動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月02日

初夏でも犬の熱中症に注意!体温が急激に上昇、脳の温度も上がる

Yahoo! JAPAN




花冷えの季節も終わり、暖かくなってきました。人間にとっては過ごしやすい季節ですが、暑さや湿度に弱い犬の熱中症は、初夏でも注意が必要です。犬の熱中症対策について、「はる動物病院」(大阪)の副院長、藤原千春先生に教えていただきました。

■犬の熱中症、どんな病気なの?

−−犬は、なぜ熱中症になるでしょうか。

藤原千春先生(以下、藤原)「日差しが強いところや炎天下で散歩したり、窓を閉め切った蒸し暑い部屋や車内にいたりすると、犬が熱中症になる危険が高まります。温度や湿度が高いと、体温が急激に上昇し、脳の温度も上がってしまうのです。体温調節中枢がうまく働かなくなり、体温はぐんぐん上昇してしまいます。

 犬は、パンティング(開口呼吸)といって、口を開けて呼吸して体温を下げようとするのですが、あまりにも温度や湿度が高いと、体温が下がらなくなるのです。

体温(直腸温)は41〜42度まで上がり、舌は鮮紅色から紫色になり、さらに進行するとショック死してしまいます」

−−熱中症になりやすい犬種はいますか。

藤原「ボストン・テリアやパグ、ブルドック、ペキニーズ、シーズーなどの短頭種、心臓や腎臓に持病がある犬、太っている犬は、特に注意が必要です」

■万が一、熱中症になってしまったら応急処置を!

−−犬の熱中症の症状について教えていただけますか。

藤原「大量のよだれを垂らす、ハアハアと苦しそうに呼吸をする、ぐったりして動かないなどの症状があれば、熱中症を疑いましょう。

 こうした症状が現れると、すぐにでも動物病院に連れて行きたくなりますが、動物病院に到着するまでに時間が経ってしまうので、悪化を防ぐために、先に応急処置を行います。その後、速やかに動物病院に連れて行きましょう」

<応急処置の方法>

・すぐに風通しのいい、涼しい場所に移し、扇風機をあてながら、部屋の換気をします。

・水を飲むようであれば、飲ませます。

・口の中のよだれをぬぐう

・冷たい水に全身を浸す。氷水は、急激に冷えるので使わないでください。大型犬は、体全体に水をかけます。さらに、冷たい水で濡らしたタオルをかけて、全身を冷やします。

・意識がない場合は、犬の頭を氷で冷やします。

・体温が39.5℃に下がったら、冷やすのをやめます。

■熱中症を予防しよう

−−熱中症になる前に、飼い主が予防することが大事ですね。

藤原「犬の熱中症は、飼い主が気をつけたら予防できることがほとんどです」

<予防法>

・早朝、夜間など気温が低い時間帯に散歩させる

 真夏のアスファルトは60℃近くになります。砂浜や河原の石も、アスファルトと同じく高温になります。犬は人より地面に近いところにいるので、地表からの輻射熱の影響もあり、人間よりずっと高温の場所にいるのです。路面温度が下がってから散歩しましょう。

・車内に置いておかない

 「ちょっと用事」「ちょっと買い物」の間だけ車内に置いておくというのは、とても危険です。25℃の車内温度は、5分後には38℃近くに、1時間後には50℃以上になります。

・清潔な水をいつでも十分飲めるようにしておく

・留守番させる時は、部屋を締め切らず、窓を開けて風通しを良くします。

(まいどなニュース特約・渡辺陽)

◆藤原千春 はる動物病院副院長・獣医師(鍼灸漢方外来担当)。大阪府立大学獣医学科卒。 ペット薬膳国際協会理事/ 日本メディカルアロマテラピー協会メディカルアロマテラピスト/(公社)大阪市獣医師会会員/ 比較統合医学学会会員/ 日本ペット中医学研究会会員/大阪ECO動物海洋専門学校非常勤講師


posted by しっぽ@にゅうす at 00:08 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWに多発 捨て犬、ネコ! 沖縄の専門学校生ら防止呼び掛け


Yahoo! JAPAN




国頭村の職員や北谷町の専門学校「サイ・テク・カレッジ美浜」の学生らが30日、ゴールデンウイーク(GW)などに増える捨て猫や捨て犬を防ごうと村観光物産センターゆいゆい国頭前で、「ニャンでワンを捨てるの!!」と書かれた横断幕を掲げながら、行楽客やドライバーらにチラシを配布した。

 国頭村世界自然遺産推進室の神里一教係長によると、GWや夏休み、年末年始などの時期は、飼い猫や飼い犬をやんばるに捨てる人が多くなるという。

 ボランティアとして協力した学生たちと、チラシを配った神里係長は「飼っている動物を捨てるのは犯罪。飼っていた動物には多大な苦痛を与え、やんばるの希少種が捕食されるなどの被害にもつながる」と訴えた。
posted by しっぽ@にゅうす at 00:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【専門家解説】飼い主さんが亡くなったら、犬も「飼い主ロス」になるのか?


Yahoo! JAPAN



大切な家族である愛犬が亡くなったとき、悲しみのあまりペットロスに陥る人が多いですよね。

【関連記事】先代犬に申し訳ない…新しい犬を飼うことに葛藤する人に読んでほしい体験談


いままでそばにいた愛する存在が、急にいなくなってしまう……なかなか受けれ入れられるものではありません。

では、もし飼い主さんのほうが先に亡くなってしまった場合、犬はどんな心境になるのでしょうか? 

残された愛犬が心配でならない飼い主さんも、きっと多いはず。

【専門家解説】飼い主さんが亡くなったら、犬も「飼い主ロス」になるのか?
散歩する柴犬
犬も「飼い主ロス」になるのか?
では、犬も飼い主の死を認識して、「飼い主ロス」に陥ることがあるのでしょうか?  今回、いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主を失った犬の気持ちについて獣医師に聞いてみることに。

ーーもし飼い主のほうが先に亡くなったときに、犬も「飼い主ロス」のようなものになるのですか? 

いぬのきもち獣医師相談室:(以下、獣医師)
「犬には、『死』という概念がありません。なので、飼い主さんが亡くなってしまって、『もう二度と会えない』というところまでは、なかなか理解は難しいと思います。
 
亡くなった飼い主さんが、毎日の生活の中で依存度の高い人であれば、『その場にいない』と理解することはできるので、おそらく寂しい気持ちは抱くでしょう」

ーーもう会えない、ということも理解できない状態でいるのですね……。

獣医師:
「もしかしたら例外はあるのかもしれませんが、その飼い主さんの姿がしばらく見えないから、また周囲の雰囲気が悲しみにあふれているから、『死んでしまった』とまでは、実際は理解できないのではと考えます」

【専門家解説】飼い主さんが亡くなったら、犬も「飼い主ロス」になるのか?
見つめるキャバリア
残された愛犬のために、飼い主さんができること
ーー愛犬よりも飼い主が先に亡くなるというのは、誰にでも起こる可能性があります。もしものときを想定して、愛犬のためにどんな準備をするべきでしょうか? 

獣医師:
「飼い主さん自身が亡くなった後のことを考える場合、経済的なことも含めて、犬の面倒を誰がみるのかを決めておいたほうがよいでしょう。

ご家族など後のことを頼める人に今後の世話をお願いする、里親探し・譲渡などを行ってくれる人に頼んでおく、誰もいない場合は犬専用の施設などを考えてもよいかもしれません。

ほかにも方法として、ペット信託や負担付贈与、飼い主さんが亡くなった後のペットの生活をケアする保険もあるようです」
posted by しっぽ@にゅうす at 00:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷い猫を失った悲しみを癒してくれた子猫、令和になっても大事な家族


Yahoo! JAPAN



兵庫県神戸市に住む藤谷さん一家の元に14年前、お隣に住むお嬢さんが1匹の迷い猫を連れてきました。首輪もある黒い飼い猫で、家を飛び出して迷って帰れなくなった様子で、そのお嬢さんは、藤谷さんが地元自治会役員をしていたため、ぜひ飼い主を捜してあげてほしいということでした。それから約1か月間、猫愛好家ボランティアのルートを頼ったり、チラシを作ってポスティングなど、捜索を行いました。しかし、懸命の捜索にもかかわらず飼い主が見つかりませんでした。

【写真】パンチだってできるニャ

 藤谷家の主導権は「犬派」の奥様でしたが、動物好きには違いなく、迷わず飼うことにしました。名前はこれといった意味もなく「クウちゃん」にしました。猫を飼うのは初めてのこと、猫関係の書物を読み漁り、初めての猫ちゃん受け入れにチャンレンジしました。家出癖のあるクウちゃんには「ハラハラしましたが、家族にもすぐに馴染みました」(藤谷さん)。

 その約1年後、クウちゃんの飼い主捜索で仲良くなったご近所の猫愛好家の方から「生まれたばかりの子猫がいるんですがどうですか?」と藤谷家にお話があり、クウちゃん1匹では寂しいだろうと思い、飼うことにしたそうです。全身白ですが、額に少し黒毛があったので「テンちゃん」と名付けました。今は黒毛は消えてありません。ちなみにどちらも女の子で仲良くやってくれるだろうと期待していましたが、猫特有の縄張り意識もありケンカも絶えませんでした。テンちゃんもかなりストレスがあったかもしれません。

 それから約5年が経ち、クウちゃんが病気と年齢的なもので亡くなりました。迷い猫とはいえ家族の一員として初めて飼った猫がなくなり家族みんな大変悲しい思いでしたが、それを癒してくれたのがテンちゃんでした。怖がりで人見知り、抱っこされるのが大嫌いでほとんど鳴きません。キャットフード以外は見向きもせず、喉が乾いたら洗面所の蛇口から出るぬるま湯を舌で受け、水量が多いときは前足をクッション代わりにして器用に使いながら飲みます。

 テンちゃんが心を許しているのは奥様と娘さんだけだそうです。寒い時期になると奥様の布団に潜り込んで眠り、娘さんとは毎日風呂に一緒に入りおしゃべりしています(もちろん湯船に浸かることはありませんが)。旦那様には近寄りもせず無視しますが、ひどく疲れていたり、二日酔いでしんどそうにしていると近づいてきて「にゃん」と鳴いて去っていきます。そんなとき旦那さんは「がんばりや」「何してんねん」「しっかりせんかい」とテンちゃんが励ましてくれていると勝手に解釈しているそうです。

 そんなテンちゃんももう13歳になりました。数年前に病気にもなり、現在は月2回定期的に病院に通っています。年齢を重ね性格も少し丸くなったのか旦那様にも少し気を許してくれるようになったそうです。年号は平成から令和に改元しましたが、藤谷家ではこのテンおばあちゃんと一日でも長く、共に暮らしていけることを願って止まないそうです。

(まいどなニュース・佐藤利幸)
posted by しっぽ@にゅうす at 00:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国で「ワールド・ドッグ・ショー」初開催 犬肉消費に非難の声も

Yahoo! JAPAN



【5月1日 AFP】中国・上海で30日、世界最大級のドッグショー「ワールド・ドッグ・ショー(World Dog Show)」が開幕した。ワールド・ドッグ・ショーは4日間のイベントで、中国で行われるのは初めてだが、ショー開催をめぐっては中国国内での犬肉消費の広がりから動物愛護団体が非難の声を上げているほか、インターネット上でも反発が巻き起こっている。

 動物保護団体「ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル(Humane Society International)」によると、世界で毎年消費される推定3000万匹の食用犬のうち約3分の1が中国で消費されている。

 世界最古の愛犬協会を自称する英国のケネルクラブ(The Kennel Club)は、中国でしばしば犬に対して残虐な殺処分方法が用いられていると非難し、ショーへの不参加を表明している。

 ワールド・ドッグ・ショーの中国開催に対してはさまざまな動物愛護団体が抗議運動を展開し、インターネット上の署名活動にはすでに73万人分以上の署名が集まっている。ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルは「中国全土にいる多くの愛犬家たちを激怒させているダブルスタンダードであり、愛犬家たちはこのような違法な取引が許されていることにいら立っている」と強調した。

 動物保護団体などはまた、数週間後に中国南部広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)玉林(Yulin)で毎年恒例の「犬肉祭」が行われる予定だと指摘。同自治区では夏至に合わせて犬肉を食べる風習があり、活動家らによると犬肉祭の期間中には毎年数千匹の犬が殺されているという。

 映像は30日撮影。(c)AFPBB News
posted by しっぽ@にゅうす at 00:01 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする