動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月17日

空前の「猫ブーム」の裏に隠れた残酷な真実

Yahoo! JAPAN




ここ数年、日本は空前の「猫ブーム」です。テレビや雑誌では猫をテーマにした特集が組まれ、インターネットでもその愛らしい姿を映した動画や画像が多数投稿されています。関連グッズの売れ行きも好調で、2016年2月に関西大学の名誉教授である宮本勝浩氏が発表したレポート「ネコノミクスの経済効果」によると、2015年の猫ブームがもたらした経済効果は2兆3162億円にのぼったそう。さらに昨年末には、「一般社団法人ペットフード協会」によって1994年の調査以来、初めて猫の飼育数が犬を上回ることも明らかになりました(猫が953万匹に対し、犬は892万匹)。

 しかし、こうした一時的なブームにはメリットだけでなく、問題もつきものです。今回は猫ブームに見え隠れする問題点と、消費者がそれに巻き込まれないための方法について解説します。

■ブーム終了後に増える「動物の殺処分」

 ある動物の人気が急激に高まって飼育数や繁殖数が増えると、さまざまな問題が起きます。猫と同等の人気を持つ「犬ブーム」のときもそうでした。

1990年代〜2000年代に漫画やCMをきっかけにシベリアンハスキーや、チワワ、トイプードルなどの犬種が人気を集めました。メディアでの露出が増えた犬種は、ペットショップでの人気も高まります。その結果、利益を優先する業者やブリーダーが「(ブームで)高値で売れるうちに」と話題になった犬種を過剰に繁殖させました。同時に、安易に犬を飼い始める人も増加。ブームが終わると、売れ残る犬や、飼い主に捨てられて野犬化する犬が増えて、彼らの多くが殺処分されました。環境省の統計資料によると、2016年の犬の殺処分数は1万424匹に対して、2004年から2006年までの殺処分数は毎年、年間10万匹を超えます。

 メディアでの露出が増えたことで人気が高まったという点で、今回の猫ブームは過去の犬ブームと重なって見えます。また猫の場合、条件さえ整えば、犬の2倍の年3〜4回の出産が可能です。過剰な繁殖が行われたのちにブームが終了すれば、多数の猫の命がないがしろにされる可能性があります。

■「人気猫種」を安易に購入してはいけない

2017年にCMに起用されたことから注目を集めたスコティッシュ・フォールド。珍しい垂れた耳が人気で、アイペット損害保険が発表した「人気猫種ランキング2017年」では、2位に位置する人気猫種です(ちなみに1位は混血猫のため、純血種ではスコティッシュ・フォールドが実質的1位)。


実はその垂れ耳は「軟骨の異常(骨軟骨異形成症)」によって偶然生まれたもの。もし垂れ耳のスコティッシュ・フォールド同士で交配すると、生まれた猫が遺伝子疾患にかかるリスクが高まります。そのため、優良なブリーダーは垂れ耳と立ち耳のスコティッシュ・フォールド同士を注意深く交配します。

 ですが、前述したような利益を優先したい悪質なブリーダーの場合、危険を承知であえて折れ耳同士で交配することもあります。そうした繁殖が横行すれば、遺伝子疾患に苦しむスコティッシュ・フォールドが大量に出てくるかもしれません。

 さいたま博通り動物病院(埼玉県越谷市)の野宜彦院長も、「垂れ耳同士の交配で生まれたスコティッシュ・フォールドは、耳だけでなく骨や軟骨にも重度の異常がみられることが多く、成長過程で歩行困難になる可能性がある。正しい知識がないブリーダーの繁殖は、疾患に苦しむ猫をいたずらに増やすだけ」と警鐘を鳴らしています。

 さらに、遺伝子疾患は猫がある程度成長しないと現れないため、猫の購入後に飼い主が疾患の存在を知って後悔する、あるいはペット業者とトラブルになることも予想されます。スコティッシュ・フォールドに限らず、繁殖に注意が必要な猫種は他にもいます。安易な購入には大きな落とし穴があるかもしれないのです。

 消費者が猫ブームに潜む問題に巻き込まれないためには、飼いたい猫種についてある程度の知識を身に付けておくことが大切です。また、それだけでなく猫の入手方法についても注意したほうがいいでしょう。猫を購入するうえで気をつけたほうがいい3つのポイントがあります。

 STEP1:「飼育環境」や「両親猫」を確認できる店や猫舎(キャッテリー)を選ぶ

 大切な家族の一員となる子猫を迎えるのですから、その子猫が産まれ育った飼育環境が清潔で快適であるか、また、両親猫が健康で友好的な性格であるかを確認することが大切です。それらは子猫の健康や性格に大きく影響します。見学することで、ブリーダーやスタッフの猫に対する愛情の深さや人柄も感じることができるでしょう。


これらの見学が可能なのは、多くが優良ブリーダーの猫舎(キャッテリー)です。また、ブリーダーが経営する直販のペットショップでは、見学が可能なところもあるようです。いずれにしても、インターネットで検索して探すのが一般的です。

■経験や知識が豊富なブリーダーが大きな力に

 STEP2:購入後もアドバイスをもらえる店や猫舎(キャッテリー)を選ぶ

 生涯に渡ってのアドバイスは、子猫にとっても飼い主にとっても心強いもの。元気なときは頼ることはなくても、子猫が問題行動を起こしたとき、病気やケガをしたときには、知識や経験が豊富なブリーダーやスタッフが大きな力になってくれます。しかし、相談する人がいない場合には、飼い主がどうすることもできず、猫を動物愛護センターに持ち込んだり、野山に捨てたりするケースも見られます。万が一のときに備えて、購入後もアドバイスをもらえるか確認しましょう。

 STEP3:定期的に健康診断をしているかなどを確認する

 猫種によって継承しやすい遺伝子疾患は違います。事前に購入したい猫種にどんな遺伝子疾患があるのか調べておきましょう。専門機関でDNA検査を依頼すれば、その原因遺伝子を持っているかどうかの証明書が出されます。ブリーダーがその検査を行っていれば、両親猫の検査結果を確認することができます。一方、検査ができない猫種や疾患の場合でも、どのような対策をとっているのか、定期的な健康診断をしているかなどの確認をしておくことが大切です。また、両親猫がインブリード(近親交配)でないことも確認したほうがいいでしょう。インブリードで生まれた子猫は障害を持つ可能性が高いからです。

阪根 美果 :ペットジャーナリスト
posted by しっぽ@にゅうす at 10:56 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護猫の譲渡にはお金がかかる!? 猫を迎える選択肢

Yahoo! JAPAN



◆ペットを飼う覚悟があるか
 つかず離れずの距離を保ちつつ、気まぐれに甘えてくる――。ツンデレな猫に振り回されつつも、幸せな時間を過ごしたい。そんな暮らしを夢見る人は少なくないのでは。いざ、猫を自宅に迎えようと思ったとき、選択肢は複数ある。

この記事の写真はこちら

 まず思い浮かぶのは、ペットショップではないだろうか。人気の純血種が揃っていて、実際にふれあいながら相性をチェックできるというメリットがある。フードやケージ、オモチャなどのグッズもそろっているので、初めて猫を迎えようとする人にも安心だ。

 しかし、当然ながら、純血種の価格は高い。子猫の場合は数十万円にも及ぶことだってある。金銭的に余裕がなければ、希望する猫を迎えられない可能性もあるのだ。

 また、店によっては、猫に詳しいスタッフがいない場合も。猫に限らず、動物は飼い始めてから育て方の悩みにぶつかることが多いもの。こうしたアフターフォローも行っている店を選ぶといいだろう。

 猫を迎えてから、先天性の病気に気付くこともある。これはよくあるトラブルで、契約によっては治療費などをペットショップに請求できるかもしれない。しかし、すべてのケースには当てはまらないので、購入時にはしっかりチェックしておくことをおすすめする。

 ペットショップの猫が先天性の病気を抱えているなら、あなたはその個体を選ばなかったかもしれない。しかし、家族として迎えてから気づいたら、その猫を「不良品」として返品するだろうか。治療費などの補償を求めるかもしれないが、そのまま飼い続けるという選択をするはずだ。

 もしも、こうした場合に返品を考えるようであれば、動物を飼うということ自体を考え直す必要がある。動物は、いつ、どのような病気やケガに見舞われるかわからない。そうしたときでもケアをするという覚悟がなければ、双方が不幸になるので動物との暮らしをあきらめるべきだろう。

 ペットショップ以外では、保護猫を迎えるという選択肢も。動物保護団体などが保護している猫を引き取るというわけだ。

 成猫や雑種が多い傾向にあり、希望する猫種が保護されていないことも考えられる。種類や年齢は問わない、保護猫の新しい家族になりたいという場合は、このような選択肢も視野に入れてはいかがだろうか。

 命を助けるという意味でも、保護猫を迎える人は徐々に増えてきているように感じる。しかし、誰にでも譲渡してくれるわけではないので要注意。昨今では保護猫を引取り虐待するという、痛ましいニュースを見聞きすることが増えている。こうした事態を防ぐべく、譲渡に際しては条件を設けている場合が多い。

 猫を愛している、というのはもちろんだが、住まいがペット可の物件かどうかを証明する書類の提出を求められることがある。それだけでなく、猫の寿命を考えて高齢者には譲らない、一人暮らしはNG、未就学児のいる家庭は断るなど、譲渡条件は団体によってさまざまだ。

 また、保護猫とはいえ、無料で譲渡されるとは限らない。不妊治療などの費用が必要になる場合も少なくない。これを理解しておかないと、トラブルのもとになるので気を付けよう。

 ほかにも、知人の家で生まれた猫を引き取るというケースも考えられる。この場合は条件などがあまりなく、費用もほとんどかからない。気軽に猫を迎えられる方法だが、アフターフォローなどは期待できないかもしれない。

 どのような場合にもメリット・デメリットはある。それぞれの条件を比較したうえで、自分に合った方法を選びたいものだ。もちろん、いずれの場合も、終生飼育をする覚悟は必要だ。

 本誌7月号では、「猫と一生、幸せに暮らす」をテーマに、猫との暮らしを特集。これから猫を迎えようと思っている人は、参考にしてみては。

文/OFFICE-SANGA




posted by しっぽ@にゅうす at 10:49 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺処分候補から起死回生で警察犬候補となった柴犬・愛ちゃん

Yahoo! JAPAN



人間に危害を及ぼすおそれのある動物、あるいは不要となった動物を行政が殺して処分することを「殺処分」というが、その数はかなり減少。全国の犬猫殺処分数は1974年の約122万頭をピークから、2016年は約5.6万頭にまで割り込んだ(環境省調べ)。

 殺処分が減ったきっかけとなったのが、平成25年の動物愛護法改正。“終生飼養”の義務が明文化され、飼育している動物が寿命を迎えるまで、適切に飼育するべきとの方針となり、行政の殺処分施設だった各地の愛護センターが、命を生かす施設へと変わり始めたのだ。

 しかし、殺処分が大幅に減ったとはいえ、“噛む”など、人に危害を加える動物は、その対象とみなされることがある。

 そんななか殺処分候補から起死回生で命が救われた犬がいる。岡山県動物愛護センターに収容されていた柴犬の愛ちゃんだ。

 迷子犬だった愛ちゃんは人を恐れて噛みついたため、殺処分が決まっていた。しかし、NPO法人『しあわせの種たち』の理事長・濱田一江さんは殺処分予定日の1週間前からケアを行い、5日目には散歩に連れ出せるまでに。そして団体譲渡が許された。今では訓練士に預けられ、愛ちゃんは嘱託警察犬を目指してがんばっている。

 はじめは歯をむき出しにして威嚇していた愛ちゃん。今では穏やかな顔で愛想を振りまき、人気者に。残念ながら、今年は試験に不合格だったが、挑戦は続く。

※女性セブン2018年6月28日号



posted by しっぽ@にゅうす at 10:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見た目を優先しないで!犬の交配で危険な組み合わせとは?

Yahoo! JAPAN



犬の交配は慎重に。
飼い主・愛犬家のみなさんは、交配についてどの程度ご存じですか? 犬の交配は組み合わせの判断を間違うと、障害や先天性の疾患などにつながることもあるため、慎重に行う必要があります。誤った情報を元に実践してしまうと、ハンデを背負って生まれてきてしまうことも。もし交配を検討しているのなら、知識や経験豊富なブリーダーさんに必ず相談するようにしましょう。

見た目を優先しないで!犬の交配で危険な組み合わせとは?

交配の適齢期を知ろう!
交配の適齢期は、5才まで。メス犬の発情は、小型犬が生後7か月くらいから、中型・大型犬では生後8か月からだと言われており、その後6か月に1回の周期を繰り返します。一方オス犬のは、生後11か月を過ぎれば交尾が可能になります。

メス犬の繁殖適齢期は2回目の発情からとされており、6才をすぎると子宮機能が低下します。それ以降だと頭数の減少や小さな子犬が生まれる可能性があるため、5才までが適齢だというわけです。愛犬のことを思えば、こうした予備知識をつけておくことも大切ですね。

見た目を優先しないで!犬の交配で危険な組み合わせとは?
絶対にNGな交配とは?
MIX犬は危険なの?絶対にNGな交配とは?
最近ではMIX犬を見かけることが多くなりました。見た目が個性的で可愛いコも多いですよね。しかし、単純に見た目だけを優先した、別犬種のかけあわせはNGなんです。実際のところ、異常のある遺伝子を受け継ぐ確率は純血種よりも低いとされており、遺伝病を発症しにくいという視点もあります。とはいえ、病気を発症する可能性がゼロというわけでもありません。

組み合わせる犬種によっても見方が変わってきて、たとえばミニチュア・ダックスフンドとチワワの交配。ミニチュア・ダックスフンドは胴が長く、チワワは骨量が少ない犬種です。その組み合わせだと、生まれた犬が椎間板ヘルニアを引き起こす危険性が高く、高所からのジャンプや階段の上り下りに気をつける必要があります。ほかにも母親のほうが父親より小さい犬種の場合、母体に対する胎児のサイズが大きくなってしまい、難産となる危険性もあります。

見た目を優先しないで!犬の交配で危険な組み合わせとは?

MIX犬以外の危険な交配について
別犬種以外には、同じ両親もしくは異母異父から生まれた子同士を交配させる、近親交配も避けるべきだと言われています。近親交配は異常のある遺伝子が遺伝する可能性を高め、遺伝疾患を引き起こす原因にも。知らぬうちに近親交配する可能性も捨てきれないので、もし可能なら、交配する犬の家系図を5代くらい前まで確認しておくと安心でしょう。新しい子どもが生まれてくることは実に喜ばしいところですが、交配には新生児に危険を及ぼす可能性もあります。繰り返しになりますが、もし交配を考えているなら、まずは知識豊富で信頼できるブリーダーさんなどに相談するのがおすすめです。

参考/「いぬのきもち」2016年10月号『秋のオープンキャンパス開講! !  DNA・交配・気色など、犬の不思議をお勉強』
文/まり
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室




posted by しっぽ@にゅうす at 10:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬を守れるのは飼い主さんだけ。大規模災害に備えて知っておきたいことは

Yahoo! JAPAN



いつ起きてもおかしくない大規模災害。愛犬と一緒に被災したらどうしたらいいのか、シミュレーションできていますか?  

「避難場所での暮らしはどんな感じ?」

「大勢の人が集まる場所では、どうしたらいいの?」

など、気になることがたくさんあると思います。今回は、愛犬を連れて同行避難する際に知っておきたいことを、くわしく解説します。

愛犬を守るのは自治体ではなく、飼い主さん自身
環境省の定める「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」には、「避難する際には、飼い主はペットと一緒に避難する同行避難が原則」とされています。

では当然、各自治体は愛犬の受け入れもOKでペット用の備蓄もあるのかというと、必ずしもそうではないないよう。

理解や対策は進みつつありますが、まだまだ各自治体の対応にはバラつきがあり、そのときの状況しだいということが多いといえます。

災害の現場では人命の救助が優先されます。そんななかでペットを救えるのは、ほかでもない飼い主さん自身ということを、胸に刻んでおきましょう。
以下では、大災害に備えてあらかじめ確認しておきたいチェック事項を見ていきます。

愛犬を守れるのは飼い主さんだけ。大規模災害に備えて知っておきたいことは
見つめるラブラドール・レトリーバー
check1:最寄りの避難所と集合場所を家族で話し合っておく
指定の避難所の場所と、そこまでどうやって行くか、建物の倒壊などで道が通れなくなることも想定していくつかルートを確認しておくといいでしょう◎

実際に、家族や愛犬と一緒に避難所まで行く訓練をしておくと安心です。

check2:愛犬を連れた避難方法の再確認を
いざ愛犬を連れて避難するときですが、ほかの荷物もあるのでできたら両手はあけておきたいものです。

小型犬はキャリーバッグに入れて、中〜大型犬はリードを飼い主さんの肩から斜めにかけたり腰に装着を。

万が一避難の途中で揺れがきて、愛犬がとっさに逃げようとしたときでも、体ごと犬を止めることができるのでより安全です。

check3:愛犬の健康状態を気にかけて、適切な手当てを
見た目ですぐわかるようなケガをしていなくても、以下のチェックポイントのような症状が出ているときは、何かしらの異常が疑われます。

すぐに動物救護所などに相談するようにしましょう。
@背中の皮をつまんでみて、戻りが遅い。
→脱水症状を起こしている可能性も

A“あっかんべー”したときのまぶたの裏や、歯ぐきの状態をチェック。目や口の内側が白くなっている。
→貧血の症状が疑われる

B「食べなくなる」「震えている」「目がうつろ」「よだれが多い」などの症状がある。
→ショック症状や熱中症などが疑われる

check4: 飼い主さん同士で「助け合う」姿勢を
近所に住む犬の散歩仲間など、日ごろから仲よくしているメンバーで「もしも」のことを話し合っておきたいもの。

被害が少なかった人の家に動物を預け、物資を持ち寄って共同で動物の世話をする、などの助け合いで乗り切ったケースもあります。

避難所で動物の受け入れがNGだったら、どうする?
飼い主と避難所の運営側で話し合い、「避難所内のどこだったら、動物が苦手な人にも迷惑をかけずにペットが暮らせるか」を説得しましょう。

飼い主さん同士が助け合って、どれだけ運営に協力できるかにかかっています。

check5:“自助努力”が求められる
大規模災害時、公的な支援が始まるまでの数日間は、自分たちで乗り切らなければなりません。

自治体職員やボランティアの方も、まずは避難してきた“人”への対応で精いっぱいと考えてください。

ペットにまつわる避難所運営の中心は、動物を連れてきた飼い主さんたちです。

飼育場所の管理も自分たちで
散歩や排泄、健康管理などペットの日常の世話はもちろんですが、配給された物資やフードの確保、飼育場所の管理をするのも飼い主さんたちの役割。

飼い主さん同士が協力して、ペット飼育スペースを定期的に掃除したり、排泄場所を消毒したりなどまわりへの配慮を示しましょう。


続いて、実際に避難生活であったトラブルについても解説していきます。どれも飼い主さんの責任で気をつけたいことばかり! 

愛犬を守れるのは飼い主さんだけ。大規模災害に備えて知っておきたいことは
見つめるラブラドール・レトリーバー
トラブル1:吠えによる騒音
犬はふだんと違う環境や見知らぬ人に興奮しやすいもの。ふだんからムダ吠えをさせないためのしつけは必要ですが、指定されたスペースの隅など、人通りのなるべく少ない場所を選んで少しでも落ち着ける環境を確保しましょう。

トラブル2:ニオイ
排泄物はポリ袋などで臭わないように密閉し、そのつど片づけて決められた場所に捨てましょう。

学校や公園が避難場所になる場合は多くありますが、子どもが集まる遊具の付近や、手洗い場などの近くでの排泄はさせないように配慮して。

トラブル3:抜け毛
周囲に毛が飛び散らないように、洋服を着せるなどしましょう。日ごろから洋服に慣れさせておけば、寒い時期には防寒対策にもなります。

迷惑のかからない場所でブラッシングするなど、抜け毛がまわりの迷惑にならないような対策をしましょう。


トラブル4:動物アレルギー、動物が苦手な人への配慮
「棲み分け」を行うことで、トラブルの発生を防ぎます。ペットを飼っている人、ペットと一緒でもとくに苦にならない人、アレルギーをもつ人や動物が苦手な人の居場所を区分しましょう。

出入り口なども動線を分け、できる限り動物が苦手は人に近づかないよう対応したいものです。

愛犬を守れるのは飼い主さんだけ。大規模災害に備えて知っておきたいことは
ケージの中の柴犬
飼い主さんの身に何かあったら……そのとき、愛犬はどうなるの?
災害などで飼い主さんの安否がわからず、“ひとりぼっち”になってしまった犬や、被災して家を失った人が飼うことができなくなってしまった犬については、一時的に災害時などに設置される動物シェルターなどで飼育されることになります。

その後、復興が進んでなんとか生活を立て直し、再び飼い主さんと一緒に暮らせるようになって引き取られていくケースもあれば、譲渡先を探して新しい飼い主に引き取られていくなどさまざまです。

万が一に備えて、ペット信託などのサービスも検討してみよう
もし飼い主さんが面倒をみられなくなったときのことを考えて、身内や信頼のおける人などにお世話を頼んでおくなど、前もって選択肢を考えておきたいものです。

また、あらかじめ用意しておいたお金を、新しい飼い主さんや世話をしてくれる人のために定期的に渡して、そのお金で面倒を見てもらう「ペット信託」などのサービスもあります。

飼い主さんに万が一のことがあった場合でも、愛犬の幸せな生活を守りたいものですね。

愛犬を守れるのは飼い主さんだけ。大規模災害に備えて知っておきたいことは
見つめるトイ・プードル
さまざまな状況を想定して、“あなたと愛犬”の防災マニュアルを考えよう
地震や水害、土砂崩れ……自分が住む地域はどんな災害が予想されるのか?  

住んでいるのは都会か田舎か?  

飼っているのは大型犬か小型犬か?  

いつも家族といるのか、留守番が多いのか? 

……など、自分自身と愛犬を取り巻く状況を深く掘り下げて考えて、あなたの家族オリジナルの「防災マニュアル」を作り上げておくのがベターです。


いずれ起こるであろう大規模災害に備えて、飼い主さんがいまからできることは何か。大事な愛犬を守れるように、シミュレーションをしてみてくださいね。

出典/「初めて飼い主さんのいぬのきもち」2016年4月号『3.11に今一度考えたい 愛犬を守る防災マニュアル』
(監修:人と動物の防災を考える市民ネットワーク特定非営利活動法人ANICE(アナイス)代表 平井潤子先生)
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:35 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする