動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年02月25日

猫の死因 がんと並んで多い「腎臓病」のサイン・症状

NEWポストセブン



猫の死因で、がんと並んで多いのが“腎臓病”。急性と慢性があり、症状や原因は異なるが、いずれも早期発見&早期治療により生存期間を延ばせるという。病気のサインから症状、治療方法などを紹介する。

 腎臓は腰のあたりにあるソラマメ形をした臓器で、左右に1つずつある。おしっこを作る役割があるほか、血圧の調整や赤血球を作るためのホルモンの分泌、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの活性化など、さまざまな働きがある。

 そんな大事な腎臓の機能が低下する「腎臓病」には、急激に症状が進む“急性腎臓病”と、長期にわたりゆっくり進行する“慢性腎臓病”があり、慢性腎臓病は高齢の猫に多いと白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問の獣医師・佐藤貴紀さんは言う。

「急性と慢性では、症状にも違いがあります。慢性の場合、はじめは飲水量とおしっこの量が増えますが、その後は反対に、おしっこの量が減るなど尿量の変化が起こります。

 一方、急性の場合は1週間以内に症状が進行するため、多尿期がなく、突然、乏尿・無尿になります。さらに食欲不振、嘔吐、下痢などの症状も現れます」(佐藤さん・以下同)

 元気がなくなって、体形が変わるほど体重が減少したら要注意だ。

◆食事療法で生存期間が約3倍に

 高齢の猫に慢性腎臓病が多いのは、加齢により腎機能が低下するためだという。一方、急性腎臓病の原因は大きく次の3つに分類できる。

【1】心臓など、腎臓より前の臓器に問題が発生し、腎臓への血流量が低下して起こる
【2】腎臓そのものが障害を受けて起こる
【3】排泄器官など、腎臓より後ろにある臓器に問題が発生し、その影響で起こる

「【1】は、主に脱水や心不全などにより腎臓に送り込まれる血液量の減少などで引き起こされます。【2】の原因は、水分不足。猫は祖先が砂漠で生活していた経緯もあり、日頃から水分をあまり摂りません。猫の腎臓は貴重な水分を体に残そうと、老廃物から水分を再吸収することに重点をおくため、腎臓の働きが弱くなり、血流が悪くなって体調を悪化させるのです」

 さらに、ぶどうやユリ科の植物を食べて中毒になるケースや、ウイルスによる感染症なども【2】に当てはまる。

 【3】は、尿路結石など排泄のトラブルが引き金となる。

 長期的に腎臓が障害を受けると、重度の貧血により、最悪は死に至る。

「腎臓病が発症する原因はさまざまで、複合的な要因が関係しています。急性から慢性に移行するケースもあります。慢性化すると元には戻らないので、早期発見・早期治療が大事となります」

 いつもは水を飲みたがらないのに急に飲む量が増えた、おしっこの量が増えたなどといった場合はすぐに病院へ。

「治療として最も効果が期待できるのが、食事療法です。腎臓病食を与えた猫は、与えなかった腎臓病の猫よりも約3倍も生存期間が長かったとの報告もあります」

 完治は難しくても、病気の進行は遅らせられる。日頃から、愛猫の体重の減少や尿の量・頻度には気を配りたい。

※女性セブン2019年3月7日号
posted by しっぽ@にゅうす at 09:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「見て見ぬふりできない」30年保護猫活動続ける男性

Yahoo! JAPAN



「蹴飛ばしたり、石を投げるなんてざらです。飼い犬に猫をかみ殺させる人や、ゴルフクラブで顎を砕く人もいました。人に捨てられた猫の多くは飢え死にしますが、生き残った猫たちもそういう過酷な状況で暮らしています。その実態を知ったときに、放っておけない、と奮起しました」

坂上忍語る、私財で犬猫の保護施設作る理由は“若い頃の失敗”

身勝手な人間たちから残酷な仕打ちを受けている多摩川の河川敷にすむ猫たち。その保護活動を30年間続けているのがカメラマン・小西修さん(63)だ。

小西さんは、仕事のある日以外毎日、多摩川の河川敷を妻と2人、手分けして回る。そして餌をやったり、ケガや病気のある猫を見つけた場合には、自宅で看病したり病院へ連れていったりして飼い主を探すところまでケアしている。

「自宅では、虐待にあって人間不信になっていたり、重い病気にかかっていたりするコたちの世話もしています」

猫たちの治療費や餌代は、多い月で100万円近くかかることもある。

「ありがたいことに寄付をしてくださる方がいるので、それでまかなえるときもありますが、足りないときは貯金を崩しながらやりくりしています。物欲もないので、地味に暮らしていますよ」

なぜそこまでして活動するのか。

「猫が大好き、という思いでやっていることではないんです。気の毒なものを見ると、見て見ぬふりできない、という自分の性格です。やっていてうれしいのは、具合が悪い猫が元気になったときと、新しい飼い主さんに届けたとき。不憫なコが立派な飼い主にもらわれていった日には、もうこのコは安心して暮らせるんだと、うれしくて寝酒がふだんの3倍に(笑)」

猫の保護活動と同時にホームレスの人たちへの支援にも熱心だ。

「多摩川の猫たちはホームレスの人にかわいがられていたりするんですが、彼らは自分は水道水しか飲まなくても、猫には餌をあげていたりするんです。それは“この猫たちにも生きる権利はある”という考え方。そういうのを見てしまったら、困っている人を自分のできる範囲で優先しようと、猫だけでなく、ホームレスの人たちの支援もするようになりました」

自分は決して社交的なタイプではないと語るが、「小西さんのおかげで今ここで生きています。神みたいな人」とおおぜいのホームレスが信頼をおく存在になっている。

「いえいえ、私じゃなくて、猫パワーがすごいんです。猫が人と人をつなぐんです。僕が足をケガして、引きずりながらしか歩けないときも、多摩川に行ったら不思議とシャキッとなります。猫たちの元気な姿や、ホームレスの方々の笑顔を見るからですかね。私たちは当たり前のように毎日ご飯を食べていますが、彼らは今日食べるものも保証されていない。休むわけにはいきませんよね」


posted by しっぽ@にゅうす at 04:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後まで残る中・大型犬を救うために「神奈川ドッグプロテクション」がしていること


Yahoo! JAPAN



2/24(日) 16:35配信 いぬのきもち WEB MAGAZINE
殺処分ゼロを目指し、神奈川県動物保護センターから中・大型犬を中心に犬の保護活動を続けている「神奈川ドッグプロテクション」の活動を紹介します。

※保護犬、飼い主さん、お話を伺った方々の情報は2018年6月11日現在の情報です

前へ 1 / 3 次へ
最後まで残る中・大型犬を救うために「神奈川ドッグプロテクション」がしていること
神奈川県ドッグプロテクション(KDP)の代表である菊池英隆さん(写真右)とボランティアスタッフの島田佳代子さん(写真左)
一頭でも多くの命を救えることを願って保護活動を続ける
神奈川県ドッグプロテクション(KDP)の代表である菊池英隆さん(写真右)とボランティアスタッフの島田佳代子さん(写真左)神奈川ドッグプロテクション(以下KDP)のシェルターは、横須賀市の住宅地から離れた山あいの、豊かな自然に固まれた場所にあります。広い敷地には犬たちが自由に過ごせる庭があり、ウッドデッキのスペースでは、人なつっこい犬たちがしっぽを振りつつ甘えさせてくれるスタッフが来るのを待ち構えています。施設内はのびのびと自由に過ごしている犬がほとんどですが、なかにはリードにつながれた犬の姿も。

「センターから来て間もない犬や、ほかの犬に危害を及ぼすおそれのある犬をつないでいます」と話すのはKDP 代表の菊池英隆さん。一頭でも多くの犬を救いたいと、6 年ほど前にKDP を立ち上げ、一からシェルターを完成させた方です。


神奈川県動物保護センターの犬舎にいる、飼い主に捨てられた犬や迷子になった犬たち菊池さんは神奈川県動物保護センターへ定期的に足を運び、数頭ずつ犬の引き出し(センターに収容された動物を、救出・治療・譲渡などを目的として一時的に預かること)を行っています。この日も3頭の犬をシェルターへ連れて帰りました。
3頭ともうれしそうに菊池さんに甘え、クンカもせず仲よく車に乗りこんでいく姿は、まるで菊池さんとの出会いを予感していたかのようでした。


KDPで引き出すことが決まったあとは、センターの獣医師がワクチン注射とマイクロチップ挿入を行うまだこのセンターで殺処分が定期的に行われていたころ、菊池さんは「今センターに収容されている犬をすべて引き取るので、殺処分しないでほしい」と当時の所長に直談判したこともあったそうです。以降、殺処分が迫るとセンターから連絡を受け、期限を切られた命を救い続けました。センターをはじめとしたみんなの努力の積み重ねで、平成26年度、神奈川県動物保護センターは犬の殺処分ゼロを達成。現在も続いています。


センターから中・大型犬を多く引き取る団体に
KDPの現在の保護頭数は約50頭。犬の散歩やゴハン、掃除などはスタッフの島田佳代子さんとふたりで行っています。そして譲渡会などは20名ほどのボランティアスタッフが手伝ってくれています。多いときは130頭もの犬を保護していたそうで、近所のコンビニに買い物にすら行けないほど、犬のお世話にかかりきりだったとのこと。


菊池さんたちが座った途端、ふたりに甘えたい犬たちが一斉に集まってきた菊池さんがこのシェルターをつくる前は、葉山の実家でセンターから引き取った保護犬のお世話をしていました。しかし、実家で保護できる頭数は20頭ほどと限りがありました。

「住宅地だったため、犬の鳴き声などが近所迷惑になるのではないかと、当時は毎日気にしながら散歩していました。数年たってようやく理想的なこの場所が見つかりました」

そう話す菊池さんは、KDPを立ち上げるに至った当時の気持ちも語ってくれました。

「保健所やセンターなどで収容された犬たちが殺処分されていることは知っていました。その現実を考えると悲しくなってしまって。自分にできることは何かないだろうかと考えるようになりました」
広い庭には緑があふれ、犬たちがのびのびと過ごすことができる。犬たちの日よけスペースも現在建設中間もなくして、菊池さんは犬たちを取りまく悲しい現実から目をそらさないと決意。殺処分されてしまう犬を救うために仕事を辞め、地元の神奈川県動物保護センターから犬の引き出しを始めたのです。
そんな菊池さんが引き出す犬は中・大型犬が多いそうです。

「センターに登録された保護団体は当時からいくつかありましたが、それぞれの団体には得意分野があります。小型犬を引き出す団体、犬種ごとに引き出す団体など。最後まで残っている犬はミックスの中・大型犬が多いので、そのコたちを連れてきていたら、このような状況になりました」。

たくさんの犬たちに囲まれながら、菊池さんは笑顔で語ってくれました。


散歩の順番まで、区切られたスペースで待機する犬たち

2回目の記事はコチラから出典/『いぬのきもち』2017年4月号
取材・撮影・文/尾アたまき

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 03:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい家族と暮らすため、徳島から長野へ 元迷子犬・麦ちゃんの今

Yahoo! JAPAN



人懐っこそうな穏やかな表情を見せている、雑種の麦ちゃん(推定3才)。



麦ちゃんは以前、徳島県で「迷子犬」として保護団体の施設で保護されていたコ。そんな麦ちゃんを、インターネットのサイトで見つけて、新しく家族として迎え入れたのが、今の飼い主さんなのでした。

前へ 1 / 5 次へ
新しい家族と暮らすため、徳島から長野へ 元迷子犬・麦ちゃんの今
先代犬・柴犬のみかんちゃん
先代犬たちが引き合わせてくれたような出会い
飼い主さんのおうちには、15年間連れ添った先代犬・柴犬のみかんちゃんがいました。みかんちゃんが亡くなって1年が経った頃、「また新たな家族を迎えよう」と思ったのがはじまり。



「家族にするならおうちのないコを迎えたい」ーーそんな想いから、お住まいである長野県のさまざまな保護団体を当たったという飼い主さん。

しかし、長野県は譲渡率が高く、譲渡会への参加も順番待ちという状況で、なかなか出会う機会に恵まれなかったのだそう。

県内で探すのは諦めて、毎朝毎晩、インターネットのサイトを確認する日々が続きました。



そんなある日、飼い主さんの目に止まったのが、後に家族となる麦ちゃんの写真だったのです。

「凛々しい顔の茶色の犬が目に飛び込んできて。たった1枚の写真ですが、キュンと感じるものがあったんです」



「先代犬の名前が『みかん』だったので、保護団体さんがつけていた仮名『レモン』に柑橘つながりの運命を感じましたね。

夫に写真を見せると『実家で飼っていた先代犬にそっくり』と言われさらに運命を感じ、それはそれは熱い想いを綴った応募メールを送ったのが、2018年1月のことでした」



先代犬たちと麦ちゃんの、運命のようなつながりを感じた飼い主さんご夫婦。

そして麦ちゃんは、たくさんの方たちの協力を得て、徳島県から長野県へ来ることができ、飼い主さんご夫婦のおうちにやって来たのでした。

前へ 1 / 5 次へ
新しい家族と暮らすため、徳島から長野へ 元迷子犬・麦ちゃんの今
雑種の麦ちゃん
人が大好きでとってもフレンドリーな麦ちゃん♡
麦ちゃんは、経験豊富な預かりボランティアさんが「こんなにフレンドリーで穏やかな保護犬は初めてです」と言うほど、とにかく人が大好きで甘えん坊!

誰にでも「なでなでしてください〜」と背中を差し出すし、撫でてほしいときは左手でトントンと催促してくることも♪



ふだんは穏やかな麦ちゃんだけど、散歩中は常にハンター態勢に! 

「鳥にもリスにもキツネにも、犬以外の見える動物すべてに喧嘩を売って(笑) 元気いっぱいですね」



「その反面、積極的なワンちゃんは苦手で。お散歩で会うワンちゃんは見えないふりして通り過ぎたり、飼い主さんのほうに甘えに行ったりしています」

と、麦ちゃんの愛らしい性格をこのように話してくれた飼い主さん。



そんな麦ちゃんだけど、おうちに慣れてきた頃に誤食をしてしまったことがあったそう。

心配で顔面蒼白になる飼い主さんをよそに、病院までるんるんで歩き「先生なでなでして〜」と甘えていたんだとか。



「わたしは生きた心地がしませんでしたが、終始ご機嫌の麦に、最後は笑うしかありませんでした」と、飼い主さん。

それ以来、麦ちゃんはちょこちょこイタズラすることもあるそうです(笑)

麦ちゃんのおかげで毎日が楽しい♪
麦ちゃんは飼い主さんにとって、家族であり、人生におけるよき相棒。麦ちゃんを家族に迎えて、どんなときも、麦ちゃんの顔を見ると幸せな気持ちになるのだそう。

最後に、麦ちゃんに対する想いを聞いてみると、次のように語ってくれました。



「麦のおかげで楽しいときはより楽しく、気持ちが沈んでいるときは心が緩み、体調が悪いときもお散歩なら行ける。麦が与えてくれるパワーは、どんな薬よりも特効性があります!」



「先代犬のみかんが亡くなって、知らない土地にお嫁に来て、心細いときに麦に出会えて。毎日が楽しいと思えるのは、麦のおかげです。本当にありがとう」



「たくさんの笑顔をくれる麦に負けないくらい、わたしも麦に幸せな思い出をたくさん作ってあげたいです。

これからも、もりもり食べてるんるんお散歩して、エンドレスになでなでして、幸せに過ごそうね」

麦ちゃんには、これからも楽しいことがたくさん待っているはず! 飼い主さんご夫婦と一緒に、笑顔あふれる毎日を過ごしていってくださいね♪


参照/Instagram(@naconeco)
取材・文/雨宮カイ

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 02:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬にダウンジャケット…ペットに「防寒具」は必要か?専門家に聞いてみた。

Yahoo! JAPAN


街の至るところに“オシャレ犬”
寒い毎日が続き、防寒には気を配っている姿がみられる。一方、家族の一員ともいえる「ペットの防寒」も最近は進んでいるようだ。街中では厚着をした犬を見かけるが、実は在庫切れで入荷待ちになるほど注文が殺到しているという。

【写真】最新 ペットのオシャレファッション

一方、動物に服を着せることにホントに意味があるのか?という声もあり、ペットの防寒着とその実情を取材した。

名古屋・北区の名城公園でまずは散歩中のワンちゃんをチェック。すると、服を着た犬をあちこちに発見、驚いたことに出会った全ての犬が服を着ていた。

Q.洋服はどんな時に着せていますか?

飼い主の女性:
おでかけする時はいつも着ています。

飼い主の女性:
散歩の時には毎日。大体みんな洋服着て来てますね。

ダウンジャケットに靴も…オーダーメイドのコートまでも
さらに、愛知県稲沢市のドッグラン「ハッピーランド」では、おしゃれに着飾った大勢の犬がいた。

マフラーや、ちゃんちゃんこ、オーダーメイドのコートを着た犬も…。防寒対策はバッチリだ。
ペットの防寒着は、いったいどれくらい売れているのだろうか?
ペットショップへ行ってみると、ダウンジャケットに、ゴージャスなファーの付いたコート、タートルネックの服まで200着以上の犬用の服がズラリと並んでいた。そして、靴下と靴も…。

ペットショップ ローズマリー岡崎大樹店 西島諒さん:
2年くらい前から靴下の問い合わせが多くなってきています。
うちのお店を調べて起こしいただく方もいらっしゃいます。
可愛い色が最近増えてきていますので、服と合わせて使われる方がとても多くなっています

ペットの服は、犬だけではない
名古屋・港区のペットショップを訪れると様々な動物の服を扱っていた。
暖かそうなフリース素材でできた「うさみみパーカー」は、何とうさぎ用。
ほかにもフェレットなど小動物用の服まで売っていた。

“ペットの防寒具”は必要?専門家の意見は…
こうしたペットの防寒具、アリかナシか…?街で話を聞いてみると、中には疑問の声もあった。

男性:
動物はもともと自分で毛皮を着ているし、僕はあまり好きじゃないですね

女性:
ないほうがいいと思う。自然のものだし、昔は着ていなかった。今でこそだもんね

女性:
服を着せるのは人間の意思じゃないですか、こちら側のことなのでどうなのかなって思います

しかし、専門家はこう指摘する。

東京都獣医師会・小林元朗副会長:
(最近は)家の中で飼われているケースが多いんですね。そうすると普段から外にいる犬と比べて体温調節とかそういうところがあんまり上手じゃない犬がいっぱいいるんです。寒さによって、体の機能は低下しますから、色々な健康障害の引き金になると思います。

小林副会長は、今の日本で主流となっている「室内犬」は、温度が管理された部屋にいる時間が長く、寒さに慣れていないことから、場合によっては服を着せて温度調整をする必要があるという。

その一方で小林さんは、ボタンや装飾品がついている洋服は、誤って噛んで食べてしまう可能性もあるため、注意も必要だと話す。

愛するペットを寒さから守るには服もいいですが、大切なのはやはり、普段から様子を注意深く見守ることのようだ。
(東海テレビ)
posted by しっぽ@にゅうす at 01:15 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする