動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年12月07日

「殺処分ゼロ犬シェルター」裏の顔、動物虐待の実態明かす

Yahoo! JAPAN


 ゲージの中をフサフサの毛並みで元気よく動き回る犬たち。そのかわいらしい鳴き声に、訪れた子供たちはつられて笑顔になる。その様子を見ていたタレントのぺこ(23才)とりゅうちぇる(23才)は飛び上がって喜んだ──。

 これは、2017年4月に放送された、人気のバラエティー番組『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の名物企画「捨て犬ゼロ部」。保護犬たちが里親を探す譲渡会の様子だ。ふたりが訪れたのは、広島県の神石高原町にあるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」が運営する “殺処分ゼロ”プロジェクト「ピースワンコ・ジャパン」の本拠地。清潔な施設の中で、保護された犬たちは元気いっぱいに走り回っている…はずだった。

「テレビに映ったのは施設のほんの一部だけ。ピースワンコ・ジャパンは大きく広島県内で4つのシェルターに分かれており、前出の施設は誰もが見学できるうえ、里親が見つかりそうなフレンドリーな犬ばかりを集めた、いわば“表の顔”。公開されていない施設では、狂犬病の予防注射すら打たれず、狭い檻の中で悲鳴を上げる保護犬たちがいたんです」

 怒りに震えながら話すのは、昨年6月から今年1月まで、獣医師としてビースワンコ・ジャパン(以下、ピースワンコ)のサポート活動をしていた竹中玲子先生だ。

 竹中先生が指摘する通り、11月20日、広島県警は「ピースウィンズ・ジャパン」と代表らを書類送検した。保護犬25頭に狂犬病の予防注射を受けさせておらず、狂犬病予防法や県の条例違反の疑いがあるという容疑で、代表らはこれを認めている。

 竹中先生は「同団体が抱えている問題はこれだけではない」と続ける。

「私がいた保護施設は劣悪な環境で、多くの命が次々に失われていきました。カメラが回っていないところでは、動物虐待が起きていたのです」

 内部からの声を受け、複数の動物愛護団体が動物愛護管理法違反でピースワンコを告発。その内容は、狂犬病の予防注射の未接種だけでなく、劣悪な飼育環境かつ、職員の絶対数や器具が足りず充分な処置ができていないことなど、あまりにも悲惨なものだった。

なぜ犬たちにとって保護されるべき場所が生き地獄と化したのか。実態を知る竹中先生と、動物愛護活動に長年携わり、今回の告発に名を連ねる杉本彩(50才)が語った。

◆赤ちゃん犬が飢えた犬に食べ散らかされる

竹中:「犬の殺処分ゼロ」を看板に掲げるピースワンコは、毎週のように広島県の保護施設から犬を引き取るから増えていく。6月時点で団体が管理する犬は2300頭。

杉本:国内では類を見ない収容規模ですね。それだけの頭数に対し、面倒を見るスタッフは何名いるのでしょうか?

竹中:4つのうちの1つのシェルターでは当時1400頭いて、スタッフは7〜8名だったので、1人のスタッフが約200頭を世話する計算でした。また、常勤の獣医はたった1人。収容数も限界で、約10畳の広さに20頭以上の中型犬が収容されている部屋もありました。

──事実関係をピースワンコに問い合わせると、《事実と異なります。常勤の雇用スタッフ以外に応援スタッフや外注の清掃業者スタッフら複数名が毎日の各犬舎の業務に携わっています。獣医療についても、常勤の雇用獣医師は1名ですが、他に継続的に業務委託している獣医師がいるほか、近隣の複数の動物病院にもご協力いただいています》という。

 対して竹中先生はこう反論する。

「確かに非常勤の獣医師はいましたが、数人であり、充分とはいえない状況でした。また、“近隣の動物病院”といっても歩いて行ける距離にはなく、スタッフが車で動物を連れて行く必要がありました。緊急事態に対応しきれていなかったと思います」

杉本:動物の福祉にまったく配慮していない状況ですね。狭い部屋に押し込められれば、精神状態が不安定になる。さらに動物を保護して里親を探し、責任を持って譲渡するのは、本来はとても手間がかかる。1頭でも大変なのに、2000頭以上の犬をどう譲渡していくのでしょうか。

竹中:譲渡はかなり厳しい状況にあります。そもそも収容されている犬の多くは元は野犬。中には、噛み癖がある子もいて、人に慣れさせて里子に出すには難しい犬がほとんどです。エサは部屋ごとにまとめて与えていて、弱い犬はエサにありつけず衰弱してゆく。スタッフが部屋に入ると、集団リンチが頻繁に行われ、弱い犬が噛み殺されている。

杉本:ある意味、殺処分されるよりも苦しい状況になってしまっていますね。

竹中:まさにそう。避妊去勢手術がほとんど行われないままオスとメスが同居しているから、スタッフが知らないうちに赤ちゃんが生まれていることすらある。そのうえ、小さくて弱く、血のにおいのする赤ちゃんは飢えた他の犬に食べ散らかされてしまう。肉片を片付けるスタッフの多くが、PTSD(心的外傷)を発症していました。

杉本:それは…。先生もつらかったでしょう…。

竹中:獣医としてこれまで動物の死に立ち会いましたが、本来死ななくてもよかった犬を見ているとショックで…。記録を残すために死体を調べるのですが、噛まれたことによる外因性ショック死や失血死した犬ばかり。暗い気持ちに襲われました。

──集団リンチに関する事実関係をピースワンコに取材すると以下の返答があった。

《早朝など人の目が届かないときに、野犬どうしがけんかをしたり、弱い犬がいじめられたりして、残念なことに死に至るケースもありました。(中略)しかし、それは、殺処分を防ぐためにすべての犬を引き取ってきた結果、やむを得ず生じている状況です》

 しかし竹中先生は、「同居している犬からの攻撃によって体に穴が開いて亡くなる状態は、動物にとって殺処分されるよりも幸せだといえるのだろうか」と疑問を投げかける。

※女性セブン2018年12月20日号
posted by しっぽ@にゅうす at 08:35 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新聞感想、福井の児童が全国最優秀 福井新聞「子犬工場」記事で命考える

福井新聞


家族や友人と新聞記事を読んで意見をまとめる第9回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の入賞者が11月26日発表され、最高の最優秀賞に小学生部門で福井県福井市宝永小5年の橋本隼人君(11)が選ばれた。犬、猫の大量繁殖場「子犬工場」の問題を解説する福井新聞の記事をもとに命の大切さをつづった。福井県内から同賞に選ばれるのは初めて。

 コンクールは、NIE(教育に新聞を)活動を知ってもらおうと日本新聞協会が主催。応募総数は5万2155点で、県内は24小中高校から1337点が寄せられた。小中高校生から各1点の最優秀賞のほか、優秀賞30点、奨励賞120点などを選んだ。

 ペットを飼いたいと思っていた橋本君は、福井新聞「こどもタイムズ」(4月22日付)に掲載された「子犬工場」に関する記事に着目。ペットショップ向けに、劣悪な環境で飼育されている動物がいる事実を知り、動物の命について両親らと話し合った。

 動物が人間の都合で粗末に扱われてはいけないことを理解した上で「ペットはプレゼントに買ってもらう『もの』じゃない。大切な命。犬を飼うなら、きちんと世話ができると両親に認めてもらえるよう自分のことをしっかりやりたい」とまとめた。

 家族との対話を通じて、さまざまな意見を聞き、考えを深める必要性があることに気付いた点が高く評価された。橋本君は「1月に(祖母の犬の)リンちゃんが死んでからずっと命の大切さを考えてきた。最優秀賞は跳び上がるほどうれしい」と話している。

 表彰式は12月15日に横浜市で開かれる。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:29 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の老後はどう過ごすべき?子犬の頃から意識しておきたいこと

ネタりか



犬の老後とどう過ごすか考えよう
気持ちよさそうに犬用ベッドで寝る犬

愛犬に老いを感じたら素直に受け入れる
愛犬の老いをなかなか受け入れられない飼い主は、多いことと思います。
私たち人間を含め、全ての生き物にとって老いることは自然なことです。
愛犬に老いを感じることがありましたら、まず素直に受け入れてあげましょう。

愛犬がシニアになって、体が以前よりも弱ってきているのにもかかわらず、飼い主が愛犬の老いを受け入れられずに今までと同じ生活をさせていると、愛犬にとって負担をかけてしまうことになってしまいます。

愛犬に合わせて環境やフードを変えてあげる
種類の違う3種類のドッグフード

愛犬に老いを感じたり、愛犬が今までの生活環境に負担を感じていたりするようでしたら、環境を変えてあげることをおススメします。

例えば、床がフローリングの場合だと足腰に負担をかけやすいので、コルクマットやカーペットなどを敷いて、負担を軽減させてあげると良いですよ。
目が見えにくくなったり足腰が弱くなったりしてふらつきが出ているときは、ケガをしないように室内の壁にクッション材のモノを取り付けるのもおススメです。

愛犬があまり歩かなくなったら犬用のカートに乗せて散歩に行ったり、寝たきりになってしまったら体に負担をかけないようにベッドの材質を変えてあげたりするなど、工夫をして快適な環境にしてあげると良いですよ。

噛む力が弱くなったり今までのフードを食べづらそうにしたりしていたら、シニア用のフードやウエットフードなど、食べやすいものに変えてあげましょう。
愛犬の体の状態をちゃんと理解してあげて、その都度愛犬に合った環境を作ってあげることが重要となります。

ペースを合わせる
愛犬の体が弱ると若い頃に比べて、歩くスピードや動作が遅くなっていきます。
若い頃のままのペースで散歩をしていると、愛犬の体に負担をかけてしまうことでしょう。
ですので、飼い主がそのときの状況をよく見ながら、愛犬のペースに合わせてあげることが大切となります。

支えてあげる気持ちが大切
老犬の頭を撫でる飼い主の手

愛犬が老いていくと、トイレを自分ですることができなくなってオムツをはかせることがあるかもしれません。
寝たきりになってしまったら、ご飯を食べさせたり、定期的に姿勢を変えたりするなどの介護をしてあげないといけなくなるかもしれません。

さらには、老犬になると人間と同じく痴呆症になる場合もあります。
老犬を介護するのはとても大変ですし、上手くいかないこともあると思いますが、支えてあげようという気持ちがあれば大丈夫です。
一生懸命愛犬を支えてあげようと思う気持ちは、愛犬にちゃんと伝わりますので、失敗しながらでも精一杯愛犬を支えてあげましょう。

老後のために子犬の頃から意識しておきたいこと
毛布の上でくつろぐ子犬

丈夫な体づくり
少しでも愛犬を老いにくくするためには、若い頃からの丈夫な体づくりが大事です。
健康的な体をつくるには、食事はとても大切なものとなります。
食べ物は添加物や質の悪いもの、病気の原因となる材料が入っていないものを食べさせるようにしましょう。
また、愛犬がアレルギーを起こす食べ物を食べさせないようにすることも大切です。

丈夫な体をつくるのには、運動もとても大切です。
たくさん運動したり遊んだりすることで、足腰を含めた体全体を鍛えることができますし、ストレスを発散することだってできます。
結果として、健康な体を維持することができますよ。

老いについて知識をつけておく
犬の老いについての知識は、なるべく早くから知っておいた方が良いと思います。
前もって老いについて知っておくと、愛犬の体の変化に気づきやすくなります。
また、愛犬の将来について考える機会にもなるので、愛犬の老いに対する心構えをするきっかけとなることでしょう。

お金を貯める
現実的な話をすると、犬の老後は結構お金がかかります。
ですので、愛犬が小さい頃から愛犬用の貯金をしておくと良いですよ。
愛犬の老後以外にも、病気になったときなどに使えますので、貯めておいて損はないと思います。

まとめ
カゴの中で気持ちよさそうに眠るチワワ

いつかは必ずおとずれる愛犬の老後。
愛犬が老いる姿を想像したくはないと思いますが、前もって心構えをしておくと、愛犬が老いたときスムーズに対応してあげることができるようになりますよ。

また、愛犬の老後にそなえて若い頃から体作りをしておくことで、老いにくい体をつくることができます。
老犬になっても、ずっと愛犬が元気で幸せに暮らせると良いですね。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原に譲渡型猫カフェ誕生 「不幸な猫減らしたい」

IZA



猫の殺処分ゼロを全国に先駆けて達成した東京都千代田区に、一軒の譲渡型保護猫カフェがオープンした。生活の中に猫がいるような空間を作り出し、自然な形で、保護した猫と人とを引き合わせている。定員6匹と小さいながらも、開店からわずか1カ月で3匹の譲渡が実現した。「2020年までに路上から不幸な猫をなくすこと」を目標に、運営する財団法人の努力が続く。(久保まりな)

 猫空間楽しむ目的

 都会の喧噪(けんそう)から少し離れた千代田区外神田4丁目。JR秋葉原駅から徒歩10分ほどの好立地に10月22日、譲渡型の猫カフェ「ちよだニャンとなるcafe(カフェ)」がオープンした。常時、5〜6匹の猫が暮らしている。

 建物は昭和27年に建てられ、20数年前に廃業した元旅館「東(あずま)館」を使用。古民家の雰囲気を残しつつ、猫が過ごしやすいよう高所を増やしたりゲージを作ったりし、約1千万円かけて改装した。

 通常の猫カフェと異なり、猫との触れ合いではなく、猫のいる空間を楽しむのが目的だ。

 そんな同カフェには、それぞれ“ワケ”あって保護された猫たちが集う。

 神田川に落ちておぼれかけ、警察に救助された猫や、ビルの地下で見つかった猫、腸閉塞(ちょうへいそく)を患って小柄な猫−。同カフェで徐々に人に慣れさせ、希望先と条件が合致すれば、譲渡される。

 同カフェを運営する一般財団法人「ちよだニャンとなる会」は「それぞれ保護されるまでのエピソードも含めて猫に愛情を注いでもらい、譲渡されてほしい」という。

千代田は殺処分ゼロ

 千代田区は平成23年に全国に先駆け、猫の殺処分ゼロを実現した。12年に「飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成事業」を開始してから野良猫の数が減少し、現在まで7年連続で殺処分ゼロを継続中だ。

 同会でも、保護した猫に手術を施し、譲渡会などを通じて新たな飼い主を探したり、譲渡先が見つからない場合は、元いた場所に戻したりしていた。

 しかし、交通量が多い都心では、交通事故に遭う猫が後を絶たないのだという。

 同会の香取章子代表理事は「元の場所に戻しても、道路でひかれてしまったら意味がない」と指摘する。

 一般的な猫の譲渡会では、猫がゲージに入れられたままのため、十分に猫の性格がわからず譲渡が思うように進まない事情がある。そのため、猫の自然体を味わってもらった上で譲渡先に引き渡したいと考えたという。

 同カフェ開店から約1カ月。3匹の猫の譲渡が決まるなど出だしは好調で、仕事帰りに癒やされに来店する常連客もいるという。

 今後も同カフェでの取り組みを地道に続ける方針で、「観光客がたくさん来る東京五輪・パラリンピック開催の2020年までに、交通事故に遭うなど不幸な猫を路上からなくしたい」と香取さん。

 殺処分ゼロだけではなく、幸せな猫を増やすため、同会の努力は続く。

 ■ちよだニャンとなるcafe 千代田区外神田4の8の12。料金は、ペットボトルの1ドリンク付きで平日30分1500円、60分2000円。入館の際に手足を消毒し、靴下を履き替えてもらう。営業時間は平日は午後2時〜午後8時、土日祝日は午前11時〜午後8時。最終入館は30分前で、月・火曜が定休日。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットによる恩恵はリスクより大きい

あなたの健康百科




ペットの存在は総合的に健康を改善するといわれているが、アレルギーに苦しむ小児にとっては問題となることがある。ペットの毛やふけは多くのアレルギー症状を引き起こす可能性がある。しかし、米国の医療機関メイヨー・クリニックの小児アレルギー専門医Anupama Ravi氏は「ペットアレルギーは治療が容易で、ペットによる恩恵の方が大きい。アレルギーを理由に、家族がペットを飼うのを妨げるべきではない」と述べている。

ペットを手放すことは勧めない
 米国家庭の4分の3では、少なくとも1匹のペットを飼っており、ほとんどは犬か猫だという。しかしペットは、アレルギーを有する小児の生活をつらいものにする場合がある。Ravi氏は「ペットアレルギーは遺伝的素因によるところがあり、小児が重症湿疹などの場合にはペットアレルギーを発症するリスクがやや高まるかもしれない」と述べている。

 同氏は「ペットアレルギーの症状の多くは市販の抗ヒスタミン薬で、重度の場合でも処方による抗ヒスタミン薬で治療が可能。ただし、極端な症状が出る場合、小児にはアドレナリン注射を用意しておく必要がある。アレルゲンを少しずつ摂取していくアレルゲン免疫療法もある」としている。もし猫を飼っており猫アレルギーが気になる場合には、HEPAフィルター(高性能のエアフィルター)を搭載したエアコンや空気清浄機の使用も有効だという。

 同氏は、患者にペットを飼うのをやめるよう助言することはない。同氏は「アレルギーが引き起こす可能性のある問題よりも、ペットが小児に与える身体的、精神的な恩恵の方がはるかに大きい。ペットは家族の一員である。そのため、私はペットを手放すように勧めることは決してない」と述べている。

(あなたの健康百科編集部)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:23 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする