動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年02月18日

老犬にイキイキ過ごしてもらうための生活ポイント5つ

ネタりか


老犬になった愛犬のためにできること
笑顔の老犬、顔が白髪になってきている

私たち人間よりもずっとずっと寿命の短い犬ですが、今は犬も長生きをする時代ですね。周りにいる15歳から18歳の老犬たちは、みんな若々しく元気にお散歩をしています。私も二匹の老犬を送り出し、今は7歳の愛犬二匹と暮らしています。そんな私が考える「愛犬がいつまでも若々しく健康的に活き活きと過ごせる暮らし」について、いくつかのポイントをご紹介したいと思います。愛犬の健康の維持と老犬の介護の参考にしていただけると嬉しいです。

老犬がイキイキと生活するために@「規則正しい生活習慣を送ろう!」
お散歩を楽しむ老犬のコッカーと女性

日々の健康は生活習慣から成り立っています。老犬がイキイキと生活するためには、適度な運動や遊びを取り入れ、それらを継続し習慣化させます。運動や遊びは老犬が楽しんで続けることができるものが良いです。楽しく運動や遊びをすることで老犬の心のケアができ、精神的な機能を高めることができます。老犬は精神的な混乱を起こしやすく、認知機能が低下してしまいやすいからです。認知症や夜鳴きの原因になってしまうことがあります。楽しみを与えてあげること、それを習慣化することによって精神を安定させ、老化による不安な気持ちを取り除いてあげることができます。また、起きる時間・お散歩へ行く時間・食事の時間・寝る時間など、なるべく決まった時間を過ごすということも規則正しい生活を送るということなのではないでしょうか。

老犬がイキイキと生活するためにA「良質なタンパク質を摂取しよう!」
スプーンで食事をもらう老犬、キャバリア

老犬の食生活で大切なことは、栄養バランスと豊富な栄養素を摂取するということです。そして、老犬だけではなく犬全てが良質なタンパク質を必要とします。健康の維持に欠かすことのできない筋肉量と筋力を維持するためには、良質な動物性のタンパク質を与えるのがおすすめです。また、タンパク質は、骨・皮膚・被毛・血液などを作るために必要不可欠な栄養素です。栄養バランスがとても重要になりますので、良質なタンパク質を与えること、ビタミン類やミネラル類を与えること、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸を与えることなど、愛犬に適した食事とはどんな食事なのか、食生活を見直すことも老犬を活き活きとさせるポイントになるでしょう。

老犬がイキイキと生活するためにB「刺激を与えよう!」
並んで歩く、ダックスとヨーキーと飼い主さん

心への刺激や脳への刺激を与えてあげることで老犬は活き活きと若々しく活発的になります。若い犬と一緒に遊ぶ老犬もいますが、転倒やケガを防止するため、年齢の近い老犬同士で交流を持つというのも良いと思います。お散歩へ行き、すれ違う犬や飼い主さんとちょっとした会話を楽しむだけでも刺激になると思いますし、犬や飼い主さんが多く集まる公園やドッグラン、ドッグカフェなどで交流を持つのもおすすめです。老犬だけが集まるイベントやオフ会に参加するというのも良さそうです。

老犬がイキイキと生活するためにC「お口の中の疾患に要注意!」
歯磨きをする犬と女性

成犬の多くがお口の中の疾患、とくに歯周病を抱えているとされています。どんなに健康なカラダであっても、老犬が全身麻酔で歯科治療を行うことはリスクが高いです。歯石や歯周病を放っておくと、歯や骨を溶かしてしまい、食事をすることができなくなってしまいます。お口の中の細菌は血管を通って全身へと巡ります。心臓疾患などの重篤な病気を引き起こす危険があるのです。犬も人間と同じように毎日の歯磨きが必要です。愛犬のお口の中が心配だ、老犬だけどどうしたら良いのかわからない、そんなときは獣医さんに相談してみてください。愛犬に適した治療法や日々のケアについて一緒に考えてもらいましょう。

老犬がイキイキと生活するためにD「良質な睡眠を取ろう!」
ベッドで寛ぐ老犬

愛犬が寛ぐ場所、そして寝床をしっかり整えてあげましょう。ベッドはあたたかく柔らかいものがおすすめです。かたいベッドや冷たい床で寝かせていると床ずれの原因にもなりますし、何よりカラダが痛くツライものです。関節炎の原因にもなってしまいます。すでに関節に痛みがある老犬の場合、低反発や高反発などベッドの素材にもこだわり、痛みを緩和させ、カラダを楽にしてあげることができる寝床を用意してあげましょう。自身で上手く体温調節をすることができない老犬の場合、とくに寒い時期は一緒に寝てあげることであたたかく、カラダを冷やすことなく眠ることができるのではないでしょうか。

まとめ
伏せをしてこちらを見つめるチワワ

✔規則正しい生活習慣を送ること
✔良質なタンパク質を摂取すること
✔心と脳に刺激を与えてあげること
✔お口の中の疾患に注意すること
✔良質な睡眠を取ること

愛犬の健康と若々しさのためにできることはもっとたくさんありますが、すぐに実践することができる、老犬に活き活きと生活してもらうためのポイントを5つご紹介しました。ちょっと外に出るだけでも見えるものや聞こえてくるものによって刺激をもらうことができますし、長く歩くことが難しい場合には抱っこでのお散歩でも良いと思います。毎日を健康的に過ごしたいですね。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンダフルな老後をニャ 栃木県内、高齢ペットケアに関心高まる 犬猫ドックや脳トレ道具も

下野新聞



長生きするペットが増え、県内でも高齢期を迎える犬や猫のケアに関心が高まっている。動物病院では人間ドックのペット版「犬・猫ドック」などが注目を集め、専門店でも「認知症予防に」と脳の活性化に役立つおもちゃが人気。大切な“家族”にいつまでも元気でいてほしいと願う飼い主は多く、医療費を含むペットの飼育費も増加傾向にある。

 「犬や猫の場合、7、8歳からシニア期に入り、健康管理にも注意が必要」とペットフードメーカー日本ヒルズ・コルゲートの入交眞巳(いりまじりまみ)獣医師(動物行動学)。がんや白内障、腎臓病などに加え、認知症のリスクも高まり、「家族が分からない」「トイレを失敗する」「夜間に覚せいする」といった症状も現れるという。

 日本小動物獣医師会などの調べによると、犬と猫の平均寿命(2014年時点)はそれぞれ13・2歳、11・9歳と過去最高に。昨年末、高齢ペットをテーマに入交獣医師を招いて宇都宮市内で開かれた講座にも満員の約80人が訪れ、シニアケアに対する関心の高さが表れた。

 入交獣医師は「認知症の症状には、抗酸化作用のあるサプリメントが効果的。失敗しても叱らず、ハッピーな老齢期を迎えて」と呼び掛ける。

 同市西川田町の栃木街道どうぶつ病院では、定期健康診断「わんにゃんドック」を受ける犬猫の数が、導入時の2002年から約20倍にも増えた。年齢別に3コースあり、血液、尿、便、エックス線、超音波などの検査を行う。中高年の飼い主が10歳前後のペットを連れるケースが目立つという。

 「犬や猫は腫瘍細胞の分裂スピードが速く、不調を隠す習性もあって、気付いた時は進行していることが多い」と岡嶋俊男(おかじまとしお)院長。病気のサインに気付くために(1)年1回の健康診断(2)家庭での体重測定(3)生活リズムの観察−などを勧める。

 一方、ペットのための脳トレグッズも話題だ。同市インターパーク4丁目のペットフォレスト宇都宮インターパーク店。「知育玩具コーナー」には、振ったり回したりしないと、中の餌が食べられないタイプのおもちゃがずらりと並ぶ。

 藤野亮(ふじのりょう)店長は「食べたい欲求を満たそうと試行錯誤することで、物事を考える力が付く。1歳前後の若い時期から使えば、脳の機能が若々しく保てる」と話す。

 ペットフード協会(東京都)が18年に行った全国犬猫飼育実態調査によると、動物医療費を含む飼い主の1カ月当たりの支出総額は犬1万368円、猫6236円で、統計が残る11年以降、年々増加傾向にある。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:40 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11病院とVMAT 訓練  大災害 ペット連れ患者どうする  伊勢崎 

上毛新聞


大規模災害に備えようと、群馬県伊勢崎市民病院(小林幹男院長)は16日、同院で災害医療活動訓練を実施した。市内外の計11病院や災害派遣獣医療チーム「群馬VMAT」と連携し、総勢約250人が非常時の対応を確認した。

訓練は同市で震度6弱を観測する地震が発生したという想定。地元の高校生や住民ら69人が患者役を務めた。看護師が玄関で治療の優先順位を決めて振り分け、医師が処置。災害対策本部では報告された情報を基に、入院や転院を指示する声が飛び交った。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:38 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察犬「指導手」高齢化

読売新聞



事件捜査などで活躍する警察犬を育てる民間の「指導手」の高齢化が進み、なり手不足が課題となっている。警察犬の出動要請は、いまや認知症の高齢者や行方不明者の捜索など事件以外が主流。出動回数は依然として年間100件前後と多く、県警の担当者は「興味があれば、審査会などにぜひ顔を出してほしい」と呼びかけている。

 「捜索に協力をお願いしたい」

 昨年11月27日午後9時頃、指導手の会津若松市、農業石井幸吉さん(81)宅に県警から電話があった。夕食後にくつろいでいた石井さんは、すぐにシェパードの愛犬「サラ」と出動。枕のにおいを手がかりに、午後11時頃まで捜し、行方が分からなくなっていた男性を見つけた。石井さんは「深夜や早朝の出動要請もあって体力的に厳しいが、誰かの役に立てるなら続けたい」と語る。

 警察犬には県警が飼育する「直轄犬」と、民間の訓練士らが飼育や訓練を担う「嘱託犬」の2種類があり、本県で活躍しているのは嘱託犬だけだ。審査会が春と秋の年2回行われ、合格すれば1年間委嘱される。現在27頭いる警察犬を訓練する指導手は36〜81歳の17人、平均年齢は65歳だ。

 県警鑑識課によると、出動件数は近年減少傾向にあるものの、2018年は92件と、4日に1度は出動している計算だ。うち68件は行方不明者の捜索で、13年からの6年間でも、7割が捜索の出動だ。全国的な高齢化に伴い、県警は今後も捜索要請が増えていくとみている。

 指導手として県内最高齢の石井さん。約40年前から、毎朝1時間にわたって散歩しながらにおいをたどる訓練をしている。山岳遭難の捜索や強盗事件の捜査で活躍した実績があり、やりがいを感じている。だが、「高齢でやめていく人も多い。自分も体力的にいつまで続けられるのか」と不安もある。

 一方、最年少の指導手は福島市のドッグトレーナー後藤啓寿さん(36)。一般家庭の犬をしつけるプロの訓練士だ。7年前から指導手を務め、「事件捜査の科学技術は進んでも、犬の嗅覚は不明者捜索に重要な役割を果たす」と語る。昨年の出動回数は30件ほど。「一番若いので、要請も多くなるみたい」と苦笑いする。

 近年のペットブームでも、飼い主の人気は室内で飼える小型犬に集中している。警察犬向きとされるシェパードなどの大型犬を飼う人が少ないのも、なり手不足の要因の一つだ。だが、同課の宮森真司次席は「不明者の捜索は小さな犬も活躍できる」として、興味ある人になり手としての協力を呼びかけている。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イグアナを食べた『グリル厄介』に物議 一部から「かわいそう」と批判が上がり論争に

ネタりか


17日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、「グリル厄介」。城島茂と助っ人の関ジャニ∞横山裕、そしてレギュラーの加藤英明氏が、昨年1月に続き石垣島を訪問。

ペットとして飼われ、投棄されたことによって繁殖し、生態系と人々の生活を脅かすグリーンイグアナの駆除に挑戦した。



■気合十分の横山
昨年は城島・長瀬のコンビで捕獲に挑戦したものの、その速さについていくことができず、最終的に地元出身の森ADが捕まえたグリーンイグアナ。今回参加した『DASH』ファンの横山は冒頭から「捕まえよう」と気合十分。

「前回の放送では連携が取れていなかった」と指摘し、風船を持参。山から双眼鏡でイグアナの位置を確認し、無線で指示を出す城島に、色違いのそれを目印としてもらう作戦だ。

しかしいざやってみると、城島が位置を正確に伝えることができず、イグアナのスピードも速いため、捕獲は難航。当日移動の疲れからか、頭が混乱し上手く言葉が出ない城島に横山は

「そりゃ長瀬くんもちょっとイライラしますよね、あんな優しい長瀬くんが」



と思わず愚痴をこぼした。



■苦戦しながらも捕獲に成功
捕獲に苦戦する3人は、地元協力者からの情報を得て場所を変更。指示役の城島も参加し、全員で確保に向かう。高い運動能力に苦戦するも、伸縮棒で叩き落とし、逃げるイグアナをゲットする。

捕まえたのは城島のマネージャー。納得行かない3人は近くにいた2匹目に狙いを定める。今度は加藤氏が棒で落とし、横山が手づかみで捕獲に成功。大きなイグアナを手にした横山は「やばい、捕まえましたね」と興奮を隠せない。

加藤氏は捕まえたことについて

「元はペットとしてイグアナは日本に入っていますから、こういったものを野外に放されちゃうと困りますね。多いときは50ぐらい(卵を)生みますから、どんどん繁殖する前に捕れて良かったです」



と話した。

■イグアナ料理を3人は大絶賛
3人は東京に戻り、フランス料理店へ向かう。「肉の魔術師」の異名を取るシェフの杉本さんは、「地元のご家庭でも調理できるようなヒントを与える料理」を作ると宣言する。

最初に出てきた料理は、沖縄の代表的食材ゴーヤーとシークワーサーを使ったコンフィ。横山はこの味を「地鶏では出せない」「味が濃い」と絶賛した。

そしてイグアナを使ったスープには城島が「いろんな食材で雑炊もいろいろやってきたけどナンバーワンの出汁」「イグアナいなくなるよ」と驚きの声を上げる。

メインディッシュの「ハムのバターしゃぶしゃぶ」も3人は大絶賛。どうやらイグアナは食材としてかなり「美味しい代物」ようだ。



■一部視聴者から批判も
イグアナを自らの手で捕獲し、美味しくいただくことで任務を終えた3人。まさに大団円となったが、一部視聴者からは昨年同様「ペットとしてかわいがっているのに食べるなんてありえない」「かわいいのに食べちゃうなんてかわいそう」と批判の声が。


ようちゃ🐈🐢
@WaraDoraGoAzRin
今夜の鉄腕!DASHは本当に最低な番組だねぇ💢😠💢グリーンイグアナが厄介者だと⁉️地球上でもっとも厄介者は我々人間だと思います‼️出演者や製作に携わった人間は皆死後地獄に墜ちればよい‼️俺はグリーンイグアナを家族の一員として共に暮らしている者としての想いです。

103
19:11 - 2019年2月17日 ・ Iwaki-shi, Fukushima
Twitter広告の情報とプライバシー
36人がこの話題について話しています

たにぐちくん🐙
@ta__ni__ko_
ほんこれ😡グリーンイグアナ見て気持ち悪い〜やだ〜とか言ってる親にも腹たったしグリーンイグアナは厄介者じゃなくて人間のエゴによる被害者でしょ、人間が身勝手に逃がさなければあのイグアナ達は厄介者扱いされることも殺されることもなかったのに

20:59 - 2019年2月17日
Twitter広告の情報とプライバシー
たにぐちくん🐙さんの他のツイートを見る

黒猫のタンゴ
@kuro3neko1
全国のイグアナ愛好家さんたちの心が抉られる回がまたやってきてしまった。
何度も言うけどイグアナには罪はないし、罪深いのは捨てた人間です。#鉄腕DASH

1
19:10 - 2019年2月17日
Twitter広告の情報とプライバシー
黒猫のタンゴさんの他のツイートを見る
■ペットとはいえ野生化で問題に
一方で「石垣島では厄介者となっている」「なぜイグアナだけ特別なのか」と「かわいそう論者」への反論も多く、議論に。


シスター
@siscontiesecond
イグアナかわいそうとか余裕があれば引き取るのにとか学校に寄付とか…もうそんなことで捌けないくらい繁殖してるから処分されてしまうより食べられるなら食材にしましょうてことやってるのに。そもそも人間が持ち込んだ問題、理想論で生かしましょうで美化してられないんだよ。

522
19:51 - 2019年2月17日
Twitter広告の情報とプライバシー
178人がこの話題について話しています

ブリ大根
@noas_arkship
イグアナが可哀想、持ち込んで捨てた人間が悪いのに……ってなる気持ちはまぁ分かるけど、だからこそこれ以上在来種に被害が及ばないように処理するのが人間の責任じゃないのかな #鉄腕DASH

319
19:49 - 2019年2月17日
Twitter広告の情報とプライバシー
116人がこの話題について話しています

どわね
@kikinecocafe21
捨てた人が1番悪いのは当然として、グリル厄介で爬虫類になったらかわいそうとかひどいとか言う自己愛性爬虫類愛好家くんたちは、まず増えすぎて生態系に悪影響与えてるイグアナとかをどうにかしろって話よね。保護活動とかしてから文句言えっていつも言ってる

1
19:40 - 2019年2月17日
Twitter広告の情報とプライバシー
どわねさんの他のツイートを見る


■ペット廃棄の罪深さを問う意図か
賛否両論だった今回の「グリル厄介」。イグアナ駆除は前回も論争を巻き起こしており、「避ける」こともできたはずだが、番組は敢えて2回目を放送。ペットを捨てることがいかに罪深いことであるかを、世に問いたかったのかも。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代のペットを飼ったことがある人834名を対象にした調査では、9.3%が「ペットを捨てたことがある」と回答している。



9%であっても、ペットが野に放たれると繁殖し、いつの間にか石垣島のイグアナのように生態系や人間の生活を脅かすことになる。

一部の人間がペットとして飼い、無責任に捨てたことで、生物や人間を困らせている存在になったことは事実で、のさばらせておく訳にもいかないはず。

石垣島に生息するイグアナをただ殺すのではなく、「美味しく調理して食べる」ことで駆除する手段を提示することは、意義のあることなのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国20代〜60代のペットを飼ったことがある人834名 (有効回答数)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:23 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする