動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月16日

ペット流通の裏側 劣悪環境の繁殖業者で衰弱死することも

Yahoo! JAPAN



日本におけるペット流通は、まず繁殖業者(パピーミル)が子犬・子猫を生産し、ペットオークションにかけられ小売業者(ペットショップ)に渡り、そこから一般の飼い主のもとに行くこととなる。

 かつては、この流れの中で売れ残ったペットを自治体が殺処分していたが、平成25年の法改正以降はそれができなくなった。そのため、売れ残った犬猫を有料で引き取る「引き取り屋」と呼ばれる在庫処理業者が暗躍するようになった。この引き取り屋は、買い取った犬猫を販売したり、さらに繁殖させたりするという。そこにかかわるのが、以下の2種類の業者だ。

【繁殖業者(パピーミル)】

 ペット業界の子犬や子猫をどんどん作り出しているのが、英語で“子犬工場”を意味する“パピーミル”と呼ばれる繁殖業者。不特定多数相手のペットショップにオークション経由で流通させる繁殖業者は、出荷途中などで命を落とす数も考慮し、子犬や子猫を大量生産するべく、何度も子を産ませ続ける。なかには2年間で6回も帝王切開で出産をさせられた犬もおり、繁殖できなくなったら、餌もそこそこに劣悪な環境下で衰弱死させられることも少なくない。

 犬猫385頭を過密飼育し、日本動物福祉協会から刑事告発された福井の繁殖業者も、パピーミルにあたる。この福井の事件では3月26日に告発状が受理され、5月18日には動物愛護法違反(虐待)や狂犬病予防法違反容疑で書類送検となったが、業者を指導監督する県側は当初から「明らかな虐待はなかった」と述べていた。

 400匹近い犬猫をわずか2人で飼育していたが、飼育頭数に対する飼育員数などに法令上の数値規制がないため、「虐待の認定は困難」というのだ。一般的な私たちの感覚と、取り締まる側とにズレが生じてしまうのは、動物愛護法に明確な基準がないから。こうした曖昧さをなくすことが、今年の動愛法改正への論点の1つとなっている。

 引き取り屋では、掃除の手間を省くため、ケージの底板を抜いていることが多い。底板を抜かれた金網の不安定な足場は、犬に多大なストレスを与えている。排泄物受けすらないケースも多く、糞尿が下段に降り注ぐため、上段には転売できそうな犬を置き、下段には売れそうにない老犬などが押し込められていることも。

【引き取り屋】

 平成25年の動物愛護法改正で、業者が犬猫を行政(自治体)で処理してもらえなくなったことで表面化した商売。繁殖力が衰えた親犬・親猫を1頭あたり数千〜数万円程度の有償で引き取る“引き取り屋”は、過剰生産と法改正で活性化したともいえる。

 引き取り後、売れる犬猫はさらに転売、親には限界まで子供を産ませ、転売できず繁殖用にも使えない犬猫はケージに入れられたまま、掃除や散歩の世話も病気の治療もされず、飼い殺しにされることが多い。

 引き取り屋ではネグレクト(飼育放棄)など虐待に発展しやすく、事件化している。

※女性セブン2018年6月28日号



posted by しっぽ@にゅうす at 08:26 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽっちゃり猫ちゃんにひそむ落とし穴

ネタりか



猫が太ることの危険
太った白猫

猫ちゃんの体型に関係しますが、肥満体型になると尿の中に結晶が出来やすくなります。それにより尿が体外に出るまでの道=尿道が詰まり、オシッコが出なくなってしまいます。

排尿する事により体内の老廃物が体外にでますが、もし尿道がつまりオシッコが出なくなってしまったら老廃物が体内に残ったままになり尿毒症をおこし、命の危険があります。

もし、つまった場合は一刻も早く処置をしなければいけません。また、治療後も体重管理をきちんと行わないとまた尿道がつまる可能性があります。このように、猫ちゃんに大きなストレスや苦痛など、辛いおもいをさせてしまいます。

そうならない為に太らせない事が非常に大切です。

猫が太ってしまう理由
ソーセージを食べる太った猫

どうして体重が増えてしまうのでしょうか?

やはり私たちと同様にフードの与えすぎ=カロリーオーバーが主な原因です。また、ちゅーる系など最近は嗜好性が高いオヤツの与えすぎも太ってしまいます。少しの量でも猫ちゃんにとっては摂取カロリーが多いのです。

しかし、フードやオヤツを与えるのは飼い主さんですが、1日どれくらいの量を与えているか聞いてみると大半の方は「欲しい分あげちゃってる」「だいたい、これくらいだったはず……」と曖昧な答えでした。

それでは実際に与えているフードやオヤツの量がわかりません。まず、与える量をしっかり把握することがダイエットのポイントになります。

フードをどれくらい与えていいの?
フード目安表

1日どれくらいの量を与えていいのか分からない方が多いとおもいます。

まず、愛猫の標準体重を知りましょう。だいたい1歳時の体重が標準体重だといわれていますが、もし気になる場合は動物病院に相談するのもオススメします。

目安としてメスは4キロ以下、オスは5キロ以下がいいとおもいます。

標準体重が分かったら、フードのパッケージ裏に体重あたりのフード量が記載されているので、それを参考に与えましょう。

フードを計測

しかし、いきなりフード量を減らしてしまうと空腹状態が続きストレスが溜まってしまうので、一気に減らさないで少しずつ減らしていくのがいいです。

ちなみに私の愛猫チャロの標準体重は4.5キロで、パッケージ裏のフード量をみると55gと書いてあるので1日は55gを超えないようにし、一回一回きっちり量を測るようにしています。

地道の努力がダイエット成功する鍵となります。

まとめ
ご飯食べているところ

人間と同様に猫ちゃんも体重が多いと病気になるリスクが高くなります。

「ゴハンちょうだい」と欲しがる姿をみるとつい、あげたくなりますよね。私も何回もその誘惑に負けそうになりました。

なるべく空腹状態を続かないように1日4回に小分けしたり、カロリーが低いフードに変えてみたりしました。その甲斐あって、チャロは今年で4歳になりますが現在病気にかかっておらず元気いっぱいです。

みなさんも今回を機に、愛猫のフードの与え方について考えてみていただけると嬉しいです。



posted by しっぽ@にゅうす at 05:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫のさかり期間と注意点

ネタりか



猫のさかり期間の目安は?
寄り添う2匹の猫

猫のさかりの期間ですが、メスが発情した時にオスも発情するので、メスのさかり期間が基本となります。

メスのさかり期間は2~3週間
後ろ姿の猫

一般的に、猫のさかりの期間は2~3週間で、初めてのさかりの場合は少し期間が短いです。周りにオス猫がいるか、野良猫か飼い猫かでも、さかりの期間は異なってきます。
だいたい1年に2~3回、さかり期間が訪れますが、室内飼いの猫の場合、1年中さかりを迎える可能性も。
そのため猫のさかり期間は一概には言えず、猫が住む環境によって大きく異なることになります。

さかり期間は、日照時間が1日14時間以上になると始まると言われています。自然環境下では猫のさかりは2~4月、6~8月に起こることが多いですが、都会や完全室内飼いの猫では、人工的な光に照らされている時間が長いので、季節関係なしにさかりがきます。

オスのさかり期間
じっと見る猫

オス猫は、生後3ヶ月頃から性的な成熟が始まり、生後9~12ヶ月から本格的なさかり期間を迎えます。ですが、メス猫のように「発情期」というものはなく、さかりを迎えているメス猫が近くにいることで発情します。

ですからオスの場合は、発情しているメス猫がいればいつでもさかり期間なのです。

猫のさかり期間中に注意すること
こちらを見上げる猫

猫がさかりを迎えている期間中、注意したいことがいくつかあります。

✔鳴き声
✔スプレー行為
✔脱走
✔凶暴化
✔安易な交尾

鳴き声
鳴いている猫

メス猫がオス猫を呼び寄せる為に、大きな声で鳴くようになります。抑揚のない犬の遠吠えのような鳴き声をメス猫が発し、それにオス猫が答え、更にメス猫が答える、というやりとりが続くこともあります。

大きく長い鳴き声なので、特に集合住宅では近所迷惑となる場合も。猫によっては全く鳴かない子もいます。

スプレー行為
草むらの猫

スプレー行為とは、主にオス猫が自分の縄張りを示す為に行う尿かけの事ですが、メスでもさかり期間の場合はすることがあります。メス猫のスプレー尿にはフェロモンが含まれており、それによってオス猫を引きつけます。

また、オス猫は自らの強さを証明するため、自分の存在をアピールする為にスプレーをします。

スプレー尿は通常の尿よりも、匂いがキツイです。猫の尿はタダでさえ、匂いが強めですがさかり期間の尿は更に匂いが強いため、飼い主さんを困らせる原因となります。

脱走
脱走しそうな猫

異性を求め、さかり期間の猫は脱走を試みることがあります。普段は温厚な猫でも、さかり期間になると網戸を突き破って脱走することもあるのだとか。完全室内飼いの猫の場合は、特に気をつけなければいけません。事故に遭う可能性も、ゼロではないのですから。

凶暴化
爪を出す猫

さかり期間の猫は、とにかく気が立っています。いつもの猫とは違う、という事を肝に命じておいた方が良いでしょう。異性に会えないと特にストレスが溜まり、慣れた飼い主さんに威嚇するかもしれません。逆に臆病になることもありますが、さかり期間の愛猫の取り扱いには、十分注意してください。

安易な妊娠
妊娠している猫

猫はとても妊娠する率が高い動物です。しかも、1度のさかり期間で複数のオスの子供を妊娠できますし、生後半年くらいから妊娠・出産ができる為、子猫が増えていくスピードも恐ろしいものがあります。

メス猫に安易な妊娠をさせる事は、飼い主がいなくて殺処分の対象となる子猫を増やすことに繋がります。面白半分で猫を繁殖させるのは、絶対に辞めましょう。生まれてくる全ての子猫に責任を持てない限りは、安易に妊娠をさせては、いけないのです。

猫のさかり期間対策
鉄格子の中の猫

愛猫がさかり期間を迎えた時、どのような対策を取れば良いでしょうか?

✔不妊手術
✔異性猫を近づけない
✔猫に合わせる
✔運動をたくさんさせる
✔ご近所へ知らせる

不妊手術
愛猫に子猫を産ませる予定がないのなら、不妊手術を受けさせるのが1番の対策となります。オスには去勢手術、メスには避妊手術です。不幸な子猫を増やさないばかりか、飼い主さんにとっては困る、さかり期間の行動も減らすことができます。

ただ、不妊手術にはデメリットもありますので、安易に受けさせるのではなく、担当獣医師の説明を聞いて飼い主さんが判断するようにしてください。

異性猫を近づけない
3匹の猫

周りに異性の猫がいると、さかり期間が大変なものとなりますので、なるべく近づけさせないようにしてください。周囲に異性の野良猫がいる場合、奥の部屋に愛猫を隔離するなどして、さかり期間が過ぎ去るのを待ちましょう。

猫に合わせる
猫のさかり期間の行動を変えるのは、至難のわざです。ですから、猫に合わせるようにして、過ごしましょう。例えば、スプレーをする場所が汚れないよう、撥水シートを貼るなどです。

また、さかり期間は甘えん坊になる猫も多いですが、だからと言って頻繁に撫でるとそれが刺激となり、余計に発情してしまうことがあります。甘えてきても応じず、放っておくようにしましょう。

運動をたくさんさせる
運動

さかり期間の猫の行動で困るのが、「夜泣き」です。夜に大きな声で鳴かれると、飼い主さんの安眠が妨害されてしまいます。ご近所の目も、気になりますね。飼い主さんが寝る前にたくさん運動をさせて、猫を疲れさせてしまいましょう。

ご近所へ知らせる
さかり期間に気になるのが、ご近所への迷惑です。影響がありそうなご近所の方に、猫を飼っている事を知らせると共に、さかり期間で迷惑がかかっていないか、勇気を出して聞いてみると良いでしょう。

意外と気にしていなかったり、ご近所の方も猫好きで、話しが盛り上がったりすることもあるようです。そうではなくても、挨拶をすることで印象が良くなるでしょう。

まとめ
仲良しな2匹の猫

猫のさかり期間は、一般的な飼い主さんには、困ることが多いのではないでしょうか?

不妊手術を施すのは、モラル的にどうなんだ、という声もありますが、そこは飼い主さんの判断に委ねられます。ただ、猫に対する日本の現状を考えると、綺麗事は言っていられないのかなと、個人的には思います。

飼い主さんにとっては苦痛となりがちな猫のさかり期間、どう対策してどのように過ごすか。それともさかり期間がこないようにするのか、慎重に判断して頂きたいと思います。


posted by しっぽ@にゅうす at 04:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室内でもできる!犬にストレス発散させる方法4選

ネタりか



犬のストレス要因
ストレスを抱えてそうな犬

人間にも犬にも同じことが言えますが、ストレスには、心理的ストレスと身体的ストレスの2種類があります。

心理的ストレスとは?
犬の場合だと、例えば、引っ越しをした、飼い主さんの家族構成が変わった、飼い主さんの生活環境が変わり、飼い主さんと関わる時間が急激に減った、近所で騒音がするなどが原因で、心理的にストレスを抱えてしまう状態です。

身体的ストレスとは?
手入れ不足による皮膚疾患だったり、歯が痛い、関節が痛い、など体に痛みや痒みを感じて、それがストレスになっている状態です。

犬がストレスを感じている時のサインとは?
いたずらしている 犬

健康になんの問題もなく、心理的にも特に緊張を強いるような状況でもないのに、日常的に、運動不足や退屈すぎるなど、犬にとってなにか不満がある時には、以下のようなサインがみられます。

✔しっぽを追いかける
✔トイレを失敗する
✔あくびの回数が多い
✔いたずらが増える
✔体を舐める

室内でもできる!犬のストレス発散させる方法4選
一人遊びしている犬

人間なら、家の中でストレスを発散する方法はいくらでもあります。
けれども、ドックランに出掛けたり、散歩に行けない時、何をすれば愛犬のストレスを解消することが出来るのでしょうか?

1. 飼い主さんと遊ぶ
愛犬にとって、これほど楽しい時間はないと思います。
多頭飼いの飼い主さんは、序列を守ったり、それぞれのコの個性や遊びの好みごとに、遊ぶのは大変かも知れません。
けれども、出来れば、一対一でほんの数分でも遊んであげれば、愛犬はきっと満足してくれるはずです。

2. 一人遊びを楽しむ環境や道具を用意する
飼い主さんと遊ぶのも楽しいと思いますが、一人遊びが好きなコもいると思います。
そんなタイプのコなら、一人遊びができそうなおもちゃを与えて、一人遊びの時にテンションが上がって、転がりまわっても床で滑ったり、何かにぶつかったりしないように部屋の中を広く使えるよう、十分なスペースを確保してあげましょう。

3. 落ち着いた場所でのんびりとお昼寝させる
ベッドで寝ている犬

愛犬がのんびりと昼寝をしている時は、なるべく構わずに、静かに眠れるような環境を保ってあげましょう。
せっかくリラックスして眠っているのに、大きな音を立てたり、騒がしくしたりすると、深く寝入ることが出来ません。
人間でも、ストレスを感じてぐっすり眠りたいのに、近くで大きな音を立てられたり、忙しなく動き回られたりすると、気になって眠れず、余計にストレスが溜まりますよね。
愛犬がのんびりと眠っている時は、飼い主さんもゆったりした時間を過ごして、一緒にストレス解消してはいかがでしょうか。

4. 飼い主さんとのスキンシップの時間を増やす
とにかく、愛犬は飼い主さんが大好きです。
派手に動き回って遊ばなくても、マッサージをしたり、静かにやさしく話しかけたり、体に触れたりして、普段よりも愛犬とのスキンシップの時間を少し増やしてみましょう。
出来れば、「テレビを見ながら」や「スマホを見ながら」ではなく、テレビも消して、愛犬にだけ気持ちを向け、スキンシップを行ってください。

室内でもできる愛犬と飼い主さんとの遊び方
女性と犬

ひっぱりっこ
タオルや、太いロープなどで引っ張りっこをします。
途中で、投げたり、高く放り投げたりしても、足腰に問題のないコであれば、遊び方に抑揚をつけて遊んであげましょう。

ミニキャッチボール
廊下やリビングなどで、外で行っているキャッチボールを家の中でもやれるように、ほんの短い距離を投げたり、上へ投げてうまくキャッチさせたりして遊びます。

どっちかな?
おやつを片手に隠して、「どっちにあるかな?」と見せて遊びます。

知能ゲーム(ペットボトルを使って)
食いしん坊の愛犬にオススメの遊び方です。
1センチぐらいの大きさのフードか、リンゴを切ったものを500ml入りのペットボトルに入れて与えます。
フタを開けたままにすると、犬はどうすれば食べれるかを考えて、無我夢中になります。
あまりたくさん与えると、カロリーの摂りすぎになるので注意しましょう。

犬種の特性を生かした遊び方 3選
ボール遊びをする大型犬

ラブラドールやゴールデンなど、なんらかの使役犬としての適正を持つ犬種は、他の犬種に比べると、「飼い主のために働きたい」という作業欲が強いと言われています。
そんなコたちに特にオススメの遊び方を3つ、ご紹介します。

宝探しゲーム
愛犬のお気に入りのおもちゃや、おやつの入ったコングなどを飼い主さんが隠し、それを愛犬が探すゲームです。

かくれんぼ
飼い主さんが家の中のどこかに隠れて、愛犬が探します。
見つけた時の愛犬の笑顔を見ると、飼い主さんのストレスも解消出来ますよ!

新しいお勉強をはじめよう
まだ身に着けていない「芸」をマスターさせるお勉強の時間に当てます。
例えば、「バーン!」と飼い主さんが手をピストルの形にして声を出したら、倒れる…など、あまり躾に関係ない芸でも構わないので、なにか新しいことを覚えさえることで「作業欲」が満たされて、ストレスの解消になります。

犬と遊ぶ時に守るべきルール
女性と遊ぶ犬

遊びの始まりと終わりは飼い主さんが決めること
愛犬が、「遊ぼうよ?」とおもちゃを飼い主さんのところまで持ってきて、要求吠えなどで気を引き、「遊び」をおねだりすることがあります。
愛犬の考えていることが手に取るように理解できて、言葉がなくてもしっかりと意思の疎通ができているのがうれしくて、つい、すぐに遊んであげたくなると思います。
けれども、それを続けると、愛犬は「飼い主さんは、自分の言うことを聞いてくれる」と勘違いします。
どんな遊びにしろ、愛犬からねだられて遊びを始めるのではなく、「遊び」を始める合図を出すのは、必ず、飼い主さんから、というルールを徹底しましょう。
「遊び」を始める前に、「マテ」「オスワリ」など、なにか指示を与えて、それを達成できたら、ご褒美として「遊び」を開始します。
また、愛犬が終わるまで遊び続けるのではなく、「もう少し遊びたい」と思うくらいのタイミングで、飼い主さんから「今日はもうおしまいね」と愛犬との遊びの終了のタイミングも、飼い主さんが決めましょう。
そして、遊び道具もずっと出しっぱなしにせず、飼い主さんが取り出し、飼い主さんが片付けます。

興奮していても、しっかりと愛犬をコントロールすること
楽しすぎて、ハイテンションになると、家の中を全力で走り回ったり、うなり声をあげたりし始めます。また、飼い主さんと遊んでいるのを邪魔されたくなくて、側にいる他の家族に向かって、「邪魔するな、あっちに行け!」と威嚇することもあります。
そこまで興奮してしまうと、愛犬自身も床で滑って足を痛めたり、壁に激突したり、飼い主さんやご家族も勢い余って咬まれてしまったり、という事故が起こりやすくなります。
愛犬の目つきが「遊びモード」から「野生モード」に変わり、呼吸が荒くなってきたら、一度、遊びを中断し、「マテ」と指示を出して愛犬を落ち着かせましょう。

まとめ
骨の形のおもちゃで遊んでいる犬

今回、「室内でもできる!犬にストレス発散させる方法3選」をご紹介しましたが、まるで3〜5歳のやんちゃな男の子を家の中でどうやって遊ばせるか?の記事を書いているような気持ちになりました。「犬にストレス発散させる方法」という内容ではありましたが、愛犬と
一緒に遊んだり、愛犬がゆったりとくつろいで安心しきって眠っている様子を見るのは、私たち飼い主にとっても最高のストレス解消にもなるのではないでしょうか。



posted by しっぽ@にゅうす at 03:59 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫は犬と意思疎通できる?ペット同士のコミュニケーションの豆知識

ネタりか



猫と犬の性質と関係
猫と犬

実は猫と犬が仲良くしているのは極稀なんです。それは、もちろん人間と他の動物が仲良くなるのと同じように猫と犬が違う姿に性質と、先祖を持っているため基本的に意思の疎通やコミュニケーションは難しいと言えるんです。では、まず猫と犬の性質の違いをご紹介します。

猫の性質
✔常に単独行動で狩りを行う
✔自分の縄張りを守る
✔薄明薄暮性で昼間は寝ている

猫の性質は上の通りに挙げられます。猫は熱帯地域に生息していたリビアヤマネコを先祖とします。リビアヤマネコは現在の猫と少し異なり夜行性で昼間は寝ており、夜に単独行動で狩りを行い生活をしていました。

犬の性質
✔群れで行動して狩りを行う
✔群れの縄張りを守る
✔昼間に活動する

犬の性質は上の通りに挙げられます。犬は寒いシベリア地方に生息していた狼が先祖とします。狼は現在の犬とは少し異なり夜行性で、基本的に夜に行動します。そして現在の犬と同じ群れで行動し、群れの縄張りを守ります。

猫と犬の感情表現の違い
猫 尻尾

人と同じように猫と犬の先祖が違えば、性質や言葉も異なります。犬が大きく尻尾を振れば、「嬉しい」という感情ですが、猫の場合尻尾を大きく振れば「不機嫌」を意味しますね。ここでは、猫と犬の尻尾で示す感情の違いについて調べてまとめてみたので、ご覧ください。

猫の場合
叩き付けるように大きく尻尾を振るときは「不機嫌」、尻尾を真っ直ぐ空に向かって伸ばしているときは「甘えたい、仲良くしたい」、座って尻尾を振るときは「悩んでいる」など犬とは違う犬で尻尾を動かしていたんですね。

犬の場合
ブンブンと大きく尻尾を振るときは「嬉しい」、尻尾を高く持ち上げている時は「強さ、自身、警戒、注目」、座って尻尾を振るときは「退屈、遊びたい…」など猫とは全く違う理由になります。

ペット同士のコミュニケーションについて
ねこといぬ

では全く性質や祖先が違う猫と犬が、仲良くなった場合どのようにコミュニケーションをとって良好な関係を築いているのでしょうか?。また猫と犬が良好な関係を築くにはどのような経緯があったのでしょうか?。調べてみたものをまとめてご紹介していきます。

コミュニケーションは猫と犬、お互いの配慮があってこそ
まず最初に猫と犬が寄り添えたり、仲良く出来るのはお互いの性格と暮らしている環境です。家の中には猫にも犬にも落ち着ける縄張りが必要です。そしてお互いが仲良くいられる距離と必要以上に干渉しない性格であれば、猫と犬は仲良く出来ると言われます。

小さな頃から一緒にいる場合
こいぬとこねこ

猫は生後2ヶ月くらいまで、子犬なら生後3ヶ月くらいまでの子猫と子犬を一緒に飼い始めることで一緒にいる暮らしが当たり前になり、猫と犬が大人にっても仲良く一緒に暮らしていると言われています。また犬と猫を同時に飼う場合、犬は猫に気を遣うため猫の方が優位になることがあるようです。

子猫が来た場合、先住犬は子猫に優しい
犬と子猫

犬は群れで生活する生き物なので、基本的に子供や子猫に対して友好的で優しく接することが出来ます。そのため子猫は成犬に懐き、仲良く暮らせることが多いようです。
この逆は難しく、猫は縄張りを守る生き物なので、先住猫は後からやって来た子犬を威嚇する場合があり仲良くなるのは困難と言われます。

また猫の中にも子供に対して友好的で子供の面倒をみることの出来る猫もいるので、猫の性格によっては、先住猫が居て子犬ということも可能かと思います。ですが大型犬の場合は、体格差が激しくなってしまうので途中からコミュニケーションが難しくなるとされます。先住猫が居るご家庭で、後から犬を飼う場合は小型犬〜中型犬をおすすめします。

先住犬が居て、途中から成猫を飼う時
猫パンチ

不用意に近づけると喧嘩に繋がるため先住犬が居て、途中から成猫を飼う場合はある程度の知識が必要です。そして飼い主の方は、猫と犬の両方のストレスケアや距離感に気を付けてあげなくてはいけません。あとはお互いの性格次第となるようです。

猫と犬の意思の疎通について
猫と犬の意志の疎通は、人のように言葉を交わしたりしませんが、仲の良い猫と犬は、定期的に猫の方が犬の顔に鼻を近づけて猫なりの挨拶をしたりします。猫の鼻のキスには、「挨拶」「情報収集」「愛情表現」この3つの意味があります。

まとめ
猫と犬 仲良し

猫と犬は正反対と言っても良いくらい、性質が違います。ですが猫と犬は人と生活することが出来る生き物ですので、相手とのコミュニケーションに長けた生き物とも言えますね。そのため猫と犬が仲良くなるにはお互いの性格と飼い主の方の工夫で、猫と犬を飼うことが可能とされています。



posted by しっぽ@にゅうす at 01:57 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする