動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年12月11日

保護ネコの収容「限界超え」 熊本市動物愛護センター、16日に緊急譲渡会も

熊本日日新聞



犬猫の「殺処分ゼロ」を目指している熊本市動物愛護センター(東区小山)で、猫の保護数が収容能力の限界を超えている。「このままでは殺処分しなくてはいけなくなる」と、同センターは16日に引き取り先を探す緊急譲渡会を開く。

 同センターの猫の収容定数は32匹だが、10日現在、2・5倍の80匹(成猫58、子猫22)を保護。本来は感染症やけがの治療で隔離するための部屋も使っている。

 動物愛護管理法の改正で、飼い主にはペットを最期まで飼育する責務があると規定されたが、同センターは本年度、やむなく5件・54匹を保護した。そのうち3件は10匹以上を飼育していたケースで、26匹を飼っていた人もいたという。

 同センターによると2009年度から9年間、大けがや感染症などで安楽死させた例を除き、収容限界を理由にした殺処分はゼロだったが「このままでは年内にも殺処分を検討しなくてはならない」としている。譲渡会で、成猫20匹程度の飼い主を探したい考え。

 同センターの猫を中心に引き取り、飼い主を探す活動をしている同市の動物愛護団体「チームにゃわん」の梅崎恵美子代表(49)は「かわいそうと思って野良猫に餌づけしているうちに、増え続けて多頭飼育になる人もいる」と指摘。雌猫は1年に最大約20匹出産するとして、飼い主への避妊・去勢を徹底するよう訴えている。(木村恭士)


This kiji is produced by 熊本日日新聞

posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫のシャンプー本来必要なし やるならぬるま湯、顔はNG

livedoor



いつも見かける野良猫が、雨の日になると姿を消す──そんな経験はありませんか? それもそのはず。実は、猫は濡れるのが大嫌い。それには本能的な理由があるようで…。猫が水嫌いの理由とシャンプーのやり方について紹介します。

 猫の睡眠時間は、1日約12〜16時間。普段から半日以上を寝て過ごしている猫だが、特に雨の日は、いつも以上に長時間寝ている場合が多い。

 その理由として、猫は基本的に被毛(動物の体をおおう毛のこと)や皮膚が水に濡れるのが嫌いなため、雨の日は濡れない場所でおとなしくし体力を温存しているのではと、猫の専門病院Tokyo Cat Specialistsの獣医師・有田早苗さんは話す。

「猫が水を嫌がる理由は、猫の祖先に関係があります。私たちが今、一般的に目にする猫の祖先は、アフリカの砂漠に生息するリビアヤマネコなんです」(有田さん・以下同)

 猫の被毛は、脂分が少なく、一度濡れると乾きにくい。リビアヤマネコが生息する地域は、昼夜の寒暖差が激しく、体が濡れたままの状態で夜を迎えると、水分が蒸発する際の気化熱で体温が奪われ、命が危険にさらされるのだ。

「リビアヤマネコにとって、水に濡れる=命を脅かす行為。その記憶が現代の猫たちにも受け継がれ、本能的に水を避けているのかもしれません」

◆シャンプーするならぬるま湯で。ただし、顔までシャンプーの必要はなし

 では、普段外で生活している野良猫は、どのように雨をしのいでいるのか。

 基本的には、自分のテリトリー内にある家の軒下や駐車場の車の下などに身を潜めていることが多いそうだ。

「大人の猫は雨に濡れると体力が低下することをわかっているのでじっとしています。しかし、幼い猫はそれを知らないため、雨の中に飛び出してしまい、その結果、親猫とはぐれてしまうことも…。実際、雨の日に子猫を保護するケースが多いようです」

 このように、猫は水が嫌いなため、飼い主はシャンプーに苦労することが多い。

 そもそも、猫にシャンプーは必要ない。猫は自分の舌で体をなめて“グルーミング”をし、手入れをするからだ。

「とはいえ、高齢のため自分でグルーミングができなかったり、皮膚病を患っている場合、そして、毛玉ができてしまう長毛種は3〜4か月に1度を目安に、シャンプーをしてあげた方がいいですね」

 シャンプーをする際は、必ず猫用のシャンプーを使い、人肌程度のぬるま湯で洗うこと。その際、大きな洗い桶のようなものを用意し、湯をはって猫を中に入れ、かけ湯のようにして洗うと嫌がりにくいという。

「顔まわりは特に嫌がるため、シャンプーは使用せず、湯で流す程度でOK。そして乾かす際、ドライヤーの風や音を嫌うなら無理はせず、タオルでできる限り水分を拭き取ってから暖かい部屋で自然乾燥させましょう」

 人間も雨の日は気分が憂鬱になるが、それはどうやら猫も同じよう。天候がよくない日は、愛猫と家でゴロゴロ過ごすのもいいかもしれない。

※女性セブン2018年12月20日号
posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を心配しすぎてしまう…どうすればいい?

livedoor



大好きすぎてつい心配になる
愛犬が大好きすぎて、つい心配しすぎになり過保護になってしまう飼い主は多いと思います。特に室内で犬を飼っている人は、一緒にいる時間がより長くなるので心配しやすくなるのではないでしょうか?私も愛犬がとても可愛いので痛いほど気持ちがわかります。

ですが愛犬のことをずっと心配していると、飼い主、愛犬ともに良いことはありません。心配しすぎることで以下のようなことになってしまいます。

共依存してしまって離れられない犬が精神的に育たない犬がワガママになるストレスを溜めやすくなる犬を留守番させて外出できなくなる
共依存してしまって離れられない
愛犬のことを心配しすぎることで、結果的に飼い主、愛犬ともに強く依存してしまうようになることが多いと感じます。

「私が一緒にいてあげないと、愛犬に寂しい思いをさせる」そう思って、いつも愛犬の側にいると、愛犬も飼い主に依存するようになって、徐々に飼い主がいないとダメな性格になってしまいます。つまりお互いに依存しすぎてしまっている状態になるということですね。

共依存になってしまうと、相手が少しでもいない時間があれば不安になり、心配しすぎて、精神的に不健康になってしまう可能性が高くなってしまいます。

犬が精神的に育たない
愛犬のことを心配しすぎて過保護に育てていると、愛犬はいつまでも精神的に幼いままになってしまいます。

愛犬が心配だからと言って社会経験をさせないことや、我慢や独りでいる時間を経験させないと、愛犬はずっと自立心が育たず、飼い主に頼りっきりな性格になってしまいます。

飼い主のエゴで「愛犬には私だけいれば、それでいいの!」という人がたまにいますが、これは大問題です。

本当に愛犬のことを思うのでしたら、いろいろな人や犬、動物と触れ合う機会を増やしてあげましょう。その時は大きなケガなどにならないよう、ちゃんと見守ってあげてくださいね。

犬がワガママになる
いつも心配していて過保護に育てていると、犬はワガママな性格に育ちやすくなってしまいます。なぜなら飼い主が不自由なく世話をしてくれるからです。

愛犬を過保護に育てていると、飼い主よりも自分の方が立場が上だと思う可能性もありますし、飼い主の言うことを聞かなくなることだってありますよ。

ストレスを溜めやすくなる
過保護に育てることでワガママな性格になった愛犬は、自分のいうことを聞いてもらえないとすぐに怒り、ストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

さらに愛犬が飼い主に依存しすぎていると、飼い主がいなくなったら、すぐに不安を感じ、怯えることや、寂しい気持ちになることでストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

また飼い主が心配しすぎて、愛犬に構いすぎることで、愛犬にストレスを与えることもあります。心配しすぎると愛犬にいろいろな悪影響を与えてしまうといえますね。

犬を留守番させて外出できなくなる
心配しすぎる人に多いのが、「愛犬を留守番させて外出する時、精神的にとても苦痛を感じる。」というものです。

例えば、私の知り合いは愛犬に留守番をさせる時、「家が火事になったらどうしよう!」、「留守番させている時に、体調が悪くなっていたらどうしよう」と考えてしまって、外出中ずっとソワソワしてしまうそうです。

飼い主自身もストレスを感じ、用事が手につかなくなってしまう、何てことにもなる可能性があります。

心配しすぎないようにするための対処法


お互いに自立できるようにする
心配しすぎている飼い主は、過保護になりすぎて、依存しすぎている場合があります。
もちろん愛犬に持病があり、飼い主なしで生活するのが困難な場合は、愛犬の側にいてあげることが大切となります。しかし愛犬が健康で何も問題がないのでしたら、お互いに依存しすぎないようにしましょう。

例えば、飼い主がいなくても大丈夫なように、愛犬と一緒にいない時間をつくるのは、とても効果的なトレーニングとなります。愛犬が独りでお留守番するのに慣れると、飼い主がいなくても寂しさを我慢できるようになりますし、自立心も芽生えてきます。

愛犬が自立していると、飼い主は「私がいなくても、この子は大丈夫」と思って、心配になる気持ちを抑えやすくなるのではないでしょうか。

愛犬を信じる
心配になる部分を取り除いてもまだ心配なようでしたら、もしかすると、あなたが愛犬を信じてあげられていないのかもしれません。

たしかに、とても危険なものがあれば、愛犬を守ってあげなければいけません。
ただ『可愛い子には旅をさせよ』という言葉があるように、時には辛い思いをさせてしまうかもしれませんが、愛犬を信じて自分で行動させることも大切です。

少しずつでいいので、愛犬をたくましく育ててあげることで、あなたも徐々に心配しにくくなるのではないでしょうか。

監視用のカメラを使って様子を見守る
長時間、愛犬にお留守番をさせているのが心配でたまらない!という人は、監視用のカメラを使って、愛犬の様子を見るのも1つの対処法となります。

監視カメラが写した映像を、スマホでいつでも見ることができますので、活用してみてはいかがでしょうか。

お留守番している愛犬の姿を何度か見て、「意外と寂しがらずに、静かにお留守番できている」と確認できれば、心配しすぎな性格も、和らげることができるかもしれませんね。

まとめ


飼い主が心配しすぎることによって、結果として愛犬に様々な影響を与えてしまいます。

いきなり心配性な面を直すことは難しいと思いますが、少しずつ改善していくことはできると思います。心配する部分を改善していって、愛犬と良い距離感を保てると良いですね。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬に犬を留守番させるとき、暖房はつけるべき?

ネタりか



留守中に犬に暖房は必要?
電気ストーブ

暖かい地方であれば、暖房をつける必要はありません。
しかし、一般的に犬が快適だと言われてる20度前後の気温である場所は、日本にはほぼないと思います。
室内であっても、一桁台の気温である場所も少なくありません。
犬だから寒さに強いだろうという思い込みは危険です。
寒さによる低体温症などで体調を崩すことも多く、ちゃんと適度に室内を暖めてあげる必要があります。
人間が暖房なしでは過ごせないほどまでに気温が下がった場合には、留守中も暖房をつけておいた方が良いでしょう。
特にフローリングの場合は、床に近い場所にいる犬は人間以上に寒さを感じています。
犬が過ごすスペースがフローリングの場合は、厚手の毛布を敷いてあげたり、ベッドを用意してあげたりしてください。そして留守中も暖房をつけてあげましょう。

エアコンは◯、ヒーター・ストーブ・こたつは✕
エアコン

エアコン
エアコンは、やけどの心配がないのでおすすめです。
しかし乾燥しやすくなるので加湿器をつけておいたり、濡れたタオルを干しておいたりするなどの工夫が必要です。大体湿度が50%ぐらいが良いでしょう。
また、温風が犬に直接当たらないようにしてください。
そして風が強すぎるとホコリや毛を舞い上げてしまうので、風は静風などに設定しておくと良いでしょう。

ヒーターやストーブ
ヒーターやストーブは、犬が倒す危険性があるので使用しないようにしてください。
家に家族がいる場合であれば、目の届く範囲で使うのはOKです。
現在は犬用のヒーターなどもありますが、人がいない場所で使うのは避けた方が良いでしょう。犬の手の届く範囲に、電化製品はない方が安心です。

こたつ
犬が中に入ったまま出られなくなったり、中で眠ったりしてしまうと熱中症になる危険があります。
人がいる場合でも、犬が中にいたら反対側の布団をあけておく、スイッチは切るなどの対応が必要です。そのため、こたつはおすすめしません。

洋服や毛布を使う
比較的暖かい地方であれば暖房器具を使わずに、洋服や毛布などで犬は大丈夫な場合もあります。
犬用の洋服や厚手の毛布などを用意してあげてください。
洋服をきせた場合、長時間着せるのはやめておきましょう。
また、ブラッシングなどもしてあげてください。

暖房器具を使う場合の注意点
暖房器具の前に座る犬

人がいる場合でも、暖房器具を使用する場合は注意が必要です。

やけど
犬が触れたりするような場所にあるヒーターやストーブは、柵で囲って犬が直接触ったり、近距離に近づけないようにしたりしましょう。
誤って倒してしまうなどすると、やけどをしてしまいます。
電気カーペットや湯たんぽ、カイロなどは、触れ続けると低温やけどを起こすので注意してください。
皮膚の奥からゆっくりと影響が出てくるため、治すのにも時間がかかります。
犬が湯たんぽやカーペットから離れようとしない場合は、少し離れるように工夫してください。

極度な乾燥
エアコンなどの暖房器具を使っていると、室内は乾燥しやすくなり、犬の体内にウイルスが入りやすくなります。それがきっかけで、体調を崩す場合もあります。
乾燥を避けるために、加湿器の使用や濡れたタオルを室内に干すなどすると効果的です。

もしタオルがすぐに乾いてしまうようであれば、室内はかなり乾燥しています。
人間にとってもよくない環境なので、タオルを増やしたり加湿器を設置したりするなどの対策をして、乾燥を防ぎましょう。

熱中症
人間と犬は体温が違うので、人間が暖かいと思っていても、犬にとっては暑くてたまらない場合もあります。
大体犬が快適なのは20度前後だと言われています。人間だと肌寒いぐらいですね。
人間が風邪をひくのも良くないので、犬の様子を見ながら温度を調整しましょう。
暖房器具を使う場合は、犬が避難できる場所を作ってあげてください。
ジェルマットやアルミマットなどをおいたり、暖房がついていない部屋や廊下などに行けたりするように工夫しておくと良いでしょう。

火災
ヒーターの近くに衣類をおいていると、火災の原因になります。
また、地震などの災害の場合にも火災の原因になるため、犬だけが家にいる場合には使わないようにしましょう。
また、電気カーペットなども同じく犬だけのときには使わないようにしてください。
洋服や毛布などで防寒しても寒さを防げない場合は、エアコンを使うようにしましょう。

まとめ
布団から顔を出すパグ

人間が暖房なしではいられないほど寒い場合や、犬が過ごすスペースがフローリングの場合は、でかける際に暖房をつけた方が良いでしょう。
犬でも寒さを感じます。寒すぎると体調を崩すこともあります。

しかしヒーターやストーブは、やけどや火災の原因になる可能性があるため、暖房として使うならエアコンがおすすめです。
乾燥しすぎないように加湿器を使ったり、濡れたタオルを干したりすると良いでしょう。

人がいる場合はヒーターやストーブを使うのも良いのですが、十分に気をつけてください。
やけどや熱中症、極度な乾燥や火災などには注意しましょう。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田犬の命をつなぐ拠点「秋田犬 華の里ステーション」が完成!


Yahoo! JAPAN


秋田犬の命をつなぐ拠点「秋田犬 華の里ステーション」が12月11日(火)、秋田市雄和に完成します。

この施設は、秋田犬の飼育頭数の拡大や殺処分ゼロを目的として平成30年に設立し活動をしている一般社団法人ONE FOR AKITAが、保護した秋田犬のトレーニングや里親のマッチングを行おうと整備することになりました。

人への警戒心が強く、健康面でも弱っている飼育放棄された秋田犬たちを心と身体のケアや人と一緒に生活できるように、ドッグトレーナーが自然豊かな環境下でマンツーマンでトレーニングを行います。

建設費の一部は、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングサイトから109名の方が支援しました。

秋田県動物管理センターによりますと、これまで保護や引き取りをした秋田犬は、2015年度で8頭、2016年度で24頭、2017年度で3頭。過去3年間の秋田犬の殺処分は、29頭となっています。

「秋田犬 華の里ステーション」でのトレーニングは、秋田犬の体調や天候などを考慮した上で週に1、2回行うとのことです。

CNA秋田ケーブルテレビ
posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする