動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年02月02日

米大寒波で多くの飼い犬が凍死、飼い主に欠ける防寒の知識

Yahoo! JAPAN



人間も未体験の寒さの犠牲になる犬たち
アメリカ北西部全域を大寒波が襲うなか、氷点下を大幅に下回る屋外に取り残されて凍死する犬が全米で急増し、動物愛護団体や警察から多くの悲惨なネグレクト(飼育放棄)事例が伝えられている。

大寒波到来の米中西部、警察が犯罪を「禁止」に

氷点下の寒さはペットにも危険、と警察当局や動物愛護団体が広く警告したにもかかわらず、そんなことは意に介さない米中西部の一部の飼い主が犬を外に放置したという。

インディアナ州、アイオワ州、オハイオ州の動物愛護団体の報告によれば、今週は寒波の中で震える犬に関する通報が多く「1年で最も忙しい週」になった。愛護団体の職員たちは周辺地域の住宅を1軒ずつ周り、屋外で鎖につながれたまま凍傷になったり、無人の車内に置き去りにされたりした犬を保護した。凍った水のボウルの隣で死んでいた犬もいた。

米中西部で活動する動物愛護団体の責任者たちは本誌に対し、各自治体は、犬の虐待を減らし、手遅れになる前に警察当局が介入できるよう協力してくれていると語った。

動物保護団体「インディアナポリス・アニマル・ケア・サービス」の1月30日のフェイスブック投稿によれば、過去1週間の通報件数は100件を超えた。「最後に受けた通報は最も耐え難いもので、きっと一生忘れられないだろう。飼い主の男は犬を屋外に放置し、犬は冷たい犬小屋の外で凍えながら夜を明かした。身体を温めるのはタオル一枚だけ。むごい話だが、それだけではない。男は犬をつまみ上げ、ゴミ捨て場にに投げ捨てた」

ネグレクトの悲劇
インディアナ州の慈善団体「フレンズ・オブ・インディアナポリス・フレンズ・アウトサイド」(FIDO)の創設者ダーシー・クルツは1月31日、近隣住民からの通報で向かった無人の車庫で、飢えてやせ細り、脱水症状を起こして凍死した犬を見つけた。ほかにも迷子の犬を12匹保護し、動物虐待の疑いがある事例が120件あったという。


「ぼくも凍えます」 ──氷点下7度(華氏20度)を下回ったら犬を屋内に入れましょう、と訴える愛護団体のキャンペーン

アイオワ州では、同州中部のポーク郡でクロエとソフィーというの犬2匹がプラスチックのクレートの外で、水も食べ物もシェルターもなく鎖につながれていた。アイオワ州では最低気温が氷点下20度になる日もあった。地元紙デモイン・レジスターによると、飼い主のレベッカ・ウッズ(22)は1月25日、動物虐待に関する2つの罪で起訴された。

各地には犬小屋や防寒用の藁を無料で提供したり、ペットを飼うホームレスを対象に寒さをしのげる場所を開放する慈善団体もあるが、供給が追いついていない。

1月27日には、イリノイ州シカゴの警察官が、凍結したミシガン湖から男性を引き上げる感動の救出劇もあった。散歩中に氷に足を滑らせて湖に落ちた愛犬を救うため、男性は氷点下の湖に飛び込んだという。男性は愛犬とともに救い出され、その後無事に回復した。

大多数の飼い主はペットを大事にしているが、防寒対策に関する知識がない飼い主は多い、とクルツは言う。ヒートランプや防水シートがあれば氷点下になってもペットは無事、と信じて疑わない飼い主もいるという。

(翻訳:河原里香)

ベンジャミン・フィアナウ
posted by しっぽ@にゅうす at 09:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫との暮らしの「理想」と「現実」 こんなはずでは…なエピソード3選

Yahoo! JAPAN


「猫との生活って、きっとこんな感じかな〜♫」
猫を飼う前に理想の「猫ライフ」について、あれやこれやといろいろ妄想。しかし、実際に猫を飼ってみて、「理想」と「現実」の違いに戸惑っている飼い主さんがいるようです。そんな3人の飼い主さんのエピソードを見てみましょう。

前へ 1 / 3 次へ
猫との暮らしの「理想」と「現実」 こんなはずでは…なエピソード3選
猫との暮らし 理想と現実
@もう少しわかってくれると思っていたのに、実際は……
「『猫はマイペース』とはいえ、もう少しわかってくれると期待していたけど……」

こう話すのは、猫のつむぎくんの飼い主さん(Oさん)。つむぎくんは、名前を呼べばやってくるので、「注意」も覚えてくれると思っていたようですが……「ダメだよ!」と言っても知らん顔!おかげで、ソファや6年前に建てた新築の家の壁などが、ボロボロになってしまったのだそうです。「わが家の価値を愛猫が下げています(泣)」と、理想とかけ離れた現実に、頭を抱えてしまっている様子。

猫との暮らしの「理想」と「現実」 こんなはずでは…なエピソード3選
爪とぎをするキジトラ
【解説】「ダメ」と言うだけでは効果がない
帝京科学大学助教の小野寺温先生によると、「爪とぎ器の素材や設置場所を替えると、家具で爪をとがなくなる場合もある」とのこと。また、「飼い主さんにかまってほしくてやっている可能性もある」みたい。爪とぎ中は無視して、爪とぎをしなかったときにおやつをあげるようにすると、やめるかもしれないとのことですよ。

猫との暮らしの「理想」と「現実」 こんなはずでは…なエピソード3選
猫との暮らし 理想と現実
A健気に帰宅を待っていてくれると思ったら……
続いては、猫のロッティくんの飼い主さん(Bさん)から寄せられたエピソード。
飼い主さんの帰宅を、健気に待っていてくれると思って期待していたら…「どこ行ってたんだニャ!!!」と、怒って大騒ぎしちゃうみたい!(笑)
ほかの家族のことは気にしないのに、飼い主さんが半日以上留守にすると、ロッティくんは帰宅後に暴れたり鳴いたりして、手がつけられず……。あの手この手でなだめるのが大変で、ロッティくんを置いて出かけにくいのだそう。

猫との暮らしの「理想」と「現実」 こんなはずでは…なエピソード3選
甘えるマンチカン
【解説】飼い主さんが大好きで待ち遠しいのかも!
小野寺先生によると、「猫が鳴くことで怒りを示すことはないので、帰りが待ち遠しかったのではないか」とのこと。ただ、おやつなどを期待して鳴いている可能性もあるようなので、場合によっては無視することも大切なのだとか。

猫との暮らしの「理想」と「現実」 こんなはずでは…なエピソード3選
猫との暮らし 理想と現実
B「同じ布団で寝れる♪」と楽しみにしていたのに……
最後に紹介するのは、猫のハナちゃんとツキちゃんの飼い主さん(Y・Aさん)から寄せられたエピソード。
寒い冬などに、「ニャンコたちと同じ布団で寝れる♪」と楽しみにしていたようなのですが…2匹とも、長男としか寝てくれない!!(泣)
2人のお子さんがいる4人家族の飼い主さん。なのに、2匹とも長男としか寝てくれないようです…(笑)
飼い主さんいわく、「長男は物静かで、猫とよく遊んでいるから特別にモテているのかな?」と疑問なんだそう。


【解説】「心地よく眠りやすい」のかも!
小野寺先生によると、「猫は心地いい場所を優先して寝ます」とのこと。ほかの人を避けているのではなく、息子さんの接し方やたたずまいなどが猫には好ましく、安心して寝られているのかもしれません。また、「体温の高い人に寄り添いたい」という気持ちもあるかもしれないそう。

猫を飼ってみてはじめてわかることって、たくさんあるようでした! みなさんも、同じような経験はないでしょうか? 

参考/「ねこのきもち」2018年6月号『"想定外"が続出…!猫との暮らし 理想と現実』(監修:帝京科学大学助教、動物看護師 小野寺 温先生)
イラスト/日暮ろこ子※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

ねこのきもちWeb編集室

posted by しっぽ@にゅうす at 09:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨てられた傷病犬やシニア犬を救う「アニマルプロテクション」

Yahoo! JAPAN


神奈川県動物保護センターを中心に、傷病犬やシニア犬たちを優先的に救い続ける「アニマルプロテクション」の活動を紹介します。


※保護犬、飼い主さん、お話を伺った方々の情報は2017年3月10日現在の情報です

前へ 1 / 3 次へ
捨てられた傷病犬やシニア犬を救う「アニマルプロテクション」
捨てられた傷病犬やシニア犬を救う
動物たちにつらい思いをさせたくないという一心で活動を続ける
平成26年度より3年連続で犬の殺処分ゼロを達成。現在も継続中なのが神奈川県動物保護センターです。多くの命を救うため、同センターには多くのボランティア団体が協力していますが、なかでもたくさんの犬を引き出して(センターに収容された動物を、救出・治療・譲渡などを目的として一時的に預かること)いる団体が「アニマルプロテクション」です。

アニマルプロテクションがセンターの中から優先的に救い出すのは、問題行動等で手がかかったり、治療費がかさむなど、飼い主を見つけにくいと思われがちな傷病犬やシニア犬です。命の火が消えようとしている犬も、家で見送りたいからと、代表は躊躇(ちゅうちょ)せず自宅へ連れて帰ります。すると犬たちは驚くほどの生命力を見せ、みるみるうちに元気になることも多いそう。

「そんな犬たちが引き取られ、新しい飼い主さんのところで元気に暮らしていることを聞くと、どんな状態でもあきらめてはいけないとつくづく感じます」

と話す代表の原さんは、この日も病気を抱えた3頭の小型犬をセンターから引き出し、病院へと連れていきました。

センターにはほかにも多くの犬が収容されているため、引き出す順番を考えるのは大変なことです。とくに寒い時期、暖房もままならない施設で数日の差が命取りとならないよう、代表とボランティアスタッフの平本さんは、センターの職員さんと密に連絡を取り合いながら、定期的に足を運んでいます。

しかしどんなにがんばって引き出しても、センターの収容頭数は常にギリギリの状態なのが現状です。いつかまた殺処分を行わないといけない状況になるかわかりません。「動物たちにつらい思いをさせたくないという一心で活動を続けてきました」と代表。現場を多く見てきた彼女は、忙しいながらも最近はセミナーの依頼なども引き受けています。現状を伝えて、悲しい思いをする動物たちが一頭でも減るように、言葉でも思いを伝えるようにしているのです。


センターには捨てられたり迷子になったりした犬がたくさん収容されている (撮影/尾アたまき)




アニマルプロテクション代表の原さん。傷病犬やシニア犬を含め、目の前の命と真剣に向き合い、救出、治療、譲渡を行う (撮影/尾アたまき)


出典/『いぬのきもち』2017年4月号
取材・撮影・文/尾アたまき

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:27 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶対NGじゃないけど、要注意! 犬に与えない方がよい食べ物・飲み物

Yahoo! JAPAN



人がよく口にする食べ物・飲み物の中には、犬に与えてはいけないわけではないけど、与えない方がよいものが存在します。
今回は、犬に与えないほうがよい食べ物・飲み物について解説します。

絶対NGじゃないけど、要注意! 犬に与えない方がよい食べ物・飲み物
待てをする犬
犬に与えないほうがいい食べ物〜野菜・果物編〜
ほうれん草
カルシウムの吸収を阻害するシュウ酸を含んでいますが、抗酸化作用が期待できるβカロテンや鉄分などの栄養素もあるので、必ずしも与えてはいけない野菜ではありません。もしも与える場合はゆでて水洗いをしてください。

オレンジ・みかん
食べ過ぎると下痢や軟便の原因になるため、どうしても与える場合は生で15gくらいを目安に。また、皮には中毒物質が含まれるため、与えないでください。

マンゴー
細胞の老化予防が期待できるマンゴーですが、大量に食べたりアレルギーがあったりすると全身がかゆくなることも。与えるなら、生の状態で15g程度にしましょう。ちなみに、食物繊維が多すぎるドライマンゴーは絶対NGです。意外と犬が食べても大丈夫なのが「ズッキーニ」。ビタミンが豊富でカリウムも含むので利尿作用や血圧を下げる効果が期待できます。

絶対NGじゃないけど、要注意! 犬に与えない方がよい食べ物・飲み物
吠えるチワワ
犬に与えないほうがいい食べ物〜海藻編〜
ひじき
ひじきには豊富なカルシウムが含まれますが、犬はうまく吸収できません。与える場合は小さじ1までにし、味のついていない加熱処理したものにしてください。ひじきと違い、海藻で絶対に与えてはいけないのがわかめです。食物繊維が豊富すぎるため、消化しきれずにそのまま便として排出される可能性も。

絶対NGじゃないけど、要注意! 犬に与えない方がよい食べ物・飲み物
振り返る犬
犬に与えないほうがいい〜乳製品・大豆製品編〜
チーズ
塩水につかっているモッツァレラチーズやスライスチーズ、プロセスチーズ、ブルーチーズなどは塩分が多いので与えるのはNG。しかし、塩分の少ないチーズなら与えても問題はありません。カッテージチーズは小さじ1、クリームチーズは小さじ1/2を目安にしてください。モッツァレラチーズも塩水につかっていなければ小さじ1までならOK。

おから
おからは食物繊維が多すぎるので、下痢や軟便になるおそれが。与える場合は、味付けをしていないものを選び、10g程度にとどめておきましょう。ほかにも、豆腐は与えても問題ない食材ですが、意外と脂肪分が多い食材。そのため、与えすぎはカロリーオーバーになるので小さじ2までを目安に与えましょう。

犬に与えないほうがいい〜主食編〜
そば
犬にとってはあまり消化のよくない食べ物。また、アレルギーのある犬には絶対に与えてはいけません。

パン
バターロール、クロワッサンは高カロリーで肥満の原因となるので、与えないでください。どうしても与えたい場合は、砂糖やバターを使用しない低カロリーなパンを選び、上皮をのぞいた白いところだけにしましょう。主食の中でも、玄米にはアミノ酸の一種GABAが含まれているため、精神安定作用が期待できます。さらに、血糖値を正常に保つ作用もあるので、与えてもよい食べ物です。少し水を加えると食べやすくなりますよ。

絶対NGじゃないけど、要注意! 犬に与えない方がよい食べ物・飲み物
匂いを嗅ぐ犬
犬に与えないほうがいい飲み物
人用の牛乳・豆乳
乳糖を消化できない乳糖不耐症の犬は、下痢になるおそれがあるので与えるのはNGです。また、豆乳も脂肪分が多いのでできるだけ与えないでください。どうしても与える場合は倍以上に薄めるようにしましょう。

果実酢
砂糖をくわえて作る果実酢は糖分が多く、肥満のもとに。与えないほうが無難です。ちなみに、アルコール・塩分・糖分がくわえられていない「甘酒」なら、犬に与えてもOK。腸内環境の改善効果が期待でき、発酵由来の成分が豊富です。人にはおいしくいただける食材でも、犬にとっては量や頻度に注意したい食材や飲料も多いようです。正しい知識を身につけて、愛犬に健康的な食生活を届けてあげましょう!

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬の食べ物図鑑 与えてOK? NG?  2017最新版』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 ア一哉先生)
文/takemori.m
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は危険な冬の留守番! 愛犬の防寒対策のために知っておきたいこと

Yahoo! JAPAN



一般的に、寒さに強いとされる犬。しかし、生活環境や犬種、年齢などによっては寒さが苦手な犬もたくさんいます。寒さで体温が下がると、体調不良をおこす危険性もあるので注意しましょう。

今回は、留守番中の防寒対策のために知っておきたいポイントや注意点について解説します。

実は危険な冬の留守番! 愛犬の防寒対策のために知っておきたいこと
チワワ
寒さに注意したい犬について知っておこう!
人とともに室内で暮らす飼い犬は、一定の温度のもとで生活しているため、寒さに弱くなることがあります。以下のような犬は、特に寒さに弱いとされているので、注意してあげましょう。

寒さに弱い犬
子犬やシニア犬、持病がある犬チワワやバセンジーなど暖かい地方原産の犬フレンチ・ブルドッグやイタリアン・グレーハウンドなどの短毛種ヨークシャー・テリアなどの超小型犬完全室内飼いの犬散歩の少ない犬犬は寒さで体温が下がると、免疫力が低下して病気になることがあります。また、持病がある犬は病気が悪化してしまうおそれが……。さらに、寒さに慣れていない完全室内飼いの犬の場合は、寒さそのものがストレスとなって、肺炎などになってしまう危険性があるので、留守番中の寒さ対策は徹底してあげましょう。

実は危険な冬の留守番! 愛犬の防寒対策のために知っておきたいこと
パピヨン
犬にとって快適な冬場の室温を知っておこう!
愛犬にとって快適な留守番環境を作るためには、エアコンで室内温度を整えてあげることが大切です。本来は寒さに強い動物ですから、あまり高い温度に設定すると、かえって暑すぎになってしまうことも。

エアコンの温度は、暖房モードで26℃前後くらいがおすすめです。また、エアコンを使用すると、空気が乾燥しやすくなるので、加湿器などを使って湿度が50〜60%程度になるように工夫してください。

実は危険な冬の留守番! 愛犬の防寒対策のために知っておきたいこと
マルチーズ
留守番時の寒さ対策の注意点を知っておこう!
基本的に、留守番中はエアコンで室温を調整して防寒対策をとるのがよい方法ですが、故障など、事情によってはエアコンが使えないこともあるでしょう。

そんなときは、以下のような点に注意し、防寒対策をしてください。

コードが必要な防寒グッズは使わない
犬用カーペットなどのコードが必要な防寒グッズは、かじるなどして事故につながることがあるので、留守番中は片づけておきましょう。床暖房ならコードレスなので問題ありませんが、暑くなったときのために、すのこを置いておくと安心です。

ハウスは窓から離れた場所に置く
窓から入る冷たい隙間風や冷気は、ハウスを冷やす原因となります。ハウスは冷気の影響を受けないように、窓から離れたところに置くようにしましょう。また、ハウスの中には、ドーム型のベッドや毛布を入れておくのも◎留守番中の愛犬の寒さ対策をしっかりおこない、寒い冬を安全に乗り越えましょう!

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『犬の寒さ対策〜寒さに弱い犬や寒さが犬に与える影響、防寒グッズなどについて〜』
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。 
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 01:43 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする