動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月19日

成犬を引き取りやすく 県動物指導センターきょうからPR 

東京新聞


ペット選びの選択肢にしてもらおうと、県は、動物指導センター(笠間市)で収容中の成犬を引き取ってもらいやすくするため、手続きの一部を改正した。正式譲渡までの時間短縮などが期待される。運用変更を広く知ってもらうため、十八日から県内各地でPRイベントを開く。 (越田普之)

 センターによると、子犬や猫の大半は登録ボランティアが引き取り、希望者へ譲っている。成犬は残されがちで、二〇一八年度の実績は九匹にとどまった。センターは個人への譲渡に取り組んでいるが、手続きの見直しが必要と判断した。

 引き取りを申し込んだ人は、書類審査やセンター職員による家庭訪問後、飼育講習会とマッチングに参加しなければならない。だが従来は、その機会が月に一回しかなく、試しの飼育期間を含めると、正式譲渡が決まるまで一カ月半から二カ月かかっていた。

 一九年度は、講習会やマッチングの対応を拡大。原則として平日の開庁日に受けられるようになった。これにより、手続きが半月ほど短縮できるという。飼育数の条件も緩和され、すでに犬を一匹飼っている人の申し込みも認められた。

 成犬の多くは四〜五歳で、世話をすれば新しい飼い主にもなつくという。PRイベントは、十八日がつくば市の洞峰公園で午前十時〜午後三時。二十五日が土浦市のうらら大屋根広場で午前十時〜午後二時。六月八日が茨城町のイオンタウン水戸南で午前十時〜午後二時。譲渡の仮申し込みも受け付ける。

 センターは現在、約百四十匹の成犬を収容。ただ、収容力は限界に近づいているといい、各家庭で責任を持って飼うよう呼び掛けている。

◆犬・猫の殺処分 改善続く
 県は、2018年度に動物指導センターで殺処分した犬と猫が、前年度比267匹減の446匹だったと発表した。

 4000匹近かった5年前から改善が続き、県は「登録ボランティアによる引き取りが増えたことに加え、避妊手術助成など取り組みの効果が出ている」と分析する。

 県によると、18年度内にセンターへ収容されたのは、犬が1426匹、猫が1515匹。自然死を含めた殺処分数の内訳は、犬が235匹、猫が211匹だった。

 登録ボランティアや個人への譲渡数は、犬が前年度比157匹増の985匹、猫が3匹増の1284匹だった。

 担当者は「殺処分は年々減ってきているとは言え、まだ相当な数がある。さらに減少へ努力していく」と話している。 (越田普之)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:29 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を飼うのは楽しいことばかりではない!事前に知っておくべき5つのこと

ネタりか


犬を飼うのは楽しいことばかりではない!事前に知っておくべき5つのこと
こちらを見上げる犬の顔アップ

1.思い通りにいかないことがよくある
犬を飼いたいと思っている人の多くは、犬との楽しい生活を思い描いていることと思います。例えば、「いうことをちゃんと聞いてくれる、お利口な犬に育てるんだ」「犬と一緒にいろいろな場所にお出掛けしたい」そう思う人はたくさんいることでしょう。

しかし、実際に犬と生活してみると犬が全然いうことを聞いてくれない。しつけが上手くいかずに毎日イライラしてしまう。思い描いていた生活と違う。そういうことはよくあります。犬は人間と同じように感情や自分の意思がちゃんとあるので、あなたの思い通りにいかないことがたくさんあります。

特に、犬との生活に理想を求めすぎているほど、現実とのギャップを感じてしまう場合が多いようです。ですので、犬を飼う前にまずは思い通りにいかないことがあるということを知っておくことが大切といえますよ。

ちなみに、私の場合は愛犬と一緒にいろいろな所に出かけたいなと思っていたのですが、愛犬は車はおろか自転車でも乗り物酔いをしてしまうので、いつも歩きながら愛犬と一緒に近所の公園や街を散策していたりします。思い描いていた生活とは少し違いますが、それでもとても楽しいですよ。

2.自由な時間が少なくなる
目覚まし時計の横で伏せる犬

犬を飼うと、少なからずあなたの自由な時間がなくなってしまいます。犬は基本的に毎日散歩に行かないといけないですし、仕事で疲れてゆっくりしたいと思っているときでも、世話やスキンシップをちゃんとしてあげないといけません。大切な用事がある日に犬が体調不良になったときは、用事をキャンセルして看病したり、病院に連れて行かないといけないときもあったりします。

また私の経験上、犬は用事をしたりスマホを見たりしていると、ヤキモチを妬いて「構って!」と甘えてくることが割とよくあるので、結果的に用事や自分の楽しみを中断する場合が多くなるといえますよ。このように、犬を飼うと少なからず自分の時間がなくなってしまいますので、自分の時間はたっぷり欲しいと思っている人は、今一度本当に犬を飼うべきかどうか考え直してみることをお勧めします。

3.体調が悪いときでも世話をしないといけない
犬の世話をする人があなた以外にもいる場合はそれほど問題となりませんが、一人で犬を飼う場合は、あなた自身が体調不良のときでも犬の世話をしないといけません。犬は人間のように自分で勝手にご飯を食べたりすることができないので、たとえ頭やお腹が凄く痛くても、犬に水やご飯をあげたり、トイレを綺麗にしてあげたりといった世話をする必要があります。

また、風邪なら何とか犬の世話はできますが、インフルエンザや骨折をしたときは、さすがに犬の世話は困難といえますよね。ですので、もしものときのためにふだんから犬の世話をしてくれる人を探しておくことをおススメします。

4.思っている以上にお金がかかる
たくさんのお札の上に座る犬

とても現実的な話になってしまいますが、犬を飼うと結構お金がかかってしまいます。毎月かかるご飯代やペットシーツ代などの他に、病院代やトリミング代、年に一回のワクチン代や狂犬病代など。健康な犬でも、年に10万円以上かかることでしょう。

特に、病気になったときはあらかじめ保険に加入していないと、治療費が全額負担になるので凄くお金が必要となります。例えば、血液検査をしてレントゲンを撮るだけでも1万円以上はしますし、より細かく検査をした場合は、検査だけで3万円以上することだってあります。大病を患ってしまって手術をした結果、治療費に数十万円かかったという話も少なからずありますよ。犬を飼おうと思っているのでしたら、まず犬との生活にどれくらいお金が必要かザックリとでもいいので調べるようにしましょう。

5.将来介護が必要となることがある
ソファーの上であくびをしている老犬

犬を飼いたいと思っているときは、犬との楽しい生活ばかり考えてしまうと思います。ですので、犬の将来のことまで考えている、という人はあまりいないのではないでしょうか。現実的なことをいうと犬は病気で体が不自由になったり、老いて体の機能が低下したりすると、介護が必要になることがあります。

犬の体が不自由になったときは、定期的にオムツを変える。オムツを変えた後は体を綺麗に拭いてあげる。床ずれを起こさないように体勢をこまめに変えてあげる。ご飯を食べさせてあげる。マッサージをしてあげる。といった介護を毎日することになります。
数人で犬を介護する場合でも、世話をするのはとても大変といえるでしょう。また、犬の介護を最優先した生活になるので、自分の時間はほぼなくなってしまうといえますよ。

犬を飼おうと思っているのでしたら、体が不自由になってもちゃんと最期まで面倒をみる決意があるかどうか、今一度自分自身に問いかけてみてください。

まとめ
気持ちよさそうに伸びをする犬

犬との生活は楽しいことばかりではありません。時には思い通りにいかなくてイライラすることがありますし、犬のために自分を犠牲にしないといけないときもたくさんあります。現実的な問題も少なからずあるといえるでしょう。犬を飼おうか悩んでいるときは、楽しい部分だけでなく大変な部分もしっかりと見て、犬を飼っても大丈夫かどうか決めることが大切といえます。

私の個人的な意見としては、犬との生活には大変なことがたくさんありますが、それ以上に犬との生活は楽しくて幸せなものだと感じています。ですので、ぜひあなたにも犬との幸せな時間を過ごしていただきたいなと思っています。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父親の「にゃんこ」返して…保護カフェ側に引き渡し命令

Yahoo! JAPAN



保護された猫を預かる東京都内の「保護猫カフェ」に対し、都内の女性が、父親が世話をしていた野良猫の子猫の引き渡しを求めた訴訟の控訴審で、東京地裁(伊藤繁裁判長)は17日、カフェ側に子猫の引き渡しを命じる判決を言い渡した。

 判決によると、女性の父親は2014年頃から、甲府市の実家の庭で野良猫の世話をするようになり、16年6月頃には4匹の子猫が生まれた。父親は野良猫と子猫の計5匹を「にゃんこ」と呼んでかわいがっていたが、体調を崩して17年7月に死亡。子猫のうち1匹は父親が入院中、隣人が捕獲し、猫の保護活動をしているNPO団体を通じてカフェに預けられた。

 女性は子猫を引き取りたいと伝えたものの、拒まれたことなどから、カフェ側を提訴。1審・東京簡裁は請求を棄却したが、この日の地裁判決は「野良猫を自宅の庭で世話をしていた父親には、野良猫と子猫の所有権がある」とした上で、女性が権利を相続したと判断。カフェ側に引き渡しを命じた。
posted by しっぽ@にゅうす at 03:20 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤル・ワンコゆりちゃんは雑種の保護犬

Yahoo! JAPAN



天皇ご一家がかわいがられている犬の名前は「由莉(ゆり)」ちゃん。ご家族の写真にしばしば登場するほか、両陛下が会見などで犬との暮らしについて言及されることもある。大切な家族の一員のようだ。

ロイヤル・ワンコゆりちゃんは雑種の保護犬
写真 : 時事(2009年8月撮影)
天皇ご一家の写真にしばしば登場するワンコ(犬)がかわいいと注目されている。

ロイヤル・ワンコの名前は由莉(ゆり)ちゃん。2009年生まれの10歳。動物病院で保護されていた犬を生後2カ月の時に譲り受けたもので、血統書付きの犬ではなく、雑種。

天皇・皇后両陛下は、愛子さま誕生以前から2匹の犬を飼われていた。赤坂御用地に迷い込んだ犬が産んだ10匹の子犬のうちの8匹を宮内庁の職員らが引き取り、最も小さかった雄と雌1匹ずつを両陛下が「ピッピ」と「まり」と名付けて育てられた。

両陛下は誕生日に際しての会見などで、たびたび犬について言及されている。天皇陛下は1999年の誕生日の会見で、「犬の散歩が健康のためにも良いのではないか」と述べられている。また、犬のリードを腰につないでジョギングしていて、「運悪く犬が猫を見つけてしまった暁には、大変、引っ張られることがございます」とのエピソードを披露された。

皇后陛下は1998年の誕生日の記者会見で、「犬がいるというのも夫婦仲にとって、とても良いように思います。よく、夫婦喧嘩は犬も食わぬと申しますけれども、喧嘩の種は割とよく拾って食べてくれるような気がいたします」と述べられている。

2009年2月にまりが息を引き取り、その2カ月後の4月にゆりは家族の一員に加わった。愛子さまが、「まり」に響きを似せて「ゆり」と名付けられたという。ゆりが家族に加わって間もない5月にご一家で栃木県高根沢町の御料牧場に静養に向かわれる際、愛子さまがゆりを両腕でしっかりと抱いた姿や、同じ年の8月に同県那須町に静養に向かわれた際に、皇后さまが車の中からゆりの前脚をとって、沿道の人に手を振る姿が話題を呼んだ。

愛子さまは、2013年の宮内庁職員組合文化祭美術展に「Dogs’& Cats’ shop」の看板が付いたミニチュアの屋台を出品された。ペットのための首輪や洋服がところせましと並び、店の前には犬の姿もある。それまでも、両陛下の会見などで愛子さまの動物好きは伝えられていたが、手の込んだ作品からは犬や猫への特別な思いが伝わってくる。

その後も、ご家族の誕生日の際に公表されるご近影などにしばしばゆりが登場している。2018年の結婚満25年に際しては、天皇、皇后両陛下がゆりを挟んでほほ笑む写真が公表された。皇后さまは文書回答の中で、「家族皆で、犬、猫などの保護された動物をかわいがって育てたり、世話してまいりましたが、この動物たちも、家族の一員として安らぎとうるおいを与えてくれる大切な存在」と記されている。
posted by しっぽ@にゅうす at 02:51 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと

Yahoo! JAPAN


犬がじゃれるようにして人の手や足などを軽く噛んでくることがあります。犬は無邪気に遊んでいるつもりかもしれませんが、噛まれるほうは痛くて、困ってしまいますね。しかし、犬が噛んだあとの飼い主さんの対応によっては、さらに噛もうとしたり、噛むことが習慣づけられてしまうことがあります。愛犬に噛みグセがつかないようにするための対処法を解説します。

【関連記事】えっ!愛犬が突然、飼い主さんの手や服を噛むもっとも多い理由

犬の噛みには反応しないで
犬が噛んだあとに手ではらったり、「ダメ!」と声をかけるなど飼い主さんが何らかの反応をすると、犬によってはそれを「自分の相手をしてくれた」と思い、人を噛むことを遊びの一種と勘違いしてしまうことがあります。犬に噛まれても次の行為はしないようにしましょう。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
×手ではらう
×手ではらう
飼い主さんは噛む行動をおさえているつもりでも、犬からすると手を使って遊んでくれていると勘違いしがちです。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
×声をかける
×声をかける
叱り声でも、飼い主さんから声をかけられることは犬にとっては一種のごほうび。さらに噛みを助長することに。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
×さわる
×さわる
愛犬の体をさわることも、犬の遊びの誘いに応えているのと同じこと。反応せず、犬から離れるようにしましょう。

犬が噛みそうになったらよける
犬に噛みグセをつけないためには、犬に人の体を噛む体験を繰り返させないこと。犬が人の手や足を噛もうとしたら、まずよけましょう。そして、犬が噛みつきそうなそぶりを見せたら、次のような方法で予防しましょう。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
手は犬の口が届かないところに
手は犬の口が届かないところに
犬が手を噛みそうになったら、犬の口が届かないところに手をもっていく、立ち上がるなどして、噛ませないようにしましょう。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
別室へ行く
別室へ行く
犬がしつこく噛もうとする場合は、別室へ移動を。ときどき様子を見て、犬が落ち着いたら、犬のいる部屋に戻りましょう。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
イスの上にのる
イスの上にのる
犬が人の足を噛もうとしたら、とっさにイスなどの高いところに乗ってしまうのもひとつの方法です。

犬に噛まれたとき、絶対にやってはいけない3つのこと
足には苦味スプレーをかける
足には苦味スプレーをかける
足に噛みついてくる犬の場合は、あらかじめ苦味スプレーを噛みそうなところにかけておきましょう。

いかがでしたか。犬にとって噛むことは本能的な行為ですが、噛んでいいものと噛んではいけないものを区別させるには、万一、足など噛んではいけないところを噛まれても、特別な反応をしないこと。犬も「何の反応もない。つまらない」と思い、噛む意欲をなくします。そして、噛んではいけないものには二度と噛ませない、繰り返し噛ませないようにするのがコツです。


参考/「いぬのきもち」2017年2月号「甘噛みSTOP&CHANGE」(監修:SKYWAN! DOG SCHOOL代表 井原 亮先生)
文/犬神マツコ

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 01:50 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする