内容を説明した上でサポーター登録を行う。

 実際に活動を始める前にあらためて地域住民に周知し、市に捕獲器を借りて手術に必要な捕獲活動を行う。また、餌やりをする住民に置き餌をせず、決まった時間に把握している猫にだけ与えるなどの助言をする。

 市は従来の1匹当たり雄2千円、雌3千円の不妊去勢手術費の補助を継続するが、登録サポーターには雄4千円、雌6千円を補助する。また、19年2月に中原区上平間に移転する市動物愛護センターでは、サポーターが持ち込んだ猫については無料で手術を行う。

 市生活衛生課は「当初は各区の数カ所の地域で活動が始まり、毎年増えていくようにしたい」としている。7月22日に市民向けの説明会を高津区役所で開催する。



posted by しっぽ@にゅうす at 09:09 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛猫には長生きしてほしい!成功例から見えてきた猫の「リアルご長寿術」とは

Yahoo! JAPAN



猫が人でいう「還暦」を迎えるのは、およそ11才とされています。今回は、東京都在住Oさん宅で飼われている16才の愛猫を例に、猫のリアルなご長寿術をご紹介。若い猫の飼い主さんでも真似しやすい工夫がいっぱいです。

愛猫には長生きしてほしい!成功例から見えてきた猫の「リアルご長寿術」とは
引越しのストレスは最小限に
長生きの秘訣その@ 引越しのストレスは最小限に
東京都在住のOさん宅で飼われている愛猫は、御年16才。人間の年齢に置き換えると約80歳にもなるご長寿猫です。Oさんと愛猫たちは、8年前までロシアのモスクワに住んでいました。

その頃からマンションで室内飼いをしていたため、都内のマンションの手狭さは特に気にならないといいます。広さを確保できない分、高さのある猫タワーを設置することを常に心がけてきたのだそう。

Oさん宅にある猫ベッドや猫タワーのほとんどが、モスクワ時代から使われていたもの。猫にとって強いストレスのもととなる引越しの負担を軽減するため、モスクワでの暮らしを日本でもそのまま再現しているのです。

引越しは猫にとって強いストレスの基。解決策がお見事!
猫は本来、自分の慣れ親しんだ環境にいることに安心感を覚える動物。そのため引越しなどにより環境が変わることは、猫にとって大きなストレスとなってしまいます。

今回のOさんのケースでは、愛猫お気に入りのグッズを日本に持ち帰ってきたことによって、引越しのストレスを軽減させることに成功。そのおかげで東京での生活にもすぐに慣れ、16才を迎えた今でも毎日元気に過ごしているのだそうです。

愛猫には長生きしてほしい!成功例から見えてきた猫の「リアルご長寿術」とは
スキンシップ・トイレ・食事スペースの配慮
長生きの秘訣そのA スキンシップ・トイレ・食事スペースの配慮
猫タワーや猫ベッド以外にも、Oさん宅ではご長寿の愛猫のためにさまざまな工夫が施されていました。

愛猫が落ち着いてしっかりご飯を食べられるようにと、食事スペースはお部屋の隅、安心できる静かな場所に設置しているのだそう。また、フードは愛猫が食べやすいよう粒の小さいものを使用し、高さのある台や食べやすさを考慮した傾斜のある器で与えています。

日々の体調チェックはスキンシップを通じて
毎日愛猫とのスキンシップを欠かさないOさん。2年前に原因不明の吐血が見られた際も、愛猫を触ったときに熱っぽかったことで気付いたといいます。猫は人間のように言葉を話すことができませんので、スキンシップを通じて飼い主さんが異変にいち早く気づいてあげることがとても大切。病気の早期発見、早期治療に直結しますよ。

トイレは囲う&段差を最小限に
愛猫が安心して排せつできるよう、Oさん宅で使用しているトイレには囲いが設置されています。また爪とぎ器を有効活用し段差を小さくすることで、排せつ時の負担を最小限にしているのだとか。

愛猫には長生きしてほしい!成功例から見えてきた猫の「リアルご長寿術」とは
ご長寿猫たちに共通していること
ご長寿猫たちに共通していることまとめ
今回ご紹介したOさん宅の愛猫以外にも、全国各地にはさまざまなご長寿猫がいます。それらの猫たちにはいくつかの共通点がありました。

前提となるのが、飼い主側が猫に対してあまり神経質に怒らず、大らかに接していること。ストレスに弱い猫たちが飼い主さんから怒られることでストレスを受け、免疫力が下がるのを防ぐため寛大に接しているのだそうですよ。ご長寿猫の場合、少しでも様子に異変を感じたら早めに動物病院を受診することも大切。病気の早期発見が長生きにつながるのですね。

そして、ご長寿猫を飼う飼い主さんたちの最大の共通点、それは室内飼いだからこそ環境づくりを大切にしているという声でした。外が見られるようにしたり日向ぼっこをさせたりすることで、猫のニーズを満たすことを意識しているのだそうです。若い猫を飼っている飼い主さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2016年10月号『リアルライフからわかったご長寿術』(監修:聖母坂どうぶつ病院獣医師 鵜飼佳実 先生)
文/子狸ぼん
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の介護食について レシピや与え方のコツなど

ネタりか



犬に介護食を与えるための準備
寝ている老犬

犬が高齢となってドッグフードから介護食に変えた時に、きちんと食べてくれるかどうかを確認する作業を行います。まず犬のお皿に介護食をそのまま出して反応を見ます。この時に一口でも犬が自力で介護食を食べるようだったら、時間はかかっても食べられるだけ食べさせてあげましょう。

犬が介護食を上手く食べられないようであれば、シリンジを利用して少量舐めさせます。シリンジとは、注射器のような形をしており、高齢となった犬にミキサーなどでどろどろにした介護食、または流動食をシリンジにいれて食べさせる道具のことです。

犬がシリンジから介護食を舐めさせた際に、きちんと食べる事が出来ればそのままシリンジで食べさせて構いません。それでも犬が介護食を食べてくれない時は、無理強いをしないように心掛けましょう。

最初は犬に手作りの介護食ではなく、市販されている犬の流動食を利用しましょう。場合によっては、手作りの介護食よりも柔らかく犬の胃にも優しいです。

犬の介護食レシピ
ご飯を食べる犬

老犬でも介護食が食べられるようであれば、手作り介護食も良いでしょう。そのレシピを紹介します。

犬の胃に優しい鶏胸肉と野菜のスープ
犬の胃に優しいおかゆを鶏胸肉を利用して、介護食として作る事ができます。犬に栄養バランスも良く、胃の消化にも優しいメニューとなっています。

鶏胸肉を細かく刻み、鍋に水を入れてしっかりと火を通します。鶏胸肉を細かくしないと、犬の喉につっかえて窒息してしまう恐れがあるので、出来るだけ鶏胸肉は細かく切っておきましょう。

その後、犬が食べられるキャベツや人参などの野菜を、鶏胸肉の茹で汁を用いて舌で潰せるくらいの柔らかさになるまで煮ます。最後に茹であがった物を皿に盛り付けて人肌くらいに冷まし、犬の介護食の完成です。

犬の介護食を流動食にする場合は、鶏胸肉の茹で汁と全ての材料をミキサーにかけるだけで簡単に流動食に出来上がります。

老犬に食べやすい鮭ゼリー
元気が無くなりつつある老犬に食べさせたい介護食として、鮭には豊富なたんぱく質と脂質が含まれている食材です。

✔鍋に水を沸騰させた後、鮭を投入します。
✔十分に火が通ったら鮭を取り出してほぐします。
✔鮭のアクを取り除いた茹で汁に、ゼラチンを混ぜます。
✔ほぐした鮭を、ゼラチン液の中に混ぜて冷蔵庫で冷やします。

固形物を食べられない老犬にはゼリー状にする事で、食べやすい食感となるのでピッタリのメニューです。このレシピは鮭だけではなく、犬が食べる事の出来る魚であれば代用できます。

犬の介護食の与え方とコツ
スプーンから‌食べる犬

コツは犬に時間が掛かっても、少しずつ介護食を食べさせる事です。犬が介護食を上手く食べられない場合は、ミキサー等でペースト状にして流動食にします。固形状でなくなるので喉につかえる事がなく、犬は介護食を舐めて食べる事ができます。

そして犬が食べられる量を、犬の食べるペースで介護食与え続ける事がポイントです。犬の食い付きが良いからといって一気に多量の介護食を与えると、喉に詰まってしまい窒息を起こしたり、食べる事自体に恐怖の感情を抱いてしまいます。

もし老犬が自力で食べる事が出来ない場合は、シリンジなどを用意して犬の舌に少しずつ流しながら食べさせることが大切です。

犬に介護食を与える時の注意点
支えられる犬

犬に介護食を与える時の注意点は、犬の首を支えながら食べさせるという事です。シリンジを使う場合に限りますが、介護食が必要な犬は自力で起き上がれない場合が殆どです。

したがって、2人1組となって、犬に介護食を食べさせると犬の体の負担が軽減されます。助っ人を頼むのが難しい場合には、クッションなどを支えにして犬の体を起こして介護食を与えましょう。

まとめ
ソファに寝る老犬

高齢となった犬にとって介護食はなくてはならない物です。犬の状態に合わせて、介護食を与える事が寿命を延ばす重要なポイントとなります。

年老いた犬に介護食を与えると、老いを感じて悲しくなってしまいます。しかし飼い主さんの手作りでなくても愛は必ず犬に伝わります。少しでも愛犬と長い時間を過ごすために、工夫を凝らして介護食を用意しましょう。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000km離れた福島に通い、犬猫の保護活動…NPO女性の行動力に石田ゆり子も感銘「変えなければいけない」

Yahoo! JAPAN



先週3日に放送され反響を呼んだドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)の特集「犬と猫の向こう側」の後編が10日に放送された。前編に引き続き、犬や猫の“多頭飼育崩壊”の問題をテーマに、NPO法人「犬猫みなしご救援隊」の中谷百合さんの活動を追っている。後編では、東日本大震災直後被災した犬や猫を救うため、広島から1000km離れた福島まで何年も通っていたことが明かされた。

 前回同様、その反響はすさまじく、同番組のナレーションを務める女優石田ゆり子のインスタ上では“ペットの飼育”に関して熱い議論が起こっている。

 今回、中谷さんは100匹以上の猫を1人で飼っているという男性のもとへ救出に向かった。猫たちのいる部屋に入ると、床はふん尿とゴミまみれ。悪臭もひどく、清潔好きの猫を飼育するには決して良い環境とは言えない。こうした衛生状態が災いし、中谷さんが来る前に30匹近い猫が亡くなったという。まさに同番組が問題として取り上げている“多頭飼育崩壊”に陥っていたのだ。

 中谷さんは男性が飼う猫を自身のシェルターで保護すべく、部屋の中で逃げ回る猫たちを体を張って一匹一匹を捕獲。無事に全ての猫を救出した。その状況に飼い主の男性はホッとした様子を見せたが、すかさず「猫のストレスを考えたら、今の状況のままなら(シェルターからは)戻せない」と中谷さん。厳しくも愛情のこもった言葉で、今の環境を改善するよう促した。

 そんな中谷さんについて、石田は自身のインスタで「人間力、行動力、優しさ、強さ(がある)」とコメント。さらに「動物をとりまく環境をみんなで、変えたい、変えなければいけないと思います」、「番組をぜひ、全国放送にしてもらいたいという声が多く、私も全く同感です」と付け加えた。後編の放送前にも「本日の後編、どうぞお見逃しなく。心からよろしくお願いいたします」と積極的にインスタで告知。自身も保護猫を飼育するなどしているため、同番組への思い入れは強いとみられる。

 石田のインスタ上には「命の大切さ、重さは動物も人間も一緒。言葉を話せない動物にも感情があること、人間は気付かないふりをしていませんか?」「多頭飼いするならそれなりの責任をもち、それができないなら法律で罰を与えるしかないのでは」「行動力が素晴らしい。私も動物に救われている身なので、彼らのために何か動かなければと思いました」と真剣な意見が多数寄せられている。

 その他のSNSでも「ゴールデンで放送して、1人でも多くの人に見てほしかった」「もはやネコカフェや動物番組はいらないのでは?」などの声が。中には「人間の勝手だけど、多頭飼育してしまう人の気持ちも分からなくない…」といったコメントも見られ、ネット上では熱い議論が交わされた。

 世の中は、今まさに猫ブーム。“かわいいから”、“癒やされるから”という軽い気持ちで飼い始める人も少なくない。その結果、適切な去勢手術が行われず、多頭飼育崩壊が多発しているのだ。そんな社会の流れを懸念する中谷さんは何度となく『猫ブームが早く終わってほしい』と嘆き、問題解決へ活動してきた。この言葉こそ、今日本が抱えるペット問題の核心を突いている。今回のようなネット上の議論は一時的に盛り上がり、いつしか忘れ去られるケースも多いが、石田の発信により今後も続いていくことを期待したい。

記事内の引用について
石田ゆり子公式インスタグラムより
https://www.instagram.com/yuriyuri1003/


posted by しっぽ@にゅうす at 08:52 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする