動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月20日

子猫のお世話、してくれませんか? 茨城県が県民対象にミルクボランティア募集

Yahoo! JAPAN



茨城県動物指導センターが、離乳前の子猫の世話をするボランティアを募集している。「ミルクボランティア」と呼ばれ、全国的にも広がりをみせているこの取り組み。授乳などで手がかかるため、多くの子猫が殺処分されていたが、センターに保護されてから、里親捜しをする動物愛護団体に引き渡すまでの飼育をボランティアに委託することで、子猫の譲渡を促進させたい考えだ。

 同センター愛護推進課によると、離乳前の子猫は数時間置きに授乳が必要な上、健康状態が不安定なことも多く、これまでは保護されたその日に安楽死させていたという。

 その状況が変わったきっかけは、平成28年12月に施行された「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」だった。条例施行後、県外の動物愛護団体からも協力の申し出があるなど、「殺処分ゼロ」に向けて機運が高まった。「愛護団体も頑張ってくれているので、県も連携し、可能な限り命をつなぐ取り組みを進めたい」と同課の松田智行課長。手始めにセンター職員で子猫の世話を始めた。

 28年度の猫の殺処分数は1679匹だったが、29年度には375匹にまで減少。譲渡数は597匹から2倍以上の1281匹に増えた。1281匹のうち、約94%の1202匹が生後3カ月未満の子猫だった。

 目を見張る効果があったが、職員だけでは限界がある。より譲渡数を増やすためにも、ボランティアを募集することに決めたという。

 対象は茨城県内在住の成人。家族の同意が得られ、終日の世話が可能であることなど、複数の条件を満たすことが必要。預かるのは生後2週間〜2カ月くらいの子猫で、具合が悪くなったときは動物病院で診察を受け、費用は自身が負担する。

 応募は21日まで。登録申請書などに必要事項を記入し、同センター愛護推進課(〒309−1606 茨城県笠間市日沢47)宛てに郵送する。23日に同センターで行われる講習会に参加し、センター職員による自宅などの飼育場所の確認を経て、問題がなければボランティア登録となる。松田課長は「生活を犠牲にしてもらうことになるが、責任感を持って命を預かる協力をお願いしたい」と呼びかけている。

 問い合わせは、茨城県動物指導センター愛護推進課(電)0296・72・1200。

(上村茉由)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:20 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたのペットは大丈夫? マダニやノミが媒介―人獣共通感染症

Yahoo! JAPAN



人間だけでなく、ペットを含めた家畜にも感染するのが、狂犬病やエキノコックス、日本脳炎などの人獣共通感染症だ。動物と人間両方に症状が出るものもあれば、人にだけ表れるものもある。都市化の進展で動物に触れる機会が減少する中、かつては「忘れられた感染症」と言われたこともあった。しかし、ペットの屋内飼育が定着したことや近年のアウトドアブームによって再び注目を集めている。
 「今は、飼い犬や飼い猫の屋内飼育が当たり前になっている。そのペットが散歩などの際に屋外で人獣共通感染症に感染すると、家庭内に持ち込まれて飼い主や同居家族に感染が拡大する可能性が高くなる。飼い主側のためにも、ペットへの対策は重要だ」
 日本獣医生命科学大学などで獣医師や動物看護の教育に関わる佐伯英治・獣医学博士は、このような家庭での人獣共通感染症対策の必要性を強調する。佐伯氏によれば、都市部でも公園の生け垣や河原などに、「ベクター(媒介動物)」と呼ばれ感染症を媒介するマダニやノミが繁殖している場所が確認されている、と言う。

あなたのペットは大丈夫? マダニやノミが媒介―人獣共通感染症
ペットの犬の診療風景
ペットの異常反応は要注意
 こうした場所で吸血のためにベクターがペットに付着し、このペットがリビングや寝室など人と共有する場所にベクターを持ち込む。「これが人に付着し血を吸った場合、ウイルスや細菌が人の体内に入って感染を拡大させてしまう可能性は否定できない」と佐伯博士は強調する。「感染を防ぐためにはまずペットへの予防、さらにペットを屋内に入れる際には、体をよくブラッシングして付着しているベクターを排除することが一番有効だ」と話す。
 ペットが体の特定の部分だけをかき続けたり、壁に体をこすり続けたりする場合は要注意だ。ペットがこんな反応を示したときは、どうすればよいのか。飼い主側が人獣共通感染症やそのベクターに関して、一定の知識を持っていた方がよい。例えば、ペット用の医薬品も手掛けるバイエル薬品は、さまざまな啓発用資料を作り、獣医師などを通して情報を提供しているので参考になるだろう。
 同社動物用薬品事業部の担当者は「人獣共通感染症に関する飼い主の関心や知識は非常に詳しいグループと、ほとんど関心がないグループに二分されている」と指摘する。このため、人の血を吸い、膨れ上がったマダニをはれものの腫瘤(しゅりゅう)やいぼと間違えて放置している飼い主も少なくないという。
 ベクターの駆除薬はホームセンターやペットショップでも購入できるが、ペットの年齢や生活環境に応じて有効な薬は異なる。獣医師の指導に基づいて使用した方が効果的だ。さらに、薬自体も病院で処方される動物用医薬品とは効果に差が生じてしまうことが少なくない、と言う。

虫さされと軽視は危険
 自然と触れ合う機会が減少している飼い主側も注意が必要だ。長年、東京都内で開業している皮膚科の楠俊雄医師は「いつもと違うかゆみや腫れなどがあっても、蚊やノミを対象にした市販の虫さされ薬を塗っておしまいにする人が多い。この場合、かゆみが治らないだけでなく、化膿(かのう)などの問題が生じる恐れもある」と警告する。
 特にマダニの場合は、人の血を吸って膨れあがった体を払い落としても、頭部やくちばしが人の体に食い込んで残ってしまうことが少なくない。放置していると雑菌などが感染する危険もあるので、吸い口周辺を切開して取り除くことが望ましい。
 「雑菌への感染を防ぐという観点からも、理想は払い落とさずに、そのまま医療機関で治療を受けて取り除いてもらうことだ」と楠医師は話す。マダニに刺されてからしばらくたって、微熱などの体調不良が続いた場合も医師の診察を受けた方がよいだろう。「マダニなどが媒介するウイルスへの感染・発症の危険性は低いが、ゼロではない。『マダニに刺されてから体調が優れない』などと診察時に医師に告げ、必要なら感染症の専門医に紹介してもらう方が安全だ」と同医師は念を押す。(了)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:15 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット、老老介護時代 飼い主の負担軽減へ

中日新聞



ペットを飼う家庭が増える中、犬や猫の高齢化がいやおうなしに進んでいる。年老いたペットを高齢者が介護するケースも増えており、飼い主の負担軽減のため、訪問サービスなどを通じて支援する動きが活発化している。

 ペットフード協会(東京)の二〇一七年の調査によると、飼い犬の平均寿命は一四・一九歳、飼い猫は一五・三三歳。犬の58・9%と猫の44・7%が七歳以上の高齢期を迎えている。

 ペットが老いると、食事や排せつ、散歩など生活面での介助が必要になる。認知症や寝たきり状態になれば付きっきりの介護が求められ、飼い主も高齢の場合は重い負担がのしかかる。

 名古屋市名東区で一五年に開業した「ペットケアホーム リュッカ」は老犬ホームを営む傍ら、民間資格「動物看護師」を持つ六人のスタッフが飼い主宅を訪れ、高齢のペットを介護している。二十年間の動物病院勤務を経て独立した代表の安部里梅(さとみ)さん(46)は「ペットが天寿を全うする手助けをしたかった」と動機を語る。

 訪問サービスの料金は一時間四千円から。昨年度は四十二匹の利用があった。依頼主は六十代前後の女性が多く、親の介護や仕事、家事が重なって行き詰まっていた例もあったという。

 十六歳のボーダーコリーを飼う同市守山区の主婦五島清恵さん(57)は、自らの通院で家を留守にする際に訪問介護を利用。愛犬は自力で立ち上がれず、認知症も患っており、五島さんは「何かあっても対処してもらえるので安心」と喜ぶ。

 こうしたサービスは、関東を中心に事業展開するケアペッツ(東京)も名古屋での実施を目指している。

 飼育が困難になったり飼い主が死去したりした場合に、次の飼い主に愛犬や愛猫を託すことができるとして注目されるのが「ペット信託」。用意された飼育費が管理者から新たな飼い主へ支払われる仕組みで、行政書士などの信託監督人が飼育状況や財産の管理に目を光らせる。

 同市千種区の行政書士遠山真人さん(57)は名古屋・名駅の名鉄百貨店でペット信託の有料相談に応じており、これまでにペット信託契約を三件手掛けた。NPO法人・人と動物の共生センター(岐阜市)の会員でもある遠山さんは「今後も飼い主、ペットの双方が幸せになるための受け皿づくりを進めたい」と話す。

 一方、ペットと一緒に住める高齢者施設も出始めた。長谷工シニアホールディングス(東京)は昨年末、一定の条件下で犬や猫を飼える住宅型有料老人ホーム「ライフハウス鶴舞公園」を名古屋市中区に開設した。実際にペットを飼育する契約はまだ二件にとどまるが、担当者は「問い合わせは多く、関心は高い」と話す。

 (相馬敬)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物虐待、荒んだ現状に犬猫1700匹を救った女性が喝「エサだけあげる人は加害者」

Yahoo! JAPAN



2012年以降、増加の一途をたどる動物虐待事犯。水面下ではもっと多くの動物たちが苦しめられている。週刊女性の短期集中連載『動物虐待を許さない!』の初回は、追い詰められた犬や猫などを受け入れ続けている勇敢な女性の話。

【写真】シェルターで暮らす犬たち

“ムツ子”になりたかった
「私は単なる不良で、水商売あがりじゃけん」

 若かりしころにおしゃれで入れたタトゥーを隠そうともせず、NPO法人「犬猫みなしご救援隊(以下、救援隊と表記)」の代表・中谷百里さん(56)は自虐的に笑う。

 しかし、中谷さんは不良どころか、その真逆。これまでに救ってきた犬猫をはじめとする動物の命は、なにしろ数千にも及ぶ。いきどころのない動物たちにとっては、まさしく女神、救世主なのだ。

「うちは両親も祖父母も代々にわたって動物が好きな家系でね。幼いころ、近所にはまだ野犬がいたので、犬も猫も拾っていましたよ。魚も鳥もいたし、動物たちに囲まれて育った。

 将来は、犬や猫を無限に拾うことができたらいいなと。そう、ムツゴロウさんじゃないけど、“ムツ子”になりたいと思っていました」

 と今度は豪快に笑った。

 広島市出身。1990年に個人で犬猫の保護活動を始め、5年後には救援隊の母体を設立。’05年にNPO法人格を取得した。そして’11年、あの東日本大震災が──。

 いてもたってもいられず、すぐに福島へ。取り残された被災動物たちを300匹以上保護し続けてきた。この勇気ある行動が団体の名前を一躍、全国に知らしめたのである。

「病気やケガで死にそうとか、高齢でどうしようもないというのであれば安楽死処分でもしかたないかもしれませんが、ピンピンしている動物を処分したり飼い主がいないから見捨てたりするというのはかわいそう。人も動物も、この世に生を受けた限りは天寿をまっとうしなければ」

 と中谷さんは語気を強めた。

「猫ブームは大嫌い」
 救援隊は現在、広島市の本部のほか、栃木県那須塩原市、岡山市の計3か所に広大な終生飼養ホーム、いわゆるシェルターを所有する。専従スタッフは20人前後、ボランティアのスタッフはその2倍ほど在籍。毎日、動物のために働いている。

 成果として、広島県で引き取り手のない犬や猫など全頭を引き受け、同県は殺処分ゼロを達成。県外にも広めようとしている。

 3施設で計約1700匹の犬猫たちが暮らす。行政の殺処分から逃れてきたもの、多頭飼育崩壊の家から引き取ったもの、家庭で飼育できなくなって預かったもの、野生のもの、酷い飼育状況の動物業者から引き取ったものなど、そのルーツはさまざま……。

「現在は猫ブームですが、ブームは大嫌い。ブームの下でどれだけの猫が虐待され、犠牲になっているか。トラバサミという猪や鹿、野犬などを生け捕りにする罠にかかった血みどろの猫もいたし、劣悪な環境でぐちゃぐちゃになった猫もいましたね」

 と振り返る。

 そもそも、命を売買するペットショップは大嫌いで最悪だというが、一般の人でも悪い例は数えきれないという。

「最も悪いのは、飼えなくなったから、子どもを産んだから、増えたからといって、ゴミのように捨てる人。次に悪いのが、野良猫にエサだけあげる人。避妊・去勢手術もせずにね。

 かわいそうだからという気持ちはわかるんじゃけど、そうすると生き延びて繁殖する。エサだけあげる人は野良猫を増やしてしまう加害者じゃけん。もっといえば、野良猫のために段ボール箱や傘をさして寝床にしてあげる人もよくない」 


動物に直接的な暴力を加える虐待は論外としても、そうしたことも広義の虐待に値すると力説した。犬や猫を拾って増やすのも、やはり虐待に等しいという。

「かわいいから、あるいはかわいそうだからといって、当初の少ないうちに避妊・去勢手術をしないから、どんどん酷い飼育環境になっていく。近親交配で身体の弱い猫も生まれますしね。

 野良猫を保護するのはいいことですが、それを50か所から1匹ずつ拾って50匹ならばまだいいとしても、最初に数匹拾ったのを自分が増やして50匹にしているんですから」

犬猫の引き取り活動に尽力
 中谷さんらは、月に1度ぐらいのペースで、こうした多頭飼育崩壊の現場を訪ね、増えてしまった犬猫たちを引き取る活動を続けている。

「多くは本人からの相談や依頼です。周囲からの通報や行政の情報提供もあります。犬70匹の多頭飼育崩壊の家があるので、来週は東京へ行くんですけどね」

 引き取った犬猫たちは終生飼養される。行政からの引き取り以外は基本的に有料だ。

「死ぬまでですから、1匹につき5万円と、避妊・去勢手術代、毎年しなければいけないワクチン代は別です。とはいっても多頭数ですから、現実的に払えないお宅も実際には多い。そういう場合は“気持ち”で可能な金額を払ってもらっています」

 救援隊は、こうしたお金と年間3000円からの賛助会員(現在約3000人)、フードメーカーなど支援者の寄付で成り立っている。

「資金集めは大変ですが、肝心なのは寄付してもらうためにゴマをすらないこと。横柄かもしれませんが、いただいた分はきちんと結果を出してHPやブログなどで示していくことだと思っています」

 と中谷さんは胸を張る。

 終生飼養のほか、里親を見つけて譲渡することも忘れていない。

 しかし、譲渡には危険性もあると指摘する。

「ネットで里親を募集するのが盛んですが、ネットには闇もあるんです。それまでに打ったワクチン代など1万〜2万円はもらうのが普通ですがそれだけではダメ。例えば、相手が動物虐待者とか、動物実験をするために引き取ることだってあるわけです。

 1万〜2万円だって自分で育てるよりは安いですからね。それを防ぐためにも厳密に面接したり、お宅を訪問しています」

すべては動物の幸せのために
 自宅訪問時は、対象者がどれだけ動物にお金をかけられるか、愛情を注ぐことができるか、時間をかけられるかといった手がかりを探す。

「例えば、以前に飼っていた猫の写真が飾ってあるとかね。なにもシャネルの服を着た金持ちのおばちゃんがいいというわけではなくて、金持ちじゃなくても、できる限りお金や愛情をかけられる人を選びたいですよ。すべては動物が生涯を通して幸せに暮らしていけるために、なんです」

 動物を飼うということは、生半可なことではない。かわいい、かわいそうだけではできない。お金も労力もかけなければならないし、自分の時間も削らなければできない。

「動物に土日はないですし、旅行にも行けなくなりますからね。自分の生活を変えて努力しなければいけない。最低限、そういう覚悟が必要なんです。でも、そうしてともに生きていけば、お互いに得るものがある」

 と中谷さん。

 3か所の拠点を約10日ごとに渡り歩き、バスの中で寝起きする。

 全力でいまもなお昔の夢を追いかけている。

〈PROFILE〉
やまさき・のぶあき 1959年、佐賀県生まれ。大学卒業後、業界新聞社、編集プロダクションなどを経て、’94年からフリーライター。事件・事故取材を中心にスポーツ、芸能、動物などさまざまな分野で執筆している


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬との暮らしでのヒヤリ・ハット5選

ネタりか



犬の飼い主さん必見!ヒヤリ・ハット集
驚く犬

「危ない!・・・ああよかった。」

ヒヤリ・ハットとは、一歩間違えれば大きな事故に直結したかもしれない事例のことを表す語です。

ヒヤリ・ハットは、医療現場や運送業界で広く使用されている言葉です。その理由は、重大な事故が起こる前には、多くのヒヤリ・ハットが潜んでいると言われているためです。その場で忘れてしまいがちなヒヤリ・ハットを集めることで、重大な事故を防ぐことができるのではないか、と考えられているのです。

実は、犬との暮らしの中にも数多くのヒヤリ・ハットが潜んでいます。ヒヤリとしたり、ハッとしたり、ドキッとする場面に出くわしたことのある飼い主さんも多いのではないでしょうか?そこで今回は、私の経験を踏まえ、犬との暮らしでのヒヤリ・ハットを5つご紹介したいと思います。読み進めるうちに、ヒヤリとしてくるはずです…!

1.犬がハーネスから抜け出す
ハーネスをした犬

我が家のトイプードル、くるるは大の怖がり。あの日は、くるるが最も恐れるトリミングの日でした。

トリミングサロンに着き、車のドアを開けた瞬間…!くるるがハーネスから抜け出し、道路へ飛び出ようとしたのです。しかし、くるるの怖がりが幸いしてそれ以上進むことはなく、じっとしていたため大事には至りませんでした…。ふぅ〜〜。

首輪で首が締まるのを極端に嫌がるくるるのために、それからというもの良いと聞いたハーネスは片っ端から試しています。ハーネスから犬が抜け出すこと以上のヒヤリ・ハットは、ないのかもしれません…。

後日談ですが、トイプードルは関節が柔らかく、ハーネスから抜け出してしまうことはしばしばあるのだと聞きました。皆さまも、どうかお気を付けくださいませ。

2.突然、触れられる
牙を剥く犬

先ほども申したように、くるるは大の怖がりです。急にニョキッと手を出されるなんて、怖くて仕方ないみたい。子どもなら大丈夫なようですが、大人(特に男性)に頭を撫でられようものなら、シャーッと牙を剥くことも…。

くるるには、人間は怖くないと教えてあげたい。それなのに、お散歩中に急に触ろうとしてくる人がいるのですよね。くるるはシャーッ!手を出した人はヒョエー!私はヒヤリッ!!

…こうなると、また人の手が怖くなってしまう。過剰に神経質なところを直すためにしつけの先生まで招いているのに、また初めからやり直しなのです。まあ、ふわふわの犬の頭を触りたくなる気持ちは痛いほど分かるのですが。

3.抱き上げた犬を落としてしまう
抱っこされる犬

あの日のことは忘れもしません。抱っこをせがむくるるを抱き上げると、手の当たる位置が気に食わなかったのかくるるが怒り始めました。驚いた私は、あろうことか小さなくるるを落っことしてしまったのです。

幸い大事には至らなかったのですが、小さな命の重さを痛感。謝っても許されることではないし、犬の痛みは人間である私には分かりません。しばらく、私の手の震えが止まることはありませんでした。

4.伸びるリードorノーリードの犬に襲われる
ノーリード

くるるは現在3才なのですが、もう何度も伸びるリードorノーリードの犬に襲われています。なぜ?(笑)

犬との暮らしに”絶対、大丈夫”なんて、ありません。この子は私から離れないから、大丈夫。確かに、何もなかったら大丈夫かもしれません。しかし、目の前に犬が現れたら?車が通ったら?子どもが飛び出してきたら?

犬を思い切り走らせたいなら、面倒でもドッグランに連れて行くべきです。近所の公園には、犬の苦手な人もいるのだから。

5.散歩道に落ちていた湿布を食べる
何か食べている…?

パピー時代、くるるの拾い食いに悩んでいました。散歩道には、テッシュや噛んだ後のガム、犬のフンなど、犬を飼う前には気付かなかったさまざまなゴミが落ちています。ある日、くるるが目の前に捨てられていた白いものをパクッ!

慌てた私は、テッシュではないことを悟り吐き出すよう促しますが、くるるは頑として吐き出してくれません。どうしようどうしようどうしよう…。

幸い夜中に白い塊を吐き出したくるるは、ケロッとしていましたが、私はヒヤリ!!その白い塊は、なんと湿布だったのです…。ポイ捨ては、いけませんね。(拾い食いも、ね。)

まとめ
「えー」という表情の犬

犬との暮らしでのヒヤリ・ハットを5つご紹介しました。いかがでしたか?

犬をはじめて飼う我が家では、かなりのヒヤリ・ハットを体験しています。もしかしたら、皆さまのご家庭ではこれほどのヒヤリ・ハットは起きていないかもしれません。それでも、こんなヒヤリ・ハットがあるのだなぁと知っていただければ幸いです。

犬との暮らしに潜むヒヤリ・ハットを甘く見ることなく、重大な事故を防ぎ、犬の命を守ること。それこそが、飼い主の使命なのでしょう!


posted by しっぽ@にゅうす at 07:29 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする