動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月23日

犬猫収容数・殺処分実態反映しない神奈川県発表 ほど遠い「ゼロ」、誤解の恐れ

Yahoo! JAPAN



「犬の殺処分は5年連続、猫は4年連続ゼロを達成しました」−。県動物保護センター(平塚市)に収容された犬猫の実績値を発表した4月末の記者会見で、「殺処分ゼロ」という成果に胸を張った黒岩祐治知事。動物愛護の意識向上を図る中で、その発表方法が県民をミスリードしかねないとして、県内各地の動物愛護(保護)センターや保健所などの一部の関係者から懸念の声が上がっている。(外崎晃彦)

 県が発表する犬猫収容数や殺処分などの数値は、横浜、川崎、横須賀の3市の実績を含まない。3市が独自に動物愛護センターを持つためだ。さらに相模原、藤沢、茅ケ崎市なども数値に含めず、外数として公表している。

 ◆横浜など含まず

 横浜、川崎、横須賀の3市は、面積比で県内の約3割、人口比では県内の6割超を占める。その3市を含めた県全体の実績値は「殺処分ゼロ」にはほど遠い。

 公表されている集計時期にズレがあるため単純比較や合算はできないが、年間の殺処分件数は、横浜市が犬36件、猫404件(平成28年度)。川崎市が犬0件、猫4件(同)。横須賀市が犬1件、猫37件(27年度)。県全体のおおよその年間殺処分件数は犬が30〜40件、猫は400件を超えているのが実態だ。

 一方で県の発表は「県全体の成果」という印象を与えるため、実態を知る一部の県民や関係者らが違和感を覚えている。県内の各愛護センターは、ペットブームに乗じた安易な飼育開始に警鐘を鳴らしている。

 ただ、「殺処分ゼロの達成感が『現状には問題がない』と世論をミスリードして、動物愛護精神の広がりをはばむことにもつながるのではないか」。そう懸念する職員もいる。

 ◆ずれている焦点

 3市内では、やむを得ない事情で手放すことになった飼い主が「殺処分されることはない」と誤解したまま愛護センター収容を決断するケースも想定される。川崎市動物愛護センターの担当者は「飼い主には殺処分の可能性もあるということを必ず事前に伝えている」と話すが、実情を知っていれば当初から収容を回避し、別の飼育手段を模索する可能性もある。

 横浜市動物愛護センターの担当者は「負傷で苦しみ、衰弱が著しい場合や攻撃性が非常に高いなどのケースを除き、(収容上限を超えるなどの理由で)健康な状態の個体を殺処分することはない」としている。

 「殺処分数ばかりをクローズアップしすぎている。動物愛護にまつわる諸問題の根本解決には、多くの犬猫が収容され続けているという現実の方を強調するべきではないのか」。愛護センターの関係者の一人は、こう疑問を呈する。

 別の関係者は「殺処分というインパクトの強い数字を持ち出すのは、動物愛護への関心を集めるためには有効かもしれない」と前置きした上で、「それがプラスに働く場合もあり、一概に否定はできないが…」と複雑な表情を浮かべる。

 ◆年間約3千頭

 関係者の一人は「殺処分イコール悪、という風潮が怖い。センターには殺処分に直接手を下さなければならない職員もいる。そこに批判的な目が向けられることにも胸が痛む」と苦しい心情をにじませる。県内の動物愛護(保護)センターには年間約3千頭の犬猫が収容されている。

 愛護団体やボランティア団体、獣医師会などが収容前に引き取るケースも多いといい、身寄りのない犬猫の実数はさらに上回る。

 センターから犬猫を引き取る団体の負担は大きい。殺処分ゼロが目的化しているために、許容量を顧みずに引き取ろうとする団体も見受けられるという。

 愛護センター側の担当者は「団体側が無理をしていそうな時は、引き渡しを断らせてもらっている」とした上で、「殺処分に行き着くまでに、収容される動物がいるということの方が問題。収容を減らすための努力に、世論が向くような取り組みが必要だ」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:19 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護猫33匹の手術に協力 名古屋市獣医師会

中日新聞


名古屋市北区の市営住宅を強制退去処分となった四十代の女性方から保護された猫の避妊・去勢手術に、市獣医師会(中区)が協力する。市が二十日に発表した。

 女性方から見つかった猫四十四匹は、千種区の市動物愛護センターで保護されている。河村たかし市長の意向で殺処分はせず、新しい飼い主を探しており、一部の猫は既にセンターで手術を受けた。

 同会は十五日に協力を申し出て、三十三匹を十七の動物病院で手術する。その後、センターが猫の健康状態や適応などを見て順次譲渡する。

 同会の荻曽(おぎそ)敏之会長は「早く手術をして、新しい飼い主が飼いやすいように協力する。一匹でも二匹でも幸せになってもらいたい」と話した。

 (中山梓)
posted by しっぽ@にゅうす at 07:32 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬が好きすぎて「ワガママ犬」にしてしまう、飼い主さんのダメ習慣って?


Yahoo! JAPAN



かわいい愛犬の喜ぶ顔が見たいからと、ついつい要求に応えてしまうことってないですか? 
 
機嫌をとれるうちはまだいいのですが、だんだん味をしめると飼い主さんの都合なんておかまいなし!  制御不能の「ワガママ犬」になってしまいます。

おねだりを聞いてもらえないとストレスを感じてしまうので、愛犬にとってもかわいそうですよね。

心当たりのある飼い主さんは、愛犬の機嫌をとるのはやめてみましょう。今回は、よくある4つのシーンでのベストな対応を紹介します! 

愛犬が好きすぎて「ワガママ犬」にしてしまう、飼い主さんのダメ習慣って?
おねだりされたとき
@おねだりされたとき→かわいくても、かわいそうでも、何もせず無視!
愛犬がおねだりを始めたときは、かまってあげたくてもぐっと我慢!  愛犬を見ない・触らない・声をかけないという「無反応」を貫いてみてください。

すでにおねだりグセがついてしまっている犬は、おねだりがしつこい傾向にありますが、ぐっと我慢してあきらめるのを待ちましょう。

愛犬が好きすぎて「ワガママ犬」にしてしまう、飼い主さんのダメ習慣って?
散歩に出かけたいとき
A散歩に出かけたいとき→犬がくつろいでいても、自分のペースで出かけてヨシ!
毎日決まった時間帯に散歩に行っていると、「その時間になったら行ける!」という気持ちがおねだりにつながることも。

そのため、飼い主さんの都合優先で、バラバラの時間帯に散歩したほうが、犬も「散歩に行けるかは飼い主さん次第」と覚えます。

たとえ愛犬が眠そうにしていても、気兼ねなく散歩に誘ってOKです! 

愛犬が好きすぎて「ワガママ犬」にしてしまう、飼い主さんのダメ習慣って?
散歩中、犬がその場から動かないとき
B散歩中、犬がその場から動かないとき→立ち止まらず、サッサと歩いちゃいましょう!
散歩で愛犬が立ち止まるたびに、飼い主さんも気にして歩みを止めていませんか?  これでは、「自分が止まれば飼い主さんも止まる」と愛犬が覚えてしまいます。

犬が止まっても、気づかない振りをしてかまわず歩き続けるのもときには大切です。

※大型犬や中型犬は、腰を低くしてリードを引くと、つられて歩いてきやすくなります! 

前へ 1 / 2 次へ
愛犬が好きすぎて「ワガママ犬」にしてしまう、飼い主さんのダメ習慣って?
偏食・食べムラがあるとき
C偏食・食べムラがあるとき→食べないときは数分で毅然と下げるのも、愛犬のため!
愛犬の食いつきが悪いからといって、トッピングをしたり、すぐにフードを替る飼い主さんもいるかと思います。

しかし、その対応をしてしまうと「食べないでいれば、もっとおいしいものがもらえる」とフードを口にしなくなることもあるのです。

食べないときは2〜3分で食器を下げてみて。次回から食べるようになります。

※ただし、何日間もフードを食べない状態が続くときは病気の可能性もあるので、動物病院で相談してみて! 



愛犬の機嫌をとり続けていると、ワガママなコに育ってしまうケースが多いです。イイコに育てたいなら、どんなときも飼い主さんのペースに合わせて行動させましょうね! 

参考/「いぬのきもち」2016年6月号『ムダを省くと、犬も人もラクになる!  しつけに困ってない飼い主さんがやっていない10のこと』
(監修:日英家庭犬トレーナー協会認定トレーナー 中村 太先生)
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室


posted by しっぽ@にゅうす at 06:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな行動をしたら注意が必要?!犬の危険信号4つ

ネタりか



犬からの危険信号その@:頭を壁に押し付ける
壁と黒いラブラドールレトリバー

これは「ヘッドプレス」と呼ばれ、犬が壁や硬いところなどに自分の頭を長い時間押し付けている場合は注意が必要です。

このヘッドプレスが見られる場合、「前脳疾患」や「神経系疾患」(寄生虫、狂犬病、細菌・ウイルス・真菌感染症など)が潜んでいる可能性があります。

その他にも、

✔脳炎
✔脳卒中
✔門脈体循環シャント
✔代謝性疾患(高低ナトリウム血症など)
✔毒性中毒
✔肝性脳症

などの病気になっている場合や、

✔頭を強く打って脳に傷がついた
✔脳に腫瘍がある

など、様々な病気・症状の疑いがありますので、早急に動物病院へ連れていきましょう。

犬からの危険信号そのA:目が泳ぐ、身体を傾ける
顔を傾けて下を出す犬

5才〜高齢の犬に見られる症状で、耳の奥の部分にある「前庭」に障害が起こっている状態です。前庭は身体のバランスを取るための役割を持っているので、前庭に問題があると体のバランス感覚が分からなくなってしまい、めまいやふらつきが起こります。

このような症状が見られる場合、「前庭疾患」の可能性があります。 その他にも、「外耳炎」の悪化によって「内耳炎」を引き起こしている場合にも、同じような症状を観察することができます。

犬からの危険信号そのB:いつもより大量の水を飲む
水を飲むビーグル

一般に、犬の体重1キログラムあたり100mlを越える飲水は過剰である言われ、何らかの病気が隠れている可能性があります。

犬が1日に必要な水分量は様々な考え方や計算法がありますが、日本獣医師会が発表している目安は次のとおりです。

✔体重(キログラム)の0.75乗×132(ml)

ただし、これは「一日に必要な水分量」であって「一日の飲料水の量」ではないので、食事やオヤツに含まれた水分を差し引いて、水を飲む量を考えなければいけないことに注意です。たとえば、缶詰や手作りフードなどには約70%の水分が含まれていますが、ドライフードには約7%しか含まれていません。

よって、飲料水の量で考えると「体重1キログラムあたり40〜60ml」の範囲が正常であるといわれています。ですので、最初に述べたように体重1キログラムあたり100ml以上の水を飲んでいるようならば、注意が必要です。

水を過剰に飲んでいる時に疑われる病気の例として、次のような病気が挙げられます。

✔中毒症状
✔糖尿病
✔副腎皮質機能亢進症
✔慢性腎不全
✔腎盂腎炎
✔子宮蓄膿症
✔低カリウム血症
✔高カルシウム血症
✔肝疾患
✔甲状腺機能亢進症
✔尿崩症

また現在飲んでいる薬剤によって、飲む水の量が増加する場合もありますので、かかりつけの獣医師に確認してみましょう。

犬からの危険信号そのC:咳き込むことが多くなった
口を開けているシーズー

空咳のような「カッカッ」や、ガチョウの鳴き声のような「グゥーッ」という咳を聞いたことはありますか?

とくに高齢の小型犬は「気管虚脱」と呼ばれる症状になりやすいと言われ、私の愛犬も13才頃から時々「グゥーッ」という咳をするようになりました。

喉への刺激が良くなかったため、ハーネスを柔らかいクッション付きの物に変えたり、布製のものに変えたりしたところ、咳がほとんど無くなりました。

他にも、咳き込みに潜んでいる病気として、つぎのような病気などが挙げられます。

✔心臓病
✔肺腫瘍等
✔肺水腫
✔気管支炎
✔咽喉頭炎
✔肺炎

最近変な咳が多いかな?と思ったら迷わず病院に行ってみましょう。

おわりに
獣医と犬

いかがでしたでしょうか。毎日愛犬のことをよく観察している飼い主さんは「あれ?なんかいつもと違うな?」と感じることができると思います。その感覚を信じて、いつもより注意深く食事や排泄、身体の状態などをチェックしてあげてくださいね。

犬の1日は人間の4日分にあたります。初期対応で症状が軽いうちに元気に戻れるようにしてあげたいですね!


(獣医師監修:平松育子)
posted by しっぽ@にゅうす at 06:23 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちの安全守る親子3匹警察犬 犯人検挙に貢献期待

Yahoo! JAPAN



 福井県敦賀市の白木清正さん(70)が飼っている3匹のゴールデンレトリバーが、親子3代で現役の嘱託警察犬として活躍している。3世代で活動している警察犬は全国でも珍しいという。白木さんは「みんな利口に育ってびっくり。今後も捜査に協力して犯人検挙に貢献してほしい」と話している。

 3匹はいずれも雌のあかね(12)と娘のびいね(9)、孫娘のことね(2)。2016年に亡くなったあかねの母、しとねも委嘱されており、親子4代にわたる“警察犬一家”だ。もともと警察犬にする気のなかった白木さんだが、嘱託警察犬の競技会を見学し「おてんばな性格のしとねが言うことを聞く子になれば」と、福井警察犬家庭犬訓練所(美浜町佐田)に預けたのがきっかけだ。

 においを嗅ぎ分ける臭気選別、犯人の足取りを追う足跡追及、犯人を威嚇したりする警戒訓練などの指導を受けるうち、しとねは警察犬としての能力が開花。性格も変わり、飼い主に従順な犬になったという。

 優秀な警察犬となったしとねの血を受け継いだ3匹も訓練を重ね、審査に合格。それぞれ得意分野を中心に出動実績があり、嗅覚の優れたあかねは臭気選別、びいねは足跡追及で成果を上げている。ことねは、どの分野でも貢献できるエキスパートを目指し特訓中だ。

 秋ごろにはことねの子が生まれる予定で、白木さんは「立派に育ってくれた4匹の後に続いてくれたら」と期待する。4匹をしつけてきた同訓練所の松本浩所長(53)は「どの子も頑張り屋。訓練を楽しいと思わせることを心がけ、さらに能力を伸ばしてあげたい」と話していた。

福井新聞社


posted by しっぽ@にゅうす at 05:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする