動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年12月23日

犬の生活の質を重視する「アニマルレフュージ関西」とは

Yahoo! JAPAN


QOLを考えた動物福祉施設「篠山(ささやま)アーク」完成を目指しながら、動物の保護活動を続ける「アニマルレフュージ関西」の取り組みを紹介します。

出典/『いぬのきもち』2018年4月号
取材・撮影・文/尾アたまき

※保護犬の情報は2018年2月7日現在の情報です

前へ 1 / 2 次へ
犬の生活の質を重視する「アニマルレフュージ関西」とは
能勢の山奥にあるアークは、自然豊かな場所。現在140頭近くの犬が保護されている |撮影/尾アたまき
「犬の生活の質=QOL」 を大切に考え、命と向き合う アークのこだわり
イギリスから来日したエリザベス・オリバーさんにより、動物救援組織として設立された「アニマルレフュージ関西」(頭文字をとってARK、以後アーク)。1990年、小川が流れる自然豊かな大阪の山奥「能勢(のせ)」にある一軒家から始まりました。その後、犬舎と事務所を建設。それがアーク最初のシェルターです。

手作りの犬舎が少しずつ増設され、今では迷路のようにたくさん建ち並んでいます。これらの多くの建設に携わったのが、12年前からアークで働いている奥田昌寿さん。当時、アークを取り上げたドキュメンタリー番組を見たことがきっかけで、アークの門をたたきました。

「アークは動物を保護して新しい飼い主さんを探すことが目的ですが、加えて重要視しているのが『犬の生活の質(QOL=クオリティ・オブ・ライフ)』です。犬舎では基本的にはつながない、毎日の散歩を充実させる、人とのふれあいを増やすなど、ボランティアさんの力を借りながら、犬の幸せを考えて行っています」と奥田さんは話します。

前へ 1 / 4 次へ
犬の生活の質を重視する「アニマルレフュージ関西」とは
アークの設立者エリザベス・オリバーさん。揺るぎのない信念のもと、日々動物の幸せを考える | 撮影/尾アたまき
海外からもボランティアやインターンを受け入れる
アークを訪れる人は日本のみならず、海外からの見学やボランティア、さらには動物関係の学校から、インターンシップとして2〜3カ月の長期滞在で来日する学生も増えています。代表のオリバーさんは、日本人の動物への向き合い方についてこう話します。

「海外だと虐待になることが、日本では普通と考えられることがあります。たとえば散歩も行かず、外でつなぎっぱなしにすることはある意味虐待です。また、病気や老衰で何日も苦しみ、もう助ける手立てがない場合は、安楽死という選択もありではないでしょうか。痛みから解放して天国へ旅立たせることもひとつの方法ではないかと私は思います。また最近は、行政が『殺処分ゼロ』を目指し、飼い主さんからの引き取りを断るケースも増えたので、アークへの相談がかなり増えました。飼い主さんの事情(病気、倒産、死亡など)もあるため、飼い主さんやその家族としっかり相談して、その犬の今後をいっしょに考えます」とオリバーさんは話します。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 00:18 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガス室で柴犬処分…納得できる? 同級生が制作した絵本で道徳授業


Yahoo! JAPAN



飼い主の飼育放棄による犬の殺処分をテーマに福井県鯖江市の中学2年生の吉崎莉菜さん(14)が制作した絵本「赤い首輪」を題材にした道徳の学年授業が12月20日、同市内の中学校で行われた。約310人が同級生の描いた「一匹の犬の悲しい一生」を通じ、命の大切さを考えた。

 「赤い首輪」は、犬や猫の殺処分に疑問を感じたり、報道などで劣悪な飼育環境の「子犬工場」の存在を知ったりした吉崎さんが1年以上かけてストーリーを考え描いた。ペットショップで購入された柴犬「サクラ」の視点で、家族として迎えられる日から殺処分されるまでを描いている。最初は飼い主にかわいがってもらっていたが、「仕事が忙しくて世話が出来ない」と保健所に連れて行かれ、ガス室で処分される。

 授業では同校教諭が絵本を朗読した。保健所にサクラを引き取らせるシーンで、「処分されることになりますがいいんですか」という職員の問いかけに飼い主が「いいです」「本当にいいです」と応じる様子を感情を押し殺したり、声を振り絞ったりして読み上げた。

 朗読後、生徒たちは「飼い主に事情があったら(殺処分に)納得できるか」など、サクラの立場になって考えた。「日頃、命について考え、大切にしているか」との別の教諭の質問には、「人間以外の動物の命のことを考えたことはない」「自分の育てたい植物を優先し、雑草を取っている」といった意見が出ていた。

 授業終盤に坂井市在住のシンガー・ソングライター、ヒナタカコさんの「ひとつの星で」が流された。「生きとし生けるもののすべてに意味は宿る」「与えられた命でみんな生かされている」などと訴える歌に聞き入った。

 授業を終えた生徒からは「なくなった命や『モノ』として人間に扱われている命について、何ができるか考えたい」「飼っている犬を責任を持って育てる。命の大切さを考えながら動物に接していく」の声が上がっていた。

 吉崎さんは「自分と同じ気持ちや考えの人が増えてくれたらうれしい」と話している。

福井新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 00:17 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九大ねこ部って? まじめに人間と動物の共生探る 年1回のシンポも

Yahoo! JAPAN



九州大に「九州大学ねこ部」なるサークルがある。猫好き学生たちのゆるい集まりかと思いきや、野良猫対策から動物愛護や外来種問題に至るまで幅広く議論し、シンポジウムも開催。自分たちの活動を発信するためフリーペーパーを発行するなど、猫と動物を巡る問題に真剣に向き合う、いたってまじめなサークルだ。

【「残念すぎるネコ」を写真特集で見る】

 11月の夕方、週1回のミーティング場所となる福岡市西区の九大図書館の学習室を訪れると、部員10人がホワイトボードを前に意見を交わしていた。平昌五輪のフィギュアスケート金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に贈られたことで話題になった秋田犬に触れ合える秋田県の施設が人気を呼ぶ一方、肝心の犬が体調不良になるケースが出ているというニュースが議論の発端だった。

 「おりの中だと犬もストレスがたまるよね」という声をきっかけに、動物園や人気の「猫カフェ」など、動物と触れ合える施設全般のあり方へと議論が発展する。「動物たちの出番を時間によるシフト制にすればいい」など、さまざまな意見が飛び出した。

 ねこ部は「猫を通して人と自然、動物との関係性や在り方について考える」をモットーに2014年5月に発足した。部員は現在約30人。新歓イベントで猫カフェや、猫の島として知られる相島(福岡県新宮町)を訪問する他は、猫をかわいがる場面はほとんどない。薬学部2年の伊藤孝輔さん(20)は「猫を飼って戯れているのかと思ったら、まじめなサークルでびっくりした」と苦笑する。

 部員たちは入部後、人が猫と暮らすようになった起源や猫の生態、正しい飼い方など、猫を巡る「基礎知識」を文献などから学ぶ。その後は、各自興味がある動物の問題について研究するが、テーマは野良猫対策の地域猫活動やノネコの生態系への影響、動物愛護先進国のドイツと日本の政策比較など幅広い。

 研究成果を発信するため、毎年10月には福岡県獣医師会などが開催する猫と人間との共生について考えるイベントに参加し、昨年からはねこ部としてもシンポジウムを年1回主催する。11月に福岡市で開いた2回目のシンポジウムでは、部員たちが▽外来種問題と生物多様性▽日本の動物政策▽実験動物の倫理――などの研究テーマを発表した。

 昨年からはフリーペーパー「ねこ部だより」を半年ごとに発行し、学内やシンポジウム会場などで配布。活動内容のほか、獣医師や愛護団体で活動する人のインタビューなども掲載しており、文学部2年の須佐菜月さん(19)は「人間と動物が共生するにはどうすればいいか考えてもらえるきっかけになればうれしい」と話す。【末永麻裕】
posted by しっぽ@にゅうす at 00:15 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットフードの栄養基準などの決まり〜品質と安全を守る法律・規約


Yahoo! JAPAN



現在、さまざまなメーカーからペットフードが製造・販売されており、ダイエット用といった機能性を高めたものもたくさんあります。それらの品質はどのように守られているのでしょうか。犬や猫の健康のために見逃せない、フードに関する決まりについてまとめました。

ペットフードの栄養基準などの決まり〜品質と安全を守る法律・規約
ペットフード安全法って、どんな法律?
ペットフード安全法って、どんな法律?
正式名を「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」といいます。外国でペットフードの原料に有害物質が混入し、犬や猫に健康被害が出たことから、国内で流通するペットフードの安全を守るために2009年につくられた法律です。国(環境省および農林水産省)は安全なペットフードのために、守るべき基準・規格などを定め、事業者はそれを守って製造・輸入・販売することが定められました。ペットの健康被害を防止する必要が認められたときは、国は対象となるフードの廃棄・回収等の命令を行うことができます。

この法律の対象となるのは、犬と猫のペットフードで、薬機法で規制される医薬品や、またたび、猫草、店内で飲食されるフードなどは対象外です。

この法律によって、ドッグフード、キャットフードには、
 @名称(犬用・猫用の別も、わかるようにする)
 A賞味期限
 B原材料名
 C原産国名
 D事業者名および住所の記載
が義務化されています。

ペットフードの栄養基準などの決まり〜品質と安全を守る法律・規約
ペットフードの表示に関する公正競争規約
ペットフードの表示に関する公正競争規約
ペットフードの業界団体である「ペットフード公正取引協議会」によって制定され、公正取引委員会が承認する規約です。ペットフード安全法で定められた5項目の他、ペットフードの目的、内容量、給与方法、成分を記載することとしています。

自主基準ですが、国内で販売するペットフードの90%以上がこの団体に所属する事業者から販売されているもので、非会員社も含めて、市場のほどんどのペットフードはこの規約にそって表示が行われています。

ペットフードの栄養基準などの決まり〜品質と安全を守る法律・規約
その他の気になる表示の意味は?
その他の気になる表示の意味は?
ペットフードの中には、「『AAFCO』(米国飼料検査官協会)の基準をクリア」といった表記がされていることがあります。AAFCOはアメリカの団体で、ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定しています。

日本の「ペットフードの表示に関する公正競争規約」も、総合栄養食についてAAFCOの栄養基準を採用しています。あくまで基準を定めている機関で、基準クリアを認定したり承認したりしている団体ではありません。

引用元:ねこのきもち『愛猫の栄養学事典』

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 00:14 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た

Yahoo! JAPAN



札幌市の円山動物園に11月、はるばるミャンマーからゾウがやって来ました。円山動物園でゾウが見られるようになるのは実に11年ぶりです。

 約5000キロを移動してきたゾウたちのお披露目は来年2月下旬、今は新しい環境でトレーニングに励んでいます。

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
ゾウを乗せた特別チャーター機=新千歳空港、2018年11月30日
5000キロ離れたミャンマーから到着
 「ゾウたちを乗せた専用チャーター機が、6時間半の空の旅を終え、新千歳空港に降り立ちました! 」

 11月30日、札幌市から約5000キロ離れた南国・ミャンマーから、ゾウたちは、貨物専用の特別なチャーター機で、この北国・札幌市にまでやってきました。

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
やって来たのはアジアゾウ4頭。(円山動物園提供)
 やって来たのはアジアゾウ4頭で、1頭はオスの10歳、メスの2頭は親子。

 円山動物園でゾウが見られるのは、2007年に老衰で死んだ「花子」以来11年ぶりのことです。

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
コンテナで1頭ずつ運搬。
気温差は33℃ 南国育ちのゾウへの工夫が!
 ゾウを乗せた大きなコンテナをフォークリフトが運ばれると、見えてきました! 網目からかすかにゾウの姿が。1頭ずつ飛行機から室内に運ばれます。

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
ミャンマーとの気温差33℃。南国育ちのゾウに様々な工夫が。
 この日の新千歳空港の気温は0.8℃。ミャンマーとの温度差は33℃です。部屋にはストーブを8台設置するなど、南国育ちのゾウたちへの心遣いがありました。

 検疫を終えたゾウたちは、コンテナごとトラックに乗せられました。寒くないようにブルーシートがかけられます。

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
円山動物園アドバイザー、小菅正夫さんは運搬をそばで見守った。
 運搬を近くで見守っていた、円山動物園アドバイザーの小菅正夫さんは、ここでの工夫を教えてくれました。

 「毛布もあの下に仕込まれているんですよ。シートかけて、その上にオーバーシート。ちゃんと温度計をセットして、遠隔で何度かわかる。ずっと6度以上をキープしていた」

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
トラックで円山動物園まで移動。
 新千歳空港を出発したトラックは、高速道路へ。そんなに速く走行しても大丈夫かと心配になりますが、ちゃんとワケがありました。

 小菅正夫さん:「一定のスピードで走るのが良い。人間は止まるのが分かるけど、ゾウは分からないので。ブレーキで前のめりになったり、発進でのけ反ったりするんですよ」

 一般道では、信号変わりそうになったらゆっくりブレークを踏み、そしてゆっくり発進します。

 安定した運転で、ゾウたちは丸25時間、1日以上かけて、ついに円山動物園に到着しました。

公開前でも ゾウに会える!?
 ゾウが動物園に来てから3日後。真新しいゾウ舎の砂地をノッシノッシと歩く姿がありました。

 ゾウの一般公開は来年2月下旬予定ですが、一足早く外に出て、サプライズでお客さんの前に現れたのです。

 札幌市はこの日、最高気温12.7℃と季節外れの暖かさ。天候条件に恵まれたため、約30分間だけ屋内施設から出ました。

 円山動物園 加藤修園長:「ゾウ舎は特に囲ったりしていないので、場合によっては冬の間も、掃除の時に外に出て来てもらう可能性がある。運が良ければ見られる可能性があるので、足しげく足を運んでいただけたらと思います」

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
トレーニングに励むゾウ=2018年12月18日
公開に向けトレーニング中
 公開前のゾウたち、今はどう過ごしているのかというと…トレーニングに励んでいました。足や鼻などを柵越しに差し出す訓練です。

 これはヒトが檻に入らずに採血や足の爪の管理などをできるようにするためのもので、アメリカから専門家を招いています。

 アジアでは直接ゾウと触れ合う飼育法が主流ですが、ゾウに飼育員が踏み潰される事故が後を絶たちません。このため、ゾウにトレーニングを積んでもらうことで、安心して触ったり爪を切ったりできるようになり、日々の体調管理にも役立つというわけです。

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
円山動物園 ゾウ専門員の小林真也さん。
 円山動物園ゾウ専門員 小林真也さん:「事故が一番怖い。絶対に事故を起こさないよう、ゾウにもストレスなく暮らしてもらい、ゆくゆくは繁殖して札幌の子どもに見てもらいたい」「きょう初めて木の上に足を上げてくれた。ご褒美でバナナを2本あげました」

ようこそ札幌へ! ゾウが11年ぶり円山動物園にやって来た お披露目前に ただ今トレーニング中
子どものゾウは楽しそうに水遊び=2018年12月19日
 子どものゾウは新しいゾウ舎のプールで泳ぐなど、すっかり新しい環境に慣れた様子。

 円山動物園は公開に先立ち、ゾウの愛称を募集しています。来年1月3日までホームページなどで受け付けています。札幌の子どもたちがゾウに会えるのは、もうすぐです。

uhb北海道文化放送
posted by しっぽ@にゅうす at 00:05 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする