動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年07月08日

「飼い猫の適正飼育を」 奄美市名瀬でノネコ対策シンポ

373news.com



外来ネコ問題研究会と森林総合研究所は5日、希少生物を襲うノネコ(野生化した猫)対策を考えるシンポジウムを奄美市名瀬で開いた。専門家が国内外の事例を紹介。奄美大島5市町村や県などが3月策定した管理計画や、飼い猫の適正飼育の徹底を訴えた。
 奄美野生動物研究所の塩野崎和美研究員は、海外の対策事例を紹介。毒餌やウイルス、猟銃による駆除で根絶に成功していると説明した。
 ノネコ捕獲後に収容施設で譲渡先を探し、見つからなければ安楽死とする管理計画について、譲渡と安楽死を組み合わせた新しい手法と強調。生態系保全だけでなく、住民の生活環境改善にもつながるとして「島の価値を上げる意識で取り組むべきだ」と訴えた。
(記事全文は8日付南日本新聞、おはようネット県外版、モバイルサイトでご覧になれます)
posted by しっぽ@にゅうす at 00:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の多頭飼育崩壊の背景を分析 経済困窮の"猫好き"が保護猫を生み出すケースも

@niftyニュース


2017年に世界初とも言われる、猫と犬の無料の不妊・去勢専門の動物病院を作った、NPO法人ねこけんを10年ほど前に立ち上げた、溝上奈緒子さん。すべてのスタートは、留学先の中国での体験でした。今回は、溝上さんのストーリーをお届けします。


中国の動物たちとの約束

10年ほど前、溝上奈緒子さんは中国での動物たちとの約束を果たしました。それは、「日本に帰って、キミたちの仲間を救うね」という約束です。

10年以上前に中国の大学に通っていた溝上さんは、当時たまたま市場で売られている犬や猫やウサギなどを目にして、衝撃を受けたそうです。

「ひと言で表現すると、悲劇。動物の福祉もなにもあったものではありませんでした。どうしていいかわからず、とりあえず1頭だけいた猫を買いました。そして売り場にいたほかの動物たちに、『今はなにもできないけど、日本に帰国したら仲間を救うから』と約束したんです」。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん 中国
溝上さんが中国で家族にした愛猫。25歳まで生きました

帰国後は2年間、既存の愛護団体に所属して経験を積んだ溝上さん。その後、NPO法人ねこけんを立ち上げ、現在は月に2回ペースで猫の譲渡会を開催。さらに、1年ほど前には世界初とも言える試みの、無料の不妊去勢病院の活動をスタートさせました。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん 譲渡会 新しい 家族
譲渡会をとおして月に30頭以上が新しい家族のもとへ


根本的な解決を目指して

今では年間およそ400頭の猫を新しい家族のもとへ送り出している、ねこけん。その代表である溝上さんが猫を保護する活動を始めてから、ある重要なポイントに気づいたと言います。

「ねこけんにやってくる猫の多くが、実は家の中で生まれているという事実です。猫の多頭飼育崩壊は、愛猫に避妊・去勢手術を受けさせられない家庭で起こっているんです。増えすぎて飼えなくなると、屋外に放したり、捨てられないから飼育崩壊になってしまったり……」。

本来は猫が好きな、けれども経済的に困窮している人が、結果的に保護猫という存在を生み出しているケースが少なくないようです。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん こねこ 子猫 仔猫 赤ちゃん 多頭飼育
屋外ではなく家の中で猫が増える現実

「これでは、いくら保護しても新しい飼い主を探しても、永遠に同じことの繰り返し。捨て猫をゼロにするには、飼い猫に不妊・去勢手術をして必要以上に増やさないことが重要です。でも、手術はお金がかかるからと、そのままにしている人が驚くほど多いんですよね。飼い主さんの責任で手術をしてもらうのが理想ですが、現状を考えると、飼い猫でも無料で不妊・去勢手術が受けられる病院の必要性を感じました」(溝上さん)。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん 多頭飼育 ボランティア 黒猫 クロネコ
ねこけんが保護した猫のほとんどは預かりボランティアさん宅へ

野良猫への避妊・去勢手術は、自治体からの助成金によって行われているところも多数あります。野良猫や地域猫を一代限りでまっとうさせるTNR活動によって、せっかく野良猫から子猫が生まれなくなっても、未避妊や未去勢の兄妹猫などが捨てられては、また屋外で子猫が誕生して増えてしまいます。

「とにかく根本原因を解決することが重要なんです」(溝上さん)。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん 野良猫 のら猫 野良 三毛猫 ごはん カリカリ
野良猫をゼロにすることも溝上さんの願い


すべての猫たちのしあわせを願って

犬と猫の不妊去勢手術を無料で行う、ねこけん動物病院では現在、1日に20〜30頭の猫(木曜日は犬も)の不妊・去勢手術を行っているそうです。

「一般的な動物病院での不妊去勢手術と違う点は、事前検査がないことです。コスト面などの事情から、これは仕方がないこと。それでも開院から、予想を超える多くの猫が不妊去勢手術を受けられたので、この病院を作って本当によかったです」と、溝上さんは語ります。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん 子猫 仔猫 こねこ 赤ちゃん あかちゃん ミルク ボランティア ケア
ミルクボランティアさんでも生まれたばかりの子猫のケアは大変

ねこけんならではの取り組みは、ほかにもあります。それは、保護したすべての猫にマイクロチップを挿入していること。

本来は迷子対策に役立つマイクロチップですが、マイクロチップの所有者をねこけん名義にすることで、譲渡した猫が再び捨てられたり、動物愛護センターに持ち込まれたりするのを抑止する役割も果たしているのだとか。

保健所と呼ぶ人もいる、動物愛護センターに持ち込まれた猫は、収容状況にもよりますが多くは1週間〜2週間後には殺処分になります。

愛猫 ネコ ねこ 猫 保護 NPO法人 ねこけん 譲渡会 マイクロチップ 譲渡 三毛猫 あくび にゃ〜 ニャ
「譲渡会デビューまでにマイクロチップ挿入済みよ〜。新しいおうちが楽しみニャ」

「ねこけんから旅立った猫は、一生涯、見守っていきたいと思っています。ねこけんが関わった猫は、みんなしあわせになって欲しいから」と、微笑む溝上さん。

今後は東京都での活動に加えて、千葉県や埼玉県でも活動の幅を広げる予定だそうです。

「いつか、愛護団体で取り合いになるくらいに保護猫が少なくなる日を夢見て……」。
posted by しっぽ@にゅうす at 00:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレートに慣れさせる

産経ニュース



平成28年の熊本地震や23年の東日本大震災では、ペットも避難を余儀なくされました。避難先となる車中やペットの受け入れが可能な避難所では、クレート(ケージ)の中で過ごすことになります。

 クレートに入った経験がなかったり、苦手意識を持っていたりする犬は、クレートに入れるとほえ続けるなど周囲に迷惑をかけてしまい、飼い主が困ることになります。そこで万が一に備え、日頃からクレートトレーニングをしておく必要があるのです。

 クレートの適切なサイズは、愛犬が立った状態で横に一回転できる広さで、横扉のあるものを選びましょう。

 次にトレーニング方法ですが、コツは、ご褒美として与えるおやつを使い、「クレートは安全でリラックスできる場所」だと教えていくことです。無理やり押し込み、長時間閉じ込めるようなことは絶対にしてはいけません。

 第1段階は、クレートの扉を開けた状態で中にご褒美を置き、それを食べさせます。怖がって食べない場合には、グレードの高い(おいしい)おやつに変え、ご褒美の位置を手前にずらします。これを繰り返すと自らクレートに入るようになります。


第2段階は、犬が中に入ったら扉を閉め、おやつをクレートの隙間から入れ、食べたら次を入れることを10回繰り返します。食べ終わったら扉を開けます。徐々にご褒美の数を増やし、与える間隔を空けていき、中にいる時間を長くしていきます。そうすればクレートが落ち着く場所になっているので、外出先でもストレスなく過ごすことができます。

 日常生活やいざというときに愛犬の安心と安全を守るためにも、ぜひチャレンジしてください。(チームホープ、エスティー動物病院院長・佐藤龍也)=おわり


posted by しっぽ@にゅうす at 00:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録

Yahoo! JAPAN


猫の一生の中でも「子猫期」は特別。わずか100gほどの手のひらサイズで生まれ、目が閉じていて見えない子猫。その後、目が開いたり乳歯が生えたり……日ごとにどんどん大きくなります。“そのとき”だけのかわいさをあとで振り返ると、愛おしい気持ちになりますよね。

今回は、「ねこのきもち」読者の方々から寄せられた愛猫の子猫時代の写真を紹介! どのコも保護猫で、まさに運命の出会いを果たしたコたちのいまの姿とは……

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
茨城県:大福くん(オス・1才)
@庭で子猫を保護!最初は100g程度で、心配な状態もあったけれど…
「自宅の庭のウッドデッキの下で、雨に濡れていたところを保護。しばらく下痢と便秘を繰り返しましたが、すくすく育ちました」
「保護したとき、体重が100gちょっとで、体温が低下していたので慌てて動物病院へ。最初の1週間は、下痢と便秘を繰り返し心配でした」
<茨城県:大福くん(オス・1才)>

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
白猫特有の「キトンキャップ」
白猫特有の「キトンキャップ」が!
真っ白な毛色の大福くん。白猫の頭頂部に、子猫のときにだけ表れる黒いブチ「キトンキャップ」があります♡

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
現在の大福くんは…
現在の大福くんは…
大福くん、いまではこんなにもっふり!  まさに“大福”のようですね♡

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
兵庫県:海くん(オス・6才)
A生死の境をさまよった子猫の現在は…
「3時間おきにミルクを与える日々が続き、しばらく寝不足に。4週目で生死の境をさまよったものの、立派に成長!」
「目が開く前の、1週齢に満たないくらいのとき、捨てられていたところを発見しました」
<兵庫県:海くん(オス・6才)>

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
先住猫も子猫をやさしくお世話
先住猫も子猫をやさしくお世話
先住猫の芽ちゃん(メス・8才)も、心配そう!? にお世話してくれたそうです。

前へ 1 / 2 次へ
一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
目の色にも変化が!
目の色にも変化が!
海くん、子猫のときは透き通るようなキトンブルーの目だったのが……成長してイエローに変化! 

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
現在の海くんは…
現在の海くんは…
1カ月齢で保護(500g)した桃ちゃん(メス・2才)と海くんのお写真がこちら。
2匹とも、子猫のときに病気をしたものの、いまは元気いっぱい! ! 

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
神奈川県:ミーニャンちゃん(メス・14才)
B命の恩人のパパさんに、14年たったいまもべったり♡
「14年前、当時独身だった夫が、自宅の駐車場でまだ目の開いていないミーニャンを保護しました。夫は子猫の飼育本を購入し、哺乳瓶でミルクを与えて育てましたが、食が細く、心臓も弱かったミーニャン。8才でやっと避妊手術できました。気だけは強く、いまも夫以外にはほとんど懐きませんが、それがとってもほほえましいです」
<神奈川県:ミーニャンちゃん(メス・14才)>


現在のミーニャンちゃんは…
14才になっても、子猫気分は抜けていないのかも♡

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
京都府:ポンくん(オス・4才)
Cウイルス感染で嘔吐と下痢が止まらず、「このまま死ぬのでは…」と不安になったことも
「生後1カ月ほどで保護した直後、お腹にウイルスが繁殖してしまったらしく、嘔吐と下痢が2日間続きました。」
「体力がなくなり、不安でいっぱいでしたが、お湯を入れたペットボトルで寝床を温めたり、注射器で薬を与えたりして必死に看病。元気になったときは心からほっとしました」
<京都府:ポンくん(オス・4才)>

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
現在のポンくんは…
現在のポンくんは…
いまでは、凛々しい男のコに成長しました! 

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
山口県:まよいちゃん(メス・7カ月)
D前日、夫についてこようとした子猫。次の日、車のボンネットの中に!
「まよいと夫の出会いは、会社の駐車場。撮影しようとしたらついてきたものの、どうすることもできずその日はそのまま帰りました。しかし翌日、帰宅中の車のなかから子猫の声が。なんとボンネットの中に、まよいがいたのです。『これは縁だ』と思い、迎えました」
<山口県:まよいちゃん(メス・7カ月)>

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
現在のまよいちゃんは…
現在のまよいちゃんは…
保護したときは、目ヤニや汚れで目がぐしょぐしょだったけれど、いまはパッチリおめめに! 

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
子猫を保護したらすることって?
【さいごに】覚えておきたい!子猫を保護したらすることって?
どのコも飼い主さんに保護してもらい、いまでは幸せに暮らしている様子を見てじんわりしちゃいますよね。
どこかで子猫に出くわすというのは、誰しも可能性のあること。外で保護した子猫は寄生虫症に感染している可能性が高く、猫カゼをひいている場合はすぐに手当てが必要です。
また、成長に合ったお世話を知るためにも、すぐに動物病院へ行ってください! 

【動物病院で調べてくれること】
 ・体重
 ・週齢
 ・性別
 ・健康状態
 ・ノミや回虫などの寄生虫症 
 ・猫カゼやエイズなどの感染症

一生の中でも特別な「子猫期」。運命の出会いで救われた保護猫の成長記録
動物病院にすぐにつれていけないときの対処法
動物病院にすぐにつれていけないときの対処法
■先住猫から隔離する
→保護した子猫が感染症や寄生虫症にかかっている場合、先住猫にうつる可能性が。健康状態がわかるまで、子猫を隔離して。

■食事より体を温めることを優先
→夜間に保護した場合、子猫用ミルクが手に入らないことも。一晩くらいならさほど問題はないでしょう。それよりも、生後間もない子猫は体温調節ができないので、体を温めることを優先して。

子猫を保護したときは、ぜひ参考にしてくださいね! 

※猫の年齢は、取材時点(2016年3月号取材時点)の年齢となります。
参考/「ねこのきもち」2016年3月号『シーズン到来!  保護したときのお世話の仕方もわかる 子ねこ手帳』(監修:埼玉県春日部市の猫の専門病院「マオキャットクリニック」院長 高野のり子先生)
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 00:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬の年齢を人間に換算してみよう!早見表から長生きさせるためのヒントまで

ネタりか



犬の寿命は大きさにより違いがある
ソファーの上のたくさんの犬

平均寿命
犬の平均寿命は10歳〜15歳です。しかし、これは大型犬・中型犬・小型犬全てを含んだものであり犬によっても、もちろん個犬差があるので一概に何年とはありません。一般的に、大型犬より小型犬の方が寿命が長く身体の大きさによって寿命も違います。ではなぜ、身体の大きい大型犬の方が寿命が短いのでしょうか。

大型犬の寿命が短いワケ
実は10年ほどしかない大型犬の寿命。大型犬は身体が大きく、小さい小型犬よりも骨格などがしっかりしていて長生きしそうに思いますが実はその”大きな身体”が原因ではないかといわれています。大型犬は心臓と肺が弱く、それゆえに酸素がいきわたりにくく酸欠状態になる事が多く酸欠状態が続くと細胞の老化が進みます。その悪循環により短命だといわれています。

犬の年齢を人間の年齢に換算してみよう(目安)
違う年齢の3匹の犬

可愛い子犬期
✔1ヶ月=1歳
✔2ヶ月=3歳
✔6ヶ月=9歳
✔9ヶ月=13歳

可愛い可愛い子犬時代から、私達人間よりも遥かに早いスピードで成長が始まっています。生まれてから1年間は成長が大型犬よりも早い小型犬を主に、人間に換算して見てみましょう。犬は生後1ヶ月で人間の1歳になります。そして生後2ヶ月で3歳、生後6ヶ月で9歳、生後9ヶ月で13歳となります。このように換算してみると大変な子犬期もあっという間で、反抗期も許せてしまいますね。

一人前な成犬期
✔1歳=16歳
✔1歳6ヶ月=20歳
✔2歳=24歳
✔3歳=28歳
✔4歳=32歳
✔6歳=40歳

子犬から卒業し大人の仲間入りを果たす成犬期。小さい頃から見て育てた方は少し寂しくなるような気持ちもあるかもしれませんね。一般的に生後10ヶ月で成長が止まる小型犬は、生後1年で16歳という青年期を迎えます。人間でいうと反抗期真っ只中ですね。

身体の変化に気を付けて!シニア期
✔7歳=44歳
✔8歳=48歳
✔9歳=52歳
✔10歳=56歳
✔11歳=60歳
✔12歳=64歳
✔13歳=68歳
✔14歳=72歳
✔15歳=76歳
✔16歳=80歳
✔17歳=84歳
✔18歳=88歳
✔19歳=92歳
✔20歳=96歳

元気に走り回る姿を見て、”まだまだ元気!病気だって先の事”と思いたい気持ちも分かりますが犬のシニア期の仲間入りは一般的に40歳からです。突然すぐに変化は現れませんが、確実に歳を重ねています。毛の艶が若い頃と違う事、耳が遠くなった事、睡眠時間が長くなった事に目を逸らさないできちんと見てあげて下さいね。

犬を長生きさせる為には
女性と遊ぶ老犬

世界一の長寿犬
ギネスにも載っているイギリスのラブラドール・レトリバーの”Bella”は、なんと29年193日という長寿の記録を残しました。これは人間に換算すると200歳以上で、とても素晴らしい事であり、わんちゃんを飼っている方には夢のある事です。では、長生きしてもらうにはどんな事が必要になってくるのか見ていきましょう。

犬に必要な食べ物
健康の為、より良い食生活をする事は人間にも大事なことです。これは、わんちゃんにもいえることであり健康の為に食事をする事は長生きにも繋がります。きちんとしたドッグフードやサプリメント、場合によってはささみやお野菜などを適正量を守りあげましょう。同じ犬種であっても体重はそれぞれ違います。出来れば行きつけの獣医師など専門医に適正量を聞く事をおすすめします。

そして人間の食べ物を与えない事です。犬にとって必要ではないものであり、可愛いからと与えると肥満の原因になったり病気にもなります。可愛いからこそ与えるべきものでは無い事を忘れないで下さいね。

適度な運動
わんちゃんには散歩が必須です。そして運動も必要になってきます。これらを適度に行う事で、ストレス軽減になったり身体にも必要な筋肉が付きます。歳をとると、もちろん身体も老化していきます。筋肉が無ければ足腰も弱くなり、老化に拍車を掛けてしまいます。そうなる前に、きちんと散歩やドッグランなどで運動をさせましょう。

たっぷりな愛情
わんちゃんは飼い主とコミュニケーションをとる事がとても大好きです。毎日一緒にいても飽きずに大好きで、話しかけられると嬉しくて撫でてもらう事は幸せです。長生きには飼い主からの愛情もとても大事な一つの要素になります。いつまでも変わらない愛情をわんちゃんに伝え続けて下さいね。毎日一緒にいるからと愛情を伝える事を忘れてはいませんか?

終わりに
傘を差す母娘と犬

常に一緒にいると変わらないように見えるわんちゃんですが、気付かないうちに私達よりも歳を重ねています。人間よりも短い寿命に、たくさんの事を詰め込んでたくさんの愛情を受けて欲しいと思いますよね。それができるのは飼い主である私達と家族だけなのです。
posted by しっぽ@にゅうす at 00:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする