動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年07月12日

避難のペット無料で預かります 倉敷市内の12動物病院

山陽新聞



岡山県獣医師会は、西日本豪雨で被災者とともに避難所に避難したペットについて、倉敷市内の動物病院で一時的に無料で預かっている。11日現在、12カ所の動物病院で受け入れており、期間は7月中をめどとしている。

 ペットは犬や猫などを対象としているが、各病院によって異なる。原則として飼い主自身が持ち込む。預かる際に治療の必要があれば、料金が生じる場合もある。県獣医師会は会員である動物病院に対し、1頭につき1日千円を補助する。

 同行避難したペットを一時的に無料で預かる取り組みは、倉敷市内の一部ペットショップでも行っている。

 また県獣医師会は15日、獣医師4人が倉敷市真備町地区の二万小学校や岡田小学校などの避難所を巡回する予定。ペットの健康診断や相談に応じるほか、フィラリア予防薬の投与、ノミ・ダニの駆除薬配布を行う。いずれも無料。

 県獣医師会は、ペットを同行避難した際の注意点について「動物も人間と同じで、暑さには気を配る必要がある。気になる点があれば、巡回時に相談してほしい」と呼び掛けている。
(2018年07月11日 21時02分 更新)




posted by しっぽ@にゅうす at 09:23 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬への愛情、最後まで 避難途中、犠牲に

毎日新聞



◆福岡

 福岡県宇美町の山崎ツギ枝さん(68)は、同県筑紫野市の山中にあった老犬の保護施設付近で土砂崩れに巻き込まれ、施設にいた犬3匹とともに犠牲となった。毎日施設に通って愛情を注いだ犬たちの安否を最期まで心配した山崎さん。「天国でも3匹のお世話をしているかもしれない」と知人らはしのんだ。

 保護施設があった場所では、約20年前に約200匹の犬を飼っていた愛犬家が他界。行き場をなくした犬たちをボランティア団体が引き受け、山崎さんは十数年前から世話してきた。新しい飼い主が見つかるなどして犬は減り、最近は老犬3匹の介護を続けていた。

 6日、世話をしていた山崎さんは午後2時41分、施設を運営する長澤由起子さん(67)に「地盤が崩れました」とメールした。長澤さんらが救助を要請。山崎さんは駆け付けた消防隊員と避難途中に土砂崩れに巻き込まれ、7日午前に筑紫野市内の水路で見つかった。

 長澤さんが9日に現場に入ると、3匹の犬も施設ごと消え、崩落した林道が無残な姿をさらしていた。「どうかして犬を助けたい」。土砂崩れに巻き込まれながらも送信された山崎さんの最後のメールに、長澤さんは「すべての命を大事にするというメッセージを残してくれた」と目を伏せた。

 10日にあった葬儀の会場には、山崎さんが施設から自宅に連れ帰って飼っていた愛犬クロの姿もあった。「クロちゃんがさみしそうな顔をしていた。最後まで自分だけ逃げようとせずに犬を守ろうとしてくれた」。長澤さんは目頭を押さえた。【末永麻裕】
posted by しっぽ@にゅうす at 09:21 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「動物保護に理解を」

タウンニュース



横浜市会議員の山下正人氏が6月23日、アートフォーラムあざみ野でタウンミーティングを開催し、支持者らを前に活動報告を行った=写真。

 山下氏は、昨年副委員長を務めた市会健康福祉・医療委員会での活動の中から、動物福祉政策について言及。ドイツにある最大規模の動物シェルターや、京都動物愛護センターの様子を紹介した。施設の整備、運営費が寄付で賄われ、ペットの譲渡が進み殺処分がほぼないというドイツの取り組みにふれ「横浜市でも譲渡を進め、動物保護の意識と理解を高めたい」と話した。

 また介護福祉にもふれ、市が人材確保に関する協定をベトナムと結ぶ方針を示していると説明。「社会で必要な場に光を当て、現場の改善を」と話した。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:20 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット用給水器で犬が窒息死=イケア、3284個自主回収

時事ドットコム



家具販売大手のイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は11日、ペット用給水器「ルールヴィグ ウォーターサーバー」3284個を自主回収すると発表した。水をためる筒状の容器に犬が頭を突っ込んで抜けなくなり、窒息死する事故が海外で2件発生したためという。
 日本では2017年9月から今年6月13日まで店頭やインターネット上で販売した。現在のところ、国内で事故の報告は受けていないという。定価は499円。購入者には代金を返金する。問い合わせ先はカスタマーサポートセンター(0120)151870。(2018/07/11-17:02)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫がノミに刺された!人に感染する病気も。【症状〜駆除方法を解説】

Yahoo! JAPAN



猫がノミに刺されたときの症状とは?
猫がノミに刺されると、被毛に黒い砂粒のようなノミのフンがつき、かゆみを感じるようになります。もし猫が後ろ足で頻繁に体をかいたり、毛繕いをしたりしている様子を見かけたら、ノミの寄生を疑って全身をチェックしましょう。

猫がノミに刺された!人に感染する病気も。【症状〜駆除方法を解説】
アレルギー体質の猫は要注意!
アレルギー体質の猫は要注意!
猫のかゆがり方には個体差があり、何百匹ものノミが寄生しても、軽いかゆみ程度の症状しか見受けられない猫もいます。その一方でアレルギー体質の猫の場合は、わずかなノミの寄生で「アレルギー性皮膚炎(FAD)」を発症するケースも。

アレルギー性皮膚炎を発症すると、かき傷ができるほど激しく体をかいたり、腰や尾の付け根部分を中心に脱毛を起こしたりすることがあります。猫がノミに刺されると、このような症状の他に病気になることがあります。なかには人にもうつる病気もあるので注意しましょう! 

猫がノミに刺された!人に感染する病気も。【症状〜駆除方法を解説】
ノミを媒介して猫と人にうつる病気とは?
ノミを媒介して猫と人にうつる病気とは?
●「瓜実条虫症(うりざねじょうちゅうしょう)」
毛繕いの際に寄生したノミを食べてしまい、そのとき猫の体内に入った「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」が、小腸に寄生して発症する病気です。瓜実条虫が成長すると、その片節の部分が切れて肛門周囲やフンにつきます。片節は米粒程度の大きさなので肉眼でもはっきりと見え、飼い主さんの発見によって感染が発覚することがほとんどです。

●「猫ひっかき病」
「猫ひっかき病」は、猫が引っかいたり噛んだりしたときに、人にも感染する可能性があります。この病原体である「バルトネラ・ヘンセレ」は、猫に対して病原性はないので、猫が感染しても症状は一切出ませんが、18か月以上も感染が続くとされています。この他にも、ノミが媒介して猫と人に感染する病気は多くあります。猫と人が健康的に共存するためにも、ノミの予防と駆除は飼い主さんとしての義務と言えるでしょう。

猫がノミに刺された!人に感染する病気も。【症状〜駆除方法を解説】
猫がノミに刺されたときの対処法とは?
猫がノミに刺されたときの対処法とは?
●動物病院でノミを駆除する
ノミを駆除する方法で効果が高いのは、動物病院で処方してもらう駆除薬です。この薬は大きく分けて3種類あります。

【駆除薬の種類】
 @ 背中の皮膚に直接つけて皮脂腺に有効成分を蓄積させ、徐々に皮膚や毛の表面に放出することで効果を発揮するタイプ
 A @と同じ成分でスプレー式のタイプ
 B おやつ感覚で食べて、血中から皮膚の毛細血管に有効成分が届いた効果を発揮するタイプ

どちらも効果は1〜2か月ほど持続します。成虫を殺虫するのはもちろん、薬によっては卵の孵化を抑制し、幼虫からサナギへの変態を阻止する成分が入っているものもあります。

●市販薬でノミを駆除する
市販でも皮膚につけるタイプや、首輪タイプなどの駆除薬が発売されています。しかし市販薬の中には、猫には刺激が強いピレスロイド系の殺虫剤などに使用される成分が含まれているものもあるので、選ぶ際には注意しましょう。

●ノミ取りシャンプー、ノミ取りくしでノミを駆除する
ノミ取りシャンプーという手もありますが、これにもピレスロイド系の駆除剤が使われているケースがあります。ただしノミを殺すほどの濃度ではないため、効果が感じにくいこともあるでしょう。また、ノミ取りシャンプーは肌荒れの原因になる場合があるので、導入する際は注意が必要です。

猫がノミに刺された!人に感染する病気も。【症状〜駆除方法を解説】
猫と飼い主さんの健康のためにもノミ予防に取り組んで!
猫と飼い主さんの健康のためにもノミ予防に取り組んで!
このように猫がノミに刺されると、人にも病気を感染させる可能性があります。まだノミが寄生していない猫には、定期的に駆除薬を投薬することが予防につながります。かかりつけの獣医師に相談の上、愛猫のノミの予防に取り組んでみてはいかがでしょうか? 

参考/ねこのきもち WEB MAGAZINE『愛猫がノミに寄生されていたら? 〜原因、症状、対策』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 06:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする