動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月20日

万が一場合に備えるのは防災グッズだけじゃダメ! 災害時に役立つ“愛犬手帳”とは


Yahoo! JAPAN



皆さんは、愛犬のために、災害が起きたときの準備をしていますか?  愛犬と避難するときのことを考えて、フードやペットシーツなどの日用品や防災グッズを準備している方も多いのではないでしょうか。もちろん備蓄品の準備も大切ですが、愛犬の情報をまとめておくことも重要です。
そんなときに役立つのが、愛犬の情報を記入した“愛犬手帳”。早速ですが、どんなことをまとめればいいのかお教えしましょう!

【関連記事】あの震災を体験した、愛犬と飼い主さん2組のストーリー

万が一場合に備えるのは防災グッズだけじゃダメ! 災害時に役立つ“愛犬手帳”とは
緊急時の連絡先を記しておこう
緊急時の連絡先を記しておこう
災害時は、大きな災害にあったショックや日常と違う環境で過ごすことによるストレスから、人も犬も精神的に不安定になる状況が続きます。
ふだんなら思い出せたことが思い出せない、冷静に判断できない、といった場合に備えて、あらかじめ災害時に必要になる連絡先を控えておくと安心です。
また、手帳に記すことで家族間でも情報を共有できるので、スムーズに話を進めることができるでしょう。

【記しておきたい緊急時の連絡先】
▪かかりつけの動物病院名、住所、電話番号
▪夜間、緊急時の動物病院名、住所、電話番号
▪飼い主さん自身の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス
▪愛犬と避難できる最寄りの避難所名、住所、地図

万が一場合に備えるのは防災グッズだけじゃダメ! 災害時に役立つ“愛犬手帳”とは
愛犬のプロフィールを書いておこう
愛犬のプロフィールを書いておこう
大きな災害に見舞われ、愛犬とともに避難しなければならないとき、避難所は主な生活の場となります。様々な人が集まる避難所では、愛犬のことを知らない人も多いですし、ほかにも犬が避難しているかもしれません。また、避難所によっては、愛犬の世話を手伝ってくれるボランティアスタッフがいることもあるので、愛犬のことを伝える機会はいつも以上に増えるでしょう。
知らない人でも愛犬のことがわかるようにしておけば、避難所でも愛犬のことをスムーズに伝えられますし、“犬違い”などのトラブル防止にも役立ちます。手帳には、下記のように、具体的に愛犬のことを記しておきましょう。

【記しておきたい愛犬のプロフィール】
▪名前
▪生年月日
▪犬種
▪性別
▪マイクロチップの有無
▪鑑札登録番号
▪性格

【記しておきたい愛犬の体の特徴】
▪体重
▪体長
▪体高
▪被毛や柄の特徴
▪しっぽの特徴、形
▪耳の特徴、形
▪目の特徴、色
▪鼻の特徴、色
▪肉球の特徴、色
▪首輪の特徴、色

これらのことを手帳に記入するほか、愛犬の写真があれば、より分かりやすくなります。
愛犬と一緒に写っている写真を手帳に貼っておくといいでしょう。


愛犬の健康面も書いておこう
避難所では、ボランティアスタッフが愛犬の世話を手伝ってくれる場合があるほか、獣医師が愛犬の診察をしてくれることもあります。ふだんから手帳に愛犬の健康面についての記録しておけば、口頭で説明するよりもスムーズに獣医師に伝えられます。下記の項目について手帳に記録しておくほか、健康面について気になったことがあれば何でも書き込んでおきましょう。

【記しておきたい健康面のこと】
▪狂犬病予防の記録
▪フィラリア予防の記録
▪ノミ・ダニ予防の記録
▪その他ワクチンの記録
▪去勢・避妊の有無(済んでいれば年月日も)
▪病気・手術の記録
▪アレルギーの有無
▪療法食の有無
▪常備薬の有無
▪フードの量や回数
▪散歩の回数や運動量
▪その他いかがでしたか? 
今回紹介したことを“愛犬手帳”に記入しておけば、災害時でも慌てずに避難することができるでしょう。災害に備えて、ぜひ“愛犬手帳”を準備しみてくださいね!


参考/「いぬのきもち」2017年『愛犬の緊急時対策マニュアル』
(監修:特定非営利活動法人アナイス理事長 平井潤子先生)
イラスト/石山綾子
文/UTAにゃん

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネコの「多頭飼育崩壊」が生んだ悲劇 糞尿だらけの悪臭汚部屋、清掃業者も「最悪な現場」

ネタりか



猫好きな隣人に辟易している――。今回紹介するご近所トラブルは、高知県に住むWさん(40代女性)がくれたそんな投稿だ。

近所のウワサによると、少なくとも20匹は猫を飼っているというその隣人。昼夜関係なく変な鳴き声が聞こえ、悪臭もひどくなり、とうとう我慢の限界を迎えたWさんだったが、抗議をしてもまったく受け入れてもらえなかったという。

そうこうしているうち、新たに別の恐怖が彼女を襲い始めた。


「いま飼っているのが死んだらもう終わり」と言っていたのに...
6年前まで31年間、庭のある2階建てで、築50年以上の古い市営住宅に住んでいた時の話です。隣には60代の女性が住んでいました。その女性は庭に柵を作り、黒い日よけの幕を張っていたので近所の人からよく見えないようにしていました。

女性は猫を飼っていて、猫が家の中と庭を自由に行き来できるようにしていたようです。周囲から見えないようにしているので、何匹いるのかはわかりませんでした(市営住宅でペットはダメです) 。

何匹飼っているのか聞いても教えてくれず、

「いま飼っているのが死んだらもう終わり」

と言い続けてから15年以上の歳月が流れました。

変な鳴き声が聞こえ、悪臭もひどくなったため隣の女性と口論になることが多くなりました。ほかの住人に話を聞くと、捨て猫を見つけては捕まえてきて飼っているそうで、最低でも20匹はいるようだとのことでした。

玄関前にも餌を置き、猫に与えていたため、糞尿の問題もありました。「やめてほしい」と何度言っても繰り返すのです。

悪臭も年々ひどくなり、洗濯物も外に干せず、夏の暑い日でも窓を開けることができません。人間の赤ちゃんがいるような変な鳴き声が昼夜関係なく続き、あっちこっちの餌のせいでネズミも出るようになり、新たにネズミの糞害も加わりました。

次第にはネズミが家の中の食材、インスタント麺、カップ麺、未開封の調味料までかじるようになりました。家に食材を置けなくなり、私と娘は家で食事もできなくなってしまいました。

工務店さんに来てもらい、できるだけ隣との隙間をふさいでもらいましたが、

「屋根裏がつながっているから入ってくるよ」

とのことです。猫被害だけじゃなくネズミ被害までありえません。私はストレスで毎日イライラして自分でも嫌になっていました。その後、隣の女性と顔を合わせるたびに口論になり、ご近所さんも一緒に言い続けて、その女性はやがて出ていきました。

聞いた話では、出て行った後の部屋は20匹以上の猫の糞尿と毛で絨毯みたいになっており、部屋に入ると息ができないほどだったとのことです。

業者さんに頼んでうちと隣の消毒をお願いしたら、防護衣の人たちが、

「孤独死の現場などかなりひどいところに行ったけど、最悪な現場。よくここで人が住んでいましたね」

と言うのです。

私と娘は結局ネズミ被害がすぐにはおさまらず、建て替えまで待てずに引っ越しました。今では本当に猫が嫌いです。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します
Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。メール(toko@j-town.net)で、具体的なエピソード(500文字〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護猫カフェ、越谷にオープン 保護猫の里親探しの場、動物病院が主体にボランティアが協力し運用


Yahoo! JAPAN




飼い主のいない保護猫の里親探しの場として「保護猫カフェさくら」が、埼玉県越谷市弥生町の東武スカイツリーライン越谷駅近くにオープンした。同市内で保護猫や犬の避妊去勢手術に力を入れている「いながき動物病院」が運営。NPO法人などの団体ではなく、動物病院が主体となってボランティアの協力を得ながらの運用スタイルだ。

殺処分ゼロへ 県が保護猫ボランティア募集「力を貸して」 新たな飼い主への譲渡目指す

 同店店長で「いながき動物病院」の獣医師稲垣桃子さんは「保護猫の多くは、病気やけが、飢えなどで救助された猫。しかし、救助するボランティアの数は限られていて、一人が何十匹も世話をしているのが実状。少しでも負担軽減につなげたいと立ち上げた」と、開設理由を説明する。

 現在、店内にいる保護猫11匹は、救済活動をしているボランティアから預かっている。利用者には、多様な個性を持った猫たちと触れ合って猫との生活の疑似体験をしてもらい、猫の性格を理解した上で里子に迎えてもらいたいとの思いがある。そのため、里親に譲渡金として4万円の支払いを依頼。稲垣さんは「一つの命を育てることに対し責任を持って引き取ってほしいので譲渡金を頂いています」と話す。

 利用した越谷市の林成江さん(52)は、自身も保護猫を飼っている一人で「保護猫は、しつけがしっかりされているので、店舗などで購入した猫に比べ、手がかからない。次に飼うとしても保護猫にする」と話す。三郷市の菅野君代さん(52)は「情報交換や相談もできるので、保護猫カフェが各市に一つあるといい」と語った。

 飼い主のいない猫が繁殖することで、傷病や殺処分、環境悪化に伴う地域トラブルの原因を減らすため、飼い主のいない猫の避妊去勢手術を進めるTNR(T=捕獲、N=避妊去勢手術、R=元の場所に戻す)活動は、全国的に広がっている。市保健所も、2016年4月から飼い主のいない猫の避妊去勢手術費の補助金交付事業を実施。当初50万円の予算で年間100匹以上の手術に対し助成をしていたが、要望が増加したため昨年度から予算を増額し対象枠を広げている。

 問い合わせは、いながき動物病院(080・7715・7321)へ。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:36 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い猫が隣の車に乗って傷を付けた!飼い主の法的責任は…「行列」北村弁護士が解説


Yahoo! JAPAN


ネット上にはかわいらしい猫の動画があふれている。猫パンチを繰り出す子猫の動画はしばし癒されるほどかわいい。しかし、猫には鋭いツメもあり、小さいけれど牙もある。人や、人が大切にしているモノを傷つけることは十分にある。もし、購入したばかりの新車のボンネットに隣家の猫が乗り歩き、傷を付けられたらと思うとだれもが心中、穏やかではいられないだろう。日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演する北村晴男弁護士に、飼い主が負う法的責任について尋ねた。

【動画】かわいすぎて話題の「残念すぎるネコ」

  ◇  ◇  ◇

 北村弁護士は「ペットの占有者は、ペットが第三者に与えた損害を賠償する責任があります」と飼い主には明確な法的責任があることを述べた。

 動物の占有者等の責任について民法718条に規定され「動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類および性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない」と明記されている。

 加えて北村弁護士は、故意または過失によって他人に損害を与えた通常の不法行為と、ペットによる損害との大きな違いを指摘。前者であれば、被害者側が加害者(飼い主)の故意または過失を立証しなければならない。しかし、後者の場合は立証責任が逆転し、被害者側ではなく飼い主側が「相当な注意を払っていたこと、つまり過失がないこと」を立証しなければ責任は免れられない。

 「相当な注意」とはどの程度のものなのか。北村弁護士は「判例では、通常払うべき程度の注意義務としています」と述べ、一見簡単そうに聞こえるものの実際はかなりハードルが高いことを合わせて指摘した。どういうことか。

 猫とはツメや牙を持つ動物であり、それらで人やモノを引っかく、かむということは当然、予想される。にも関わらず放し飼いにし、結果、第三者や第三者の所有物を傷つけたとなれば、「飼い主が相当な注意を払ったとは認められにくいでしょう」と北村弁護士は見解を示した。

 では、飼い主側とすればどのような手段を講じることが有効なのか。北村弁護士によると、まずは、そのペットが他人に損害を与えないように十分に注意して飼うことが重要だが、さらに保険でカバーすることが有効な対策になるという。たとえば、自動車保険に「ペットプラス」という特約が付いているケースがある。これは、自動車運転中に事故にあい、搭乗していたペットが負傷したときの治療費のほか、ペットが第三者の所有物に損害を与えた場合に保険金が支払われる仕組みになっている。いわゆる物損の賠償責任はこれでカバーできる。

 北村弁護士は「ペットを飼う以上はペットの性質に応じて、場合によっては人損をカバーする保険に入っていることが必要です。極端な話、猫が人の目をひっかいて失明させることだってある。犬だったらかみついて人に大けがをさせることもある。人が重篤な後遺症を負った場合、賠償額は簡単に数千万円になります。動物というのは100%コントロールすることはできません。だから保険でカバーしなきゃいけないんです。逆に言うと保険でカバーすると訴訟になる可能性が低くなる」と指摘した。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆

 北村晴男(きたむら・はるお) 弁護士。長野県出身。日本テレビ系「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演。趣味はゴルフ、野球。月2回スポーツなど幅広いテーマでメールマガジン「言いすぎか!!弁護士北村晴男 本音を語る(まぐまぐ)」を配信中。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:34 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットビジネスに関する調査を実施(2019年)

紀伊民放



2019年5月14日

株式会社矢野経済研究所

2018年度ペット関連総市場規模は1兆5,422億円(見込)、高付加価値商品の展開で拡大〜ペット1頭当たりの支出拡大を目指し、各社は啓発活動などで潜在需要を掘り起こす〜

 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のペットビジネス市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業別動向、将来展望を明らかにした。

1.市場概況

2017年度のペット関連総市場規模は、小売金額(末端金額)ベースで前年度比101.4%の1兆5,193億円、2018年度は同101.5%の1兆5,422億円を見込む。
一般社団法人ペットフード協会によると、過去5年間において犬の飼育頭数は減少傾向にあるが、猫の飼育頭数は横ばいで推移している。全体として飼育頭数が伸び悩む中で、オーガニックを訴求するフードや、健康寿命の延伸を目的としたプレミアムフード、高齢ペットが食べやすい柔らかいタイプのフード・スナックなど、商品が多様化することで市場の拡大傾向が続いている。

2.注目トピック〜ドッグスナック類、デンタルケア・オーラルケアの重要性

ドッグスナック類はコミュニケーションフードとして需要が底堅く、市場は微増で推移している。
近年は、犬の健康維持のためにデンタルケア・オーラルケアの重要性が認識され、参入メーカーによる飼育者への啓発活動や商品投入もあり、歯の健康や口臭ケアのために開発されたガム系商品が伸長している。また、ペットの高齢化や小型犬人気を反映して、噛む力が弱い犬向けに 柔らか仕立てや小さめサイズの商品の投入が活発化している。このほか、一般のペットフードと同様に、低脂肪、減塩、無添加、国産など、健康を訴求したり、安心・安全を全面に出した商品がメーカー各社から投入されている。

3.将来展望

2019 年度のペット関連総市場規模は、小売金額(末端金額)ベースで1兆5,629億円、2020年度には1兆5,833億円と微増推移を予測する。
ペットフードメーカー各社は、ペットとのコミュニケーション手段(フード)と位置づける商品を強化し、SNSへ商品使用時の動画投稿を促すことで販売を促進させている。また、ペット用品メーカー各社は、災害避難時に備えたリュック型ペットキャリーの需要が伸びていることを受けて、商品展開を強化している。ペットが家族の一員としてより身近な存在となることで、今後もメーカー各社は新たな商品や使用機会を提案し、飼育者の潜在需要を開拓するものとみる。こうしたことから、引き続き市場は拡大していくと考える。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:32 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする