動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月15日

ペット流通の裏側 劣悪環境の繁殖業者で衰弱死することも

NEWSポストセブン



日本におけるペット流通は、まず繁殖業者(パピーミル)が子犬・子猫を生産し、ペットオークションにかけられ小売業者(ペットショップ)に渡り、そこから一般の飼い主のもとに行くこととなる。

 かつては、この流れの中で売れ残ったペットを自治体が殺処分していたが、平成25年の法改正以降はそれができなくなった。そのため、売れ残った犬猫を有料で引き取る「引き取り屋」と呼ばれる在庫処理業者が暗躍するようになった。この引き取り屋は、買い取った犬猫を販売したり、さらに繁殖させたりするという。そこにかかわるのが、以下の2種類の業者だ。

【繁殖業者(パピーミル)】

 ペット業界の子犬や子猫をどんどん作り出しているのが、英語で“子犬工場”を意味する“パピーミル”と呼ばれる繁殖業者。不特定多数相手のペットショップにオークション経由で流通させる繁殖業者は、出荷途中などで命を落とす数も考慮し、子犬や子猫を大量生産するべく、何度も子を産ませ続ける。なかには2年間で6回も帝王切開で出産をさせられた犬もおり、繁殖できなくなったら、餌もそこそこに劣悪な環境下で衰弱死させられることも少なくない。

 犬猫385頭を過密飼育し、日本動物福祉協会から刑事告発された福井の繁殖業者も、パピーミルにあたる。この福井の事件では3月26日に告発状が受理され、5月18日には動物愛護法違反(虐待)や狂犬病予防法違反容疑で書類送検となったが、業者を指導監督する県側は当初から「明らかな虐待はなかった」と述べていた。

 400匹近い犬猫をわずか2人で飼育していたが、飼育頭数に対する飼育員数などに法令上の数値規制がないため、「虐待の認定は困難」というのだ。一般的な私たちの感覚と、取り締まる側とにズレが生じてしまうのは、動物愛護法に明確な基準がないから。こうした曖昧さをなくすことが、今年の動愛法改正への論点の1つとなっている。

 引き取り屋では、掃除の手間を省くため、ケージの底板を抜いていることが多い。底板を抜かれた金網の不安定な足場は、犬に多大なストレスを与えている。排泄物受けすらないケースも多く、糞尿が下段に降り注ぐため、上段には転売できそうな犬を置き、下段には売れそうにない老犬などが押し込められていることも。

【引き取り屋】

 平成25年の動物愛護法改正で、業者が犬猫を行政(自治体)で処理してもらえなくなったことで表面化した商売。繁殖力が衰えた親犬・親猫を1頭あたり数千〜数万円程度の有償で引き取る“引き取り屋”は、過剰生産と法改正で活性化したともいえる。

 引き取り後、売れる犬猫はさらに転売、親には限界まで子供を産ませ、転売できず繁殖用にも使えない犬猫はケージに入れられたまま、掃除や散歩の世話も病気の治療もされず、飼い殺しにされることが多い。

 引き取り屋ではネグレクト(飼育放棄)など虐待に発展しやすく、事件化している。

※女性セブン2018年6月28日号


posted by しっぽ@にゅうす at 10:00 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

繁殖させすぎた犬猫を有料で引き取り虐待する業者が暗躍中

Yahoo! JAPAN


今年3月、福井で犬猫約400匹を過密飼育した業者が、虐待容疑で刑事告発された事件をご記憶だろうか? こうした飼育方法は、決して一部業者が行っている特殊なケースなどではない。今まさにペットショップの店頭で販売されている犬猫の多くが、まるで“生産工場”のように、軽々しく作り出され、廃棄されているのだ。

 今必要なのは、店頭のガラス窓で愛らしく笑うペットの裏で、あまりに多くの命が犠牲になるというシステムの上に、日本のペット業界が成り立っている現実を知ること。そして、このシステムを根本から改善しようと声を上げることではないだろうか。ペットを取り巻く“現実”と“これから”を、今こそ考えてほしい。

 日本に1万3000軒超あるペットショップの店頭に並ぶ子犬や子猫は、工場のように大量生産する繁殖場(パピーミル)から、ペットオークションという競りを経て供給される。これが大半の飼い主がペットを手にするまでのルートだ。

 しかし、そもそも海外ではペットショップなど店頭での生体販売が一般的ではなく、子犬・子猫が生後56日(8週齢)以前に出荷されることも、欧米ではありえない。本来なら子犬たちに免疫力がつく8週齢まで親元に置くのが理想だ。

「今の日本では幼ければ幼いほど好まれ、高く売れる傾向があり、わずか生後49日で出荷されることがほとんど。免疫力のない子犬たちの多くは、途中で命を落としてしまいます。そのため、より多く繁殖させ、出荷する必要が出てきて、大量生産・大量消費に拍車がかかるのです」(『動物環境・福祉協会Eva』のスタッフ)

 また、免許不要で繁殖業が誰にでも始められてしまうのも、問題点の1つ。

「日本のパピーミルは庭先の小屋や民家で行われることが多く、まったくの素人が開業できてしまうのも特徴です。“必ず儲かるから”と持ちかけられて犬や猫を引き継ぐものの、実際には投資費用に比べて利益は少ないことの方が多い。そのため、負のスパイラルにはまっていく業者も多いのです」(『犬猫みなしご救援隊』のスタッフ)

◆処分したい犬猫を有料で引き取るビジネスが暗躍

 一方、売れ残って不良在庫となった犬はどうなるのか。実は「動物の愛護及び管理に関する法律」(以下、動物愛護法)の平成25年(2013年)の改正前まで、業者は売れ残った犬猫を自治体に持ち込み、そのほとんどが殺処分されていた。

 しかし、法改正後は、行政が犬猫の引き取りを拒否できるように。そうして行き場のなくなった、売れ残った犬猫の受け入れ先として存在感を増してきたのが、通称“引き取り屋”と呼ばれる過剰在庫処理業者だ。

「引き取りそれ自体は、違法ではありません。しかし、適切な世話をせずに衰弱させるなど虐待が疑われるケースは非常に多いのが実状です」(『日本動物福祉協会』のスタッフ)

 近年、2014年に発生した鬼怒川河川敷大量遺棄事件(栃木)など、引き取り屋が起こす問題が頻発している。

※女性セブン2018年6月28日号

posted by しっぽ@にゅうす at 09:08 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「飼い主のいない猫」について考える

TOHOKU360



【鈴村加菜通信員=宮城県仙台市】毎日こっそりと野良猫に食事を与え、食べ残しや糞尿を片付けずに去っていく「餌やりさん」の行動が、地域の人々を悩ませている。このような身勝手な「餌やりさん」は一部だが、始まりはみな、「お腹を空かせているのに放っておけない」という猫に対する愛情からだ。

しかし、知識や情報がない状態で食事を与えてしまった結果、「飼い主のいない猫」はさらに増えてしまい、「餌やりさん」自身も困った状況に追い込まれてしまっている。困っている地域の人々や「餌やりさん」に寄り添いながら、猫との共存をめざし地域が飼い主となる「地域猫活動」に最近踏み出した仙台市の花壇大手町町内会。行政・地域・ボランティアの立場から活動に関わる方々から話を聞いた。






「飼い主のいない猫」たちの現実
仙台市健康福祉局 保健衛生部動物管理センター(アニパル仙台)によると、平成28年度の仙台市内における猫の引取件数は855頭。そのうち300頭以上が殺処分となっている。動物管理センターは野良猫などの「飼い主のいない猫」を自主的に保護することはないため、収容されるのは警察を経由するなどしてセンターに連れてこられた猫たちだ。何らかの事情で飼えなくなった飼い主が連れてくるケースもあるが、近所の猫が物置や庭で子猫を産んで迷惑しているので引き取って欲しいというケースが多いという。動物管理センターでも譲渡会を開くなどの取組を行っているものの、全ての猫の飼い主が見つかるわけではない。


動物管理センターに引き取られた猫。収容される猫の8割が子猫(鈴村加菜撮影)
動物管理センターに収容された猫の中には、市民ボランティアの協力のもと、ある程度譲渡可能な状態にまで世話をされるケースもある。市民ボランティアの1人で花壇大手町町内会の「地域猫活動」にも関わる、画家の樋口佳絵さんは、チャリティー活動「cat&dog&me」の事務局として、犬猫保護ボランティア活動の寄付となるグッズ販売企画とともに、犬や猫に関する周知活動を行っている。樋口さんは、「犬や猫を愛している人にも、現状をご存じない方が多いことに驚きます。改めて、犬や猫と人とがよりよく暮らすために現状を知って欲しいですし、考えて欲しい」と話す。


生まれて間もない(生後数日)子猫には2〜3時間置きの授乳が必要。市民ボランティアの協力でおよそ2か月後、里親のもとへ(樋口佳絵さん提供写真)
地域が飼い主に
ここ数年で譲渡数はかなり増えている。しかし、譲渡には限界があるため、殺処分を減らすにはセンターへの収容数を減らさなければならないという現状がある。

この課題の解決策のひとつとなるのが、「地域猫活動」。地域にいる「飼い主のいない猫」を捕獲し、不妊・去勢手術を行い、その後の食事を与える場所やトイレの場所を固定し、地域で面倒を見ながらその猫の一生をまっとうさせようというもの。地域が飼い主となることで「飼い主のいない猫」を排除するのではなく共存することをめざす。


(左)捕獲するには専用の捕獲器を使用。(右)不妊手術後はキャリーの中で休ませながら様子を見る(樋口佳絵さん提供写真)
花壇大手町町内会で「地域猫活動」がスタートするきっかけとなったのは、片平市民センター主催の事業「片平優しい街づくりフォーラム〜猫でつながる人と人〜」。館長の亀田由香利さんは、センターに来る前までは獣医師として仙台市動物管理センターに長年勤め、行政の立場から「地域猫活動」に取り組んでいたが震災後は対応に追われたこともあり、「やり残した」という思いがあったという。「地域猫活動」という言葉が登場したのは20年以上前。一時はメディアなどでも多く取り上げられたが、猫の不妊・去勢手術にかかる費用や捕獲のための器具、トイレ場所の整備など、住民の負担があるため、活動に対する理解はなかなか得づらく、実践まで至る地域は少ない。

亀田さんは、「フォーラムでは、『飼い主のいない猫』について地域で考えるきっかけとなるイベントや講演会を開催しました。そこから『地域猫活動』につながればいいなと思っていた」という。 花壇大手町町内会の「地域猫活動」は、フォーラムに参加していた町内会長の今野均さんがこの問題に関心を持って熱心に取り組んだこと、経験豊富なボランティアがいたこと、昔から町内会と繋がりのある動物病院の獣医師が協力を申し出たことなど、市民センターにとっても心強い偶然が重なり、何より地域住民の理解と協力のもと、実現にいたった。

今野さんによると、昨年の夏に2〜3ヶ月調査した結果、町内には「飼い主のいない猫」が40頭以上いることがわかったという。「少し前まではほんの数頭だったと思います。猫は子どもを複数産みますから急増するものなんですね。それで、庭を荒らされたとか、2階の窓から猫が入って来たとか、苦情も増えました。幸い周りに協力してくれる人が多かったこともあり、これは町内の問題としてやるべきだと決めました」

「地域猫活動」には「餌やりさん」の協力が不可欠
ボランティア・行政・地域。「地域猫活動」に必要不可欠とされている3つの立場にいる樋口さん、亀田さん、今野さんが口を揃えて指摘する「『地域猫活動』をうまく進めるために1番大切な人」がいる。

ペットであって野生ではない猫は本来、自力で食事をとることができないため、一般的には飼い猫に比べ、いわゆる野良猫の寿命は短い。それでも地域から「飼い主のいない猫」が減らないのは、高い繁殖能力に加えて、「飼い主のいない猫」も食料を得られる環境があるからだ。

庭に来た猫に愛着をおぼえ、食事を与え始める。その食事に誘われてほかの猫も集まり始め、子猫が生まれ、さらに増えていき、気付いたときには手に負えない状況に…それが近所からの苦情へと発展するパターンが多いという。猫に関する苦情で一番多いという糞尿は、花壇や家庭菜園をダメにしたり、公園や保育園の砂場を汚したりする。そのため、猫は地域の「悪者」になってしまい、その批判は食事を与えている人にも向けられるようになる。猫に食事を与える行為は決して悪いことではないのだが、知識とマナーがないために猫たちの居場所を奪ってしまうかもしれないのだ。

「地域猫活動」には「餌やりさん」の協力が不可欠。捕獲し不妊手術をしたり、トイレの整備をしたりするためには、猫がいつ、どこに集まっているかを把握する必要があるからだ。ところが、猫嫌いな人や猫で困っている人からの批判の対象になっていることで「餌やりさん」が名乗り出ることのできない状況になってしまっている。樋口さんは、「『餌やりさん」』の多くは、猫に対する情はあっても情報がない状態。そういった人たちに、相談したり解決のために手伝ったりしてくれる人がいれば」と話す。「餌やりさん」に対する悪いイメージをなくし、「餌やりさん」に寄り添いながら、地域で暖かく猫を見守っていくことが必要だ。


「地域猫」である証に、不妊手術後の猫の耳に入れられるカットは「さくらカット」とも呼ばれる(樋口佳絵さん提供写真)
本当に猫の問題?
猫をめぐって行政や町内会に寄せられる苦情は絶えない。これらの苦情はよく聞いてみると「餌やりさん」のように「猫」ではなく「人」に対する不満であったということも少なくないという。亀田さんは「日本人は特に猫に関しては特別な感情を持っていて、世の中に大好きな人、大嫌いな人、無関心な人が1/3くらいずついるといわれています。その結果、猫嫌いな人は『餌やりさん』を攻撃し、『餌やりさん』は地域の目を気にして影に隠れてしまい、互いを理解しようとすることなくいがみ合ってしまう現状があるのです」と話す。猫をめぐる問題は、自分と異なる考えや価値観の異なる人を許容しにくくなっている現代社会の人間の問題なのかもしれない。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の誤食は命の危険も!気をつけるべきモノって?どう対策する?

Yahoo! JAPAN



誤食は命に関わる、と覚えておこう
猫の誤食は「消化管内異物」で対処されることが多いと言われていますが、なかには誤食してしまったことで中毒症状を起こすものもあります。どちらも命にかかわる可能性があるため、飼い主さんとしては注意が必要です。そのためにも、愛猫が誤食してしまいやすいもの、誤食が原因で中毒症状の出てしまう危険なものについて理解しておきましょう。飼い主さんが愛猫のために出来る対策も紹介していきます。

猫の誤食は命の危険も!気をつけるべきモノって?どう対策する?
猫に多い誤食、消化管内異物
猫に多い誤食、消化管内異物
「消化管内異物」は、食べ物ではないものを誤って食べてしまい、それが胃や腸に詰まることでトラブルが生じます。消化管内に詰まってしまうと、開腹手術をして取り出すケースも大いにあります。

★猫が誤食しやすいもの
ヒモや布、ビニールなどは、おもちゃ代わりにして遊んでいる過程で誤食してしまうケースが多いようです。原因はよくわかっていないのですが、布やビニールを好んで食べてしまう猫もいるそうなので注意しましょう。

★中毒症状を起こすもの
愛猫家にとっては有名な話かもしれませんが、人間の食べ物に含まれる、タマネギやネギ、チョコレートなどは中毒症状を起こす危険があります。飼い主さんに処方された薬も同じく注意が必要です。

★もしかして誤食予備軍かも…
ゴミ箱をひっくり返したり漁ったりする傾向にある猫は、誤食予備軍といわれています。猫が誤って口にしそうなものを出しっぱなしにしているのはとても危険ですよ。

猫の誤食は命の危険も!気をつけるべきモノって?どう対策する?
万一のことを考えた万全の対策
万一のことを考えた万全の対策
★ゴミ箱にはフタ、三角コーナーには工夫を
ゴミには危険物が多いので、フタ付きのものを使用するといいですね。食後はすぐに片づけ、三角コーナーには猫が近づけないような工夫が必要です。

★薬やタバコは危険! 猫の届かないところに
猫に中毒症状を起こす危険のある、人の薬や洗剤類、タバコ、観葉植物などは、絶対に猫が届かない場所に置いてしっかりと管理をしましょう。

★遊び終わったおもちゃは片づける
おもちゃは猫が誤食しやすいものナンバーワン! 遊んだあとは出したままにせずに、猫が開けられない場所にきちんと片づける習慣をつけましょう。

★ヒモや布切れはすぐにゴミ箱にポイッ! 
ヒモや布切れ、輪ゴム、糸などは、すぐにフタ付きのゴミ箱へ捨てましょう。毛糸などを好んで舐めてしまう愛猫の場合には、毛糸を放置しないよう注意してくださいね。なかなか目視では見つかりにくいものですので、使ったらすぐに捨てる意識が大切です。

猫の誤食は命の危険も!気をつけるべきモノって?どう対策する?
誤食の大半は事前の対策で防げます!
誤食の大半は事前の対策で防げます!
愛猫の誤食は、飼い主さんが猫の目線で安全確認を行い、事前に対策をすることで防げることが分かりましたね。大切な愛猫のためにも誤食ゼロを目指しましょう! 

参考/「ねこのきもち」2018年1月号『イマドキ猫の健康事情』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/佐藤
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室




posted by しっぽ@にゅうす at 03:56 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い主さんもおさらい! 犬を飼い始める前に用意したいグッズリスト

Yahoo! JAPAN



犬を迎える前に必ず用意すべきグッズとは?
クレート
犬専用の「ハウス」となる、プラスチック製のケースです。小型犬の場合はキャリーバッグとしても使えるので、持ち運びができるハンドル付きがおすすめ◎大型犬には転がして移動できる、キャスター付きが便利です。クレートは災害時、避難場所での犬の居場所としても役立つので、必ず持っておくことをおすすめします! 

サークル
サークルは犬の行動範囲を制限するために必要な柵です。トイレトレーニングにも使用するので、必ず用意しておきましょう。

トイレシーツ
犬のオシッコを吸収するシーツです。素早くオシッコを吸収するので、犬がその上を歩いても足裏が汚れにくいのが利点。最初のトイレトレーニングで大量に使うので、多めに用意しておくと重宝するでしょう。

おもちゃ
おもちゃを使っての遊びは、飼い主さんと犬との大切なコミュニケーションに。運動不足やストレス解消にもなるので、いくつか用意しておくのがおすすめです。

リード&首輪
散歩中に犬を危険から守り、周囲に迷惑をかけないためにも必須のアイテムです。トレーニングでも使用するので、犬のサイズに合ったものを購入しましょう。

飼い主さんもおさらい! 犬を飼い始める前に用意したいグッズリスト
新しい家に慣れたら用意するグッズとは?
新しい家に慣れたら用意するグッズとは?
フードポーチ
犬のしつけはご褒美としてフードを与えると効果的! フードポーチは、その際に重宝するグッズです。フードをふやかして与える期間が終わってから使い始めてください。

ブラッシング用品
本格的な手入れはすぐに始める必要はありませんが、ブラシやコームでお手入れに慣れさせておくことはとても大切。なるべく早く用意してくださいね。

噛み防止スプレー
犬が嫌いな苦い味などがするスプレーです。あらかじめ犬に噛まれたくない場所にスプレーしておけば「甘噛み対策」になることもあるので、持っておくと便利なグッズの1つですね。

飼い主さんもおさらい! 犬を飼い始める前に用意したいグッズリスト
しつけやトレーニングが出来てきたら用意するグッズとは?
しつけやトレーニングが出来てきたら用意するグッズとは?
歯ブラシ
子犬のうちから歯磨きの習慣をつけることで、犬がなりやすい「歯周病」の予防につながります。なるべく早めに対策しておきましょう。

フード用ボウル
まずは家にあるボウルで代用し、粒のフードを食べるようになってから、食事量に合わせて購入するのもOK。ただし、序盤はしつけトレーニングのご褒美として、手から与え切ってしまうほうが望ましいので、すぐには使わないこともあります。

トイレトレー
トイレシーツを固定するためのトレーです。事前に購入する飼い主さんも多くいますが、サークル内でのトイレトレーニングができた後でもOK。

消臭スプレー
トイレ以外で粗相してしまった時に使います。使わない派の飼い主さんもいるため必須アイテムではありませんが、持っていた方がベターです。除菌効果のあるペット用に開発されたものがおすすめですよ。

飼い主さんもおさらい! 犬を飼い始める前に用意したいグッズリスト
快適な生活のために余裕を持った計画を!
快適な生活のために余裕を持った計画を!
今回ご紹介したグッズのほかにも、犬用シャンプーや犬用ベッドなどが必要になることもあります。予算は多めに見積もっておき、できる限り事前に用意しておくことをおすすめします。しっかりと準備して、快適で楽しい愛犬家ライフを送ってくださいね♪

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大事典』(監修:「Can! Do! Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室

posted by しっぽ@にゅうす at 01:38 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする