動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月13日

狂犬病予防接種は必要か…国内感染例60年以上なし、獣医師会は「接種率7割以上必要」と主張


Yahoo! JAPAN



編集委員 石黒穣
 飼い犬の狂犬病予防注射の必要性を巡り、専門家の間で議論が起きている。動物の疾病対策を受け持つ国際機関が、注射義務を定める狂犬病予防法の見直しを勧告し、国内研究者からも懐疑的な見解が出されているのだ。

狂犬病予防接種は必要か…国内感染例60年以上なし、獣医師会は「接種率7割以上必要」と主張
狂犬病予防注射を呼びかける厚労省のチラシのデザイン
「時代遅れ」国際獣疫事務局が報告書
 狂犬病予防法は、年1回犬にワクチン注射を打つことを義務づけており、4月1日から3か月の一斉注射期間が始まった。

 法律の「見直し」「改定」を勧告したのは、国際獣疫事務局(OIE)だ。日本の獣医療に関する総合的な評価報告書を2018年7月にまとめ、その中で言及した。

 国内発生が1957年を最後に60年以上ない中で、流行リスクが「過度に厳しく」評価され、過剰対策になっているというのが理由だ。この報告書は、農林水産省および、同省とともに狂犬病対策を所管する厚生労働省内部の検討資料にとどめられ、国民には広く知られていない。

 報告書は、狂犬病予防法が野良犬があふれた戦後間もない時期に施行されたものであり、放し飼いが原則禁じられている今日には、「時代遅れ」との見方を示した。実質的に、義務的な注射の廃止や緩和の検討を求めた。

 狂犬病予防注射の料金は1回3千数百円だ。2017年度には全国で451万頭が予防注射を受け、飼い主の費用負担は全体で約150億円に上ったとみられる。

 報告書は、日本の狂犬病対策で「費用対効果」の視点が抜け落ちているとの判断も示した。

 OIE関係者は勧告について「国際的なリスク評価の基準を踏まえ、資金や労力の適正配分を重視している」と解説する。勧告に強制力はないものの獣医療効率化に向けて指標となる。

感染動物が侵入する確率、4万9000年に1度
 一方、義務的な注射を廃止しても「大規模な流行は起こりにくい」とする研究結果をまとめたのは、山田章雄・東大名誉教授を中心とするグループだ。

 山田氏らは厚労省の研究班として15年度まで、疫学や統計調査を行った。その後も研究を続け、最新成果を国立感染症研究所発行の学術誌(ネット版)で18年12月に公表した。

 日本の厳しい検疫をすり抜けて感染動物が侵入する確率は、4万9000年に1度との計算値を示すとともに、万一侵入しても、感染の連鎖は起こらず自然に収まると結論づけた。

WHO指針、日本に当てはまるのか
 一方、義務的な注射を廃止しても「大規模な流行は起こりにくい」とする研究結果をまとめたのは、山田章雄・東大名誉教授を中心とするグループだ。

 山田氏らは厚労省の研究班として15年度まで、疫学や統計調査を行った。その後も研究を続け、最新成果を国立感染症研究所発行の学術誌(ネット版)で18年12月に公表した。

 日本の厳しい検疫をすり抜けて感染動物が侵入する確率は、4万9000年に1度との計算値を示すとともに、万一侵入しても、感染の連鎖は起こらず自然に収まると結論づけた。

獣医師の主要収入源
 厚労省の当局者は、「狂犬病対策の改革が必要なことは承知している」としつつ「飼い主のほか獣医師、ワクチンメーカーなど利害関係者の理解が先決だ」と語る。

 全国の獣医師にとり、狂犬病注射は、主要収入源の一つで、注射義務の見直しは死活問題との声も聞かれる。予防注射の費用を負担するのが飼い主にほぼ限られることは、国民的議論として広がりにくい要因となっている。

【狂犬病】
 ウイルスが原因となり、すべての哺乳類が感染する。ウイルスは唾液中に多く、かまれることで広がる。人では1〜3か月の潜伏期間を経て発症する。発症してからでは治療法がなく、脳炎などで死亡する。感染してもワクチン接種などで発症を防げる。

【狂犬病予防法】
 戦後の混乱期に流行した狂犬病の封じ込めを目的に1950年に施行された。飼い犬の登録と予防接種を義務化するとともに、野犬駆除の徹底を定めた。施行から7年で狂犬病が根絶された。予防注射を怠ると20万円以下の罰金に処すると定めている。

【国際獣疫事務局(OIE)】
 動物の疾病対策を担う国際機関で、パリに本部がある。加盟国・地域ごとに、食肉衛生や獣医師養成などの体制を総合的に評価し、報告書を作成する仕組みがある。高評価を受ければ畜産物の輸出促進に役立つため、日本は2016年秋に調査団を受け入れた。報告書(英語)は18年7月にまとまり、農水省が「日本の動物衛生体制が全般的に高い評価を受けた」と広報している。それを除けば中身について目立った発信はなく、一般国民にはほとんど知られていない。

流行阻止のため努力継続…境政人・日本獣医師会専務理事
 国内で狂犬病の発生が長年ないからといって、ワクチン接種をやめていいと考えるのは短絡的だ。

 世界的に狂犬病は、多くの国・地域で発生している。人と物が盛んに行き交う今日、ウイルスがいつ国内に持ち込まれても不思議でない。あらゆる哺乳動物に感染するため、感染した動物がどこから入るかわからない。

 流行阻止のため犬の接種率を7割以上にすることは、WHOが推奨している。日本がこの接種率を保つ努力をするのは当然だ。

科学的な判断を…山田章雄・東京大学名誉教授
 我々グループの研究は、狂犬病の国内発生リスクが極めて低いことを示した。ゼロではない。要はリスクをどこまで許容するかだ。

 それは、科学的なデータに基づいて国民が開かれた議論を行い、判断すればいい。万一侵入しても有効な封じ込め策があることや、人がかまれても治療法があることも対策を考える基礎になる。OIEも我々と同様の認識だろう。

 狂犬病流行の恐怖が過大に宣伝され、冷静な議論ができない現状が問題だ。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:44 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬・猫を救いたい!ペットボックスが団体から引き取り、飼い主探し 保護団体の負担軽減にも

Yahoo! JAPAN



 「ペットボックス」を経営するペット小売業のオム・ファム(北谷町)は4月から、飼い主がいない保護犬や保護猫をボランティア団体から引き取り、新しい飼い主を探す取り組みを始めている。これまで定期的に開いていたボランティア団体による譲渡会とは異なり、ペットボックス那覇店で引き取り、世話をしながら飼い主を募集する。那覇店の富村あゆみ副店長代理は「保護団体の負担軽減に向けて力になれたら」と話している。
 「不幸な犬や猫を産まない社会をつくる」を企業理念に掲げるペットボックス。昨年は犬猫の生体販売をしない方針を示した。今回の取り組みもその一環で、ボランティア団体が保護している犬猫に限定し、年間最大6匹の引き取りと譲渡を目指す。4月には「NPO法人ワンズパートナーの会」から犬のカナサ(メス)を引き取り、現在、飼い主を募集中だ。

 今月3日、那覇店には新たな仲間がやってきた。オス猫の元気(推定生後5カ月)だ。飼い主のいない犬猫の保護などに取り組む団体、個人でつくる「琉球わんにゃんゆいまーる」のメンバーが自宅前で保護した。

 「ゆいまーる」は現在、構成団体での保護を含めると94匹の犬猫を保護し、新たな引き取り手を探している。猫の保護には病院代や餌代で1匹最低1万円かかるという。それぞれ仕事の傍ら保護活動をしているため、譲渡会を開く時間も人手もなく、これ以上の保護は難しいと感じていた。

 「ゆいまーる」の畑井モト子代表理事は「保護は力が要る仕事。(ペットボックスで)世話をしてもらえて県内で譲渡の機会があるのはありがたい」と話す。富村副店長代理は「まだ手探りだが、譲渡の窓口が広がっていけば」と笑顔で話した。

 新たな飼い主を探している犬のカナサと猫の元気は、ペットボックス那覇店内のペットボックストラディショナルのコーナーで見学できる。毎週日曜は、ペットボックス那覇店と北谷店で譲渡会が開かれている。問い合わせは那覇店(電話)098(941)1117。
(田吹遥子)

琉球新報社
posted by しっぽ@にゅうす at 08:42 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリーダーにも種類がある!安心できる見極め方とは

ネタりか


そもそもブリーダーになるには?
犬を抱く女性

ブリーダーになるためには何か資格が必要だと思っている人も多いかもしれませんが、ブリーダーになるために必要な公的な資格はありません。実際にお客さまと取引をするとなると、動物取扱業の登録が必要にはなってきますが、それさえクリアし、「自分はブリーダーだ!」と自称してしまえば、誰でもブリーダーになることができてしまうわけです。そのため、良いブリーダーを見極める力が買い手には求められるのです。

最も一般的!セールスブリーダー
ペットショップの子犬たち

ブリーダーと聞いて多くの人が想像し、また、買い手にとって最も身近でとっつきやすいのが、セールスブリーダーではないでしょうか。数としてはブリーダー全体の半数以上を占め、最も一般的といえます。

「セールス」と聞くと何となく「子犬の命を商品扱いしている」と悪いイメージを抱いてしまうかもしれませんが、商品は商品でも「大事な商品」と捉えているので、経営状況や接客態度も良好な業者さんがほとんどです。
ただし、「規格外の商品」についてはオークションを通じてペットショップなどに流通されてしまうこともあります。

趣味の延長で販売も!ホビーブリーダー
子犬たちを抱える男性

ホビーブリーダーとは、その名の通り、趣味の延長で販売も行っているブリーダーのことをいいます。要は、子犬を売ることで生計を立てようとは思っていない人たちです。多くは家庭で繁殖活動をしており、自分たちの世話ができる範囲までしか繁殖をさせません。子犬を見に行きたいとなると、個人の自宅に見学に行かせてもらうことになる形が多いでしょう。

ほぼほぼ個人間のやりとりとなるうえ、出産のタイミングを狙わないと取引ができないなど、販売ルートとしては安心感・安定感に欠けるかもしれませんが、本当に犬に愛情を持って育てている人も多く、自分の好みや性格に合う子を見つけるには適しているかもしれません。

ブリーダーの原点?バックヤードブリーダー
資格証

ブリーダーの原点ともいえるのが、バックヤードブリーダーです。大々的な事業としてではなく、趣味の延長でやっているという点ではホビーブリーダーと同じですが、ホビーブリーダーよりもやや「商売」に寄っているイメージでしょうか。これから成長を狙っている、駆け出しの素人ブリーダーといえるかもしれません。ブリーダーのうち10%ほどがこのバックヤードブリーダーだといわれています。

ブリーダー界のトップ!シリアスブリーダー
トロフィーに囲まれた犬

一方、ブリーダー界のトップに君臨するのが、シリアスブリーダーと呼ばれる人たちです。ブリーダーと名前はついていますが、その目的は子犬の販売で収益を上げることではなく、犬種の保存や研究のためです。品評会やコンテストに出場させるために、優良な血統の両親から良質な子犬を産ませて育てています。

繁殖や販売が目的ではないので、シリアスブリーダーから子犬を買いたいと思ったら、何らかのコネを頼るか、子犬が生まれたタイミングに上手く巡り合うしかありません。

劣悪子犬工場!パピーミル
ケージの中に詰め込まれた犬たち

近年、テレビやネットで話題となっている「悪質ブリーダー」と呼ばれる多くが、このパピーミルです。「子犬工場」の名前のとおり、子犬をただの金儲けの手段としてしか考えておらず、「産めよ増やせよ」で犬の健康や品質には全く関心がありません。劣悪な環境の中で飼育されていることも多く、繁殖犬の中には一度も外に出て遊んだことがないといった子もいるのが現実です。

もちろん犬の生命を軽視していること自体も大きな問題ではありますが、セールスブリーダーとは違って「商品」の質を高めようという経営努力もないので経営破綻することも多く、破綻後に残された子犬たちのその後が大きな問題としてクローズアップされることも多くあります。

良いブリーダーの見分け方とは?
子犬を囲む家族

まず動物取扱業の確認
冒頭でブリーダーに必要な資格はなく、動物取扱業の登録が必要だと述べましたが、この動物取扱業の登録をしていない業者はまちがいなく正規ブリーダーではありません。何はともあれ、登録を確認しましょう。

自分の目で子犬を確認する
最近はインターネットなどで子犬を販売しているブリーダーも増えていますが、できる限り、ネットの情報だけで子犬を選ぶのはやめましょう。実際に子犬や親犬、そしてブリーダーの飼育環境を自分の目で確認することが大切です。見学を断ってくるようであれば、その理由をしっかり聞いてください。

購入後のフォローを確認する
購入後のしつけや病気など、気になったことがあったときに相談できるかどうかを確認しましょう。良いブリーダーであれば、自分のところで産まれた子犬のその後はいつまでも気にかけてくれるものです。

まとめ
子犬たちと女性

いかがでしたでしょうか?ペットショップで子犬を買うのは日本だけともいわれ、最近ではブリーダーから直接買いたいという意識の高い飼い主さんも増えてきています。ですが、正しい知識を持っていないと、そのせっかくの高い意識を悪質ブリーダーに利用されてしまいかねません。ぜひ一度、しっかりと勉強しておくことをおすすめします。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:40 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良犬・野良猫を住民と当局と獣医師が三位一体で保護 イスタンブール

Yahoo! JAPAN


【5月12日 AFP】トルコのイスタンブールを訪れた観光客が、何世紀も前に建てられたモスク(イスラム礼拝所)やオスマン帝国時代の宮殿に感嘆する一方でよく驚くのが、市内のカフェやレストランでくつろいでいる野良犬や野良猫だ。

 地元住民の多くは、路上で暮らす動物を世話しようと、玄関先や窓の下に餌を入れた容器を置いている。市当局も、そうした動物の健康維持に力を入れる。取り組みの一つである「動物診療バス」は、市内各地を数日間ずつ停留しながら巡回する移動診療所だ。

 イスタンブール都市圏(IBB)勤務の獣医師、ニハン・ディンチェル(Nihan Dincer)さんは、住民たちは、寄生虫の治療を受けさせるために自分が世話をしている野良犬や野良猫をよく診療所に連れて来ると話した。「住民たちが絶えず接しているおかげで、動物たちも守られている」のだという。

 米ニューヨークのニュー・スクール(The New School)大学博士課程に在籍するミーネ・ユルドゥルム(Mine Yildirim)さんは、イスタンブールの住民が野良犬・野良猫の世話をする理由は、一つには「イスラム教の伝統。そしてもう一つは、オスマン帝国時代の公共空間がそういうものだった」からだと説明した。

 しかし、そうした街でも、20世紀初頭になると、欧米と同じように野良犬・野良猫の駆除政策が導入され、市当局は1990年代になってからも路上に毒を置いて野良犬・野良猫を駆除していたと、動物の保護活動を行っている「Dort Ayakli Sehir(「四肢動物の街」の意味)」のコーディネーターであるユルドゥルムさんは話す。しかし2004年に動物保護法が可決され、地方自治体に対して路上動物の保護が義務付けられた。

 イスタンブール市内には、移動診療所の他にIBBが運営する医療センターが6か所ある。当局はその目的について、約13万匹の野良犬と16万5000匹の野良猫の予防接種と不妊・去勢手術、その他の世話をするためとしている。

■森林地帯では野良犬に毎日ペットフード1トン

 動物たちは、医療センターで保護期間中に新たな引き取り手が見つかった場合を除き、治療やケアが終わるとマイクロチップを装着されて元いた場所に戻される。

 イスタンブールでは、このサービスを通してケアを受けた動物は2018年に7万3608匹に上る。2004年の2470匹に比べると大幅増だ。

 獣医師と動物看護師100人を抱えるイスタンブール市当局によると、2016年以降、同市内では狂犬病の発生件数は皆無だ。

 ベキル・パクデミルリ(Bekir Pakdemirli)農業・森林相は先月、同省は2009年から昨年までの間に、野良犬・野良猫の保護を支援するため全国の自治体に3100万トルコリラ(約5億6000万円)を拠出したことを明らかにした。

 イスタンブール市内の野良犬・野良猫は多くの場合、餌を十分にもらっている。だがIBBの獣医師ウムト・デミル(Umut Demir)さんは、イスタンブールの欧州側にある「ベオグラード(Belgrad)の森」と呼ばれる地域を巡回しながら、市を囲むこの森林地帯には「野良犬が独力で餌を得られる場所がない」と話す。

 そのため、ここには毎日約1トンのペットフードを積んだバンがやって来る。クラクションの音が聞こえると、野良犬たちはバンに向かって走り出す。

 スルタンガーズィー(Sultangazi)地区の医療センターで獣医師の代表を務めるトゥーチェ・デミルレック(Tugce Demirlek)さんは、たっぷり餌を与えて世話をすれば、野良犬も野良猫も気性が穏やかになり、攻撃的な行動を取らなくなると話した。

 だが、不妊・去勢手術を行っているにもかかわらず、この数年間、野良犬の数は横ばいだ。「計画的に手術を行っているが、捕まえられない犬たちが繁殖を続けている」とデミルレックさんは説明した。

 イスタンブールでは毎年、野良犬の子が生まれている。ここ最近でも、生後わずか40日ほどの子犬が道端でクンクン鳴いているのが見つかった。診察を終えてマイクロチップを装着された子犬は、飼い主を募集するために早速「動物診療バス」に写真が掲示された。(取材していた日の午後は)気に掛ける人は大勢いたが、引き取り手はまだ見つかっていない。

「明日も望みを懸けてみる」とディンチェルさんは話した。映像は、1月30、31日、2月4日に撮影。(c)AFPBB News
posted by しっぽ@にゅうす at 08:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライオン100頭以上ネグレクト 南アフリカ施設

Yahoo! JAPAN


責任ある飼育下繁殖を支持する組織のメンバーがライオンを病気のまま放置。なぜ?
 南アフリカで、ショッキングな飼育放棄(ネグレクト)事例が発覚した。ライオン100頭以上とそのほかの動物が北西州の繁殖施設「ピエニカ・ファーム」にすし詰めにされ、その多くが病気になった状態で放置されていたのだ。

ギャラリー:アフリカの野生ライオンの「私生活」 写真20点

 事実が明るみに出たのは、ジャーナリストへの匿名の情報提供だった。このジャーナリストが、南アフリカの動物福祉関連法の施行状況を監視する動物虐待防止協会(NSPCA)に報告して、飼育の実態が明らかになった。

2頭分のスペースに30頭以上
 NSPCAがピエニカ・ファームを調査した結果、27頭のライオンがダニの寄生を原因とする皮膚疾患にかかっており、ほぼ全身が脱毛するほど深刻な状態だったという。調査員の報告によれば、本来2頭分のスペースに30頭以上が詰め込まれ、囲いの中は不潔極まりなかった。髄膜脳炎を患ったために歩行困難になったライオンの子も3頭いたが、うちの1頭は回復の見込みがないため、すでに施設の獣医師が安楽死させていた。

 調査を担当したNSPCA野生生物保護部門のマネジャー、ダグラス・ウォルター氏は「状況は筆舌に尽くしがたいほどひどいもので、むなしくなりました。百獣の王が劣悪な環境に置かれているのですから」と語る。「心を打ち砕かれました」

 南アフリカのライオン飼育業界に関する報告書を読むと、環境に問題がある状態で暮らしているライオンがいることがわかる。

 今回、ネグレクトが明らかになった施設ピエニカ・ファームの所有者はジャン・スタインマン氏だ。スタインマン氏は南アフリカ捕食動物協会(SAPA)の理事としてウェブサイトに名前が掲載されている。SAPAは飼育下繁殖を支持。狩猟は「合法的で、動物保護につながる」とし、会員に対しては「高い倫理基準を守る」よう求めている。NSPCAは1962年制定の南アフリカ動物保護法71条に違反した疑いでスタインマン氏を告発。有罪判決を受けた場合、約2700ドル以下の罰金または1年以下の懲役に処される。

 私たちは、スタインマン氏にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

 SAPAでCEOを務めるデオン・スワート氏は、スタインマン氏が理事ではなく「会員の一人だ」と話している。

 SAPAは2019年5月8日付でプレスリリースを発表。それによれば今後「徹底的に調査」し、「スタインマン氏に対しては直ちに処分する」と述べている。

 SAPAのウェブサイトには、「いかなる動物も不当な」空腹、喉の渇き、不快感、病気、痛みに「苦しんではならない」といった動物福祉規範が列挙されている。保護団体「ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル」アフリカ支部の野生生物ディレクター、オードリー・デルシンク氏は「不当な」には抜け穴があると指摘する。「『不当な』という言葉はあいまいです。あいまいな表現はやめ、明確にすべき問題です。動物の健康や安全に関しては、グレーゾーンなど存在してはいけません」

 2015年のドキュメンタリー映画「Blood Lions」は、南アフリカで飼育下繁殖されている捕食動物の数を6000〜8000頭と推測していた。その大部分がライオンだ。その数は現在、約1万頭まで増加していると、映画の主人公で、ナレーターも務めたイアン・ミックラー氏は考えている。氏は25年以上にわたり、サファリ運営者、ジャーナリスト、自然保護活動家として活動している。

 飼育下繁殖施設を訪れる旅行者は、料金を支払って、ライオンの子供をなでたり、哺乳瓶でミルクを飲ませたり、一緒に写真を撮ったりする。おとなのライオンと並んで歩くこともある。また、ミックラー氏によれば、多くのライオンがトロフィーハンター(戦利品を持ち帰りたいハンター)に射殺され、その一生を終えるという。ハンターの多くが米国人だ。

 ハンティングでは、フェンスで囲まれた場所にライオンを閉じ込める「缶詰」ハンティングという方法がとられる。トロフィーハンターたちが毛皮や頭部を持ち帰った後、骨をはじめとする残りの部位はアジアに輸出され、伝統薬の材料になる。南アフリカは年間の割当量を設定し、その範囲でのライオンの骨の輸出を合法としている。


骨を売るために飼育されていた?
 ピエニカ・ファームのライオンたちは骨取引のために飼育下繁殖されていた可能性が高いと、ミックラー氏は考えている。アジアでは、ライオンの骨がトラの骨の代用品として伝統薬に使用される。ミックラー氏によれば、観光やトロフィーハンティングのライオンは健康的な外見を保たなければならないが、骨取引用のライオンはネグレクトされるのが普通だという。「骨取引用のライオンを繁殖する場合、ライオンの外見を気にすることはありません」とミックラー氏は話す。「最終的には、骨だけが袋に詰められ、アジアに運ばれるのですから」

 ミックラー氏は、今回の出来事が南アフリカで飼育下繁殖されている捕食動物たちに大きな変化をもたらすことはないと考えている。スタインマン氏が腕の良い弁護士を雇い、訴訟を長引かせ、結局、軽い処罰で済むというのがミックラー氏の見立てだ。

「しゃべることができれば、ライオンは大声で裁判所に『ライオンにも公正な先進国レベルの動物福祉が必要だ』と訴えるでしょう」とミックラー氏は話すが、「現在の飼育下繁殖や骨取引を終わらせるような判決が下されるとは思えません」と付け加えた。

 ピエニカ・ファームのライオンたちは今もそのまま飼育されている。ライオンたちの運命は、調査とその後の裁判によって決まる。ヒューメイン・ソサエティーのデルシンク氏は「とても不確かな」状況だと語る。もしライオンたちが無事に生き延びても、施設で生まれ育ったため、野生に放つことはできない。しかも、南アフリカの信頼できる保護区だけでは、これだけの数のライオンを引き取れないからだ。

「ライオンたちの未来に希望はありません。選択肢があまりないのです」

文=RACHEL FOBAR/訳=米井香織
posted by しっぽ@にゅうす at 08:17 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする